青汁の適切な摂取量は?1日何杯まで?飲み過ぎると?

青汁の適切な摂取量は?飲み過ぎるとどうなる?
「健康に良い」という特集が組まれると、翌日のスーパーでは売切れ続出。
よく、そんな現象を目にしますね。

特に、「◯◯ダイエット」なんてなると、その食品だけを一生懸命に食べちゃったりした経験はありませんか?

そしてなんだか、たくさん食べるとよりよいような気がしたり?

さて、体にとてもいい!とされる青汁も、「野菜の搾り汁だから、どれだけ飲んでも大丈夫でしょ?」と思っていませんか?

本当にそうなのか、考えてみましょう。

青汁に副作用ってあるの?

青汁には副作用がありません。
というのが結論です。

そもそも、青汁は医薬品ではないので”副作用”という表現は正しくありません。

摂取することによる、何らかの弊害というべきでしょうか。

ただ、これはあくまでも『正しい摂り方をしていれば』という前提の元のお話です。

では、正しい摂り方ってなんでしょう?

例えば、「青汁を飲んだら想定外のことが起きた」という人がいます。
よく事情を聞いてみると、青汁を”コップに1杯飲んだら”想定外のことが起きたのではなく、”1日に何杯も何杯も”飲んでいた場合が多いのです。

青汁の過剰摂取

「食べ(飲み)過ぎると、お腹をこわすよ」
子どもの時に、母親からこんなことを言われたことがあると思います。

単純に、暴飲暴食をしてしまい想定外のことが起きてしまうことがありますが、青汁の場合は”1日に何杯”だけでも過剰摂取となってしまう場合があるので注意が必要です。

何故なら青汁は『健康食品』だから。

もしも、「ビタミンCをたくさん摂るために、ミカンをたくさん食べよう」と思っても、1度に食べることの出来る量には限界があることを、”満腹感”が教えてくれます。

けれど、サプリメントや健康食品はどうでしょう?

サプリメントのタブレットを20粒一気に食べたところで、満腹にはなりません。
ドリンクの場合は、一度に大量には飲めなくても、「普段のお茶の代わりに」とノドが乾く度に青汁を飲んだとしても満腹感は得られません。

けれど、体に必要な栄養の量は、既に満腹なのです。

体にとって本当に必要な成分であっても、満タンになってしまった器に注がれる栄養は、もう体にとって不要なものとなってしまうかもしれません。

悪玉といわれているLDLコレステロールも、ヒトの細胞にとってなくてはならない大切なものなのに、溜まり過ぎると内臓脂肪となってしまうため、「悪玉」と、悪者呼ばわりされてしまっているのと全く同じことなのです。

青汁を過剰摂取すると想定外のことが起きてしまう理由

では、たくさん青汁を飲んでしまった人は、どうして想定外のことが起きてしまうのでしょうか?それは、青汁が人気の理由の1つでもある『豊富な食物繊維』が原因だったんです。

他にも、青汁に含まれる栄養成分には、摂りすぎに注意が必要なものがあるようです。
順番に見てみましょう。

食物繊維を過剰摂取すると?

青汁には、スッキリな毎日をサポートしてくれる食物繊維が豊富に含まれています。

食物繊維には、「不溶性食物繊維」と「水溶性食物繊維」の2つの種類があります。

商品によって、どちらの食物繊維が多く含まれるかは異なりますが、例えば大麦若葉の場合は、「不溶性食物繊維」がより多く含まれているので、大麦若葉を原料にしている青汁には、「不溶性食物繊維」が多く含まれている場合が多いです。

厚生労働省が定める日本人の食事摂取基準では、摂取上限量は定められていませんが、これは、通常の食事から摂取した場合の基準となります。

健康食品である青汁は、手軽に目標量を大きく上回る量の摂取ができてしまうため、注意が必要です。

ビタミンを過剰摂取すると?

ビタミンには、「脂溶性ビタミン」と「水溶性ビタミン」の2種類があります。

「水溶性ビタミン」の場合、過剰に摂取してしまっても体の外に自然に排出されるのですが、「脂溶性ビタミン」は体内に蓄積されてしまうため、過剰摂取には注意が必要です。

厚生労働省は、各ビタミンの摂取量の目安や目標量を定めているのですが、一部耐容上限量が定められているビタミンがあります。

例えばビタミンB6などは、各年代・性別毎に異なる耐容上限量が定められています。

通常の食事からの摂取で、この上限量に達することはあまりないとは思いますが、サプリメントや青汁等の健康食品では、気軽に摂取できてしまいますので、各健康食品のメーカーが定める摂取目安量をきちんと守ることが重要です。

ミネラルを過剰摂取すると?

青汁に含まれているミネラルは、ヒトの体内で生成することが出来ないため、必ず摂取しなければならない栄養成分です。

ですので、予め年齢・性別ごとのミネラルの1日当たりの摂取基準が、厚生労働省により設けられています。

けれど、カリウムやマグネシウムのように、摂り過ぎたところで尿として排泄されるてしまうものもあるので、あまり気にし過ぎる必要はないかもしれません。

ただし、一部のミネラルについては、過剰摂取について注意が必要とされています。

葉酸を過剰摂取すると?

葉酸は、妊娠中や授乳中に積極的に摂取したい栄養素として特に妊娠を希望する女性に人気の成分です。

そのため、サプリメントなどを利用して葉酸を摂取している方も多く、青汁に含まれる葉酸の量は注意しましょう。

複数のサプリメントを同時に摂取する場合、特定の栄養素が過剰摂取になってしまっていないかメーカーに問い合わせるか、かかりつけ医に相談するなど対策をするといいでしょう。

青汁の適量を見分ける

青汁だけを摂取していて、重大なことが起きてしまう、ということは、少し極端なことかもしれません。

けれどやはり、どんなに体に良いとされる物でも「それだけを食べていれば」とか「一度にたくさん食べれば」という摂り方は、健康的な食生活から逸脱してしまっているということなのです。

過ぎたるは及ばざるが如し。
どんなものにも適量というものがあります。

青汁やサプリメントなどは、その”適量”が非常に見つけやすいのではないでしょうか?

何故って?
商品パッケージに、必ず記載されているからです。

一口に青汁といっても、製造メーカーにより、成分も配合も異なっています。
ですので、摂取前には必ず”適量”を確認してください。

そこに書かれている量が、一番効率よく、健康的に青汁を摂るための第一歩なのです。

もちろん、適量を指示通り摂ったのになんだか体調が優れないという場合は、無理に摂取するのは止めてください。

また、青汁だけが適量であっても、他にもサプリメントを飲んでいる場合などは、それも含めて過剰摂取になっていないか注意が必要です。

青汁を摂ってはいけない人

中には青汁の摂取を控えるべき人がいます。

・腎機能になんらかの障害が認められる場合
・食事制限を受けている場合
・その他、医師から薬を処方されていたり、 病気の治療をしている場合

何かしらの病気になっていて、薬の処方や医師の診断を受けている方は、かかりつけ医の許可なしに青汁を摂取することは控えるべきだと考えています。

青汁に含まれる栄養素が、治療の妨げになってしまう可能性があるからです。

かかりつけ医に相談してから青汁を生活に取り入れるようにしてください。

このページの先頭へ