タバコを吸う喫煙者には青汁がおすすめ

タバコを吸う喫煙者には青汁がおすすめ
百害あって一利なしといわれるタバコ。やめようと思ってはいるもののなかなか辞められず、気づけば喫煙歴○年という方も少なくないはずです。

「私はタバコを吸わないから大丈夫!」と安心している方も、周りに喫煙者がいませんか?家庭や職場など身近な場所でタバコを吸う人がいる、恋人が喫煙者…なんていう方もいるのではないでしょうか。

タバコを吸っていたり、タバコの煙を吸ったりすることで、非喫煙者よりも大量に消費してしまう栄養素があることをご存知でしたか?

その栄養素が不足してしまうと、美容や健康にもよくないことがあるのです。タバコと栄養素の関係、そしてタバコを吸う方や煙にさらされている方に青汁がおすすめな理由をご紹介します。

喫煙者の方だけでなく、周りにタバコを吸う人がいるという方にもぜひ知っていただきたいです。


もくじ

 

喫煙や受動喫煙のデメリット

タバコには、様々な有害物質が含まれています。ニコチン、タール、一酸化炭素…一度は誰でも聞いたことがあるのではないでしょうか。ニコチン、タール、一酸化炭素は、タバコの「三大有害物質」として有名な成分ですが、身体にどのような影響を与えるのでしょうか。

ニコチンは、強い依存性があることで知られている物質です。タバコを吸うとリラックスできると思っている方もいるかもしれませんね。しかし、実際にはニコチンはリラックスさせてくれる物質ではありません。

ニコチンが切れてイライラしているところでタバコを吸うと、ニコチンが切れていることのイライラが解消されて、リラックスできたと勘違いしているだけなのです。依存性については、違法な薬物と仕組みはまったく同じといえます。むしろニコチンの依存性はコカインなどよりも強いという意見もあるほどです。

さらに、ニコチンが恐ろしいのは依存性だけではありません。中枢神経を興奮させ、毛細血管を収縮させて血行が悪くなったり、心拍数を上昇させたりするといった神経系への強い影響も問題です。

次に、タールです。タールもよく耳にするタバコの成分ではないでしょうか。タールは、いわゆる「ヤニ」といわれており、喫煙者の歯が茶色く変色するのもこのタールのせいです。

タールはひとつの物質からできているわけではなく、有害物質が複数集まってできたもので、発がん性があります。タバコを吸うことで咽頭がんや肺がんといったがんに罹るリスクが格段に高くなるのは、このタールのせいともいえるでしょう。

最後に一酸化炭素の影響を説明します。一酸化炭素は、ニコチンやタールより恐ろしいともいわれています。よく、ストーブなどの不完全燃焼で死亡事故があったときに耳にする一酸化炭素ですが、一酸化炭素にはヘモグロビンの働きを阻害する性質があります。

ヘモグロビンは、私たちが呼吸によって体内に取り入れた酸素を運搬して全身の細胞に届ける役割があります。しかし、酸素よりも一酸化炭素のほうがヘモグロビンと結びつきやすいため、ヘモグロビンが酸素を運べなくなってしまうのです。

すると、身体はいわゆる酸欠の状態になってしまいます。酸欠状態では、脳の働きや運動能力も低下し、酸素を運搬しようと赤血球(ヘモグロビン)が増えるため血液が濃くなり動脈硬化や高血圧などの症状を引き起こすこともあります。

ニコチンによって血管が収縮してただでさえ血行が悪くなっているところに、一酸化炭素によってさらに血流が悪く酸素の運搬も難しくしているのですから、全身の細胞に十分な酸素が行き渡らず身体が悲鳴をあげているはずです。

タバコのうちのたった3つの成分だけでもこれほど恐ろしい害があるのです。できれば禁煙したいものですね。

喫煙者の身近にいる人も要注意!

