青汁には片頭痛を改善・予防する効果がある?

青汁には片頭痛を改善・予防する効果がある?
青汁には頭痛、片頭痛を予防・改善させる栄養素が含まれているのでしょうか?頭痛にもいろいろな原因がありますので、効果があるものと効果がないものがあります。

※頭痛が危険な病気のサインである可能性もあるので、自己判断せず、医師に診察してもらうようにしてください。

頭痛の種類と原因

風邪二日酔いど、頭痛の原因が明らかな時はあまり心配ないと思いますが、定期的に繰り返す頭痛や激しい痛みが伴う頭痛は心配になるものです。この章では頭痛の種類とその原因についてご紹介します。

一次性頭痛

慢性頭痛とも呼ばれ、病気を伴わない頭痛です。頭痛のうち約9割を占めており、「頭痛持ち」という方の頭痛もこのタイプです。慢性頭痛の中にも「偏頭痛」「緊張型頭痛」「群発頭痛」という3つの種類があります。それぞれ症状や原因を詳しく見ていきましょう。

偏頭痛

ズキンズキンと脈打つような激しい痛みが目の周りやこめかみのあたりを中心に襲います。脳の血管が拡張して周囲の神経を圧迫することでこのような激しい痛みが生じます。発作は数時間から数日とおさまるまでの時間にはかなりの幅があります。閃輝暗点(せんきあんてん)といって視野の中にチカチカと光が出現する前兆がある場合もあります。

偏頭痛というと頭の片側だけ痛いというイメージを持っている方も多いと思いますが、痛む場所には個人差があり頭の両側や頭全体が痛くなる方もいます。

痛みから吐き気や嘔吐を伴ったり、音や匂いや光などの感覚が敏感になることも。
偏頭痛は遺伝することもあり、自分の親も偏頭痛に悩まされていたということもあります。偏頭痛は特に女性に多く、これは生理周期や更年期など女性ホルモンバランスが原因と考えられます。

また、ストレスや疲労がたまっていると起こることがあることから、真面目で努力家、完璧主義、神経質な方がなりやすいようです。他にも、寝不足や反対に寝すぎたとき、雨や台風などのときの低気圧、チーズやワインや薬など飲食物などが原因で引き起こされることがあります。

規則正しい生活やストレスの解消を心がけ、発作が出たら痛む部分を冷やす、コーヒーなどでカフェインを少し摂取するのも有効です。

緊張型頭痛

一次性頭痛のなかでもほとんどがこのタイプの頭痛です。頭全体が締めつけられるような痛みがあります。この痛みは、頭蓋を包んでいる筋肉の収縮によって起こります。

肩こりや首のこり、頸部の筋肉に押すと痛みを感じるポイントがあり、首が硬く動かしづらいという特徴があります。痛みがなかなかスッキリせず長引くのも特徴です。

精神的なストレスや、デスクワークなどで同じ姿勢が長く続いたり目の疲れによって筋肉の収縮が起こることが原因です。適度な運動や肩こりや首コリを温湿布などでじっくり温めることが対策として有効です。

群発頭痛

別名「自殺頭痛」とも呼ばれています。ちょっとショッキングな名称ですが、自殺したくなるくらい痛く、その痛みは心筋梗塞や尿路結石などの痛みにも匹敵するとか。

群発期と呼ばれる一定の期間(1ヶ月から数ヶ月)、毎日のようにほぼ決まった時間に、片方の目の奥がえぐられるように痛みます。1日に数回発作が出ることもあり、発作は30分から数時間続くことも。発作の前に何らかの前兆を感じる方もおり、発作が出ている間は、目の充血や涙が出たり、まぶたの下垂、瞳孔が小さくなる、鼻水、鼻づまりなどの症状が伴います。

男性に多く、20代や30代の比較的若い世代で発症することが多いです。
原因についてははっきりとわかっていませんが、視床下部の異常や頭部の血管の拡張が関係している可能性があるようです。飲酒をきっかけに発作が起こることも多く、その他にはタバコや気圧の変化もトリガーになることがあるようです。

群発頭痛の痛みはとても耐え難いものです。老齢になれば症状が消失することもあるようですが、それまでは長く付き合っていかなくてはならない場合がほとんどです。群発頭痛は完治というよりも「発作の予防」が何より大切で、発作を抑制する薬もありますので、群発頭痛らしき症状がある場合は医療機関へ相談することを強くおすすめします。

二次性頭痛(危険な病気による頭痛)

一次性頭痛が約9割を占めるならば残りの1割は…?と気になりますよね。残りの1割は二次性頭痛といって危険な病気による頭痛です。

今までに経験したことのないような頭痛、鎮痛剤が効かない、痛みがどんどん増す、意識が遠のいたり手足のしびれや高熱など他の症状がある場合は必ず医療機関を受診しましょう。なぜなら、このような頭痛はクモ膜下出血 や髄膜炎、脳出血や硬膜下血腫など命に関わる病気のサインである可能性があるからです。

どの頭痛なら青汁で対処が可能?

