コラーゲンの効果とコラーゲン配合おすすめ青汁4つ

コラーゲンの効果とコラーゲン配合おすすめ青汁4つ
コラーゲンはサプリメントや化粧品などで女性にはおなじみの成分ですよね。コラーゲンボールが入った鍋も、冬の居酒屋メニューの定番なのではないでしょうか?

プルンとした弾力のあるコラーゲンは、肌にハリをもたらしてくれるだけでなく、関節の滑らかな動きに欠かせなかったり、爪や骨、血管などを構成する成分でもあります。

しかし残念なことに、年齢とともに体内のコラーゲンは減少してしまいます。コラーゲンが減ると肌のハリがなくなる、関節が痛むなどの症状が出てしまうので、ぜひ日々の食事で補って、それでも足りない分はコラーゲン配合の青汁を活用してください。

コラーゲンは青汁と一緒に摂取すると効果がアップするんですよ。その理由も解説していきます!


もくじ

コラーゲンとは?

コラーゲンはたんぱく質のひとつ。プルプルのお肌に多く存在しているようなイメージですが、骨、関節、血管、内臓などにも多く含まれています。

コラーゲンには細胞と細胞を繋ぐ働きがあるので、様々な器官に欠かせない存在なのです。

ヒトの体にあるコラーゲンの約40%は皮膚にあり、しなやかな肌を構成しています。しかし、体内で生成できるコラーゲンの量は25歳を境に減ってきてしまいます。

「肌のハリとか気にならないからかまわない」なんて思っている男性も要注意ですよ。上でもお伝えしましたが、コラーゲンは骨・血管・関節などの構成成分でもあるので、慢性的に不足してしまうと健康も損なわれてしまうんです。

コラーゲンと肌

コラーゲンと肌
肌にあるコラーゲンの約70%は真皮層に存在しています。網の目のようになっていて、肌のハリを保っています。

コラーゲンが不足して網の目がスカスカになると、組織をうまく支えることができなくなって、肌がたるみシワに繋がってしまいます。

コラーゲンと関節

人間の体内には29種類のコラーゲンがあるのですが、関節に多く含まれているのは「II型コラーゲン」です。保湿作用があり、関節のクッション的な働きも担っています。

年齢を重ねると階段を下りたり立ち上がるのがツラいなど、ひざの関節に痛みが出る方も多いのですが、この症状は加齢によってコラーゲンの生成が減ることに関係しています。

コラーゲンが少なくなって軟骨がすり減ると、骨同士が当たってしまい痛みや炎症がおこってしまうのです。

コラーゲンの効果

コラーゲンは肌や骨、血管など様々な組織に存在しているので、わたしたちの体を健やかに保つためにいろんな働きを担っています。

美肌効果

コラーゲンといえばやっぱり美肌効果ではないでしょうか!

コラーゲンはヒアルロン酸、エラスチンとともに肌のハリ、弾力を保っている成分です。

生成量は加齢によって減ってしまうのですが、コラーゲンを摂取することで合成が活性化するので肌のたるみ・シワ防止に期待できます。

関節の症状改善

関節痛の原因はクッションの働きをしているコラーゲンが減少して軟骨がすり減るためと考えられています。

コラーゲンを補うと軟骨の代謝が促進されるため、関節痛を軽減できるとされています。

動脈硬化を防ぐ

血管の主成分はコラーゲン線維です。血管壁の強さと弾力はこのコラーゲン線維でキープされているのです。

健康な人の血管であれば、万が一傷がつくようなことがあっても自然に修復されるのですが、コラーゲンが足りていないと修復がなされないことがあります。
血管に傷があるとその部分にコレステロールが蓄積されて血栓となってしまいます。

コレステロールを運んでいるLDLも血管壁を傷つける一因です。血管壁の中に侵入したLDLは悪玉である「酸化LDL」に変わり、動脈硬化を進行させてしまいます。

骨を強くする

コラーゲンは骨の土台になります。コラーゲンの周囲にカルシウムなどのミネラルが付着することで丈夫な骨が作られるのです。骨の形成にはカルシウムも欠かせない成分ですが、コラーゲンが不足すると骨が弱くなり骨粗しょう症になりやすくなります。

コラーゲンを多く含んでいる食品

コラーゲンを多く含んでいる食材はこちら。

・豚足
・牛すじなどのすじ肉
・鶏軟骨
・手羽先
・鶏皮
・魚の皮
・フカヒレ
・エイヒレ

など。

コラーゲンはたんぱく質の一種なので肉や魚に多く含まれているのですが、肉そのものではなく皮・軟骨・すじ・ヒレなどに多く存在しています。

●コラーゲンはビタミンCと一緒に
コラーゲンはビタミンCと一緒に摂取することで強いコラーゲンになることがわかっています。ぜひコラーゲンと一緒にビタミンCも摂取してくださいね。

コラーゲン Q&A

コラーゲンにまつわる意外と知らないことをQ&Aでまとめました。

コラーゲンペプチドってなに?

