ビフィズス菌の効果とビフィズス菌配合の青汁まとめ

ビフィズス菌の効果とビフィズス菌配合の青汁まとめ
人間の腸には1000種類もの腸内細菌がいるのですが、大きく分類すると体に良い働きをしてくれる「善玉菌」、悪い働きをする「悪玉菌」、力が強い方の味方をする「日和見菌」の3つに分けられます。

ビフィズス菌は善玉菌の代表のような細菌で、腸内の善玉菌が増えると体にとって様々な良い作用を得ることができます。

ビフィズス菌の働きやビフィズス菌が配合された青汁をいくつか紹介します。


もくじ

ビフィズス菌とは?

知ってるようで知らないことも多いビフィズス菌。
ビフィズス菌は腸にいる善玉菌です。乳酸菌の一種とされることもありますが、乳酸菌は乳酸だけを作り、ビフィズス菌は乳酸と酢酸を作り出すという違いがあります。

人間の腸内に住む善玉菌の99.9%はビフィズス菌で、その数は1兆~10兆にもなるといわれています。ただし、年齢によって減ってしまうので、食べ物から摂取する必要があります。

乳酸菌は腸だけでなくいろいろな場所にいるのですが、ビフィズス菌は酸素があると生きていけないので腸内にしか存在しません。

腸内の善玉菌の99.9%はビフィズス菌ということは、腸内環境を整えるためにはとても重要になる菌といえそうですね。

ビフィズス菌の効果

ビフィズス菌は腸にいる菌なのですが、その健康効果はすばらしく全身に良い影をもたらしてくれます!

腸内環境が整う

ビフィズス菌が糖を分解すると、乳酸や酢酸などの有機酸が生み出されます。有機酸には強い殺菌効果があり、悪玉菌の増殖を抑えてくれます。

腸内環境が良くなると、ぜん動運動も活発化するので下痢や便秘などの排泄の悩みも改善されます。

免疫力アップ

腸には免疫力があり、人間の免疫細胞の60~70%は腸に存在しています。ビフィズス菌で善玉菌が優勢になると免疫力もアップします。

免疫力が下がると風邪をひきやすくなったり、感染症にかかりやすくなったりします。また、免疫力の低下で血流が悪くなると冷え性になったり、新陳代謝が低下することもあります。

免疫力が下がった状態でインフルエンザになると、症状がとても悪化したり細菌感染を起こしやすいこともわかっています。

日ごろから免疫力を上げておくことは、病気にならならい、なっても悪化させないためにも重要です。

感染から体を守る

腸に免疫力が備わっているのは、腸が食べ物の消化吸収、排泄に関わるとても重要な器官だからといえます。

食べ物にはO157などのウイルスや病原菌が付着している危険性もあります。万が一体内に入ったとしても感染を防ぐ必要があるのです。

ビフィズス菌が生み出す酢酸や乳酸は大腸を酸性にして、これらの病原菌による感染から体を守ります。

また、ビフィズス菌は風邪ウイルスやがんと闘うナチュラルキラー細胞を活性するとの研究もあります。

腸内の免疫細胞の働きが良くなると、たとえ病原菌などが体に入ってきても感染症にかかりにくくなります。

アレルギー症状を緩和する

アレルギーがある人の腸内善玉菌の数は、アレルギーがない人よりも少ないのだそうです。腸内のビフィズス菌が増えると腸が健康になり、免疫力も上がり、アレルギーに対抗する力も上がります。

ビフィズス菌を継続して14週間摂り続けた実験では、花粉症の鼻や目の症状が良くなったとの報告もあります。

肌の調子が良くなる

ビフィズス菌によって腸の働きが良くなると、肌の細胞を構成するたんぱく質、ビタミン、ミネラルなどの栄養の消化吸収も良くなります。
栄養が吸収されやすい状態になるとターンオーバーも整いやすくなります。

腸内環境が良くなると便秘もなくなり不要なものがきちんと排出されるようになります。ニキビや吹き出物もできにくくなりますよ。

脂質の代謝が上がる

ビフィズス菌を摂ると脂質代謝が良くなることがわかっています。

ビフィズス菌はどうやって摂れば良いの?

