プラセンタの効果とプラセンタ入り青汁の紹介

プラセンタの効果とプラセンタ入り青汁の紹介
プラセンタは美容液やサプリで人気が高い成分です。その栄養や効果は、知れば知るほど素晴らしいと思えるものばかりなんですよ。

ここでは、プラセンタの種類や効果の解説、プラセンタ配合の青汁をいくつかご紹介します。


もくじ

プラセンタとは?

プラセンタが胎盤であることは広く知られていますよね。胎盤は母体と赤ちゃんを繋いでいて、母体の中で赤ちゃんの様々な臓器の変わりに機能しています。
たった1つの受精卵が赤ちゃんの体に作り上げられるのは胎盤の働きもとても大きく、そのための栄養もぎっしり詰まっています。

ヒト以外のほとんどの哺乳類は、出産後に自分の胎盤を食べてしまいます。
ちょっとびっくりするような本能ですが、胎盤にはとても優れた栄養が詰まっているので、出産によって低下した体力を素早く回復させるために胎盤で栄養補給をするのだそうです。

女性にとっては美容液やクリームでおなじみのプラセンタですが、紀元前から使用していた人たちもいます。

中国では始皇帝が不老不死の薬として、楊貴妃が滋養強壮の漢方薬として使用していたと伝えられています。クレオパトラやマリーアントワネットも若返り・美容目的で使用していたのだとか!

近年のプラセンタの研究はロシアから始まりました。現在では日本やヨーロッパでも内服薬、化粧品、サプリなどに活用されています。

プラセンタの種類

プラセンタには豚プラセンタ、馬プラセンタ、羊プラセンタ、ヒトプラセンタの4種類と、植物プラセンタがあります。

豚プラセンタ

豚は1回の出産で産む数が多く年に2回も出産時期があるので、胎盤が作られる量が多い生き物です。そのため、豚プラセンタは流通量が多く、もっとも一般的なプラセンタといえます。

比較的安く流通しているので、サプリや青汁でもよく使用されています。安価だからといって効果が低いとか安全性に不安があるということはまったくありません。プラセンタ期待の注目成分もきちんと配合されているのでご安心下さい。

馬プラセンタ

馬プラセンタには豚プラセンタに含まれていない有効成分が確認されていたり、アミノ酸の量も数百倍も多いため、豚プラセンタ以上に効果的です。サラブレッドのような血統がしっかり管理されている馬の胎盤から作られるプラセンタは安全面も大変優秀と言えます。

ただ、馬は1年に1回、1頭しか出産しませんし、育成するコストも豚より高額になってしまうため、高級プラセンタとして扱われています。価格も豚プラセンタよりは高額になります。

羊プラセンタ

羊プラセンタは海外で人気がありますが、日本では羊特有の伝染病を懸念して流通量が制限されています。羊プラセンタをみかけることはほぼないと思います。

ヒトプラセンタ

ヒトプラセンタは人間の体になじみやすく安全性も格段に高いのですが、化粧品やサプリメントに使用することはできず医薬品になります。

美容目的で使用する場合は全額自己負担になりますし、ヒトプラセンタを注射すると、献血ができなくなるなどの制限もありますが、医薬品として用いられるくらいなので、効果はもっとも期待できるプラセンタになります。

植物プラセンタ

プラセンタと似ている成分や効果がある植物由来のプラセンタです。胎盤ではないため厳密にはプラセンタではないですし、細胞を活性させるような効果はあまり期待できません。

ただしアミノ酸、ビタミン、ミネラルなどの栄養はしっかり含まれていますし、動物と違って免疫反応の懸念がないので、安全性はとても高いです。

プラセンタの栄養成分

プラセンタのもとになっている胎盤は、赤ちゃんと母体をつないでいる臓器です。生命にとって重要な器官なので栄養が大変豊富です。

アミノ酸

10種類ほどのアミノ酸が含まれています。
アミノ酸は食品にも含まれているのですが、プラセンタのアミノ酸はとても吸収が良いという特徴があります。アミノ酸はタンパク質を構成する成分なので、プラセンタはたんぱく質も豊富です。

ビタミン

ビタミンは微量で身体機能を調節したり、代謝を活性化します。体内で生成することができないので、適切な量を継続して摂取する必要があります。

ミネラル

ミネラルは血液や体液、神経を調節したり、骨や歯をつくります。
ミネラルは人体に必要であることは間違いないのですが、まだ働きが解明されていない部分もあり、今現在も研究が進んでいます。

酵素

酵素は食べ物を消化する「消化酵素」と、栄養をエネルギーに変える、体を動かすなど生命活動そのものに深くかかわる「代謝酵素」があります。
ヒトの体内には約3000種類以上もの酵素が確認されていて、プラセンタからは約100種類の酵素成分が確認されています。

成長因子

細胞の分裂や増殖を促進する働きがあるたんぱく質です。植物性プラセンタには含まれていません。

ムコ多糖類

ムコ多糖類は細胞の周囲にある物質で、ヒアルロン酸、ヘパリン、コンドロイチンなどの総称になります。たんぱく質を中心にしてひとかたまりになっています。

核酸

核酸は新陳代謝に関わる成分で肝臓で生成されます。
ただ、20歳を過ぎた頃から生成量が少なくなり、40歳を超えるとさらに急速に減ってしまいます。プラセンタから補充することでアンチエイジングになります。

プラセンタのすばらしいところは、これらの美容成分が大変バランス良く豊富に含まれているところです。
まだ解明されていない部分もあるのですが、プラセンタにいちばん注目されているのはアンチエイジング効果です。

