青汁に含まれるカリウムの効果

青汁に含まれるカリウムの効果
カリウムはむくみの改善に良いと言われている栄養素ですが、働きや効果を詳しく知ると、生命維持に欠かせないものっすごく重要な栄養素ということがよくわかると思います。

青汁にもたっぷり含まれているカリウムの効果を知って、美容と健康に役立てましょう。

カリウムってなんだろう?

わたしたちの体の中にあるカリウムは、そのほとんどが細胞内液にあります。ミネラルの一種ですが、食事から摂取したカリウムはその90%が尿から排出されてしまいます。

カリウムの働きと効果

カリウムは同じくミネラルのひとつであるナトリウムとバランスを取りながら血圧を調整したり、細胞を正常な状態に保つなどの働きを行っています。

ナトリウム(塩分)の摂りすぎは高血圧の原因になりますが、カリウムには過剰に摂取したナトリウムを排出して血圧を下げる作用があります。この働きもカリウムの水分調整によるものです。

カリウムの具体的な健康効果をもう少し詳しく見ていきましょう。

むくみの改善にカリウム

カリウムの美容・健康効果として最もよく知られているのはむくみに効くということ。

むくみの原因のひとつが塩分の摂りすぎです。塩分を摂るとカリウムとナトリウムの濃度の調節のために体が水分を貯えようとします。そして水を取り込んだ細胞が水風船のようにふくらんでむくみが発生するんです。

カリウムにはこの細胞内の水分を調節して尿として排出する働きがあるので、むくみ解消につながります。

高血圧予防にカリウム

塩分を過剰摂取すると体内の塩分濃度を調節するために体が自動的に水分をため込むとお伝えしましたが、この調整はむくみだけでなく高血圧にも関わってきます。

水分の排出は尿や汗で行われるのですが、塩分を摂りすぎると水分をため込むためにこういった排出行為も抑えられてしまいます。

また、水分は細胞の中だけでなく血液中にも保存されます。そうなると血液に水分量が増えて血管を流れる血液の量が大量になってしまって、血管にもポンプの役割を行っている心臓にも大きな負担がかかります。この状態が高血圧です。

カリウムを摂取すると不要な水分とナトリウムを排出できるので、高血圧の予防につながります。塩分の摂りすぎは良くないと言われていますが、本当に怖いことなのですね。

筋肉の収縮を助けるカリウム

カリウムとナトリウムは筋肉の収縮にも大きく関与しています。カリウムが足りなくなると筋肉がギュッと収縮しなくなってけいれんを起こしたり、パワーが出なくなってしまいます。

カリウムは汗でも排出されてしまうので、激しい運動や長時間の運動を行うときにはカリウムなどのミネラルの入った飲み物を摂ることも検討してみましょう。
大量の汗をかく夏の時期もカリウム不足に注意。夏バテの原因になります。

カリウムとナトリウムの関係をもっと詳しく

薄い細胞膜を挟んでカリウムは細胞の内側から、ナトリウムは外側から細胞の浸透圧をコントロールしています。
この2つは協力関係にあるため、バランスが崩れると濃度の高い方に液体が流れてしまい、体調不良が起こることになります。

ちなみにナトリウムは食塩、みそ、しょうゆなどに含まれているので不足することはまずありません。むしろ過剰摂取の方が心配なくらいです。

カリウムの目安摂取量は?

カリウムの1日の目安摂取量は成人男子で2500mg、成人女性で2000mgになりますが、目安摂取量以上に多めにとった方が良い方もいらっしゃいます。

●塩分の摂取が多い方
塩分を摂りすぎると体内のカリウムが相対的に減って、バランスが壊れてしまいます。
まずは塩分を減らすことが先ですが、カリウムも多めに摂るようにしましょう。

●尿・汗が多い方
カリウムはその大部分が尿として排出されますが、汗としても出ていきます。
もともと汗をかきやすい方、汗をかく季節などは意識して摂取しましょう。

デスクワークで汗をかきにくい方も、コーヒーやお酒などの利尿作用が強い飲み物を多く飲む場合はカリウム不足に気を付けて。

カリウムの1日の目標量は成人男性で3000mg以上、成人女性で2600mg以上になります。
まずは目安摂取量を目指してみましょう。

カリウムの摂りすぎには注意が必要?

1日3食、食品から摂取する程度の量なら特に気にする必要はありませんが、腎機能、肝機能などの働きが弱っている方は、カリウム濃度が上がる「高カリウム血症」を引き起こすことがあるので、摂取量が制限されることがあります。
気になる場合はかかりつけ医にご相談下さい。

カリウムはどんな食品に含まれているの?