受動喫煙という言葉を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。タバコは、吸っている本人だけでなく、タバコから出た煙を吸った人にも悪影響があります。喫煙者本人が吸う煙を主流煙、タバコから出た煙を副流煙といいます。副流煙を吸うことを「受動喫煙」といい、健康上の被害が問題になっています。

意外かもしれませんが、主流煙よりも副流煙のほうが有害物質を多く含んでいるのです。副流煙は空気中に拡散するため、ダイレクトに吸い込む主流煙よりも吸う量は少ないかもしれません。

しかし、家族が部屋の中で喫煙したり、しょっちゅう近くで誰かがタバコを吸っているとしたら…健康上決して無視できない量の煙を吸い込んでしまっているはずです。

身近に喫煙する方がいる以上、「喫煙者じゃないから無関係」ではいられないこともあるのです。

喫煙によって失われる栄養素

さて、これだけ有害な物質が体内に入ってきたとき、私たちの身体は何もせずにいるわけではありません。有害物質がたくさん含まれたタバコの煙を吸い込んでしまったら、身体は必死に無害化しようとはたらきます。

体内の解毒を主に担うのは肝臓です。肝臓に有害物質が運ばれ分解されるのですが、この過程でビタミンCを大量に使います。一説では、非喫煙者が45~60mgのビタミンCを消費するのに対して、喫煙者は67~90mgとより多くのビタミンCが必要になるようです。

また、肝臓での代謝だけではなく、排出されるビタミンCの量も非喫煙者の3倍程度と、喫煙者のほうがビタミンCが不足しやすい体内環境になっていることが窺えます。実際に、米国医学研究所(IOM)では、喫煙者はビタミンCを非喫煙者よりも1日あたり35 mg多く摂取する必要があるという結論を出しているほどです。

また、主流煙だけでなく副流煙にさらされること(受動喫煙)によっても血液中のビタミンCの濃度は減少することがわかっています。

さらに、タバコの有害物質を排除するために身体が活性酸素を大量に作り出します。活性酸素は、代謝の過程でも発生するものですが、大量に発生すると健康な細胞を傷つけて様々な弊害をもたらすといわれています。

活性酸素を除去するためにもビタミンCが使われますので、喫煙者のビタミンCの消費量は想像以上に多いと考えてよいでしょう。

ビタミンCの他にも、活性酸素を除去する代表的な栄養素としては、ビタミンA、ビタミンE、フィトケミカル(ポリフェノール)などが挙げられます。

喫煙者が不足しがちなのはこれらの栄養素だけでなく、ビタミンB12も喫煙によって吸収が阻害されてしまい不足しやすくなります。

ビタミンB12はタバコに含まれるシアン化水素という物質と結合することで吸収されにくくなり、欠乏した状態のままでいると神経痛などの神経への障害、視力の障害、造血ができなくなり貧血になるといった症状が出ることもあります。

ビタミンC不足は美容にも健康にも良いことナシ

喫煙によってビタミンCが消費されてしまうのは意外だったかもしれません。ビタミンCが喫煙で消費されると、体内ではビタミンCが不足しがちになってしまうことも。ビタミンCが足りないとどのようなデメリットがあるのでしょうか。

美容に関心のある方なら、ビタミンCが美肌づくりに重要な栄養素であることをご存知かもしれませんね。ビタミンCは、コラーゲンの生成を促してハリのあるお肌を保ったり、メラニン色素が沈着するのを防ぐことでシミをできにくくするはたらきがあります。

「スモーカーズフェイス」というのをご存知でしょうか。同じ年齢の女性でも、非喫煙者より喫煙者のほうがものすごく老けて見えてしまうことがあります。スモーカーズフェイスは、コラーゲンを合成する力が弱まり、目尻や口周りに深いシワができたり、お肌の乾燥が目立ったりするのが特徴です。

また、タバコに含まれる有害物質によって血行が悪くなるため、正常なお肌の新陳代謝が阻害され、シミやそばかすも増えてしまいます。タバコを吸うことで顔に顕著に老化が現れるのは女性としては悲しいですよね。

さらに、ビタミンCは免疫力を維持するのに必要な栄養素ですので、ビタミンCが不足すると免疫力が低下して風邪やインフルエンザなどの感染症にかかりやすくなる可能性があります。

また、ビタミンCには鉄分の吸収を促進するはたらきがあるため、ビタミンCが足りていないと鉄分の吸収の効率が悪くなってしまい、貧血になりやすくなってしまいます。貧血といえば、特に女性は生理などでなりやすいので気をつけたいところです。