青汁の原材料をチェックすると「コラーゲンペプチド」と表記されていることがあります。これってコラーゲンとはちがうのでしょうか?

コラーゲンペプチドは、酵素でゼラチンを分解して細かくしたものです。「低分子コラーゲン」とも呼ばれています。

コラーゲンペプチドは冷却・加熱にも強く、加熱しても変質しにくいので青汁にもよく使われているのです。

吸収率も高いので、青汁から摂取するのにピッタリのコラーゲンです。

コラーゲンの摂取目安量は?

1日あたりのコラーゲンの摂取目安量は5~10gになります。ただしこの量は厚生労働省が定めているわけではなく、研究をもとに毎日この程度の量を摂取することで肌などの状態が改善されたという目安になります。

日本人の20代~50代女性のコラーゲン摂取量は平均1.9gという結果も出ているので、意識して摂取量を増やしてみてはいかがでしょうか。

<参考>:20代から50代日本人女性における食事由来コラーゲン推定摂取量の特徴(PDF)

コラーゲンを簡単に摂れる食べ物が知りたい!

コラーゲンを多く含んでいる食品はゼラチン質のものになります。牛すじなら100gで4,980mg、うなぎのかば焼きもたった100gで5,530mgのコラーゲンを摂取できます。

さらに、高級中華食材のふかひれには100gあたり9,920mgものコラーゲンがあります。

でも、これらはカロリーも気になりますし、毎日摂取するには難しいものも多いですよね。

もっとも身近に家庭でコラーゲンを摂取できる食材は皮のついた鮭です。

コラーゲン含有量は100gあたり2,410mgなので、うなぎや牛すじと比べると含有量が落ちてしまいますが、朝ごはんでもお弁当でもお夕食でも食べやすい食材ですよね。塩分に注意が必要ですが、上手に活用していきましょう。

なお、鮭のコラーゲンは皮に多く含まれています。皮をはずしてしまったら意味がなくなってしまうので気を付けて下さいね。

コラーゲン配合の青汁にはお得がいっぱい!

コラーゲンはサプリメントにもなっていますし、サプリには摂取量がわかりやすいというメリットがあります。

しかし、ここでおすすめしたいのがコラーゲン配合の青汁を活用すること!

なぜサプリよりも青汁の方が良いのかというと、青汁にはコラーゲンと一緒に摂りたいビタミンCが含まれているから。これはかなり大きなポイントです。

また、コラーゲンはカプセル状のサプリなら飲みやすいのですが、トロッとした液体のものだとクセやにおいが強くて飲めない方もいらっしゃいます。

青汁ならお茶のように爽やかに飲むことができますよ。

コラーゲン配合の青汁をご紹介します。

フレッシュフルーツ青汁

フレッシュフルーツ青汁

フレッシュフルーツ青汁は、酵素が詰まった贅沢な青汁です。

★フレッシュフルーツ青汁の注目成分
・コラーゲン
・112種類の酵素
・100億個の乳酸菌
・セラミド
・プラセンタ
など

主原料は大麦若葉明日葉クマザサになります。

●大麦若葉
大麦若葉には柑橘類を代表するみかんの4倍のビタミンCが含まれているので、コラーゲンの働きをしっかり高めてくれます!

●明日葉
明日葉の固有成分「カルコン」は体内の老廃物を排出したり、脂肪燃焼を助ける効果があることもわかってきています。

●クマザサ
クマザサは植物では大変珍しく、アミノ酸バランスがとても優れています。アミノ酸の中には人間の体では合成できないものもあります。それらの必須アミノ酸は必ず食事で取り入れなければいけません。

乳酸菌には腸の善玉菌を増やす働きがあります。しかもフレッシュフルーツ青汁の乳酸菌は有胞子乳酸菌なので胃酸や熱に強いんです。生きたまま腸に届けることができます。

★フレッシュフルーツ青汁はこんな方におすすめ
・いろいろな美容成分をまとめて摂りたい方
・ダイエットしたい方
・油ものをつい食べちゃう方

めっちゃたっぷりフルーツ青汁

めっちゃたっぷりフルーツ青汁

めっちゃたっぷりフルーツ青汁は、ダイエットしたい女子に選ばれている青汁です。

健康的にダイエットするためには必要な栄養をしっかり摂ることも大事なのですが、栄養を吸収しやすい体を作ることも大事なんです。

めっちゃたっぷりフルーツ青汁には普段不足しがちな植物とフルーツの栄養がぎっしり詰まっているので、体作りに必要な栄養を簡単に補給することができます。

主原料はクマザサ、明日葉、モリンガです。
モリンガはインド産の植物です。アミノ酸、ビタミン、ミネラルのバランスがとても良く、ポリフェノールも赤ワインの8倍も含まれています。
日本でもサプリメントやお茶などで活用されています。

