青汁の豆知識

青汁に含まれる緑茶・抹茶の効果

緑茶・抹茶の効果とおすすめ青汁まとめ
緑茶はあまりにも身近な飲み物すぎて、健康効果と言われてもぴんとこないかもしれませんが、実は素晴らしい働きをしてくれるんですよ。

抹茶も毎日飲むものではありませんが、粉末状で扱いやすいことからアイスやフィナンシェなどの焼き菓子をおいしくする材料として昔から愛用されています。

今だから知って欲しい、緑茶・抹茶のそれぞれの健康効果、美容効果の解説と、緑茶・抹茶が配合されたおすすめの青汁をいくつかご紹介します!


もくじ

緑茶とは?

まずは緑茶と抹茶の違いを知りましょう。

ひとことで「緑茶」といっても煎茶もあれば番茶もありその種類は多く、抹茶も緑茶のひとつなんじゃ?という感じですよね。

緑茶も抹茶も紅茶もウーロン茶も、全部同じ「チャノキ」という木の葉っぱから作られるお茶です。

ではなぜあんなに見た目も風味も違うお茶になるのかというと、栽培方法や発酵方法が異なるからなんです。

強く発酵させて作られるお茶のひとつが茶色味の強い紅茶で、「発酵茶」と呼ばれています。

「半発酵茶」に分類されるものがウーロン茶。ウーロン茶の深みとなんとも言えない香りは発酵具合によるものです。

ウーロン茶は中国茶の中でも青茶に分類されるのですが、青茶の香りを楽しむためだけに存在する「聞香杯(もんこうはい)」という専用の器もあるくらい、ウーロン茶にとって香りは重要です。

まったく発酵させないで作られるお茶が緑茶などの「不発酵茶」です。緑茶は収獲したお茶の葉を発酵させずに、「蒸す・揉む・乾燥」という製法で作られます。

緑茶の種類

発酵させないお茶という製法は同じなのですが、栽培方法などによって緑茶はさらに分類されています。

番茶

秋から初冬にかけて摘んだお茶や、新芽が伸びて硬くなった茶葉のこと。地方によって定義が変わることもあり、ほうじ茶を番茶と呼ぶこともあります。上級茶葉ではないため価格が安いこともあり、広く親しまれています。

マクロビオティックを実践している方によく飲まれている「三年番茶」は、これらとはまた違います。

三年番茶は、茶葉と茎を天日に干して乾燥させて3年間熟成させた後にゆっくりと焙煎して作られます。
こうして手間暇をかけることでカフェインが抜けて風味がまろやかになります。

煎茶

新芽が出てから摘み取るまで、ずっと日光に当てて育てられた茶葉を収獲して加工されたものです。

価格帯も幅広く選びやすいので、番茶と並んで日本中で親しまれています。

玉露

新芽が出てすぐ、もしくは茶摘みを行う3週間ほど前から日光を当てずに育てられたお茶の葉です。広大な茶畑の日光を遮る必要があるので手間もかかり、販売価格も高額になり上級茶として扱われています。

抹茶とは?

緑茶のいずれかを粉末状にしたものが抹茶というイメージもありますが、回転寿司でおなじみの粉末緑茶と抹茶はやっぱり違うような気がします。
実は粉末緑茶と抹茶には明らかな違いがあり、この2つは全く別物なんです。

粉末緑茶

粉末緑茶は煎茶を粉末状にしたものです。ごく一般的なお茶をパウダーにしたものが粉末緑茶です。

抹茶

碾茶(てんちゃ)を粉末にしたものを指します。
碾茶はお茶の葉に強い日差しが当たらないような栽培方法で育てられます。こうした手間暇をかけて育てることでうま味の強い碾茶になります。

栽培方法もそうですが、さらに加工後に粉末状にするという手間がかかっている分、価格も高めになってしまいます。

まとめると、緑茶も抹茶も原料は同じチャノキなのですが、栽培方法が違うということになります。

また、普通、緑茶は茶葉にお湯を注いでいただきますが、抹茶は粉末状になっていて点てていただくという飲み方の違いもありますね。

抹茶と緑茶、栄養成分の比較

五訂増補日本食品標準成分表を参考に、煎茶と抹茶の主な栄養成分を表にしてみました。

煎茶 抹茶
エネルギー(kcal) 331 324
たんぱく質(g) 24.5 29.6
脂質(g) 4.7 5.3
炭水化物(g) 47.7 39.5
カリウム (mg) 2,200 2,700
カルシウム (mg) 450 420
マグネシウム (mg) 200 230
リン(mg) 290 350
鉄(mg) 20 17
亜鉛(mg) 3.2 6.3
銅(mg) 1.3 0.6
ビタミンB1(mg) 0.36 0.6
ビタミンB2(mg) 1.43 1.35
ナイアシン(mg) 4.1 4
ビタミンB6(mg) 0.46 0.96
ビタミンB12 (μg) 0 0
葉酸(μg) 1,300 1,200
パントテン酸(mg) 3.1 3.7
ビオチン (μg) 51.6 -
ビタミンD(μg) 0 0
食物繊維 (g) 46.5 38.5
食塩相当量(g) 0 0

煎茶はビタミンCが豊富!

