ヒアルロン酸の効果とヒアルロン酸入り青汁

ヒアルロン酸の効果とヒアルロン酸入り青汁
ヒアルロン酸は女性には美肌成分として、男性にもひざ関節向けのサプリメントなどでおなじみなのではないでしょうか。

ヒアルロン酸は食品にも含まれているので、食事からでも摂取できないことはないのですが、実は毎日欠かさず取り入れるのはとても大変なんです。

ヒアルロン酸の作用や効果的に摂取する方法、ヒアルロン酸配合のおすすめの青汁を紹介します。

ヒアルロン酸とは?

なんとなく肌に良さそうなイメージの強いヒアルロン酸ですが、どのように肌に良いのかというとその特徴は保湿性にあります。

ヒアルロン酸は細胞と細胞の間に多く存在していて、細胞のクッションになったり細胞同士を繋いでいます。

肌をレンガ作りの建物に例えると、ヒアルロン酸はレンガのすき間を埋めるセメントのような役割を果たしています。水分を溜める性質があり、その保水力はヒアルロン酸1gで6リットルもの水分を溜めることができます。

つまり、肌にヒアルロン酸がたっぷりあると、水分量もたっぷりということに。
そんなぷるぷるの肌に欠かせないヒアルロン酸ですが、残念なことに加齢によって減ってしまいます。

なんと40代になると生まれたての赤ちゃんの半分にまで減ってしまうんです。60代を過ぎると4分の1にまで減少してしまいます。

だからこそヒアルロン酸を化粧水などで補ったり、健康食品から摂取することが大事なんです!

ヒアルロン酸の効果

保湿力の高いヒアルロン酸ですが、その働きはお顔だけで役にたっているわけではありません。全身で活躍しているヒアルロン酸のはたらきをご紹介します。

美肌効果

ヒアルロン酸を使用した美容アイテムに保湿効果を求めるものが多いのは、ヒアルロン酸の高い保湿力に期待されているためです。

美肌に欠かせない成分として、コラーゲンとエラスチン、そしてヒアルロン酸があるのですが、この3つはそれぞれ違う働きで肌を構成しています。コラーゲンは肌の内側を支えている柱で、エラスチンはこのコラーゲンの柱をつないでいます。この2つが肌の骨組みになります。

ヒアルロン酸は骨組みを埋めるような形で存在していて、骨組みのあいだを水分を満たしています。ヒアルロン酸が少ないと肌が乾燥して弾力もなくなり、シワやたるみに繋がります。

また、ヒアルロン酸はとても安全性が高いという特徴もあり、確実性が高く即効性のある美容向けの注射としても用いられます。ヒアルロン酸を注射すると、注射した場所にヒアルロン酸をキープすることができるので、しわやたるみにも効果的ですし保湿効果も期待できます。

目の水分を保つ

目は外気にさらされている臓器なので、傷などから守るために水分が必要です。ヒアルロン酸は保湿力が高くとろみがあるので、涙を角膜の表面に保ち乾燥を防ぐ効果があります。

また、瞳の一部である硝子体は、その99%が水分でできているのですが、硝子体にはヒアルロン酸がたっぷり含まれていて、硝子体を丸く保つ働きを担っています。

硝子体は網膜を傷から守る役割もあるのですが、そのクッションのような弾力の元になっているのがヒアルロン酸です。

水分保持力が高いヒアルロン酸はドライアイの予防・改善にも効果的です。

関節の動きをスムーズに

ヒアルロン酸は関節のクッションである軟骨にも多く含まれています。年齢を重ねるとちょっとした動作でもひざに痛みを感じることがありますが、この痛みは、軟骨がすり減ってしまうためにおこる関節痛と考えられています。

本来は軟骨が骨のクッションになっているのですが、すり減ってしまうことで骨同士が直接こすれて炎症や痛みが発生するのです。

軟骨の形成成分でもあるヒアルロン酸には、関節の動きをなめらかにして痛みを緩和する作用があるとされています。

なお、関節痛の原因は加齢だけではありません。体重が重すぎるとひざに負担がかかりますし、健康的に留意してスポーツを行う方も無理な動きが重なると関節軟骨がすり減ってしまうこともあります。

