青汁で更年期障害を予防できる?

青汁で更年期障害を予防できる?
「最近、なんとなく体調がすぐれない」「調子が出ない」と感じていませんか?

なんとも、よく聞くフレーズですよね。
でも、このフレーズをよく耳にするということは、そう感じている人が多いということではないでしょうか?

仕事が忙しく、上手く休暇や睡眠をとることが出来ていないなどの物理的な原因の場合。
人付き合いが上手くいかないなど、精神的なことが原因の場合等、その原因は人により様々だと思います。

けれど、そのどちらにも当てはまっていないけど、冒頭のような状態が続いている……というのは、もしかすると『更年期』からくる体調不良なんてことはありませんか?

人によっては、日常生活にも著しく支障をきたしてしまうほどの症状に悩まされる『更年期障害』。

そんな辛い症状の緩和、そして予防に『青汁』が役立つ!というお話を、詳しく説明してみたいと思います。

『更年期』って何?

ある程度の年齢になり軽い体調不良を経験すると、冗談を交えながら「更年期障害かなぁ」なんて言ったりすることがありますね。
冗談で笑っていられるくらいであればいいのですが、症状が深刻になると、そうも言っていられません。

『更年期』とは、エストロゲンという女性ホルモンの分泌量が減少する年齢、時期のことを指します。

エストロゲンは30代をピークにして、その後、卵巣の衰えと共に減少し始めます。
ここで、体にとって大きな問題が起こるのです。

それは、卵巣はもう衰えてきて「エストロゲンは作れないよ」といっているのに、その段階では、脳がまだその信号をキャッチ出来ていないということです。

脳は、エストロゲンの分泌量が減ったことを異常ととらえ「通常どおり作りなさい!」と、卵胞を刺激するホルモンを大量に分泌してしまいます。

そうして指令を出し続けた結果、ホルモンのバランスが崩れてしまい、なんらかの体調不良として症状が現れるのです。

これが『更年期症状』。そして、重いものが『更年期障害』と呼ばれているものです。

多少の個人差はありますが、平均的に45~55歳の間の閉経を挟んで、その期間は10年間程度だといわれています。

では、その更年期障害の症状も具体的に見てみましょう。

『更年期障害』の症状

血管運動障害

ホットフラッシュと呼ばれる”のぼせ”感や、不眠、また、乾燥や小じわなどの肌トラブルが急に酷くなったなど、美容的な症状が見え始めた場合は、更年期を考えるべきかもしれません。

特にホットフラッシュなどは、突然、顔や上半身だけが熱くなったにもかかわらず、下半身だけはガチガチに冷たいままの状態等、とても極端な症状が現れます。

精神神経障害

症状の中には、自律神経失調症とよく似た症状が現れる人もあります。
いつもイライラとして情緒不安定。また、更に症状が重い人では、鬱(うつ)を発症する場合もあります。

その他の更年期障害の症状

更年期の症状として、冷え性や、肩こり、頭痛、疲労感等、普段から女性が慢性的に感じていることの多い症状も沢山あるために、それが更年期のせいだと、即座に気づくのは難しいかもしれません。

これらの症状は、更年期が過ぎ、ホルモンのバランスが安定すれば自然と治まってくるものなのですが、前述したように、その期間は約10年と、ただ我慢して過ごすには長すぎる時間ですね。

目に見えにくい症状

そして、ようやくホルモンが安定し、この辛い更年期と呼ばれる時期が過ぎても、厄介なことに体の中ではまた次の変化が起きているのです。

それは、更年期の間の冷え性や肩こり、ホットフラッシュのように、具体的に体調不良として表面に症状が現れものとは違い、何年もして、しかも相当に悪化してからしか症状として現れない病気、『骨粗しょう症』、『動脈硬化』他、生活習慣病と呼ばれている日本人の約3分の2の死亡原因とされている病気の発症リスクが更年期以降、大幅に高くなるということです。

これは、更年期症状の原因となっているエストロゲンの、そもそもの働きに理由があります。

エストロゲンは、子宮内で妊娠の際の受精卵の着床を助けるなどの働きの他に、『骨の形成を促す』、『血管の収縮を抑制する』といった役目を担っているのです。

つまり、そのエストロゲンが分泌されなくなることにより、骨が形成されにくくなり、血管が細く、詰まりやすい状態になってしまうことで、これらの病気の発症リスクが高くなっているということなのです。

更年期障害を予防しておくのに越したことはない!

「更年期障害とか、おばさんがなるものでしょ?」「45~55歳?そんなのまだまだだし」
ましてや70代になってからのことなんて?そんな風に思ってしまっているアナタ。『若年性更年期障害』って、ご存知でしょうか?

この『若年性更年期障害』は『プチ更年期』や『プレ更年期』とも呼ばれていて、実は近年、20~30代の若年層に見られる更年期症状なんです。

これは、過度なダイエットによる栄養不足や、喫煙、強いストレスなどが原因で起こるホルモンバランスの乱れにより引き起こされている、まさに若い年齢での更年期なのです。
その状態のままで放っておくと、不妊の原因になるばかりではなく、最悪の場合そのまま閉経していまうという可能性もあります。

そうなると年齢に関係なく、先程述べた生活習慣病など命に係わる病気にかかるリスクも、当然若いうちから高くなってしまうということです。

そんなことになってしまわないように、また、必ず訪れる更年期の症状を少しでも楽に過ごすことが出来るようにするためにも、普段から予防をしておくことが大切なのです。

どうやって更年期障害を予防する?

