ライオン「青汁+緑花のチカラ」口コミ 地域ブランド認定抹茶使用

ライオン「青汁+緑花のチカラ」口コミ 地域ブランド認定抹茶使用
青汁+緑花のチカラは、ライオンのブランド「プラスシリーズ」の青汁で、ネット限定で販売されています。

特徴は茶花(ちゃか)エキスが配合されていること!茶花はお茶の木に咲く花なのですが、近年の研究で健康をサポートする成分が含まれていることがわかっています。

でも、お茶の花を使った青汁ってどんなお味なのでしょう?

ここでは、ライオン「青汁+緑花のチカラ」体験者の口コミ、私がこの青汁を試してみた感想、そしてライオン「青汁+緑花のチカラ」の原材料や成分の解説を記載していきます。

ライオン 青汁+緑花のチカラの原材料・成分・栄養素

★青汁+緑花のチカラの原材料
大麦若葉粉末、マルトデキストリン、難消化性デキストリン、抹茶、還元麦芽糖水飴、クマザサ粉末、桑葉粉末、明日葉粉末、茶花エキス/プルラン
★1本(3.2g)あたりの栄養成分表示
熱量:9.1kcal
たんぱく質:0.3g
脂質:0.08g(飽和脂肪酸:0.008g)
炭水化物:2.5g(糖質:1.2g、食物繊維:1.4g)
食塩相当量:0.001g

茶花エキス末:100mg(茶花エキス12mg含有)

青汁野菜は3種類使用されています。

●大麦若葉(九州産)
SOD酵素、食物繊維、ビタミン、ミネラルなど豊富な栄養を含んでいて、青汁素材としてのシェアもナンバーワンの野菜。
青汁+緑花のチカラの大麦若葉は、農薬不使用で栽培されています。

●クマザサ(北海道産)
北海道の大地に自生する天然クマザサを使用。
クマザサは古来から民間療法に愛用されてきましたが、近年その効果が見直されています。

●明日葉(北海道産)
明日葉固有成分の「カルコン」、ビタミン、ミネラルなどが豊富。

●桑葉(島根・徳島産)
桑葉固有成分の「DNJ」には血糖値の急上昇予防効果があるとされていて、科学的研究が進められています。

★注目の茶花エキス!
青汁野菜以外の注目成分は「茶花エキス」です。
茶花エキスは、お茶の木に咲く花である茶花の抽出エキスになります。植物ポリフェノールの一種であるカテキンやサポニンなどが含まれています。

サポニンは天然の界面活性剤と言われていて様々な健康効果が期待されています。

また、青汁+緑花のチカラには特許庁が地域ブランドとして認定した、愛知県の西尾の抹茶が配合されているので、上品な抹茶の味と香りを楽しめます。

ライオン 青汁+緑花のチカラの口コミ

青汁+緑花のチカラが発売されたのは2017年3月です。
比較的新しい青汁だからだと思いますが、口コミがとても少なく、ほとんど見つけることができませんでした。
その中で参考になったものをピックアップしてみます。

<良い口コミ>
・軽く混ぜるだけできれいに溶けてくれます。混ざりやすい青汁だと思います。
・お茶のようにサラッとしている青汁です。緑茶の上質な苦味がおいしいので、お茶の代わりに飲むことができます。
・お湯に溶かすと、抹茶のおいしさがよりしっかり感じられておいしいです。
・飲み始めて3日目くらいからお通じが良くなってきました。
・溶け感が良いので、忙しい朝に作ってもストレスがありません。
・付属のレシピブックが良かったです。青汁+緑花のチカラを使ったレシピがたくさん掲載されています。

<悪い口コミ>
口コミが見つかりませんでした。

★私の感想
すみません。口コミ数が本当に少なくて、悪い口コミを見つけることができませんでした・・・。

良い口コミのレシピブックですが、ライオンの公式オンラインショップにも公開されています。青汁+緑花のチカラを使った餃子がおいしそうです!

