青汁に美肌効果・美白効果がある理由

青汁に美肌効果・美白効果がある理由
シミ・くすみは紫外線などによるダメージの蓄積です。
日焼け止めや美白美容液などの美肌コスメなどで肌の外側からアプローチをすることももちろん重要なのですが、ターンオーバーを促すような栄養素、できてしまったシミを薄くしてくれるような美白成分があったらもっと効果的だと思いませんか?

そんな美白・美肌成分がたっぷり含まれているのが青汁なんです!
なぜ青汁に美肌効果があるのか説明します。

しみ・くすみの違い

20代くらいまではあまり気にならないシミ・くすみですが、30代になると「もしかしてコレがシミ??」と思える予備軍のようなものを発見することがあります。
シミとくすみの見分け方はこのような感じです。

●しみ
加齢、紫外線、ニキビなどの肌ダメージによって起こる色素沈着がシミです。特に紫外線はシミの大きな原因になるため、繰り返し日差しにあたる頬などにできやすいです。今まで肌色だったところにぽつんと局所的な黒ずみができていたらまずまちがいなくシミです。

●くすみ
肌の透明感がなくなりツヤや明るさが失われた状態です。シミは局部的にできるものですが、くすみは肌全体がぼんやりと黒っぽくなってきます。
どちらも原因は、紫外線、加齢、ターンオーバーの乱れなど。生活習慣が乱れていたり喫煙する方は30代を待たずにシミが出てくることもあります。

色素沈着はメラニン色素の定着

シミは局所的、くすみは顔全体が黒っぽくなる色素沈着のひとつなのですが、これはどちらもメラニン色素の定着によるものです。

メラニンは肌を守るために作られる物質です。刺激から肌を守る防御のひとつとして作られるのですが、若いうちはターンオーバーによって排出されるため、沈着することはありません。

過剰にできてしまったり加齢によってターンオーバーが乱れることで、シミや黒ずみとなって肌に残ってしまうのです。

美白に効果的な栄養ってあるの?

シミやくすみを作らないためには紫外線になるべく当たらないこと、というのはもう常識ですよね。

あとはビタミンCが有効というお話もよく知られていることと思います。でも、美白に効果的な栄養素はもっとたくさんあるんですよ。

●ビタミンC
メラニンの生成を抑える、肌にシミが定着するのを防ぐ、すでにできてしまったシミを薄くするなどの万能級の美白効果が。
美肌のためには毎日欠かさず摂りたい成分ですが、加熱で壊れやすいので加熱調理が不要なものから摂取しましょう。
柑橘類に多く含まれています。

●ビタミンA
肌の老化を防ぎ活性酸素を除去します。粘膜や肌を保護して免疫力を高める働きもあり、肌荒れを予防します。ほうれん草、ニンジンなどの緑黄色野菜に含まれています。

●ビタミンB群
ビタミンB群は代謝に関わるとても大切な栄養素。代謝は細胞の生まれ変わりで、肌のターンオーバーも代謝のひとつです。
共通した働きを持つビタミンB1、B2、B6、B12、ナイアシン、パントテン酸、葉酸ビオチンをまとめてビタミンB群と呼んでいます。

●ビタミンE
抗酸化作用があるため、肌の衰えを防いでくれます。また、新陳代謝を促しターンオーバーを促進する働きもあります。アーモンドやほうれん草に多く含まれてています。

●食物繊維
食物繊維が肌に直接作用するということではないのですが、食物繊維が不足して便秘になると肌トラブルが起こりやすくなります。便秘による肌荒れは女性なら誰でも経験があるのではないでしょうか。

全身の毛穴は排泄器官のひとつです。便秘によって腸に詰まった老廃物からは毒素が出るのですが、この毒素は血流にのって毛穴から排出されます。すると毛穴に老廃物が詰まって肌荒れやニキビの原因になったり体臭が強くなったりするのです。肌の美しさは腸内環境の美しさと思って、体の中から整えていきましょう!

最近は「飲む美白」も新常識になってきていてサプリも増えていますよね。
美白サプリの有効成分はエラグ酸、L-システインなどですが、こういった成分にビタミンC、ビタミンE、ビタミンB群をプラスすると相乗効果が生まれます。

青汁には美白に有効な栄養素がたっぷり含まれている!

ご紹介した栄養素はもちろん食事から摂ることができるものばかりですが、毎日バランス良く摂取するのはかなり難しく、ビタミンCのように熱で壊れるものもあるため、どうしても慢性的に足りていない成分がでてきてしまいます。

美白に有効なビタミン類は植物にたっぷり含まれているので、足りない分は青汁でカバーしていきましょう。

まず、ご自分や家族に必要なビタミンなどの量をご存じですか?
厚生労働省が定めた「日本人の食事摂取基準(2015 年版)の概要」に各栄養素の目安量などが書かれているのですが、これをより見やすくしたものがグリコ公式サイトにありますのでぜひ1度確認してみて下さい。

厚生労働省 日本人の食事摂取基準(2015 年版)の概要(PDF)