カリウムは多くの食品に含まれているので、3食をきちんと食べている方であればカリウム不足の心配はあまり必要ありません。

野菜ならほうれん草ケール、たけのこなどに多く含まれているのですが、茹でるなどの調理によって失われてしまうこともあります。
他にもさつまいも、大豆、肉類、魚類、バナナ、アボカドなどにも含まれています。

肉類はどうしても調理の過程で塩分が多くなりがちなので、カリウムを強化するなら野菜の摂取量を増やすのがいちばんです。

多くの食品に含まれているカリウムですが、加工によって損失しやすい栄養素でもあります。3食食べていてもコンビニ食や加工食品の摂取が多い方も不足している可能性があります。

野菜不足の方は青汁でおぎなおう!

青汁はカリウムを簡単に補える食品です。
毎回の食事に野菜をひと皿追加するのはかなり大変なことですが、青汁なら粉末を水に溶かして飲むだけなので、面倒なことがありません。

また、野菜が不足している方はカリウム以外の栄養も足りていないことがあります。青汁は野菜の栄養そのものなので、カリウム以外のミネラルもとれますし、同じく尿や汗ででていってしまうビタミンCなども摂取できます。

野菜やお肉・お魚と違って、塩分で味をつける必要がないので、塩分摂取量が増えないのも青汁の良いところです。サラダのドレッシングも意外と塩分、カロリーは多いんですよ!

カリウムの摂取におすすめな青汁をご紹介します。

ヤクルトヘルスフーズ まろやかケール

ヤクルトヘルスフーズ まろやかケール
まろやかケールはヤクルトの青汁です。主原料は大分県で無農薬栽培されたケールで、1杯で220~496mgものカリウムを摂取できます。
このカリウム含有量は青汁の中でもものすごく多いですよ!

まろやかケールという名称ですが、風味は青々としたほうれん草という感じなので、正直なところ味が苦手な方もいらっしゃると思います。
とにかくカリウム含有量が多くその他の栄養も豊富なのでご紹介しましたが、苦い青汁が苦手な方は飲めないかもしれません。ケールの青汁の風味が好きな方に試してみていただきたい青汁です。

サンスター 粉末青汁

サンスター 粉末青汁
サンスターの粉末青汁は原材料がブロッコリー、ケール、大麦若葉、明日葉、モロヘイヤだけ。国産野菜100%の青汁です。

1袋の内容量が10gとたっぷり。カリウムは1袋あたり250mg含まれています。

内容量も多いですし、まさに野菜の粉末という感じの青汁なので、シェーカーがないと混ぜるのがキツいのですが、公式サイトから購入すると電動クリーマーのプレゼントがあるのでお得です。

原材料の産地もしっかり分かりますし完全無添加なので、品質にこだわりたい方にも自信を持っておすすめできる青汁です。

キューサイ はちみつ青汁

キューサイ はちみつ青汁
キューサイはちみつ青汁は、青汁ブランドでおなじみのキューサイと山田養蜂場がタッグを組んで、ケールの栄養にはちみつの風味と栄養をプラスして作られています。1杯で123mgのカリウムを摂取できます。

甘さがあるので飲みやすさにも定評がありますし、牛乳に溶かして飲むと主原料のケールの味がほぼなくなってさらにおいしくなりますよ。

キューサイはちみつ青汁の1日の目安量は2袋になります。
1袋で野菜の栄養70gを補うことができるので、合計140gも補給できることになります。カリウムは合計246mgですね。
野菜の摂取量が慢性的に足りていない方(1日350g以下の方)と、おいしく飲めるケールの青汁をお探しの方にとてもおすすめの青汁です。

山本漢方 大麦若葉粉末100%

山本漢方 大麦若葉粉末100%
山本漢方さんの青汁はドラッグストアで手軽に買えますし価格が安いので、家族で続けやすい青汁のひとつです。
1袋で96mgのカリウムが摂取できますし、その他の栄養もとてもくわしくパッケージに記載がありますよ。

この1箱の価格は、安いお店で1,100円でした。44袋入っているので、コップ1杯あたりの価格は25円になります。激安ですよね~!
原材料は無農薬栽培の大麦若葉だけです。

山本漢方の青汁は、シンプルでお安い製品が多くて家計にはとても助かるのですが、原材料の大麦若葉の産地は中国になります。
中国といってもわたしたちがパッと想像してしまうようなところではなく、自然豊かというか、むしろ過酷なところです。
富士山の5合目くらいにあたる標高1500~1800mの高知にある広大な契約農場で無農薬栽培されているんです。

収穫された大麦若葉は日本国内の自社工場で加工します。残留農薬チェック等も外部機関で行われています。
安全・安心への取り組みは公式サイトに詳しく記載があるので、まずは確認をしてみて産地に納得できたらすごくお得な青汁だと思います!

参考:山本漢方製薬会部式会社 大麦若葉が誕生するまで

カリウムは高血圧とむくみの予防にとても重要な栄養素です。フルーツにもたっぷり含まれているので、おやつをドライフルーツに変えたりバナナを食べるだけでもカリウム摂取になりますよ。

このページの先頭へ