ヒアルロン酸が多く含まれている食品

ヒアルロン酸は食事から摂取することもできますが、ヒアルロン酸を多く含んでいる食品を毎日食べるのは難しいと思います・・・。

★ヒアルロン酸を多く含んでいる食品
ニワトリのとさか
魚の目
鶏や魚の皮
豚足
フカヒレ
すっぽん
うなぎ

など。
どうでしょう?あまり食欲をそそられるものではない食品もありますよね。しかも美肌効果を実感するためにはこれらの食品を毎日毎日かなり大量に食べ続けなければいけないので、食事だけでヒアルロン酸を補うのはとても難しいでしょう。

そこで登場するのが青汁などの健康食品です。

ヒアルロン酸を青汁から摂るメリット

ヒアルロン酸は効果的に働かせるのが実は難しい成分でもあります。

たとえば、ヒアルロン酸はコラーゲンの生成を助けるビタミンCや、代謝に関与しているビタミンB群と一緒に摂ると保湿力がアップします。また、亜鉛とマグネシウムは体内でヒアルロン酸が合成される際に必要な成分です。

こういうことって知識としては知っていても、毎日ビタミンCたっぷりの食事を摂るのは難しいですし、そもそもヒアルロン酸が含まれている食材って自宅で調理しにくいものも多いですよね。ニワトリのとさかですから・・・。

でも、ヒアルロン酸配合の青汁なら、やっかいな問題をほぼ解決しているんです。ヒアルロン酸配合青汁には、ヒアルロン酸の効果を高める栄養成分が含まれていますし、コラーゲンなどの美肌を作る成分が一緒に配合されていることもあります。

おまけに青汁野菜の食物繊維は美肌の敵である便秘解消にもとても良いんです。

大麦若葉青汁には抗酸化作用の強いSOD酵素が含まれているので、アンチエイジングにもさらに良いですよ。

ヒアルロン酸サプリよりも価格も安いものが多いので、コスパ的にもおすすめです。

ヒアルロン酸配合のおすすめ青汁

ヒアルロン酸が配合されているおすすめの青汁をご紹介します!

黒糖抹茶青汁寒天ジュレ

黒糖抹茶青汁寒天ジュレ

黒糖抹茶青汁寒天ジュレはゼリータイプの青汁です。味は黒糖抹茶。冷蔵庫で冷やしておけば、まるで冷たい和菓子を食べているかのようなおいしさです!

青汁野菜はクマイザサで、ヒアルロン酸や40種類の植物発酵エキスなどが配合されています。

クマイザサは食物繊維がとても多く、同じ量のレタスと比較すると約60倍もの量を含んでいます。ヒアルロン酸合成に必要なマグネシウムも多く、なんと牛乳の7.4倍も。

1スティックあたり17.25kcalなので、おやつ代わりにも最適ですよ。
1日の目安量は1~2本なので、10時と15時の小腹がすく時間帯にパクッと食べれば、空腹を抑えられますしヒアルロン酸補給になります。
美容と健康に良いおやつとしても、とてもおすすめの青汁です。

美感青汁

美感青汁

美感青汁もゼリータイプの青汁です。お味はマンゴー風味!
美感青汁はとっても女性向けの青汁で、クマザサ、明日葉、大麦若葉の3つの青汁野菜に

・ヒアルロン酸
・コラーゲンペプチド
・ビタミンC
・コエンザイムQ10
・プラセンタエキス

などが配合されています。

こんなに美容に嬉しい成分が入っているのにマンゴー味なので、苦味やえぐみは一切ありません。

hyaluronan_bikan2
スティックから直接吸って食べられるので、溶かす手間もないですし常温保存もできます。

1スティックあたりのエネルギーは、たったの3kcal。
ダイエット中だとどうしても間食に罪悪感を持ってしまうものですが、美感青汁は超低カロリーですし、美肌作りに必要な栄養をおいしくチャージできるので、罪悪感なく自分に堂々と食べることができます!

