青汁にヨーグルトを混ぜると相乗効果が!便秘・ダイエットに

青汁にヨーグルトを混ぜると相乗効果がすごい!
青汁とヨーグルトは実はとても相性が良い組み合わせ。おなかにしっかりたまるので食事の置き換えにもなるし、食後やおやつ代わりヘルシーなデザートにもなります。

さらに栄養面でも優れていて、美容にもダイエットにも健康にも嬉しい相乗効果が生まれるんです!

ヨーグルトの美容・健康効果

まずはヨーグルトそのものの美容・健康効果を確認していきましょう。

なんといっても便秘解消効果!

ヨーグルトに含まれている善玉菌には悪玉菌の増殖を抑えたり、腸を刺激して動きを促すなどの働きがあります。またヨーグルトの乳糖はエサとなって善玉菌を増やしてくれます。

ヨーグルトを食べると腸内バランスが改善されて便通が簡単に起こるようになり、便秘も解消されるのです。

腸内環境を整えるためにせっせとヨーグルトや納豆などの発酵食品を食べている方も多いと思いますが、細菌って腸内に何種類くらいあってどれくらい存在していると思います?

腸内細菌の数は500~1000種類もあって、その数はなんと100兆個もあると言われているんです。よく耳にするビフィズス菌や大腸菌もこれら腸内細菌のひとつになります。

腸内細菌は大きく3つに分けられます。腸や人間の体にとって良い働きをしてくれる「善玉菌」、悪い働きをする「悪玉菌」、何もしない「日和見菌」です。

悪玉菌が増えて腸内環境が悪化すると、腸の働きが悪くなって便秘になります。腸内に便がずーっと残っているとますます悪玉菌が増えて便秘が悪化しますし、肌荒れしたり体臭が強くなるなどの症状もでてきます。

腸内細菌の総量は常にほぼ一定なので、悪玉菌が増えると善玉菌が減るというバランスの下に活動を行っています。なので、腸内環境を良くするということは善玉菌を増やす(自動的に悪玉菌が減る)ということになるのです。

ヨーグルトの「腸まで届く乳酸菌」って何?

善玉菌を増やしてくれる頼もしい善玉菌ですが、口から入った乳酸菌は胃酸や胆汁酸などの強酸性の消化液により腸に到達する前にそのほとんどが死滅してしまいます。

「腸まで届く乳酸菌」は、この胃酸や胆汁に負けない耐酸性のある乳酸菌のことで、こういった菌が入っているヨーグルトは「プロバイオティクスヨーグルト」と呼ばれています。

プロバイオティクスはギリシャ語の「健康のために」が語源となったとされていて、わたしたち人間にとって良い働きをする善玉菌のことを指しています。

ただ善玉菌=プロバイオティクスということではありません。プロバイオティクにはいくつかの条件があり、その中のひとつが胃酸や胆汁酸などで消化されずに腸まで届くこととなっています。

乳酸菌は生きていなくても腸内で良い働きをするという見方もあるのですが、プロバイオティクスヨーグルトは一般的な食品なので、お薬のような副作用もありませんし、プロバイオティクスだからといって目玉が飛び出るほど価格が高いということもありません。

ヨーグルトを選ぶときは
・腸まで届く乳酸菌
・生きたまま腸に届く
・プロバイオティクスヨーグルト

などと書かれているものを選ぶと効果を期待できます。

ダイエット効果

ヨーグルトの便秘解消効果によって詰まっていたものがスルンと出ると必然的に体重も減りますが、ヨーグルトのダイエット効果は別のところにあります。

便秘は体にとって不要なものが腸に詰まっている状態ですが、このままにしておくと要らない成分の吸収が進み、代謝などの生命活動に必要な栄養の吸収が悪くなります。脂肪まで吸収されてしまい、代謝が悪い太りやすい体になってしまうんです。

ヨーグルトには、便と一緒に不要なものや老廃物をスッキリ出してくれるという効果もあります。便は溜めていてもひとつも良いことはありません。便通を毎日きちんと出るように整えるだけだけでも代謝の良い痩せやすい体になりますよ。

また、ヨーグルトにもたっぷり含まれているカルシウムは、脂肪の吸収を妨害することがわかっています。

ヨーグルトにもカロリーがあるので摂取量には気を付ける必要がありますが、ダイエット効果の高い食べ物と言えますね。

ガセリ菌には脂肪を減らす働きが!