抹茶のビタミンC量が60mgに対して、煎茶は260mgと約4.3倍も多く含まれています。しかも緑茶のビタミンCには熱に強いという特徴があるので、いつもどおりお湯を注いで飲むだけでも効果を期待できるんです。

抹茶の「テアニン」と緑茶の「カテキン」

抹茶はうま味が強いとお話しましたが、お茶のうま味成分は「テアニン」というアミノ酸になります。

テアニンは、日差しを浴びて光合成を行うことで「カテキン」というポリフェノールに変わります。

そのため、日差しから守られながら育てられる抹茶にはテアニンが多く、日光の下ですくすく育つ緑茶にはカテキンが多く含まれるということになります。

湯のみ1杯あたりのテアニンは煎茶が10mg、抹茶が36mgと含有量は大きく異なります。

<参考>:太陽化学株式会社 テアニンって何?

テアニンとカテキンの効果の違い

テアニンはストレスを緩和したり、リラックス効果、集中力アップ、睡眠改善などの効果があることが報告されています。

カテキンはお茶の苦味や渋み成分で、植物ポリフェノールのひとつです。大変強力な>抗酸化作用があり、昔から健康成分として注目され続けています。

緑茶の美容・健康効果

植物ポリフェノールのカテキンやビタミンCが豊富な緑茶にはどのような効果を期待できるのでしょうか?

緑茶で死亡率が下がったことが判明!

2015年5月に国立がん研究センターが「緑茶の飲用習慣が死亡リスクを減らして、長寿に繋がる」という研究結果を発表しました。約19年もかけて調査をした結果、緑茶の摂取量が多いほど全死亡リスクが下がっていたことがわかったのです。

<参考>国立がん研究センター 緑茶摂取と全死亡・主要死因死亡との関連について

好きな飲み物を気軽にペットボトルで購入できる現代では、急須でお茶を淹れる機会の方が少ないかもしれませんが、飲むだけで死亡リスクが下がるとなれば、これは積極的に飲むしかありません!

生活習慣病の予防

カテキンには肝臓でつくられる胆汁酸を排出させて、血中コレステロールの増加を防ぐ働きがあります。

胆汁酸はコレステロールを原料として肝臓で作られます。脂肪の消化を助けるのですが、その後再び腸から吸収されて肝臓に戻って再度使用されます。

カテキンを摂取すると、胆汁酸が肝臓に戻らずに排泄されます。その結果コレステロールの増加が防止されるのです。

コレステロールも一切不要な成分というわけではないのですが、摂りすぎてしまうと動脈硬化が進行して脳梗塞、心筋梗塞などの危険な病気に繋がってしまいます。

高血圧、糖尿病などの生活習慣病も、中性脂肪値やコレステロール値が高くなる「脂質異常症」という症状が原因のひとつとされています。

糖尿病は失明に繋がったり人工透析が必要になったりする進行型の合併症を引き起こす本当に怖い疾患です。

居酒屋さんなどで「健康診断で血圧が高かったんだよね~」とビールを飲みながら笑っているおじさまを見かけることもありますが、放置しておくとそのビールすら飲めなくなります。

緑茶を飲んで、せっせとコレステロールを流していきましょう!

ダイエット効果

コレステロールの増加を防ぐということは、ダイエット効果があるということ!さらに緑茶のカテキンには脂肪を分解・燃焼させる働きがあることが解明されました。

血中コレステロールを減らす、脂肪の吸収を抑えるとしてトクホ認定されているお茶飲料もあるくらいですし、緑茶はノンカロリーです。ぜひダイエットにも緑茶を取り入れてみてください。

活性酸素の除去

カテキンをはじめ、植物ポリフェノールにはとても強力な抗酸化作用があります。

抗酸化作用は体を酸化させてしまう活性酸素を取り除く働きのこと。活性酸素は紫外線、喫煙、ストレスなどで体内に増えてしまうのですが、なんと呼吸をするだけでも増加するんです。そのため、一見健康に良さそうなマラソンなど激しい呼吸を伴う運動でも体内にたまってしまいます。

活性酸素は体の外から侵入するウイルスや細菌などをやっつける仕事をしているのである程度は必要なのですが、爆発的に増えてしまうと今度は細胞を傷つけ始めてしまいますし、生活習慣病の原因になるコレステロールの酸化も引き起こします。

抗酸化作用を持つ栄養素としてビタミンEがあげられるのですが、カテキンはそのビタミンEの50倍以上もの抗酸化作用があると言われています。

しみ・しわの予防!