タバコをすっぱりと辞めてしまえればよいですが、なかなか禁煙がうまくいかない方はせめてビタミンCを意識して摂るようにしたいものです。

喫煙で失われた栄養を青汁で補給しよう

冒頭でも説明したとおり、タバコには様々な有害物質が含まれており、ガンなどの命に関わる病気のリスクもぐんと高まります。

青汁を飲むことでそうしたリスクをなくせるというわけではありませんが、喫煙者に不足しがちな栄養素を補い、喫煙による身体への影響を少しでも減らすよう工夫することは可能です。

例えば、全く何も対策をせずに喫煙していたときの身体への害が「10」だとして、青汁を飲むことで「9」に減らそうといったような気持ちで、青汁を取り入れてみてはいかがでしょうか。

青汁にはビタミンCが豊富に含まれている

ビタミンCが豊富に含まれている食べ物といえば、レモンなどのすっぱい果物を思い浮かべる方も多いと思います。意外かもしれませんが、果物だけでなく野菜にもビタミンCが含まれています。

それは、青汁の原料となる野菜にもいえます。例えば、青汁の原料としてよく使われるケールには100g中81mgのビタミンCが含まれています。他にも、大麦若葉は70mg、明日葉は41mg、青汁の原料の中でもビタミンC含有量が高いと言われるゴーヤにも76mgのビタミンCが含まれています。

ちなみに、よく見かける「レモン○個分のビタミンC」という表現ですが、レモン1個分のビタミンCは20mgを基準としているようです。となると、ケール100gにはレモン4個分程度のビタミンCが含まれているということになり、意外と多くビタミンCが含まれているということがお分かりいただけるのではないでしょうか。

ビタミンCを摂るならサプリメントでも十分と考えている方もいるかもしれませんね。たしかに、ビタミンCのサプリメントはたくさん販売されていますし、もちろんサプリメントでビタミンCを補給してもよいでしょう。

しかし、青汁にはビタミンC以外の栄養素も多く含まれており、自然のものから栄養が摂取できるというメリットがあります。サプリメントには栄養素の量が多く配合されていることもあります。

サプリメントは、複数の種類を飲んだり他の食品などとの組み合わせで過剰摂取が心配なときもありますが、青汁を水やお茶のようにガブガブ飲むようなことをしなければ過剰摂取の心配はほとんどしなくていよいという安心感もあります。

さらに、近年の青汁は味のおいしいものや飲みやすいものが多く、商品も豊富に販売されています。

サプリメントのように単調な味や、薬のような形状では飽きやすいですし、飲む楽しみもあまりありませんが、青汁には選ぶ楽しみや飲む楽しみもあります。好みの青汁と出会うことができればサプリメントより続けやすく、喫煙で不足しがちなビタミンCを継続的に補うことができそうですね。

喫煙者が摂りたい青汁に含まれるビタミンC以外の栄養素

タバコを吸うと活性酸素が発生し、過剰に発生した活性酸素は全身の細胞を傷つけ、美容にも健康にも悪影響を及ぼします。喫煙される方は、活性酸素を除去してくれる抗酸化作用のある栄養素をしっかり摂りたいですよね。

青汁に含まれる抗酸化作用のある栄養素は
・ビタミンA(βカロテン)
・ビタミンC
・ビタミンE
・フィトケミカル(ポリフェノール)

があります。

特に、ビタミンA、ビタミンC、ビタミンEは、ビタミンACE(エース)といわれ抗酸化作用の強い栄養素です。青汁の原料の野菜に含まれているβカロテンは、体内で必要な分だけビタミンAに変換されます。

ちなみに、βカロテンは、ケール100g中に2900μg、明日葉100g中に5300μg含まれています。ビタミンCについては先のところで述べているので割愛しますね。ビタミンEは、青汁の原料となる野菜100gあたり、ケール2.4mg、大麦若葉7.7mg、明日葉2.8mgが含まれています。

ビタミンEには抗酸化作用があるだけでなく、血流をよくするはたらきがあります。喫煙者は血行が悪くなりがちですので不足しないように気をつけたいですね。

フィトケミカルについては、ご存じの方は少ないかもしれません。フィトケミカルとは、植物がつくりだす色素や辛味成分といった天然の化学物質です。フィトケミカルにはポリフェノールやフラボノイドなどの種類があり、さらにポリフェノールのなかにもアントシアニンやカテキンといった種類が存在しています。