⇒青汁+緑花のチカラでCOOKING RECIPE

ライオン 青汁+緑花のチカラを飲んで口コミを検証します

ライオン 青汁+緑花のチカラ
こちらが青汁+緑花のチカラ 15本入りになります。
lionaojiruryokka_hontai2
同じ向きでキレイにならんでいます!
lionaojiruryokka_pan
私が購入したのは「お試し15本パック」でDM便で届いたのですが、パンフレットも同封されていました。

口コミにあったレシピブックは同封されていませんでした・・・。すごく残念です!

lionaojiruryokka_stick
パッケージにいる+マークと万歳をしてるような人は、ライオンの「プラスシリーズ」のイメージアイコンです。

プラスシリーズは、ライオンのいろいろなサポート成分が配合された健康食品の新ブランドで、青汁+緑花のチカラもそのひとつになります。

青汁+緑花のチカラの粉末
青汁+緑花のチカラの粉末を出してみました。粒感はやや大きく感じますよ。

★ライオン 青汁+緑花のチカラの飲み方は?
1日1本を目安に、100~150mlの水・お湯・牛乳などによく溶かしてからお召し上がりください。

まずは水に溶かして飲んでみます。

ライオン 青汁+緑花のチカラを水で飲んでみます

ライオン 青汁+緑花のチカラを水で飲んでみます
青汁+緑花のチカラを100mlの冷たい水に溶かしてみました。
冷蔵庫で冷やしておいたキンキンに冷えた水にもサラサラと気持ち良く溶けてくれます。口コミにもあったとおり溶け感は非常に良い青汁です。

青汁+緑花のチカラの匂いはお茶みたい!野菜の搾り汁を思わせるようにえぐみなどは一切ありません。

味は、すごくおいしい!
おいしくて飲みやすい青汁は「お茶みたいに飲める青汁」と表現されることが多いのですが、青汁+緑花のチカラはまさにコレ。本当にお茶のようです。
爽やかな苦味がすごくおいしい!

夏の暑いときに自分で淹れた緑茶をしっかり冷やしていただくと、ペットボトルの緑茶とは全然ちがうおいしさがありませんか?
青汁+緑花のチカラもそんな感じで、自宅で淹れたお茶みたいな風味があるんです。

粉末青汁なので、どうしても多少のザラつきはあるのですが、味はとても良いですよ。味わいながら飲める青汁です。

ライオン 青汁+緑花のチカラをホットで飲んでみます

lionaojiruryokka_oyu
水とのちがいが分かりにくい見た目ですが、あつあつのお湯で作った青汁+緑花のチカラです。

香りは、水で作ったときよりも大麦若葉の香ばしさが感じられます。緑茶や抹茶とは違った香りですが、野菜の苦味などは感じません。

お味は、まろやかなお茶という感じ。
最初は大麦若葉の香ばしい感じがするのですが、後味に抹茶のまろやかな苦味が上品に漂います。この苦味がすごくおいしいんです!
コクのある青汁で、味のおいしさが際立っています。これが「西尾の抹茶」の風味なのだと思います。

青汁+緑花のチカラは水で飲むと苦味の穏やかな緑茶を思わせるスッキリした感じ、お湯で作ると抹茶のコクを楽しめます。
本当にすごく味が良いので、風味にこだわりたい大人の方に試してみていただきたいです!

