コエンザイムQ10の効果とコエンザイムQ10配合青汁

コエンザイムQ10の効果とコエンザイムQ10配合青汁
コエンザイムQ10という栄養素は、他の成分と比べるとわりと近年食品に使われるようになりました。

美容向けのイメージも強い成分ですが、実は体のエネルギー生成に関わるとても重要な栄養で、コエンザイムQ10が充実していると細胞が若返るなんてことも言われています。

コエンザイムQ10は単体で摂取するよりもビタミン、ミネラルと一緒に摂取した方が効果的で、コエンザイムQ10配合の青汁も増えてきています。

コエンザイムQ10の働きと効果、コエンザイムQ10配合のおすすめ青汁を紹介します。

コエンザイムQ10とは?

コエンザイムQ10はビタミン様化合物で、体の中では細胞に存在しています。補酵素のひとつで、細胞の中でエネルギー生成に関わっていたり、活性酸素の除去なども行っています。

人間が生きるための生命活動の源を生み出したり強い抗酸化作用があることから、美容はもちろん老化そのものを予防する成分として現在も研究が進んでいます。

コエンザイムQ10は体の中で作ることもできるのですが、20歳頃を境に減ってきてしまいます。このコエンザイムQ10の減少は老化との因果関係があるとも考えられています。

日本においては1975年から医薬品として使用されていてます。食品としての認可がおり健康食品などに配合されるようになったのは2001年のことです。

認可がおりてからまだ20年も経っていないので、まだまだこれから発展するのではないでしょうか。

コエンザイムQ10の主な働き

コエンザイムQ10は美容液やクリームによく配合されていることから、女性のお肌向けの栄養素のような感じもありますが、それだけではありません。コエンザイムQ10は実はとても健康効果に優れいてる成分なんです。

エネルギーを作り出す

人間の生命活動にはエネルギーが不可欠。エネルギーは呼吸をしたり、臓器や筋肉を動かすなど生きるためには絶対に必要なのですが、そのエネルギーを作り出すときに不可欠なのが「ATP(アデノシン3リン酸)」です

コエンザイムQ10はこのATPを作る力を活性させる働きがあります。エネルギーは脂質、糖質、たんぱく質などの栄養素から作られるのですが、体の中にコエンザイムQ10が十分に足りていると、エネルギー変換の効率が良くなり、若々しい疲れにくい体になります。

強い抗酸化作用

活性酸素は体外から入ってくるウイルスなどをやっつけてくれるのですが、逆に体の中で増えすぎてしまうとその強すぎる働きによって今度は細胞を傷つけ始めます。

この活性酸素によって受けるダメージは生活習慣病や老化の原因にもなります。

コエンザイムQ10には強い抗酸化作用があり、増えすぎた活性酸素から体を守る働きがあります。また、抗酸化ビタミンのビタミンEの働きを助けるという性質もあります。

自分自身も強い抗酸化力を持ちながら、ビタミンEの抗酸化作用も助けてくれるのです。

コエンザイムQ10の効果

コエンザイムQ10にはエネルギーを作り出す働きと、強い抗酸化作用があります。これらの働きは、わたしたちの体にどのような効果をもたらしてくれるのでしょうか。

生活習慣病の予防

コレステロールが活性酸素によって酸化すると、糖尿病や動脈硬化などの原因になります。コエンザイムQ10が持つ抗酸化作用は、コレステロールの酸化を防いでくれます。

若々しい体をキープ!

周囲にいつもエネルギッシュで若い方、逆にどよーんとしていていつも疲れている印象の方っていませんか?

エネルギーを生み出す力は各器官の働きや臓器の活動にも関係していて、コエンザイムQ10が減少してエネルギーを生み出す力が弱くなってしまうと、臓器や様々な組織の働きも弱まってしまい、老化や病気にもつながってしまいます。
見た目にも元気がなくなり、老けたような印象になることも。

コエンザイムQ10はエネルギーを作り出す成分です。体内に十分な量があれば疲れにくい若い体を保つことができます。

また、エネルギーを生み出すということは、疲労回復効果も高めてくれるということ。なんとなく疲れやすい方や、スポーツを行っている方にも活用していただきたい成分です。

美肌をキープ!

コエンザイムQ10は、肌のハリに欠かせないコラーゲンを生成する細胞を活性します。また、コエンザイムQ10には年齢によって乱れてしまったターンオーバーの周期を正常化する作用もあります。ターンオーバーが整うと、古い角質の蓄積がなくなります。シワやしみなどの肌の老化を抑えるアンチエイジング効果も期待できます。

心臓の機能回復

コエンザイムQ10は心臓にもっとも多く存在しています。補うことで心臓の働きが良くなります。

骨粗しょう症の予防

コエンザイムQ10はコラーゲンの生成を促すのですが、コラーゲンは肌だけでなく丈夫でしなやかな骨の材料にもなります。コエンザイムQ10とコラーゲンを一緒に摂るとカルシウムが吸着されやすくなり、骨密度が上がります。

コエンザイムQ10を摂取するには?