雪印メグミルク株式会社の研究で、カルシウムではなくプロバイオティクスそのものが内臓脂肪を減らしたという実験結果があります。

プロバイオティクスヨーグルトに含まれているガセリ菌SP株を食べたグループと食べなかったグループの内臓脂肪と皮下脂肪を比較したところ、食べた方の数値がそれぞれ減っていることが認められたのだそうです。

<参考:乳酸菌による「内臓脂肪蓄積抑制」効果と「免疫調節」効果

実はビタミンB2が豊富なヨーグルト

日本人に不足しがちと言われているビタミンは、ビタミンA、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンCなのですが、ヨーグルトにはこの3つのうちビタミンC以外の3種類が含まれているんです。

ヨーグルトのダイエット効果で特に注目したいのがビタミンB2です。ビタミンB2は糖質や脂質をエネルギーに変換する代謝に必要なビタミンです。
不足しがちなビタミンB2をしっかり摂取すると食べたものがエネルギーに変わりやすくなり肥満の予防になります。

ヨーグルトには便秘解消以外にも素晴らしいダイエット効果があるということですね!

美肌効果

ビタミンB2の働きが深く関与している「代謝」のひとつが肌のターンオーバーです。ターンオーバーは約28日周期の肌の生まれ変わりで、皮膚の下でどんどん生まれる新しい肌に古い角質が押し出されるような形で進んでいき、最後には垢となってはがれ落ちる形で繰り返されています。

ターンオーバーは年齢によって周期が長くなってきますが、規則正しく行われると肌トラブルが起こっても早く解消されます。

また、ヨーグルトの上に浮かんでいる水分のホエーにも素晴らしい美肌効果があります。あの水分の中には腸の善玉菌を増やす乳酸菌、カルシウム、肌を作る材料になるアミノ酸などがたっぷり含まれているんです。

また、免疫機能を上げる、抗菌抗炎症作用がある、内臓脂肪の蓄積を防ぐ「ラクトフェリン」というたんぱく質が大量に含まれていることもわかっています。
肌荒れを抑えたり、強力な抗酸化作用によるアンチエイジング効果も期待できるんですよ。

水切りヨーグルトもとってもおいしいんですけど、ぜひホエーも食べてくださいね!

カルシウム補給にも

ヨーグルトのカルシウムは、乳酸菌と結合した「乳酸カルシウム」の形で存在しています。

牛乳のカルシウム吸収率は40%程度ですが、乳酸カルシウムには水に溶けやすく体にも吸収されやすいという特徴があるため、牛乳を飲むよりも吸収率が良くなります。

カルシウムが不足すると、

・イライラしやすくなる
・歯や骨が弱くなる
・子供の成長、発育が悪くなる
・骨粗しょう症のリスクが上がる
・動脈硬化の原因になる

などの影響がでてきます。
そしてカルシウムはさきほどご紹介したようにダイエットにも関与しているので、ヨーグルト+青汁でしっかり補っていきましょう。

大腸は免疫力にも影響している

免疫細胞の70~80%は腸内に存在していて、腸内に善玉菌が多いと免疫力が上がります。

そもそも免疫が何かというと、「細菌やウイルスなどの体の外から入ってくる異物を排除する機能」のことを言います。

風邪のウイルスもそうです。免疫力が高い人は風邪をひきにくいですし、免疫力が低い人はしょっちゅう風邪をひいたり、ものもらいや口唇ヘルペスなどの免疫力が落ちたときに発症する症状にもなりやすくなります。

がん細胞から守ってくれるのも免疫の働きです。
免疫は大きく2つの機能に分けられます。ひとつは初めて体内に入ってきた細菌などに素早く反応する「自然免疫」、もうひとつは1度入ってきた細菌を記憶しておいて2回目以降にやっつける「獲得免疫」です。