ビフィズス菌が減ってしまう原因は、加齢、偏った食生活、運動不足、不規則な生活、ストレスなど様々。

だけど、ビフィズス菌を含む食品を継続して摂り続けることで、健康効果を実感できるくらいまで腸内のビフィズス菌を増やすことも可能なのです。

ヨーグルトなら「プロバイオティクスヨーグルト」を

ビフィズス菌を含む食品といえばヨーグルトが思い浮かぶのではないでしょうか。
ビフィズス菌は酸に弱いため、せっかく摂取しても腸に到達する前に死滅してしまいます。
食品からビフィズス菌を摂取するときは、パッケージに「生きたまま腸に届く」などと記載されているプロバイオティクスを選ぶと効果的です。

「毎日」が重要!

食品から摂取したビフィズス菌は一定期間腸で働いたあと排出されてしまいます。そのため、ビフィズス菌を摂取するうえで大事なことは毎日続けて摂ること。

たまーにヨーグルトを食べるくらいでは増やすことはできないのです。毎日毎日ヨーグルトを食べるのが難しい場合は、ビフィズス菌入りの青汁もありますよ。

ビフィズス菌配合青汁のメリット

青汁の食物繊維は腸内環境の改善、便秘解消に欠かせない成分で、ビフィズス菌との相乗効果があります。

水に溶かすだけで食物繊維もビフィズス菌も摂れるので、両方を飲む手間もかかりません。気軽に飲めるということは続けやすいということなので、「毎日摂取する必要がある」というビフィズス菌のやっかいな問題もクリアできます。

ビフィズス菌には種類があり、自分と相性が良いビフィズス菌をみつけるには最低でも2週間毎日継続して摂取しつづけて様子をみる必要があります。

ヨーグルトの場合200g程度を2週間毎日食べ続けないといけないのですが、大きいサイズのものでも2日に1回は買ってこなければならず、買い物担当の主婦にとってはこれは結構大変なことです。

青汁なら1箱用意しておけば2週間は余裕で持ちますよ。

なお、ビフィズス菌は酸に弱いので、食前の空腹の状態で飲んでしまうと胃酸に負けてしまう可能性があります。

ビフィズス菌を活かすために青汁を飲む場合は、食事の後がおすすめです。

ビフィズス菌配合の青汁をご紹介

おなかの調子を整えたくて青汁を探している方は、ぜひビフィズス菌配合の青汁を検討してください。ビフィズス菌には腸内環境を整える確かな効果があるので実感度が違いますよ。

日田天領水の里 里の青汁

日田天領水の里 里の青汁

里の青汁の原材料を確認すると、これはいかにも腸内環境に良さそうな青汁だということがわかります。

青汁野菜は、すいおう、ケールゴーヤ桑の葉、抹茶です。すいおうはヒルガオ科の野菜です。栄養価が高いさつまいもの葉・茎・葉柄をおいしく食べられるように作られました。これらの原材料はすべて農薬を使わずに有機栽培されています。

ビフィズス菌、水溶性食物繊維の難消化性デキストリン、ガラクトオリゴ糖も配合されています。ビフィズス菌の種類は「BB536」で、その量は1袋の中になんと50億個!酸にも強いので、生きたまま大腸まで届きます。

価格は1箱30包あたり3,456円です。原料も安心ですし、食物繊維とビフィズス菌による整腸効果もとても期待できます。

里の青汁は、ビフィズス菌の種類にこだわって青汁を探したい方にまずおすすめしたい青汁です。

エリカ健康道場 優光泉グリーン

エリカ健康道場 優光泉グリーン

コマーシャルでも見かける優光泉という酵素ドリンクがあるのですが、優光泉グリーンはその酵素ドリンクのメーカーさんが製造販売している青汁です。

主原料の大麦若葉は自社農園で栽培してあります。ビフィズス菌のエサになるフラクトオリゴ糖や酵素も配合されているので、口コミでは便秘解消だけでなく、緩かった便がしっかりしてきたとの声もあります。