抗酸化作用は健康面だけでなく、お肌のシミ・しわなどの美容面でも効果を発揮します。

体にとって有害な物質が多く含まれている紫外線を浴びると、体は活性酸素を大量に作って害から守ろうとします。
しかし、活性酸素が増えすぎると細胞が傷つくので、このダメージを緩和するために今度は「メラノサイト」という細胞がメラニン色素を作って肌を守ろうとします。

メラニン色素は活性酸素の攻撃を受けてくれるのですが、この攻防はメラニン色素が酸化して黒く変色していくことで成立しているんです。

つまり、メラニン色素がなかったら肌はもっと傷つくけど、メラニン色素があるためにシミができるという理屈です。

この悪循環を防ぐには、抗酸化作用のあるカテキンで体内の活性酸素をせっせと除去することが効果的なのです。

カフェインの効果

緑茶にはカフェインが含まれています。
カフェインが多く含まれている飲み物といえばコーヒーのような気がしますが、いちばん多いのはなんと玉露なんです。

★100mlあたりのカフェイン含有量
・玉露 約160mg
・レギュラーコーヒー 約60mg
・インスタントコーヒー(粉末2g分)約60mg
・煎茶 約20mg

<参考>:知っていますか? 自分のカフェインの「安全量」

カフェインの効果といえば眠気を覚ます、興奮作用などですよね。

大量に摂取するのはおすすめできませんが、リフレッシュしたいときや、より集中したいときなどには効果的です。

また、カフェインには強力な利尿作用もあります。体内の水分を排出してくれるので、むくみが気になる方にも良いですよ。

ただしカフェインには1日あたりの指標もあります。
とくにサラサラ飲めてしまう煎茶は気がついたら飲みすぎていることも多いので、摂取量には気を付けて下さいね。

抹茶の美容・健康効果

抹茶を代表する成分はやはりテアニンです。

緑茶にはカフェインが含まれているため、夜に飲むと眠りにつきにくくなると言われていますが、お茶で眠れなくなることを実感したことなんてないんだけど・・・?という方も多いことと思います。

その理由はテアニンに鎮静効果があるためと考えられています。

たしかにカテキンには興奮作用があるのですが、テアニンには逆に鎮静作用があるので、実際にはそこまで興奮して目が覚める!!ということはないのだそうです。

リラックス効果

テアニンを代表する効果はやっぱりリラックス効果!
実験ではテアニン濃度を高めるほど、脳のリラックス状態を表すα波が強く出ることがわかっています。

眠りの質を上げる効果

リラックス効果と繋がっているのですが、テアニンには興奮をおさえて神経を休ませる働きがあることから、ぐっすりと熟睡できる効果をもたらしてくれることもわかっています。

寝る前にテアニンを摂取すると寝つきが良くなり、寝ている途中で目が覚めることをなくしてスッキリと目覚めさせてくれるという、とても理想的な睡眠がとれるのです。

健康な成人男性による実験では、たった6日間テアニンを摂取し続けただけでも熟睡度が上がったのだそうです。

集中力を高める!

テアニンにはカフェインとは違った集中力アップ効果があることがわかっています。テアニンを投与したラットの実験では、記憶力・学習力が上がりました。これは脳内の神経伝達物質であるドーパミンとセロトニンの濃度が変化するためと考えられています。

月経前症候群(PMS)・更年期障害の改善

生理が始まる前の数日間、何にもないのに気持ちがどよーんと重くなる、ついパートナーにイライラをぶつけたり、いつもよりも感情の起伏が激しくなってなんでもないことを疑ってしまったりというようなことはありませんか?

これらは月経前症候群(PMS)と呼ばれる症状です。

精神面だけでなく疲れやすくなってすぐに眠たくなったり、まだ午前中なのに足がむくんでしまうような体の変化も月経前症候群のひとつです。

これらは女性ホルモンの影響なので、どうにかしたくても自分で気をつけられないこともありますよね。

また、更年期障害の動悸、ほてり、イライラなどの症状が女性に多いのも、女性ホルモンの影響といわれています。

テアニンは、これらの女性特有のなんともしづらい体の状態を緩和する効果があるとされています。

冷え性の改善

こちらも女性に嬉しい効果です。テアニンによって筋肉がリラックスして血管が拡張した結果、血行が良くなります。
手足の末端の血行も良くなるので、血行障害からくる冷え性改善につながります。

このページの先頭へ