テレビのがん特集などでよく目にする「ナチュラルキラー細胞(NK細胞)」は自然免疫に該当するのですが、NK細胞の働きは20歳頃が活性のピークで、あとは落ちていく一方なんです。

年齢以外にも激しい運動でも落ちますし、ストレスでも落ちてしまいます。日中での変動もあって朝は強く働き夜には落ちます。

また、真夏と真冬には落ちて、生活が不規則だと落ちるのですが、日勤・夜勤などの不規則な生活が規則的になるとガクンと落ちることはありません。

なんじゃそりゃって感じの変化ですが、このNK細胞を活性させるために有効なのが乳酸菌なんです。

ヨーグルトを食べておなかの調子が整うだけで、がんにもなりにくくなるとしたら、こんなにお手軽な健康方法はないと思いませんか?

ヨーグルトと青汁の相乗効果

ここまではヨーグルトの健康・美容効果をみてきました。ヨーグルトの効果を体で実感している方も多いと思いますが、改めてみると素晴らしいですね。
こんなにすごい働きをしてくれるなら青汁と混ぜる必要もないように感じますが、どんな相乗効果があるのでしょうか。

ヨーグルトには食物繊維が含まれていない

野菜の栄養が凝縮されている青汁には食物繊維がたっぷり含まれています。一方、生乳の発酵物であるヨーグルトには食物繊維が全く含まれていません。

食物繊維には「水溶性食物繊維」と「不溶性食物繊維」の2種類があります。
水溶性食物繊維は水分を吸うとドロドロになり、便のかさと水分量を増やして排泄しやすくしてくれます。

また、糖の吸収を穏やかにして血糖値の急上昇を防ぐ、高血圧を予防してくれるなどの働きもあります。

トクホの青汁によく配合されている「難消化性デキストリン」はこの水溶性食物繊維の塊になります。

不溶性食物繊維が水分を吸ってふくらむと、腸壁を刺激して排便を促します。食べ物のカスを包み込んで速やかに外に出してくれます。腸内をスッキリ整えてくれるということですね。

不溶性食物繊維は主に植物の細胞壁を作っている物質からできているので、青汁にたっぷり含まれています。

ヨーグルトの乳酸菌で腸内の善玉菌を増やし、青汁の食物繊維を摂取することで、さらに腸内環境が整います。

手軽に腸内環境を整えられる

腸内細菌とわたしたちは一生のお付き合いが必要です。難しいことですが腸内が毎日安定していないと便秘と下痢を繰り返したり、免疫力が落ちてしまいます。

腸内環境を整えるには善玉菌を増やすことが非常に大切なのですが、青汁の食物繊維はこの善玉菌のエサになります。ヨーグルトも善玉菌の元になるので、この2つを一緒に食べるのはとても手軽に腸内環境を整える食養法ということになります。

ダイエット効果もアップする!

青汁もヨーグルトと同じく単体でもダイエット効果が高い食品です。
豊富な食物繊維は腸の運動を刺激して排便を起こりやすしてくれますし、難消化性デキストリンには血糖値の急上昇予防、肥満予防効果もあります。

体内に過剰に溜まってしまったナトリウムと水分を排出してむくみを改善するカリウムも、代謝を促進するビタミンB2も含まれています。
抗酸化作用のあるとビタミン群、美肌作り・コラーゲン生成を促すビタミンCなども含まれています。

お互いに優れた効果のある食品なので、ヨーグルトと青汁を混ぜることで健康効果、ダイエット効果、美容効果がパワーアップするのはまったく不思議なことではありません。

免疫力を上げたりデトックスで体を内側から整えながら痩せたい方には本当におすすめの組み合わせです。

青汁ヨーグルト。栄養は壊れないの?

食品の中には組み合わせによって栄養が壊れてしまうものもありますが、ヨーグルトと青汁にはその心配は要りません。むしろお互いに無い栄養素が一緒になることによる相乗効果が生まれます。

青汁ヨーグルトを食べるタイミングは?