フィトケミカルにも抗酸化作用があることがわかってきており、健康のためにポリフェノールを含む商品を摂取する方も増えていますね。ケールや明日葉など青汁の原料に使われる野菜にもフィトケミカルが含まれています。これはサプリメントではなかなか摂ることが難しいのではないでしょうか。

他にも、SOD酵素という抗酸化作用がある酵素が青汁には含まれています。SOD酵素は特に大麦若葉の青汁に多く含まれています。

そのため、抗酸化作用のあるSOD酵素を含んだ青汁を飲むことで体内の活性酸素の除去に役立つという意見もありますが、SOD酵素を飲んだり食べたりしても胃に入ると失活してあまり意味がないという意見もあります。

SOD酵素を口から摂取することで本当に活性酸素の除去に役に立つのかは、冷静に新しい情報を待つしかなさそうです。

ここまでで、喫煙で発生した活性酸素の除去を助けてくれる栄養素が青汁には複数含まれていることがお分かりいただけたのではないでしょうか。

他にも、喫煙で不足しがちなビタミンB12は、本来野菜にはあまり含まれない栄養素で、しじみやレバーなどに多く含まれるのですが、青汁の原料である大麦若葉や明日葉にはビタミンB12が含まれています。

ビタミンBには他にもビタミンB1、ビタミンB2などがあり、まとめてビタミンB群といわれています。ビタミンBは、特定のビタミンBだけを摂取しても栄養として働けず、それぞれバランス良く摂取する必要があります。青汁にはビタミンB12以外のビタミンBが含まれており、バランス良くビタミンBを摂取することができます。

また、他の栄養素にもいえることですが、「○○だけたくさん摂取する」では意味がないことが多々あります。ビタミンやミネラルが互いに吸収を高めたり(阻害することもありますが)、きちんと栄養として機能するようにするため、必要な栄養素を偏り無く摂ることが必要です。

青汁であれば、ビタミン、ミネラルともに多数の栄養素が含まれていますので、特定の栄養素のみを配合したサプリメントよりもバランス良く栄養を摂ることができます。

喫煙による免疫の異常を青汁で改善できる?!

タバコには様々な有害物質が含まれており、体内の栄養素もたくさん消費されてしまいます。喫煙によって免疫力が低下し、その結果呼吸器の疾患やがんの発病につながるとの見解もあります。

そこで、青汁を飲むことで免疫の異常を改善できる可能性を示唆する研究が過去にされていたようなのでまとめます。この研究は、青汁を販売しているキューサイというメーカーと山口県立大学が平成19年に共同で行っています。

実験の被験者は喫煙習慣のない成人男性7名(平均 33.7 歳)と、7~22 年の喫煙習慣を有する成人男性6名(平均32.3 歳)です。

被験者の男性に、毎日キューサイのケール青汁をコップ2杯(180ml)飲んでもらい、4週間後にヘルパーT細胞とサプレッサーT 細胞の割合を免疫力の指標として測定したようです。

ヘルパーT細胞やサプレッサーT細胞について簡単に説明します。ヘルパーT細胞は、免疫を調節する細胞です。この割合が多すぎるとアレルギー反応等が起きやすくなります。

サプレッサーT細胞は、過剰な免疫反応を速やかに終わらせる細胞です。ただし、この割合が多すぎると、免疫反応が起こりにくくなってしまいます。正常な免疫には、ヘルパーT細胞やサプレッサーT細胞が多すぎても少なすぎてもダメで、バランスが大切ということですね。

実験の結果は、

青汁飲用前:喫煙者のほうが非喫煙者に比べ、ヘルパーT 細胞割合は低くプレッサーT細胞割合が高い、バランスのよくない状態。
青汁飲用後:喫煙者のヘルパーT細胞の割合は上昇し、サプレッサーT 細胞は低下した。

その結果、「喫煙者のヘルパーT 細胞/サプレッサーT細胞の割合と同程度になりバランスがよい状態になった」ということでした。

青汁を飲むことでバランスの悪かった喫煙者の免疫細胞が、非喫煙者と同じレベルになったということですね。

ただ、研究の被験者となった人数が少ないこと、男性に限らていること、喫煙者の喫煙状況(一日1本吸う程度なのか、1日1箱吸うくらいなのかなど)がわからないので、すべての喫煙者の免疫が改善すると結論付けるのは早いかもしれません。