ライオン 青汁+緑花のチカラとサンスター「粉末青汁」の比較

私の中ではライオンさんは歯磨き粉のイメージが強いのですが、同じく歯磨き粉イメージのサンスターさんも青汁を製造販売しています。
lionaojiruryokka_sunstar
こちらがサンスターの「粉末青汁」です。口コミ評価もとても良い青汁なので、ご紹介しつつ青汁+緑花のチカラと比較してみますね。

サンスター粉末青汁と原材料で比較

青汁+緑花のチカラの主な原材料は茶花と4種類の青汁野菜でしたが、サンスター粉末青汁の原材料は「ブロッコリー、ケール、大麦若葉、明日葉、モロヘイヤ」のみ。植物原料だけでできている青汁です。

原料の産地もしっかりと記載されています。
・ブロッコリー:宮崎県、鹿児島県、岡山県、北海道産
・ケール:宮崎県、大分県、静岡県、熊本県、島根県産
・大麦若葉:福岡県、大分県、熊本県産
・明日葉:八丈島産
・モロヘイヤ:島根県産

ケールは元祖青汁野菜で緑黄色野菜の王様とも言われています。
β-カロテンがキャベツの約60倍、ビタミンCが2倍含まれていて、その他のビタミン・ミネラル、食物繊維なども豊富です。

たくさんの栄養成分を含んだ万能野菜で、最近はスーパーでも見かけるようになりました。

モロヘイヤはカルシウム、鉄分、カリウムなどのミネラルが豊富な野菜です。あのクレオパトラも愛した野菜と言われています。

ブロッコリーは茹でるだけでもおいしく食べられる野菜ですよね。栄養素としては、ビタミンCがキャベツの約4倍。天然の甘さがおいしい野菜です。

サンスター粉末青汁と風味で比較

サンスター粉末青汁は、1袋にたっぷり10gの粉末が入っているので、飲みごたえがすごいんです。

水分量の目安は160ccくらいなのですが、豆乳や牛乳にまぜてシェーカーでよく振るとおなかにたまる健康的なドリンクになりますよ。

1袋あたりに10gというのは、青汁としてはかなり多い方なんです。
ですので、口コミでは、朝と夜に5gずつ飲んでいる方、1日5g飲んで2日で1袋を目安にしているという方もいらっしゃいました。
体調に合わせて飲む量が変えられるのも青汁の良いところですね。

ただ、サンスター粉末青汁には植物原料しか使われていないので、かなりしっかりと野菜の味を感じます。
私は「野菜を食べてる!!」という感じがするので大好きなのですが、この風味が苦手な方もいますし、濃い野菜エキスのような青汁を160ccも飲むのはツラいという口コミもあります。

サンスター粉末青汁と価格で比較

サンスター粉末青汁は、10g×30本入りで4,500円になります。
1箱4,500円という価格だけを見たらやや高めに思えますが、総量で考えると実はお得なんですよ。

1回に飲む量を5gにすると、1杯あたりの単価は75円と激安です。
一般的な青汁の1袋当たりの量は2.5~3.5g程度なので、5gでも多い方なんです。
植物原料100%の青汁を試してみたい方にはかなりおすすめの青汁です。

青汁+緑花のチカラの価格とお得な購入方法を次にご紹介します。

ライオン 青汁+緑花のチカラのお得な買い方

青汁+緑花のチカラの内容量は1箱31本入りです。
公式オンラインショップの単品価格は3,311円(税抜)になります。1杯あたり約106円ですね。

定期購入にすると、初回がなんと40%オフの1,980円(税抜)、2回目以降も2,980円になるので、1杯あたり100円を切ります。価格面でも続けやすい青汁と言えると思います。

定期コースは3回以上の継続がお約束になりますのでその点だけご注意下さい。

今回が私が購入したおためしパック15本入りの価格は1,680円(税抜)です。
定期購入よりもお得度は下がりますが、後払いも利用できますし、まずは味見をしたい方にピッタリの購入方法だと思います。

青汁+緑花のチカラの悪い口コミを見つけることができなかったので、気になることがあったらしっかりお伝えしようと思いながら挑んだレビューでしたが、味も良いし価格も良心的だし、特に悪いところはみつかりませんでした。
ライオンはみんなが知ってるブランドなので信頼できますし、本当に味が良い青汁なので、ぜひお試しパックだけでも試してみていただきたいです!

このページの先頭へ