★コエンザイムQ10を含んでいる食品
・青魚
・肉
・大豆製品
・ナッツ類
・ほうれん草

コエンザイムQ10は比較的食卓にのぼりやすい食材や、アーモンド・くるみなどのナッツ類に含まれているのですが、効果を実感できるほどの量を食品から摂るのはとても大変です。

イワシなどの青背魚には比較的コエンザイムQ10が多く含まれているのですが、それでも毎日10匹も食べる必要があるんです。

実感できるくらいのコエンザイムQ10の効果を得るなら、食品だけで頑張るよりも健康食品からの摂取が有効です。

コエンザイムQ10配合の青汁

青汁にもコエンザイムQ10が含まれている製品があります。青汁でコエンザイムQ10を摂取するメリットは、青汁野菜に含まれているビタミンやミネラルがコエンザイムQ10の効果を高めたり、コラーゲン、カルシウムなどを一緒に摂れること。コエンザイムQ10配合の青汁をご紹介します!

美感青汁

美感青汁

美感青汁に含まれている青汁原料は熊笹明日葉大麦若葉です。
美容成分として、コエンザイムQ10、コラーゲン、ビタミンC、豚プラセンタエキス、ヒアルロン酸が配合されています。

ゼリータイプで、お味はマンゴー風味。かなりしっかりとしたマンゴー感があって、そのままでもとてもおいしいのですが、冷凍庫で凍らせると青汁なのにマンゴーシャーベットのようにいただくこともできます。

価格は定期購入で1箱30本が2,800円です。1本100円以下なので、粉末青汁と比べても割高感はありません。

美感青汁は女性好みのフルーティなおいしさで、食物繊維が豊富な青汁野菜とコエンザイムQ10をはじめとした美容成分をしっかり摂ることができる青汁です。

かなりおいしく食べることができる青汁なので、健康的なおやつ代わりにもとても良いですよ!

進風株式会社 青汁畑

青汁畑

主原料は大麦若葉、明日葉、キダチアロエ、ゴマ若菜の4種類で、コエンザイムQ10、グルコサミン、ヒアルロン酸、ビタミンCが配合されています。

グルコサミンやヒアルロン酸も加齢によって減ってしまう成分として知られています。

グルコサミンは関節のクッション成分です。軟骨、山芋、オクラ、納豆、うなぎなどに含まれているのですが、食べ物だけで補うのはどうしても限界があります。

ヒアルロン酸は保水力に優れていて、肌の水分キープに欠かせない成分です。
鶏軟骨、豚足、山芋やオクラ、納豆などのネバネバ食材に含まれていますが、食品から取り入れても吸収されにくいという特徴があります。

青汁畑は1日1袋でこれらの成分を摂取できる青汁です。ほど良い甘さがあるので、水でも豆乳などでもおいしく飲むことができますよ。

ミナト製薬 桑コラーゲン

ミナト製薬 桑コラーゲン

製薬会社品質の青汁です。ミナト製薬さんは全国に自社管理農場を所持しています。桑コラーゲンに使用されている桑の葉とカワラケツメイも、この自社農場で有機栽培されています。

健康成分として、コラーゲンペプチド、エラスチン、コエンザイムQ10、ヒアルロン酸、ビタミンA、B1、B2、C、D3が配合されています。

エラスチンが配合されている青汁はめずらしいですよ。
エラスチンはコラーゲンを結びつけて編み目のような形を作っているたんぱく質です。肌の柔軟性や弾力はエラスチンのおかげでもあるんです。

原材料も安心ですし、製薬会社の製品ということで安心感の高い青汁だと思います。

株式会社ユーワ 緑寶青汁

緑寶青汁

緑寶青汁(りょくほうあおじる)の主原料は国産大麦若葉。大麦若葉に様々な栄養がプラスされた栄養バランスに優れた青汁です。

★緑寶青汁の7つのプレミアムバランス
はちみつパウダー、乳酸菌、マルチビタミン、マルチミネラル、グルコサミン、カルシウム、難消化性デキストリン

1日1包で厚生労働省が推奨しているビタミン量をほぼカバーできてしまうんです。まるでマルチビタミンのような青汁です!
コエンザイムQ10と一緒に摂りたいビタミン類もしっかり配合されています。
coq10_ryokuho2
味は、野菜の自然な味というよりも甘くて飲みやすい青汁という感じです。

緑寶青汁は1箱(50包)で2,147円と激安なんです。(本日のAmazon価格)
コップ1杯あたり42円と価格がとても安いので、コスパの良い青汁をお探しの方におすすめです。

コエンザイムQ10は、エネルギー生成に大きく関与しているのに加齢で減ってしまいます。しかも食品から効率良く摂取するのはとても難しいという、なかなかやっかいな栄養素です。
青汁や健康食品を活用して、いつまでも若い体をキープしましょう!

このページの先頭へ