日本薬健「金の青汁 純国産大麦若葉」口コミ・評価

日本薬健「金の青汁 純国産大麦若葉」口コミ・評価
以前の「まずいもの」とのイメージとは打って変わって、最近の青汁はおいしく飲みやすいものが主流となっています。その変化の理由となったのが大麦若葉の存在。

今でも以前のようなケールが使用されている青汁も少なくありませんが、大麦若葉がブレンドされることで、青臭さがぐっと軽減されています。

今回ご紹介する日本薬健の「金の青汁 純国産大麦若葉」は、そんな大麦若葉を100%使用した青汁です。

ここでは、日本薬健の「金の青汁 純国産大麦若葉」の成分やその他特徴、味はおいしいのか?飲みやすいのか?効果は?体験者の口コミ・評判、その他の青汁との比較、実際に私が金の青汁を飲んだ感想を記載していきます。

日本薬健 金の青汁 純国産大麦若葉の特徴は?

青汁の素材として今や主流とも言っていい大麦若葉ですが、実際にどんな素材なのか、今ひとつピンとこないという方はいらっしゃいませんか? 実は筆者もそのひとりです。大麦若葉はスーパーにも八百屋の店頭にも並んでいるわけではなく、現物を一度も見たことがないからです。

大麦若葉というのは読んで字のごとく、大麦の葉。大麦が育ち切る前にその葉を刈り取ったものです。青汁に期待されるのは野菜、特に緑黄色野菜の不足の解消というケースが少なくないのですが、面白いことに大麦若葉は野菜ではなく穀類の仲間なんですね。

でも大麦若葉には育った大麦には含まれていない、これからの成長に必要となる成分がたくさんつまっています。大麦にもビタミンB群や食物繊維など、現代人にとって欠かせない栄養素が多く含まれているのですが、大麦若葉にはβカロテンやビタミンE、葉酸、鉄分、カルシウムポリフェノールなども豊富に含まれています。

そしてさらに特筆すべきなのが、SOD(スーパーオキシドジスムターゼ)と呼ばれる酵素についてです。強力な抗酸化作用を持つというこの酵素は、わたしたちの体を攻撃し、老化させたり病気を発生させたりするとされる活性酸素を打ち消す力を持っています。美容にも健康にも、そしてダイエットにも効果を発揮するというわけです。

日本薬健「金の青汁 純国産大麦若葉」はそうした栄養成分がたっぷり含まれる大麦若葉だけで作られた青汁です。

大麦若葉100%の青汁は珍しくないのですが、

・栽培から製造に至るまで、原材料は「純国産」
・生産は国内工場
・無農薬栽培の大麦若葉を使用
・香料、着色料などの添加物は不使用

この4つが揃っているのは意外と少ないものです。
また、製造過程などにも工夫が凝らされています。

・大麦若葉の収穫から粉砕加工まで24時間以内に行い、栄養価の減少を防止
・パック詰めの際にフレッシュパック(脱酸素充填)方式を採用し、粉末の酸化や劣化を防止
・原材料の大麦若葉は308項目の残留農薬検査と放射能検査を定期的に実施

品質が劣化しにくいということは取り扱いやすいことにもつながります。
こうしてスペックを確認した限りでは、ほとんど欠点らしい欠点が見つからない青汁だと言えそうです。

日本薬健 金の青汁 純国産大麦若葉の口コミをチェックしてみました

それでは飲んでみた方の意見はどうなの?ということで、購入した方の口コミを調べてみました。

プラス評価の口コミ

・国産の大麦若葉100%の商品はなかなかないので重宝しています。
・国産なので安心。お値段も手頃です。
・おいしく溶けやすいためお菓子作りにもお勧めです。
・適度な濃さがある点が好み。毎日飲んでいます。
・飲み始めてから体調が良いので、これからも続けていきたいです。
・青臭さが抑えられているのでそのままでも飲みやすいです。
・牛乳でも豆乳でも飲みやすいです。家族で飲んでいます。
・おやつ代わりに飲める味。おいしいので毎日続けられます。
・無農薬で無添加という点が購入の決め手になりました。
・水に溶いてもダマにならず飲みやすいです。飲み始めてから腸内環境が改善している実感があります。
・無添加だし、へんな甘みがついていないところが気に入っています。
・飲むヨーグルトに混ぜて飲んでいます。子供も気に入って飲んでくれます。
・もっと安い青汁もあるけど大抵が中国産。こちらは国産で価格がお手頃です。ずっとこの価格を続けてほしいです。