二次性頭痛はもちろんですが、一次性頭痛の方でも必ず一度は医師に相談していただきたいと思います。その理由は、まずは命に関わる頭痛でないということをはっきりさせ、自分がどのタイプの頭痛であるか正しく知っていただきたいからです。

また、青汁は薬ではありませんので、鎮痛剤のように痛みを抑える、すぐに頭痛を改善するというような即効性はありません。頭痛の激しい痛みがストレスとなりさらに頭痛を悪化させる場合もありますので、医師から自分に合った鎮痛剤を処方してもらい、とりあえず発作を抑えるとういことも有効な対策です。

そのうえで自分でも青汁で頭痛対策をしてみたいという方は、一次性頭痛のうち偏頭痛や緊張型頭痛の場合であれば予防や改善に効果があるかもしれません。

偏頭痛の改善や予防に役立つ青汁の成分

偏頭痛の痛みは、血管が拡がって周囲の神経を圧迫することによって起こります。血管が拡がりを抑えることで痛みを予防したり緩和したりするのに役立つかもしれません。なぜ血管の拡張が起こるのかは定かではありませんが、細胞の中でエネルギーを生産する役割のあるミトコンドリアのはたらきが関係しているという説もあります。

ミトコンドリアがエネルギーを生産するときには活性酸素を出しますが、古いミトコンドリアは働きが悪く、活性酸素をたくさん出すといわれています。活性酸素は、わたしたちの細胞を傷つけ、様々な弊害をもたらしますが、血管も例外ではありません。

また、発生した活性酸素によって細胞が傷つき、ミトコンドリアのはたらきがさらに悪くなるという負の連鎖も起こりえます。

偏頭痛とミトコンドリアのはたらきに関係があるとすれば、ミトコンドリアの働きをよくして活性酸素を多く出さないようにすることと、発生してしまった活性酸素を取り除くことで血管を含む細胞を健やかに保つことができるかもしれません。

そのために役立つ青汁に含まれる栄養素は
・ビタミンA(βカロチン)
・ビタミンC
・ビタミンE
・ポリフェノール
・カリウム
・ビタミンB群

です。

ビタミンA、ビタミンC、ビタミンE、ポリフェノールには、活性酸素を取り除く抗酸化作用があります。
カリウムには、体内の余分な塩分の排出を助けてくれる役割があります。塩分を摂りすぎると、血液内の塩分(ナトリウム)の濃度が上昇します。高血圧の症状として頭痛が現れることもありますが、血管に負担がかかることで血管が拡張してしまうのです。

頭痛が現れるほど血圧が高くなってしまった場合はただちに病院で治療を受けなくてはなりませんが、青汁に含まれるカリウムが塩分を排出する働きがあることを知っておいて損はないですね。

また、

発作予防に対しては海外ではビタミン剤を用いた臨床試験も行われている.Rivofrabin(ビタミンB2)はプラセボ対象試験で片頭痛発作の予防に有効と報告されている.そのほかにCoenzyme Q10,ビタミンB12が発作の回数を減少させたという報告がある

引用元:頭痛にビタミン剤は有効か 吉野 英 2007

とのことです。

ビタミン剤が片頭痛の予防になぜ効果があったのかは明確ではありませんが、ミトコンドリアの機能障害を改善するためという見方もあるようです。

この研究は、オープン試験で行われているためエビデンスレベルは十分とはいえませんが、研究の環境をコントロールして厳密に調査を行って同様の結果がでる可能性も否定できません。

※オープン試験とは?