「健康であるために」という言葉のあとに、必ずと言っていいほど続く言葉。
やはり、更年期症状の予防においても同じことが言われます。

・栄養バランスの良い食事を摂る
・規則正しい生活をおくる
・ストレスを溜めない
・適度な運動をする

これらをきちんと実行出来ていたからといって、更年期がこないわけではありません。
けれど、少しでも症状が軽く、その時期を楽に過ごすことが出来るように、そして、更年期の症状の有無にかかわらず、これらは生活習慣病の予防にも繋がっていくことになりますので、年齢や性別を問わず実行したいものですよね。

ただ、そうだと分かっていても、様々な事情でなかなか簡単にいかないのも事実なのです。

それならば、せめて栄養バランスの良いもの摂ることだけでも、毎日心がけていくことにしませんか?

それも、とても簡単に、効率よく。

その手助けとなるのが『青汁』です。

青汁で更年期障害を予防する

昔は、「体にいいけど、とにかく不味い!」で有名だった『青汁』ですが、今はもうすっかり飲みやすくなっています。
しかも、女性の体に特に嬉しい栄養素を沢山備えて。

青汁の主な原料は3つ。
まずは、そこからご紹介していきましょう。

青汁の主な原料3つ

ケール

アブラナ科、キャベツの仲間で青臭く、特徴は苦味のある独特の風味。不味いと言われていた原因ですね。βカロテンが飛び抜けて豊富に含まれています。

大麦若葉

名前の通り”大麦の若い葉っぱ”のことです。雑穀米でも注目されている大麦同様、ビタミンB群と食物繊維がとても豊富。そして、注目の成分の1つ『SOD酵素』を含むのも、この大麦若葉です。

明日葉

セリ科の植物ですが、味や匂いにクセはありません。そして、明日葉にもポリフェノールの1種『カルコン』という特別な要素が含まれています。

では、この3大原料に含まれる代表的な栄養素と共に、青汁に含まれるその他の栄養素が更年期の体調にどんな風に効果があるのかを見てみます。

青汁の栄養素はどんな風に更年期障害に効果を発揮するのか

βカロテン

ニンジン、カボチャ、トマトなどの緑黄色野菜に多く含まれている栄養素で、とても強力な抗酸化作用を持ちます。
免疫機能を正常に保ち、粘膜の保護、美肌効果もあります。
体内では、ビタミンAに変換されるという特性も持っています。

SOD酵素

この酵素の持つ抗酸化作用は、体内に発生する老化の原因の一つ『活性酸素』を除去する力を持っています。
この酵素は、もともとはヒトの体内でも生成されています。
しかし、40歳を過ぎて、その生産能力が落ちることで活性酸素を除去出来なくなることが、老化に繋がっているといわれています。

カルコン

自然界に5000種類以上も存在するといわれているポリフェノールですが、その中の1つ『カルコン』は、明日葉だけが持っているポリフェノールです。
抗酸化、抗菌、抗血液凝固、抗アレルギー、末梢血管拡張。これだけでも、とても優秀な効果があることが分かりますが、更に、肝臓に溜まったコレステロールの蓄積抑制、燃焼促進といった効果まであるのです。

ビタミンE

血行促進、抗酸化作用、ホルモンのバランスを整える

ビタミンB6

女性ホルモンの働きを助ける

ビタミンC

抗酸化作用、美白効果

カルシウム

骨粗しょう症の予防、情緒の安定、ホルモン分泌機能の維持

亜鉛

抗酸化作用、免疫機能の活性化、女性ホルモンの働きの向上

青汁には沢山の抗酸化成分が含まれている

こうして、それぞれの成分の持つ効果を確認すると『抗酸化作用』を持つものがとても多いことに気がつきます。

実は、このことも青汁が更年期に良いとされる理由の1つなのです。

更年期の不快な症状は、ホルモンのバランスが崩れることにより、脳が過興奮の状態になるために起こっています。

そんな脳の興奮状態を、青汁の持つ抗酸化作用が抑制し、症状を緩和してくれるのです。

もう1つ、更年期障害の予防に欲しい成分

更年期症状の予防、緩和を目的として青汁を摂る場合には、もう1つどうしても摂って欲しい成分があります。

それは、『イソフラボン』。
大豆に含まれる、有名な成分ですね。

このイソフラボンの注目すべき点は、女性ホルモンのエストロゲンと、構造が酷似しているということです。

イソフラボンを摂ることで、減少していくエストロゲンの代理として働いてくれるというのです。

これは、病院でホルモン治療を受けている女性の更年期障害の目眩や火照りといった症状が、イソフラボンを摂ることで改善したという多くの実例も報告されています。

青汁を選ぶ際は、是非このイソフラボンにも注目してみてください。

青汁は気長に続けて欲しい

青汁を飲むだけで、これだけの栄養と効果が得られるのは、とても嬉しいですよね。
これなら、栄養バランスはかなり補うことが出来るのではないでしょうか?

でも、お分かりとは思いますが、青汁は薬ではありませんので即効性の効果を期待することは出来ません。

あくまで、青汁は体調を整えていくこと、来る更年期に向け、それに耐えられる体内環境と健康を維持していくことを目的として摂るものです。

ですので、青汁を摂り始めても特に目に見えた変化が見られなくても、体の若い調子の良い頃から飲み続けていくのが良いのではないでしょうか?

そしてもちろん、「青汁だけ飲んでいれば安心」というわけでもありません。
良い睡眠、休息を取り、適度に体を動かし、ストレスを溜めない日常を送ることが出来ればよりベストですね。

それでも、更年期の症状が辛いという場合や、「この症状は更年期なの?」と不安になった時は、婦人科でのきちんとした診断をお勧めします。
自分の体と安心して向き合うことが、更年期を上手に乗り切る第1歩です。

このページの先頭へ