どちらも食品なので特に決まった時間はありませんが、ヨーグルトの乳酸菌は胃酸に弱いため、胃酸がでやすい空腹時よりも食後がおすすめ。

乳酸菌を活かしやすくなりますし、ダイエット中のデザートに食べても罪悪感がないというとっても大きなメリットもあります!

ひとつだけ気を付けたいのがヨーグルトのカロリーです。
プレーンヨーグルトの場合100gあたり60kcal程度なので、ヨーグルトそのものは高カロリーではありませんが、お砂糖をたっぷり入れるとカロリーは跳ね上がります。

脂肪が気になるなら脂肪ゼロヨーグルトを選ぶとさらにダイエットの味方になります。

青汁ヨーグルトを続けるポイント

青汁ヨーグルトは食後のデザートとして食べるのがいちばんおすすめなので、あまり難しいことは考えずに好きな青汁で試していただければ良いのでポイントだけいくつかご紹介します。

分量はヨーグルト100gに青汁1袋が目安

ヨーグルトは無糖のプレーンヨーグルトを使って、青汁は1食あたりワンスティックを目安にして下さい。加糖ヨーグルトはカロリーも高いですし、ヨーグルトに味がついていると青汁の風味と合わないことがあります。

ヨーグルトの分量は健康維持が目的なら1日100g、便秘を解消したいなら200gを目安にします。体調と相談しながら増減してくださいね。

青汁はヨーグルト100gあたり1袋(3~5g程度)がちょうど良いです。お皿にヨーグルトをだして粉末を直接かけたりまぜまぜして召し上がって下さい。
ヨーグルトに青汁パウダーをまぜてすぐだと少し粉っぽさが気になることがあるので、しっとりした青汁ヨーグルトがお好みの方は2~3分置いておくと良いですよ。

青汁の原料はなんでも良いの?

便秘解消効果を狙うなら難消化性デキストリン入りが良いですが、配合されている青汁野菜によってはヨーグルトが食べにくくなってしまうので、味の相性を優先した方が続けやすいと思います。

避けた方が良い原料はケールボタンボウフウ(長命草)明日葉、クロレラなどのクセが強い青汁野菜です。
ブレンドしてあれば問題ないですが、「資生堂 長命草の青汁」などはクセの強い長命草100%で作られています。

クセの強い野菜よりも大麦若葉が多く含まれていれば食べやすくなるので、原材料は必ずチェックして下さいね。

プレーンヨーグルトの酸味が苦手な方はオリゴ糖などのおなかに嬉しい甘さが加えられている青汁を選びましょう。
ヨーグルトが甘くなってよりおいしくなりますよ。

ヨーグルトにあう青汁はこれ!

ヨーグルトと相性ピッタリの青汁をご紹介します。気になったものでぜひ青汁ヨーグルトを試してみて下さいね。

サントリー 極の青汁

サントリー 極の青汁にヨーグルトを混ぜる

サントリー 極の青汁は、栄養、おいしさともにとても評価の高い青汁です。
お味は愛知県産の煎茶と宇治抹茶をブレンドしてある深いお茶の味わいです。飲料メーカーのサントリーの青汁なので、お茶に親しんでいるわたしたちが「おいしい!」と感じるような風味に仕上がっています。

フラクトオリゴ糖配合でほんのちょっと甘さがあるので風味の面でもヨーグルトとの相性も良いですよ。またフラクトオリゴ糖は善玉菌のエサになるのでヨーグルトの乳酸菌の働きをより良くします。

抗酸化作用が高く吸収されやすい野菜ポリフェノールの「ケルセチンプラス」も配合されています。ケルセチンにはコレステロール値を下げる、血流を改善するなどの効果があります。
極の青汁は食べやすさと相乗効果を兼ね備えたとてもおすすめできる青汁です。

フレッシュフルーツ青汁

フレッシュフルーツ青汁にヨーグルトを混ぜる

フレッシュフルーツ青汁は、大麦若葉などの青汁野菜にフルーツと野菜発酵エキス(酵素)がたっぷり配合してある青汁です。
ヨーグルトととても相性の良いフルーツテイストなので、味のおいしさはまちがいなし!