しかし、この実験においては、実際に喫煙者の免疫のバランスが整えられているので、喫煙者の免疫を改善する可能性としては十分にあるといえると思います。

この実験はキューサイの青汁を使っていますが、青汁のどの成分がこのような結果をもたらしたのか、ケール以外の野菜で作られた青汁でも同じような結果になるのか、被験者が女性でも同じような効果があるの、そのあたりの研究がすすめられるとより興味深いですね。

青汁で禁煙をサポート

青汁を飲むことで、喫煙によって失われた栄養素を補ったり、免疫力を正常にすることができるかもしれないということがお分かりいただけたと思います。

では、青汁を飲んでいれば喫煙によってもたらされる様々な悪影響やリスクはすべて帳消しにできるのでしょうか?

もしかしたら、保健体育の教科書などで喫煙によって真っ黒になった肺の画像や模型を見たことがある方もいるかもしれません。

青汁を飲むだけで、あの肺が綺麗まっさらな状態に戻るでしょうか?

また、目には見えなくても血流が悪くなった血管や、酸素の行き届かない細胞を、青汁を飲む「だけ」でタバコを吸い続けていても改善することはできるでしょうか?

筆者は、いくら青汁を飲んでいても喫煙を続けている以上、喫煙によって身体に悪影響を与えていると思いますし、美容や健康面でのリスクをゼロにすることはできないと思います。

美容や健康のためにも禁煙するのがやはり一番良い選択だと思います。

とはいえ、タバコの依存性はとても強く、禁煙にかかる精神的な負担は非喫煙者の筆者の想像を絶するほどだと思います。簡単には禁煙できたら苦労しませんよね。

禁煙にはいろいろな方法がありますが、自分ひとりで行うのは難しいことが多いようです。禁煙のために病院でニコチンパッチを処方してもらったり、カウンセリングを受けるのも有効だと思います。

また、禁煙していると
・イライラする
・口さみしい
・食欲が増す
・強い眠気がある
・便秘になる

といったマイナートラブルを経験する方も多いようです。

吸いたいのに吸えない、あったものがない…となると、かなりのフラストレーションになると思います。

イライラや口さみしさをごまかしたり、眠気をさましたりするために菓子などの暴食に走る、禁煙することで味覚が正常になり食事がおいしくてしかたない…といったことから禁煙して太ってしまう方もいます。

また、非喫煙者であればアセチルコリンという神経伝達物質によって便意を促しますが、喫煙者はアセチルコリンよりも排便作用の強いニコチンを日常的摂取しているので、禁煙するとアセチルコリンでは便意がおこらないこともあるのです。

せっかく美容と健康のために禁煙しようとしていても、太ってしまったり便秘に悩まされたりしていては禁煙するぞというせっかくの意思も挫折してしまいそうです。

そんな禁煙によるマイナートラブルを軽減するためにも、青汁は役に立つのではないでしょうか。

たとえば、口さみしいなと思った時や眠気を覚ましたい時にお菓子ではなく青汁を飲む。お菓子を食べるよりもカロリーは少なく済みますし、栄養も摂れますね。

また、青汁でダイエットをするときによく使われる手法ですが、食事の前にコップ1杯青汁を飲むことでご飯の量をセーブできるかもしれません。青汁には食物繊維も含まれていますので、食事の前に飲むことで、あとから食事によって入ってくる糖分や脂質の吸収をおだやかにし、血糖値の急上昇を防いでくれる役割もあります。

血糖値が急上昇すると、糖分を脂肪として身体に蓄えやすくなってしまうので、血糖値を急上昇させないというのは太らないためにもぜひ心がけたいことですね。

さらに、食物繊維といえば便秘解消にも役立ちます。便のかさを増して排便を促したり便に水分を蓄えたりして排便しやすくしてくれます。便秘解消には水分をしっかり摂ることも大切ですが、青汁を飲むことでも水分補給になるので一石二鳥ではないでしょうか。

このように、青汁は喫煙によって失われる栄養素を補うだけでなく、禁煙のサポートにも利用することができる優れた飲み物だと思います。せっかくですので、この機会に青汁を試してタバコを控えてみてはいかがでしょうか?!

このページの先頭へ