マイナス評価の口コミ

・少し粉っぽいです。味は抹茶っぽくて飲みやすいのですが。
・ケールの青汁よりはマシですが、ちょっと苦味があっておいしいとは思えません。
・粉っぽくて、少し時間が経つと下に沈殿してしまう点が不満です。
・粉が軽すぎて水に混じりません。コップの周りにも付着するし、しばらくすると沈殿してしまいます。
・シェイカーを使用して作っていますが、溶けにくいですね。お湯だと多少溶けやすいですが。
・薄味でコクがなく、あまり飲んだ気がしません。

全体的にプラス評価が多いのですが、マイナスポイントとしては「やや粉っぽく溶けにくい」との意見が比較的多いように感じました。これは大麦若葉をそのまま粉砕している(=溶けやすくなるような加工をしていない)青汁ではありがちです。原材料の純度を求めるか飲みやすさを求めるかということになるのでしょう。

「薄味でコクがない」というのは最近の青汁に共通して聞かれる感想ですね。これは青臭さの少なさと表裏一体の意見だと言えるでしょう。

これらの口コミは本当なのでしょうか。筆者も購入して飲んでみることにします。

日本薬健 金の青汁 純国産大麦若葉の口コミは本当?検証してみます

金の青汁 純国産大麦若葉は日本薬健に直接電話注文するほか、楽天やAmazonなど多数の通販サイトでも取り扱われています。筆者は楽天市場で購入しました。サイズは4種類あります。全て3gの個別包装となります。

14パック(お試しサイズ) 定価800円(税別)@57.1円
22パック(レギュラーサイズ)1,500円 @68.2円
46パック(お徳用サイズ) 3,000円 @65.2円
90パック(超お徳用サイズ) 5,500円 @61.1円

まずはお試しということで、一番小さいサイズの14パック入りです。

金の青汁という名前通り、金色と深い緑色があしらわれたパッケージになっています。
kinno_aojiru1

公式サイトに文章での記載はありませんでしたが、日本薬健の他の青汁と同様、こちらで使用されている大麦若葉も九州産であることが確認できました。
金の青汁の大麦若葉は九州産

内袋もゴールド! 3g入りの割にがっしりとしています。袋の裏表にきちんと情報が掲載されているのは好感が持てます。
金の青汁のスティック

中身を出してみると、袋の形状ががっしりとしている理由がよくわかりました。3g入りというのは他の青汁と比べて平均的な重量なのですが、粉自体が軽いのか、それとも空気を多く含んでふわふわしているからなのか、ボリュームが大きいのです。
金の青汁の粉末

とてもキメの細かい粉末状の青汁です。大麦若葉をそのまま粉砕してここまで細くしているんでしょうか。香りはほのかに香ばしさを感じる、大麦若葉そのものといった感じです。

金の青汁を水に溶かして

基本となる飲み方は「コップに粉末を先に入れ、100ccの水や牛乳を注ぐ」とあります。ホット(ただしぬるま湯)でもOKとのこと。「粉末が沈んでから素早くかき混ぜると、きれいに混ざる」と説明されています。

ということで、まずは100ccの水に溶かして飲んでみることにしましょう。

金の青汁を水に溶かして飲む
青汁の粉末に水を注いですぐの状態です。かなり濃い緑色ですね。
十秒ほどでほとんどの粉末が沈み、スプーンで混ぜるときれいに溶けてくれました。

kinno_aojiru6
作る前には「粉末が沈むのを待つのはちょっと面倒だな」と思ったのですが、十数秒ほどで沈みきるなら、許容範囲といったところでしょうか。でも忙しい朝にはストレスの元になりかねないので、素直にシェイカーなどを使ったほうがいいかもしれません。

飲んでみるとやや粉っぽさがあります。十分な濃さがある割に味自体にはクセが全くなくてとても飲みやすいのですが、喉越しがあまり良くありません。

粉砕しただけの青汁なので仕方がありませんし、飲むのに骨が折れるというほどではないのですが、やはり気になるところではあります。

金の青汁を豆乳に溶かして

別の飲み方ということで、今回はバナナ豆乳で試してみることにしました!
作り方は水のときと全く同じです。
金の青汁を豆乳に溶かして飲む
水で作るときよりもかなり溶けにくく、作るのに時間がかかってしまいました。かなり丁寧にかき混ぜないと、ダマができてしまいます。

青汁自体に全くクセがないので、バナナ豆乳とも相性がよく、とてもおいしくいただけます。でも気になるのはやっぱり粉っぽさ。これさえなければ満点なのですが……。

日本薬健 金の青汁 純国産大麦若葉の原材料・成分

使用されている原材料は日本産の大麦若葉粉末のみです。

1パック(3g)あたりの栄養成分表示はこちらになります。
日本薬健 金の青汁 純国産大麦若葉の原材料・成分

1パックで摂れる栄養素についてはつぎのような説明もあります。

食物繊維:ほうれん草約2株分
鉄分:プルーン約5個分
カルシウム:ピーマン約4個分
葉酸:ブルーベリー約67個分
ビタミンE:ごま大さじ約22杯分
ビタミンB2:たまねぎ約2個分