グリコ公式サイト ビタミン 日本人の食事摂取基準(2015年版)より

たとえば、30歳~49歳女性の場合はこうなっています。

★美白に効果的な成分の1日あたりの目安量・推奨量
ビタミンC:100mg
ビタミンA:700μg

ビタミンB1:1.1mg
ビタミンB2:1.2mg
ビタミンB6:1.2mg
ビタミンB12:2.4μg
ナイアシン:12mg
パントテン酸:4mg
葉酸:240μg

ビタミンE:6mg
食物繊維:18g以上

1日ごとの目安量・推奨量になるので大量ではありませんが、いろんな野菜からこれだけを摂り続けるのはやはり難しいと思います。

また、性別・年代によって目安量は変わってくるので、家族にあわせた栄養を考えて毎食ごはんを作り続けるのは料理をつくる方の負担があまりにも大きすぎます。かといって家族の健康は何よりも優先したいですし・・・。

青汁にはビタミン類などの美白成分も食物繊維もたっぷり入っていますし、献立に悩む必要なく不足している栄養を摂取することができます。

青汁で野菜の栄養が補えてくると、肌が変わってくるのがわかると思います。美白サプリをすでに飲んでいる方なら、青汁を追加することでより高い美白効果を期待できますよ!

美白におすすめの青汁は?

青汁が好きな方には王道のケール青汁がいちばんおすすめです!
ケールは特にビタミン類が豊富ですし、黒色メラニンを生成するチロシナーゼの働きを抑えるスルフォラファンも含まれています。食物繊維も十分に摂ることができます。

ただ、ケール100%の青汁は味にクセがあるものも多いので、「いかにも青汁!」という風味が苦手な方にも比較的飲みやすい美白向け青汁をご紹介します。

ファンケル 本搾り青汁ベーシック

ファンケル 本搾り青汁ベーシック

ファンケル製造のケール青汁です。原材料のケールは愛媛県、鹿児島県、長野県の契約農家でミネラル農法で栽培されています。水溶性食物繊維が追加配合されているので、腸内環境を整えつつ美白を行いたい方にも良いですよ。

ワンスティックにみかん5個分のビタミンCが含まれているのに、コップ1杯あたりたったの13kcal!
ビタミンEもピーマン4個分を摂取できます。

ファンケル 本搾り青汁ベーシックはケールが主原料なのですが、味はさっぱりしていてガツンとした苦味がありません。ケールをミネラル農法で栽培することで苦味やえぐみが抑えられて甘みがアップするのだそうです。

10袋入りをたったの780円(しかも送料無料!)で試せるので、ケール青汁初心者さんにいちばんにオススメしたい青汁です!

ホコニコ こだわり酵素青汁

ホコニコ こだわり酵素青汁

ホコニコ こだわり酵素青汁は青汁と生酵素がひとつになった新しい青汁です。
主原料の青汁野菜は、ケール、大麦若葉、明日葉、桑の葉。そこに139種類の植物発酵エキスがプラスされています。
酵素は熱に弱いのですが、ホコニコ こだわり酵素青汁の酵素は過熱されていない生酵素。実感度が違いますよ!

善玉菌のエサになるオリゴ糖を配合してあり、ますます腸に嬉しいのに甘さがあって飲みやすいので、水で溶かすだけでなくシリアルやヨーグルトに混ぜて腸活に役立てて下さい。腸がキレイになると肌もキレイになるというお話は本当のことですよ!

ホコニコ こだわり酵素青汁を定期購入すると初回が1,800円、2回目以降も63%オフの3,200円になります。
青汁と一緒に酵素も摂りたい方、ケールの味が苦手でちょっぴり甘い青汁の方が飲みやすい方に特におすすめです!

ステラの贅沢

ステラの贅沢

ステラの贅沢青汁は、ご覧のとおり粒タイプ!ケールが苦手な方でも味を気にせず飲むことができます。

原材料はケール、クロレラ、長命草のみ。
この3つはどれも濃い緑色をしていて栄養価はとても高いのですが、まさに良薬口に苦しといった感じで味はおいしいとは言えません。
特にクロレラは独特の臭みがあるので、粉末を水に溶かしてたくさん飲むのは青汁が好きな方でも難しいと思います。

ステラの贅沢青汁は、栄養価は抜群に高いんだけど濃くてマズくて飲みにくい究極の選択のような1杯をギュッと粒にした青汁です。なので、マズいという飲む負担問題は解決されているのに、パウダータイプよりも栄養価が高いんです。

保存料や粉末を粒に固めるための材料などは一切使用されていないので、体の中で野菜の栄養そのもののように働きます。栄養を粒にした「濃縮青汁」、それがステラの青汁です。

ステラの贅沢青汁にはモニター特典があり、初回購入時は1袋1か月分が980円、2回目以降も定価の40%オフの2,846円で購入できます。
とにかく初回が安いですし、定期コースはいつでも自由に休止・解約ができるのでデメリットがありません。

究極に飲みやすい粒・サプリタイプの青汁を試してみたい方にいちばんおすすめです。

このページの先頭へ