臨床試験(治験)を行う際に、被験者がどの治療群に割付けられたか、医師、被験者、スタッフにわかっている試験法。 評価者(医師)が割付けの内容を知ってしまうことで、意識的にあるいは無意識に評価にバイアスが入る可能性がある。 また、被験者が自身への治療内容を知った場合には、試験薬に対する反応が異なる可能性がある。

引用元:オープン試験 - 薬学用語解説 - 日本薬学会

※エビデンスレベルとは?…証拠のレベル。結果にどれだけ信憑性があるかということ。

緊張型頭痛の改善や予防に役立つ青汁の成分

緊張型頭痛は頭蓋の筋肉の収縮によって発作が起こり、つらい肩のこりや首のこりなどが現れます。筋肉の収縮やこりがなぜ起こるのかははっきりとしていませんが、こりに関してはパソコンやスマホの使用などで目の疲労がたまったり、血行がよくないといった要因も考えらます。

筋肉のコリを和らげるのに役立つ青汁の成分をご紹介します。
・ビタミンA(βカロチン)
・ビタミンC
・ビタミンE
・ポリフェノール(ルテインやアントシアニン)
・ビタミンB群
・マグネシウム

ビタミンA、ビタミンC、ビタミンE、ポリフェノールには活性酸素を除去するはたらきがあるだけではありません。ビタミンAは目の機能を正常に保つ働きがありますので、目を酷使する方は特に不足しないように気をつけたい栄養素です。ビタミンCはストレスに対処するためには必ず必要な栄養素で、疲労を回復するのに役立ちます。

また、ビタミンEには血行を良くする作用があり血行が悪くて首や肩のこりがひどい場合には改善が期待できるかもしれません。ポリフェノールのなかでも、ルテインやアントシアニンという種類のものは特に目の機能によいと言われています。

ルテインは紫外線などの強い光線から目を守る役割があり、アントシアニンは光の情報を伝えるロドプシンという物質の再合成を促します。

ビタミンB1やビタミンB6には筋肉に老廃物が溜まるのを防いで筋肉がこるのを予防するはたらきが期待できます。また、ビタミンB12には傷ついた神経の修復作用があり、肩こりや首こりによって痛みを感じるときなどには役立つかもしれません。

マグネシウムには、筋肉の収縮を和らげるはたらきが期待できます。マグネシウムが不足していて体内のマグネシウムイオンとカルシウムイオンのバランスが崩れてしまうと、筋肉の異常が起こったりします。

ちなみに、ミトコンドリアが正常にはたらいていないと、体内でマグネシウムイオンとカルシウムイオンの調節を正しく行うことができなくなることもあるようです。

青汁を飲んだら頭痛になった/悪化した

青汁を飲むようになったら頭痛がするようになったり、反対に悪化したということがあるかもしれません。青汁が頭痛を引き起こすということはほぼないと思うので、他の原因を考えるべきだとは思いますが、どうにも青汁以外思いつかないという場合は、もしかしたら青汁に含まれているポリフェノールのしわざかもしれません。

活性酸素を除去してくれる青汁の成分としてポリフェノールを紹介しましたが、ポリフェノールには血管を拡張する作用もあります。青汁コップ1杯分くらいのポリフェノールで血管が拡張して頭痛を引き起こすことはほとんど考えられないと思いますが、体質や他に摂取した飲食物やサプリメントなどとあいまって血管の拡張や頭痛が引き起こされる可能性もすべての人においてゼロとは言い切れません。

まとめ「青汁を飲めば頭痛薬も通院もいらなくなる?」

頭痛には、大きく分けると一次性頭痛と二次性頭痛という二種類の頭痛がありました。二次性頭痛は命に関わる頭痛ですので、すぐに病院を受診するべき頭痛といえます。

また、一次性頭痛のなかでも群発頭痛は偏頭痛や緊張型頭痛よりも激しい痛みを伴い、薬によって予防をすることが大切になりますのでやはり病院で継続的に経過を診てもらう必要があるでしょう。

偏頭痛や緊張型頭痛に関しても、必ず自己判断せずに医師に診断をしてもらったうえで対策をとるようにすることをおすすめします。鎮痛剤を使うことに抵抗がある方もおられるかもしれませんが、一次性頭痛はストレスによって発作が出ることもあり、頭痛の苦痛によるストレスや、「大事な日に頭痛がきたら…」と不安を抱えるのもよくありません。

頭痛に関して日常生活に支障をきたすほどの心配があるようであれば、素早く痛みを鎮める鎮痛剤や痛みを予防する薬を医師に処方してもらい、まずは痛みの苦痛や不安を和らげることを優先したほうがよいでしょう。

青汁は痛みを鎮める効果があるものではありませんし、予防に関しても少なくとも医師の治療のガイドラインに正式に採用されているようなものではありません。

日々の食生活や生活習慣を改善し、さらに青汁をプラスして栄養バランスを整えることで、栄養不足や栄養バランスの悪さが原因で起こっていた頭痛は解消するかもしれませんが、青汁を飲む「だけ」であたかも体質が改善されて頭痛が根本からなくなるといったような情報を鵜呑みにするとがっかりするかもしれませんね。

このページの先頭へ