フルーツ青汁はたくさん種類がありますが、フレッシュフルーツ青汁は酵素が生きているところがおすすめポイント。

酵素は熱に弱いので、品質保持のための加熱殺菌すると死活してしまうのですが、フレッシュフルーツ青汁は特許製法で品質を保ってあるので、生きたままの酵素が詰まっているんです。

さらに生きたまま腸まで届く乳酸菌が100億個も入っていますし、おいしさ・栄養ともにぜひヨーグルトと一緒に食べたい青汁です。

GREEN MILK(グリーンミルク)

GREEN MILK(グリーンミルク)にヨーグルトを混ぜる

GREEN MILKは保育園でも採用されている青汁です。子供でも飲みやすいやや甘めのお味なので、プレーンヨーグルトの酸味が苦手な方にピッタリです。

主原料は香ばしい風味が特徴の大麦若葉です。大麦若葉はおいしいだけでなくSOD酵素という活性酸素を分解する作用のある抗酸化成分を大量に含んでいます。免疫力を上げたい方はぜひ注目したい成分ですよ。

またグリーンミルク1袋に650mgのカルシウムが配合されているので、特にカルシウム不足が気になる方にオススメです。
カルシウムは骨や歯の形成以外にも脂肪の吸収を邪魔する働きがあります。

日本人は慢性的にカルシウムが足りていないので、GREEN MILK+ヨーグルトで、親子でおいしく補っていきましょう。

大正製薬 大正ヘルスマネージ大麦若葉青汁

大正ヘルスマネージ大麦若葉青汁にヨーグルトを混ぜる

大正製薬の大正ヘルスマネージ大麦若葉青汁は、糖の吸収を穏やかにするトクホの青汁です。1袋に水溶性食物繊維の難消化性デキストリンが5.1g配合されているので、野菜不足の方に最適ですし、もちろん食後の血糖値が気になる方にもおすすめです。

ヨーグルトの乳酸菌と大正ヘルスマネージ大麦若葉青汁の食物繊維の相乗効果で、腸内環境、ダイエット、美容面など様々な効果を期待できますよ。

主原料は大麦若葉です。大麦若葉は代謝に関わっているビタミンB2も豊富で、アスパラガスの9.5倍もの量になります。

公式サイトからの購入なら初回は1,000円になるので、難消化性デキストリン配合のトクホ青汁のお試しにもピッタリです。

青汁ヨーグルトを食べてみました!

便秘になる原因は食生活の偏りや、ストレス・運動不足などで腸の動きが鈍くなるなどいろいろありますが、これらは生活習慣からくるものです。
しかし、自分ではどうにもしづらいことが原因で急な便秘になってしまうこともあります。そのひとつが薬の副作用です。

これはわたしの経験談なのですが、わりと最近、病院の処方薬の副作用で便秘になってしまったんです。青汁は毎日飲んでいて、それまではほぼ毎日排便があったので、いざ便秘になったことでとても慌ててしまいました。

処方薬を飲まないわけにはいかないし、便秘薬にも頼りたくない。でもおなかがパンパンに張って気持ち悪いし、気持ちばかりが焦る一方です。
いざ自分が便秘になってみると即効性のある対策がわからなくて本当に困ったし焦りました。

青汁マイスターなのに便秘になるなんて情けない・・・と思いましたが、副作用には勝てません。でもこれは青汁とヨーグルトの便秘解消効果を知る良い機会でもあります。

便秘になって4日目。青汁の量をいつもより増やして今まで気が向いたときにしか食べていなかったヨーグルトも食べてみることにしました。
実際に食べ続けた青汁ヨーグルト
これが実際に食べ続けた青汁ヨーグルトです。使った青汁は「めっちゃぜいたくフルーツ青汁」です。

本当は難消化性デキストリン配合の青汁が良かったのですが、おうちにストックがなかったことと1分でも早く試したかったので、フルーツ風味の青汁にしてみました。

aojiru_yogurt_review2
このお皿1杯でヨーグルト100g+めっちゃぜいたくフルーツ青汁1袋です。
パウダーとヨーグルトをしっかりまぜてみました。ところどころヨーグルトのつぶつぶが見えますが口当たりが気になるほどではありませんでした。

