DCM「のみやすい青汁 大麦若葉100%」口コミ・他青汁との比較

DCM「のみやすい青汁 大麦若葉100%」口コミ・他青汁との比較
「のみやすい青汁 大麦若葉100%」は、ホームセンターのDCMカーマ、DCMダイキ、DCMホーマック、DCMサンワ、DCMくろがねやのオリジナル青汁です。

全国に650店舗を展開する大手ホームセンターグループの青汁ですが、お味はいかがでしょうか?

DCMブランドのみやすい青汁 大麦若葉100%の原材料・成分・栄養素

★のみやすい青汁 大麦若葉100%の原材料
大麦若葉末

商品名どおり、原材料は大麦若葉100%でした!
パッケージに「抹茶風味」と書かれているのですが、抹茶は入っていないようです。

★のみやすい青汁 大麦若葉100% 1袋3gあたりの栄養成分
エネルギー:11.6gkcal
たんぱく質:0.8g
脂質:0.2g
炭水化物:1.7g
食塩相当量:0.003g

大麦若葉の産地について、国産と書かれているのですが詳しい場所は書いてありません。公式サイトによると契約農家による栽培とのことでした。

DCMブランドのみやすい青汁 大麦若葉100%の口コミ

ホームセンターブランドの青汁ということで、店舗で購入する方が多いのだと思います。口コミの数がとても少なくてほぼ見つけることができませんでした。

<良い口コミ>
・小分けになっているので携帯しやすいです。
・国内の契約農家さんが栽培した大麦若葉しか使われていないので安心して飲めます。

<悪い口コミ>
見つけることができませんでした。

★私のコメント
日本中でいろんなホームセンターやドラッグストアがオリジナル青汁を作っているのだと思いますが、のみやすい青汁 大麦若葉100%は大麦若葉だけで勝負をしています。

1種類の植物原料100%でオリジナリティを出しているところが面白いと感じたので購入してみたのですが、風味はどうなのでしょうか?

口コミ件数が本当に少なかったので、当サイト(青汁部)でしっかりレビューしていきますね!

DCMブランドのみやすい青汁 大麦若葉100%を飲んで口コミを検証します

DCMブランドのみやすい青汁
こちらがのみやすい青汁 大麦若葉100%です!
全体的にグリーンでごちゃごちゃしていないデザインなのですが、背景にうっすらと矢羽模様が入っているあたりが大人の雰囲気です。
dcmomugiwakaba_hako2
箱の中には26包ののみやすい青汁 大麦若葉100%が入っています。内容量のわりには箱が大きすぎる気がします。箱の上半分くらいは余っていますよ。
箱の大きさがもっとコンパクトなら買って帰りやすいのになーと思います。
DCMブランドのみやすい青汁のスティック
スティックはやや太めの縦長です。角が丸くカットしてありますね。こういう細かい設計にはとても好感が持てます。

DCMブランドのみやすい青汁の粉末
粉末はとても細かい!混ざりものが一切ないので、大麦若葉のグリーン一色という感じです。

dcmomugiwakaba_funmatsu2
粉砂糖やコーンスターチのような細かさです。

★のみやすい青汁 大麦若葉100%の飲み方は?
1日1袋を目安に100ml程度の水やお湯、牛乳などに溶かして飲みます。

まずはいつもどおり、冷たい水に溶かしてみます。

DCMブランドのみやすい青汁 大麦若葉100%を水で飲んでみます

DCMブランドのみやすい青汁 大麦若葉100%を水で飲んでみます
水を100ml注いでいます。早くも溶けてきていますよ!

dcmomugiwakaba_mizu2
軽く5回くらいくるくるかき混ぜた状態です。もうかなり溶けていますね。
溶け感はとても良いと思います。

dcmomugiwakaba_mizu3
できました!
匂いは香ばしさのある素直な大麦若葉の青汁のかおり。改めて100%大麦若葉青汁の匂いをかいでみると、大麦若葉が抹茶っぽいと言われる理由がわかる気がします。

味も、青汁初心者さんでも「あ・・・これなら飲めそう!」と感じるような飲みやすさがあります。抹茶から苦味や渋みを抜いたような感じで、後口にほんのりと甘さがあります。