★めっちゃたっぷりフルーツ青汁の注目成分
・フィッシュコラーゲン
・149種類の酵素
・有胞子乳酸菌
・11種類のフルーツ
・11種類の野菜
・8種類のビタミン
・9種類のミネラル
・プラセンタ
など

めっちゃたっぷりフルーツ青汁は1杯あたり11.66kcalです。朝ごはんをめっちゃたっぷりフルーツ青汁に置き換えればかなり大幅なカロリーカットができますよね。しかも栄養はたっぷり!

青汁1杯では空腹が不安な場合は、200g程度のヨーグルトにまぜてみて下さい。おいしいし腹持ちも良いし、便秘解消にも効果的!3拍子揃った朝食になりますよ。

めっちゃたっぷりフルーツ青汁は通常価格が1箱5,980円とかなり高額なので、大幅割引がある定期購入を利用しましょう。定期購入なら初回が680円、2回目以降も35%オフの3,980円になります。

しかも定期購入には継続回数のお約束がないので、万が一満足できない・・・なんてことがあっても2回目以降の到着を待たずに解約することができるんです。

解約はwebページから行えるので、営業時間を調べて面倒な電話をかける必要もありません。

★めっちゃたっぷりフルーツ青汁はこんな方にオススメ!
・美肌をキープ、便通を整えながらダイエットしたい方
・フルーティでおいしい青汁がお好きな方
・コラーゲン青汁を気軽に始めてみたい方

ぷるるん姫 女王様のすごい青汁

ぷるるん姫 女王様のすごい青汁

女王様のすごい青汁も様々な美容向け栄養素が詰まった女性向けの青汁です。

主原料は大麦若葉とクロレラです。クロレラのすさまじい生命力は以前から知られていましたが、近年、糖尿病や動脈硬化にも効果を発揮することがわかってきました。

どちらかというと健康効果で知られているクロレラですが、免疫力アップアンチエイジング貧血の改善など、女性に嬉しい働きも担っています。

★女王様のすごい青汁の注目成分
・コラーゲンペプチド
・難消化性デキストリン
・90種の植物発酵エキス
・ローヤルゼリー
・馬プラセンタエキス
・水素吸着宮古島産カルシウム
・ヒアルロン酸

配合されているコラーゲンは、低分子化されたコラーゲンペプチドです。

女王様のすごい青汁の優れているところは、カルシウムも強化できるところです。女性は閉経すると女性ホルモンの影響で骨粗しょう症になりやすいことがわかっています。年齢的に気になる方は、ぜひコラーゲンとカルシウムを摂取してくださいね。

Amazonと楽天市場の本日の販売価格を調べたところ、どちらも1箱30包で1,280円が最安でした。(※時期によって変動します)

これだけ女性向けの栄養素が詰まっているのに、コップ1杯42円ですよ!ぜひぜひ活用してくださいね。

★女王様のすごい青汁はこんな方におすすめ
・コラーゲンをお得に取り入れたい方
・価格は安い方が良いけど妥協したくない方
・骨粗しょう症が気になる方

グリーンフロンティア ポケット野菜

グリーンフロンティア ポケット野菜

ポケットに入れておける野菜ということで「ポケット野菜」。かわいい名前なんですけど。実はすごい青汁なんですよ。

ポケット野菜にはコラーゲンと14種類の野菜が配合されています。

★ポケット野菜に含まれている野菜
大麦若葉、ハトムギ、ドクダミ、小麦胚芽、アマチャヅル、キダチアロエ、コンブ、セロリー、ピーマン、ニンジン、シイタケ、無臭ニンニク、ホウレンソウブロッコリー

ピーマンやブロッコリーはビタミンCが多い野菜なので、コラーゲンとの相性も良いですよ。

ポケット野菜に使用されている大麦若葉は「赤神力(あかしんりき)」というブランド大麦若葉なんです。赤神力を鮮度の高い状態で絞って、特別な製法で粉末化してあるので、酵素が死活していないんです。

見た目も普通の粉末青汁よりも濃くて、密度が詰まっている感じがしませんか?

これがこだわりの大麦若葉の実力です!

大麦若葉にはSODという抗酸化作用の強い酵素が含まれています。活性酸素を除去するので、大麦若葉はアンチエイジングに力を入れたい方におすすめの野菜です。

★ポケット野菜はこんな方におすすめ
・野菜不足が気になる方
・美容成分よりも野菜の栄養を強化したい方
・家族で飲める青汁をお探しの方

このページの先頭へ