日本薬健 金の青汁 純国産大麦若葉と他の青汁の比較

国産の大麦若葉をメイン素材とした他の青汁と多角的に比較検討してみます。どのようなところに共通点があり、違いはどこにあるのか確認する際の参考にしてください。

今回取り上げたのはやずやの「養生青汁」と、ヤクルトの「カラダ計画 大麦若葉」です。

素材の比較

<日本薬健 金の青汁>
九州産大麦若葉100%(無農薬栽培)、無添加
<やずや 養生青汁>
大分産六条大麦若葉(無農薬栽培、化学肥料不使用)、デキストリン、ハトムギエキス粉末
<ヤクルト 大麦若葉>
分産大麦若葉エキス(無農薬栽培)、水溶性食物繊維、デキストリン

デキストリンというのはデンプンのことで、主にとうもろこし由来のものが使用されています。一般的には食品にわずかにとろみを足して、喉越しを良くする役割を果たしています。また、デキストリンの一部は難消化性の食物繊維で、整腸作用や血糖値の上昇を抑える作用を持つことが知られています。

大麦若葉以外の原材料は摂りたくないという場合には金の青汁一択なのでしょうが、大麦若葉に含まれている食物繊維をさらに強化したいとお考えなら、他の2つの商品が選択肢になるでしょう。

使用されている大麦若葉は3商品とも九州産のものが使われており、栽培には農薬は使用されていません。安全性にはかなりこだわりをもって製造されていることが見て取れます。

価格の比較

レギュラーサイズの税抜定価と、それを通常購入した際の1日分の価格をそれぞれ比較します。やずやの養生青汁に関しては定期コースがあり、最大15%まで割引となります。

<日本薬健 金の青汁>
定価1,500円(22パック・11~22日分)@68.2~136.7円
<やずや 養生青汁>
定価6,300円(63本入り・31.5日分)@200
<ヤクルト 大麦若葉>
定価3,000円(60袋入り・30日分)@100円

原材料の構成は似ていますが、価格は意外にも大きく異なっていました。やずやの養生青汁は青汁の中でも比較的高価となる価格設定になっています。これは、金の青汁とヤクルトの大麦若葉では原材料をそのまま細かく砕いているのに対し、やずやの養生青汁では「栄養素を取り囲む繊維を細かく刻んですりつぶし、中の栄養素を取り出す」というひと手間が加わっているからかもしれません。

この工程が加わることにより、栄養素の吸収がより高くなるとのこと。なかなか数字に現れにくい部分ではありますが、これをどう評価するかで価格への納得感が変わってくると考えられます。

ヤクルトの大麦若葉はごく平均的な価格。金の青汁は1日に1パック飲むか2パック飲むかで評価が変わりますが、1日1パック飲むのならとてもお安いと言えますね。

味、飲みやすさを比較

どの商品も大麦若葉の青汁なので、基本的には同系統の風味で、とても飲みやすくなっています。ただ、味には若干の違いがあります。

まず、やずやの養生青汁とヤクルトの大麦若葉は非常に溶けやすく、喉越しの良いものに仕上がっています。これはデキストリン配合によるところも大きいのでしょう。金の青汁はその点、若干の粉っぽさがあります。もちろん飲みにくいというほどではないのですが、やずや、ヤクルトの青汁がとてもさらっとしているので、評価としては差がついてしまいます。

でも逆に味に関して言えば、金の青汁は全くクセがなく万人に受けそうなのに対して、やずやの養生青汁とヤクルトの大麦若葉は水に溶かしただけだと若干のクセ、青臭さを感じます。牛乳などに溶かせばそれも消えて飲みやすくなる範囲内ですが、水で飲みたい方だとどうしても好みが分かれてしまいそうです。

金の青汁 まとめ

他の商品と比較すると、金の青汁のコストパフォーマンスの良さがとてもよくわかります。気になる点は、繰り返しとなりますが粉っぽさくらい。この粉っぽさにしても許容範囲のもので、もっと喉越しの悪い商品はいくらでもあります。

その点以外は原材料の純度、産地、味、濃さ、価格、安全性などについて、まるでネガティブな意見を全て潰して作られたかのようにすら感じる商品です。青汁が初めての方にも、これまでいろいろ試してみたけどやっぱりスタンダードなものがいいわという方にもお勧めできる青汁だといえるでしょう。

中河環

このページの先頭へ