プラセンタに期待できる効果

プラセンタに期待されているいちばんの効果は若返り効果なのではないでしょうか。
アンチエイジングは年齢に抗うということで、具体的には

・酸化を防ぐ(抗酸化作用)
・ホルモンバランスを整える
・ストレスによる老化を防ぐ

などが重要です。
プラセンタの栄養はこれらのアンチエイジングに効果があるとして大変期待されています。

プラセンタの抗酸化作用

酸化は活性酸素が体内で増えすぎて、臓器や細胞にダメージを与えることで行われます。生活習慣病にもシワ・しみ・たるみにも深く関わっているため、老化を防ぐには、いかに体の酸化を防ぐかということも重要です。

酸化を防ぐには活性酸素を増やさない、抗酸化作用のあるものを取り入れることが有効なのですが、プラセンタには高い抗酸化作用があることが確認されています。

プラセンタのホルモンバランス調整作用

プラセンタにはホルモンバランスを正常な状態に整える調整作用があります。
ホルモンバランスはストレス、寝不足、喫煙、過度な飲酒、ダイエットなどによって乱れてしまうことがあります。

生理不順で大量の出血があったために病院に駆け込だところ、原因は睡眠不足による女性ホルモンの乱れだった例もあるくらいなので、たかが寝不足と軽視はできませんよ。

★プラセンタに確認されている効果
免疫力アップ、抗炎症作用、抗酸化作用、基礎代謝アップ、アレルギー改善、血行促進、疲労回復美肌効果など

血行が良くなれば冷え性やむくみの改善にもなりますし、栄養が全身に運ばれやすくなるので体の様々な機能が向上します。

プラセンタは何かひとつに特化しているのではなく、心身機能全体を上げてくれることから若返り効果が期待されているのです。

プラセンタが配合されている青汁

プラセンタには健康効果もありますが、特に興味があるのはやっぱり女性なのではないでしょうか。

プラセンタが配合された青汁は女性向けの製品が多く、ヒアルロン酸なども含まれていたり、とってもおいしいゼリータイプの青汁もあります。

プラセンタ配合の青汁をご紹介します。

美感青汁

プラセンタ入り美感青汁

豚プラセンタが配合されています。
美感青汁はゼリータイプの青汁です。お味はマンゴー風味!

冷蔵庫で冷やしてもおいしいですし、凍らせてシャーベットのようにいただくこともできます。

常温で持ち運びもできるので、会社の机の引き出しに入れておいて小腹が空いたときに食べることもできますよ。おやつで美容成分を補給できるなんて最高じゃないですか?

しかも1袋あたり3kcalと超低カロリー!

まるでマンゴーゼリーのような風味で、青汁だとはまったく思えないおいしさ。青汁が苦手な方でも美感青汁なら食べられることまちがいなしです。

美感青汁は大人の女性向けの青汁で、プラセンタ以外の美容成分もたっぷり含まれています。

青汁野菜はクマザサ、明日葉、大麦若葉の3種類。美容成分はプラセンタ、コラーゲンペプチド、ビタミンC、コエンザイムQ10、ヒアルロン酸など。

これだけの成分をサプリで摂るとなると飲むのも大変ですし、金額も高くなると思います。美感青汁なら気軽に、しかもおいしく美容向けの栄養を補給することができます!

シードコムス プラセンタ入り輝きの青汁

シードコムス プラセンタ入り輝きの青汁

豚プラセンタ配合です。
輝きの青汁には体の中で生成できない9種類の必須アミノ酸が配合されています。青汁に必須アミノ酸が全て含まれているのはめずらしいと思います。

使用されている野菜は大麦若葉、ケール、ゴーヤです。
味はやや薄めですが、クセがないので年齢を問わず飲みやすい味ともいえます。

値段がとても安くて私は1袋30包を888円で購入しました。楽天市場やAmazonでも購入できるので、すごく気軽に試せるプラセンタ入りの青汁だと思います。

ぷるるん姫 女王様のすごい青汁

プラセンタ入り ぷるるん姫 女王様のすごい青汁

馬プラセンタ配合です!
すごい名前の青汁ですが、内容はしっかりしているんですよ。

青汁野菜は大麦若葉のみですが、プラセンタ、90種類の植物発酵エキス(酵素)、クロレラ、ローヤルゼリー、コラーゲンペプチド、ヒアルロン酸などが配合されているので、あらゆる美容成分が入っていると言っても良いくらい充実しています。しかもプラセンタは購入な馬プラセンタですからね!

口コミではおいしいという声が多く、水でも牛乳で作っても粉っぽさがない飲みやすい青汁です。

貴重な馬プラセンタの効果を実感してみてください。

桑の葉美人

プラセンタ入り桑の葉美人

豚プラセンタ配合です。
桑の葉美人は熊本県で有機栽培された桑の葉を中心に、プラセンタ、有胞子乳酸菌、大豆抽出物(イソフラボン含有)などが配合されています。女性に嬉しい成分がいっぱいですね。

桑の葉にはDNJという有効成分が含まれています。DNJは糖の吸収を妨害して食後の血糖値の上昇を抑える効果があることがわかっています。
肥満解消、ダイエットに有効な成分なので、桑の葉の青汁を好んで飲む方もいます。

お味はさっぱりしています。色が濃いのでクセが強そうにも見えますがサラッと飲める青汁です。

プラセンタはこの他にも、めっちゃぜいたくフルーツ青汁フレッシュフルーツ青汁めっちゃたっぷりフルーツ青汁などのフルーツ青汁にも配合されています。

青汁には便秘解消効果も期待できますし、プラセンタとの協力作用を得ることができます。

女性に嬉しいプラセンタ、ぜひ注目してくださいね。

このページの先頭へ