めっちゃぜいたくフルーツ青汁+ヨーグルトの香りはなかりフルーティです。といってもフルーツガムみたいな強烈な香料の香りではなく、穏やかなフルーツミックスの香りで、早く食べてみたいと思わせてくれる良い匂いです。
青汁の青々した匂いは全くありません。

お味は文句なしのおいしさ!便秘解消のために食べていることを忘れて一気に食べてしまったくらいおいしかったです。

ヨーグルト+フルーツ風味なのでおいしくないはずがないですし、これならこれから継続して食べられます。

ヨーグルト100g+青汁1袋を1日3回食事の後に食べました。1日にヨーグルト300gは多すぎるかな?とも思いましたが、4日も出ていない状況をとにかくなんとかしたくてこれを続けてみることにしました。

青汁ヨーグルト1日目

青汁+ヨーグルトを始めたその日に少し腸がグルルと動く感覚があり、トイレにこもったりしましたが排便はありません。

ネットで見かけた便秘解消マッサージ、うつぶせ寝、つま先立ちを試しましたが出る気配はありません。

でも腸が動いているのか、排便はないのにガスがたくさん出ました。
汚い話で申し訳ないのですが便秘中のガスなので本当に臭うんです。自分からこんな臭いがするなんて耐えがたいです・・・。

青汁ヨーグルト2日目

お昼過ぎにまた腸が動く感じがあり、トイレで少し粘ってみたらほんの少しだけスッキリ。でもまだまだ腸に残っている感じがあるのにそれ以上は出ません。青汁ヨーグルトを続けてみます。

青汁ヨーグルト3日目

3日目。ついに溜まっていたものドサッと出てくれました!文字通りドサッという感じで、堰を切ったように次々と出たんです!

まる1日中トイレに行くたびに大きい方が出るという感じで、出すたびにパンパンに張っていた下腹がヒュ~っとへこんで体重も軽くなりました。

もうかなりおなかはスッキリでしたが、薬の服用を続けていたので念のため青汁ヨーグルトも続けることにしました。

青汁ヨーグルト4日目

ヨーグルトは1日200g、青汁も2袋に減らしました。
結果は快調!いつもの7割くらいの出方でしたが、青汁ヨーグルトを始める前とは全く違いました。

毎日出ていたものが出なくなるとこんなに辛いのか・・・と改めて便秘の大変さを思い知りました。

薬の副作用による便秘は珍しい症状ではない

青汁ヨーグルト効果と処方薬の服用が終わったことで今は以前と同じくらい毎日スッキリ出るようになりましたが、薬の副作用による便秘は「薬剤性便秘」と言われていて、まったく珍しい症状ではないのだそうです。

咳止めなどでも薬剤性便秘になることがあるのですが、長期間飲む薬に便秘の副作用があったらこれは本当に辛いことと思います。そんな薬があるのかどうか調べてみたところ、ピル(経口避妊薬)を飲み始めたことで便秘になった女性がとても多いことがわかりました。

ピルは妊娠を望まない期間中ずーっと飲み続けるものなので、慢性的な便秘だからといって便秘薬を常用してしまうと徐々に効かなくなることも考えられます。

また、便秘がピルの副作用ならピルを飲んでいる限り便秘が続くということなので便秘薬が習慣化してしまう可能性もあります。

便秘薬が絶対にダメということではないのですが、体の負担を減らすためにもまずは食生活で頑張ってみるべき。

青汁+ヨーグルトは、栄養的に見ても便通改善効果がありますし、便秘薬と違っておなかが痛くなるなどの副作用がありません。

青汁もヨーグルトもスーパーで簡単に購入できるものなので、本当にツラくなる前にぜひ試してみて下さい。

便秘の解消には、青汁とヨーグルトだけでなく味噌、キムチなどの発酵食品からも乳酸菌を摂って、軽い運動で腸の動きを促すのもとても良い方法ですよ。

このページの先頭へ