水に溶かすだけでもとてもおいしく飲めるのですが、次は豆乳に溶かしてみます。

DCMブランドのみやすい青汁 大麦若葉100%を豆乳で飲んでみます

DCMブランドのみやすい青汁 大麦若葉100%を豆乳で飲んでみます
100mlの豆乳にのみやすい青汁 大麦若葉100%を溶かしてみました。

シェイカーは使わずにスプーンでかき混ぜてみました。水よりは若干溶けにくかったですが、くるくる混ぜていたらかなり綺麗に溶けてくれました。

においは、豆乳の豆のかおりを大麦若葉が消しているような感じ。どちらのにおいも主張が穏やかです。

味は、青汁というよりも豆乳をいつもよりスッキリ飲んでいるような印象です。
これはこれでおいしいのですが、わたしはもう少し大麦若葉を感じられた方が好きなので、次は豆乳の量を80mlくらいまで減らそうと思いました。

のみやすい青汁 大麦若葉100%はまったくクセのない青汁なので、やや薄くしたり温かいお湯に溶かしてお茶のように飲んでも良いし、ちょっと濃くして飲んでもおいしいと思いますよ!

ひと昔前の青汁はケールが主原料だったのですが、現在は大麦若葉を原料とした青汁の方が主流で流通量も多いんです。

のみやすい青汁 大麦若葉100%も、みんなが買いやすく飲みやすい青汁を目指して作られているように感じました。

サラッとしたとても素直な青汁なので、気軽に試してみていただきたいです!

DCMブランドのみやすい青汁 大麦若葉100%と「ふるさと青汁」との比較

ふるさと青汁
のみやすい青汁 大麦若葉100%は大麦若葉だけでできている青汁でしたが、もう少し野菜の種類が多い方が良い場合におすすめなのがマイケアのふるさと青汁です。

のみやすい青汁 大麦若葉100%とふるさと青汁 原材料で比較

★ふるさと青汁の原材料
あしたば葉茎末、難消化性デキストリン、直鎖オリゴ糖、あしたば根末、桑の葉末、大麦若葉末

ふるさと青汁の主原料は明日葉です。しかも葉っぱだけでなく、茎も根っこも使われているので明日葉の栄養を余すところなくいただくことができます。

明日葉の成分「カルコン」は内臓脂肪を減らす、血糖値を下げるなど生活習慣病の予防に効果的として、今とても注目されています。

大麦若葉には、「スーパーオキシドディスムターゼ(SOD)」という酵素が含まれています。

活性酸素を除去してくれる酵素なので、ぜひ積極的に摂りたいところ。青汁などで外から摂取したSODでも体内できちんと働くことが確認されています。

桑の葉には独自成分の「DNJ」には血糖値を下げる効果があるといわれていて、現在も研究が進められています。

ふるさと青汁は野菜不足解消はもちろんですが、より積極的に健康を作っていきたい年代の方にも良いですよ。

のみやすい青汁 大麦若葉100%とふるさと青汁 風味で比較

明日葉には独自のクセがあって、明日葉青汁は味が苦手で飲めないという方も多いんです。

私も明日葉青汁の味は得意ではありません。先日、スーパーにめずらしく生の明日葉が売っていたので実際の味を確認するために食べてみたのですが、明日葉青汁のクセを何倍にも強めたような味と匂いで、やっぱり苦手・・・と再確認したところでした。

それくらい明日葉が苦手な私でもふるさと青汁は比較的飲みやすいと思います。

青汁部レビュアーの中河さんも「明日葉が主原料の青汁の中では、ふるさと青汁は群を抜いて味はおいしい」と表現しています。

正直、私は特別おいしいとは思いませんが、明日葉効果が欲しいときにはふるさと青汁を選ぶと思います。

のみやすい青汁 大麦若葉100%とふるさと青汁 価格で比較

ふるさと青汁の通常価格は、3g×30包入りで3,800円になります。
1杯あたり126円です。

定期購入の「とくとく便」にすると1箱3,420円になるので、1杯あたり114円です。

100円を切っていると安い青汁だな~と感じるのですが、ふるさと青汁のお値段は適正価格だと思いますよ。

DCMブランドのみやすい青汁 大麦若葉100%のお得な買い方

のみやすい青汁 大麦若葉100%はDCMグループのお店で販売しています。
また、ホームセンター通販のDCMオンラインからも購入することができます。

価格は1箱26包で753円です。1杯あたりのお値段はなんと28円!

まったく知らないメーカーさんの青汁がここまで安いと原料は大丈夫なの?と不安になることもあるのですが、のみやすい青汁 大麦若葉100%はユーザー目線の商品開発を大切に作られたDCMのプライベート商品なので価格も抑えられているんです。

大麦若葉だけで作られた購入しやすい青汁なので、青汁が初めての方の最初の1杯にも良いと思います。

ふたごのひつじ

このページの先頭へ