価格は1箱30包で3,800円になります。
公式オンラインショップでも初回特典などがなく、5,000円以下のお買い物の場合送料が別途発生するので、正直なところ価格面での魅力は少ないです。
ただ、口コミ評価の高いメーカーさんの青汁ですし、ビフィズス菌、乳酸菌、酵素、食物繊維などを1度に摂取できるので、たくさんの栄養をまとめて摂りたい方におすすめです。

こどもバナナ青汁

こどもバナナ青汁

こどもバナナ青汁は、大人が毎日飲むには甘さが強いかな?という感じですが、牛乳に溶かせばバナナミルクそっくりになるので、便秘がちなお子さんの腸内環境改善におすすめ。

野菜が嫌いな子供は多いものですが、子供にも食物繊維の摂取基準量があるんですよ。

★食物繊維の食事摂取基準(g/日)
6~7歳:男性11g以上/女性10g以上
8~9歳:男性12g以上/女性12g以上
10~11歳:男性13g以上/女性13g以上
12~14歳:男性17g以上/女性16g以上
15~17歳:男性19g以上/女性17g以上
18~29歳:男性20g以上/女性18g以上
30~49歳:男性20g以上/女性18g以上
50~69歳:男性20g以上/女性18g以上
70歳以上:男性19g以上/女性17g以上

<参考>:日本人の食事摂取基準(2015 年版)の概要(PDF)

野菜の食物繊維が足りないと便が固くなったり、腸のぜん動運動が弱くなって出にくくなってしまいます。こどもバナナ青汁なら、かなりおいしく食物繊維やビフィズス菌を摂取できるので、子供でも無理せずに腸内環境を整えることができます。

ビフィズス菌の免疫力アップ効果は大人だけでなく子供にも有効なので、風邪をひきやすいお子さんにもどうぞ。

こどもバナナ青汁には「元気モニターコース」という定期購入があります。こちらを利用すると、1箱30包入りが初回980円、2回目以降は3,700円になります。通常価格は1箱5,700円なので、とてもお得ですよ!

こどもフルーツ青汁

こどもフルーツ青汁

こちらも子供向けの青汁です。お子さんの野菜不足解消、成長期に欠かせないカルシウムの強化などをまとめて行えます。しかもおいしい!

こどもフルーツ青汁は、主原料の大麦若葉に、14種類の野菜、4種類のフルーツに生きたまま腸に届く乳酸菌、ビフィズス菌が配合された青汁です。コップ1杯のこどもフルーツ青汁で、ヨーグルト14パック分の乳酸菌を摂ることができます。

味は、これまではバナナ風味のものだけだったのですが、新しくまろやかベリーミックスの「赤の恵み」が加わりました。赤の恵みには鉄分がプラスされています。

推奨年齢は3歳からなので、幼児のおやつなどにアレンジもできます。まろやかベリーの赤の恵みをヨーグルトに混ぜたら、親子で楽しめるデザートになりそうですね。

こどもフルーツ青汁には無料サンプルがあるので、まずはサンプルから試してみてはいかがでしょうか。今なら、こどもフルーツ青汁と赤の恵みの2種類をどちらもまとめて無料で試すことができますよ。

まとめ:ビフィズス菌はみんなに必要!

自分が子供の頃のことを思い返してみると、便秘で苦しんだような記憶はないのですが、現代は子供の便秘に悩んでいる保護者さんも多いものです。
その原因は、肉食やファーストフードが多く、野菜の摂取量が足りないなどの食生活の変化も大きいのではないでしょうか。

大人の場合、便秘は女性がなりやすいイメージで、20代~40代くらいまでは確かに女性の比率が大きいのですが、50代をすぎると男性の便秘も増えてきて80歳以上になると男女差はほぼなくなります。

<参考>:厚生労働省 平成28年 国民生活基礎調査の概況(PDF)

高齢者の便秘の原因は、加齢によって男女関係なく大腸の働きが弱くなってしまうことが一因と考えられています。

ビフィズス菌と食物繊維は、年齢・性別にかかわらず腸をスムーズに動かすために必要な成分です。青汁ならこのふたつを気軽に補えるので、ぜひ有効活用して下さいね。

このページの先頭へ