青汁の原料

昔と違い、現在の青汁は様々な原料を使った商品が発売されています。昔は「ケール」という原料が主流でしたが、現在はおいしくて、とても飲みやすい青汁の原料「大麦若葉」や、優れた栄養価、効果・効能が期待できる「明日葉」などが注目さています。 当サイト「青汁部」でもたくさんの青汁を購入し試していますが、「ケール」「大麦若葉」「明日葉」の3つを主原料としている青汁がほとんどです。 栄養価や期待できる効果、効能はどの原料がダントツに優れているということはなく、どの原料もいい勝負です。 ただ、あなたが青汁を選ぶ基準が、ダイエットなのか?便秘解消なのか?血糖値を下げたいのか?デトックスなのか?などなど、目的によって選ぶべき原料が違ってきます。 また「ケール」「大麦若葉」「明日葉」の青汁3大主原料以外にも、「桑の葉」「ブロッコリー」や「モロヘイヤ」などを原料にした青汁もあります。 ここでは、青汁の原料に使われている野菜の成分や栄養素、期待できる効果、おすすめの青汁などをご案内します。

青汁に含まれる緑茶・抹茶の効果

tea_main

緑茶はあまりにも身近な飲み物すぎて、健康効果と言われてもぴんとこないかもしれませんが、実は素晴らしい働きをして・・・

青汁の産地は重要!各原料の産地を解説

sanchi_main

スーパーで野菜を購入するとき、産地をチェックしませんか? 青汁も主原料は生野菜なので産地にもこだわりたいですし・・・

青汁の原料「ゴーヤ」の特徴

aojiru_goya_main

ゴーヤチャンプルで親しまれているゴーヤですが、当たり前に食べるようになったのはわりと近年のような気がしませんか・・・

青汁の原料「キダチアロエ」の特徴

michibi_funtea

昔から「医者いらず」と言われて重宝されてきたアロエ。日本のみならずヨーロッパでは古代から薬草として、また中国で・・・

青汁の原料「長命草」の特徴

yama_solt

青汁の原材料といえばケールに大麦若葉、明日葉などが挙げられますが、まれに「長命草」が使用されている青汁も見かけ・・・

このページの先頭へ