青汁の風味が苦手な方にもおすすめですし、黒糖抹茶青汁寒天ジュレと同様に、美容&健康に本当に良いおやつとしても良いですよ。

ぷるるん姫 女王様のすごい青汁

ぷるるん姫 女王様のすごい青汁

女王様のすごい青汁は、ヒアルロン酸やコラーゲンなどが総合的に配合されている青汁を初めて試したい方にとてもおすすめです。

青汁野菜は大麦若葉で、その他の主な成分は
・ヒアルロン酸
・難消化性デキストリン
・コラーゲンペプチド
・クロレラ
・90種の植物発酵エキス
・ローヤルゼリー
・馬プラセンタエキス末
・水素吸着宮古島産カルシウム

など。

コラーゲンやローヤルゼリーに、高級プラセンタの馬プラセンタまで配合されているんです。90種の植物発酵エキスにも注目です。サラッと90種類って書いてありますけど、これだけの量を毎日摂るのは不可能ですよね。

女王様のすごい青汁カップ1杯のエネルギーは7.5kcalで、摂取できる美容成分は

・食物繊維:3.4mg
・カルシウム:150mg
・ナトリウム:27mg
・コラーゲン:1000mg
・馬プラセンタ:1000mg
・低分子ヒアルロン酸:10mg

など。

青汁とは思えないくらい美容成分が強化されています。

おまけに価格も安いんですよ。楽天市場で見つけた本日の販売価格は、なんと30包で1,280円の送料無料。1杯あたり42円と激安です!

この価格だったら美容成分配合青汁を初めて試す方でも買いやすいのではないでしょうか?

ミナト製薬 桑コラーゲン

ミナト製薬 桑コラーゲン

桑コラーゲンは、ミナト製薬という製薬会社さんの青汁です。青汁野菜は桑の葉とカワラケツメイ。桑の葉には糖質の吸収を抑えるDNJという成分が含まれています。桑葉の独自成分で、ダイエットや糖尿病の改善としても期待されています。

カワラケツメイはマメ科の植物です。利尿作用があることからむくみ改善向けのお茶としても愛用されています。

植物のポリフェノールには強い抗酸化作用があるのですが、カワラケツメイのポリフェノール量は大麦若葉の5.9倍、明日葉や桑葉の3.6倍もあることがわかっています。

その他の美容成分は

・ヒアルロン酸
・コラーゲンペプチド
・エラスチン
・コエンザイムQ10
・ビタミンA、B1、B2、C、D3

です。美肌を作るヒアルロン酸、コラーゲン、エラスチンにアンチエイジングのコエンザイムQ10、各種ビタミンまで含まれているんです。

桑コラーゲンは美容と健康に良い成分がしっかりつまった製薬会社の青汁なので、より信頼できる青汁を慎重に探したい方に合っていると思います。

エバーライフ おいしい青汁新鮮搾り

エバーライフ おいしい青汁新鮮搾り

おいしい青汁新鮮搾りのメーカーは「皇潤」でおなじみのエバーライフさんです。皇潤は鶏冠由来のヒアルロン酸Naを含んでいる機能性表示食品で、おいしい青汁新鮮搾りにももちろんエバーライフが得意とするヒアルロン酸が配合されています。

青汁野菜は、大麦若葉熊笹、スピルリナ末の3種類で、美容・健康成分として配合されているのがこちら。

・難消化性デキストリン(整腸作用)
・ローヤルゼリー
・サンゴカルシウム
・ビタミンC
・ナイアシン
・パントテン酸カルシウム
・ビタミンB6
・ビタミンB2
・ビタミンB1
・ヒアルロン酸
・葉酸
・ビタミンB12

おいしい青汁新鮮搾りの1日の目安量は2袋になるのですが、なんと2袋で1日に必要なビタミンの80%を補うことができるんです。8割ってかなりすごくないですか?

口コミを読んでしていてちょっと気になったのが、青汁にしてはめずらしく、やや塩味を感じるとの声がいくつかあったところです。

全ての原材料を確認してみましたが塩は配合されていませんのでご安心下さい。栄養成分を確認すると0.94mgのナトリウムが含まれているのですが、これを食塩相当量に換算すると0.0023876gになります。

塩分量としてはごくごく微量なので気にしなくても大丈夫ですよ。

このページの先頭へ