青汁の豆知識

青汁には体臭を改善・予防する効果がある?

青汁には体臭を改善・予防する効果がある?
毎日お風呂で丁寧に体を洗っているのに体臭が気になる場合は、内臓や腸など体の内側に原因があるのかもしれません。

ボディソープを変えてみたり、ブレスケアグッズも一時的には有効ですが、青汁で臭わない体を目指しませんか?体臭の原因と青汁の消臭効果をご紹介します!

体臭の原因

体臭は汗などの分泌物からにおってくるようなイメージですが、体の中が原因で発生する匂いもあるようですよ。

腸内環境

腸内環境が悪くなると便秘もひどくなってしまいます。すると便が腸内で発酵して悪臭を放ち、口臭や体臭となって口や毛穴からイヤな匂いが発生します。

口臭はニンニクやアルコールなど口にしたものが原因で発生することもあるのですが、腸内環境の悪化から口臭に繋がることもあります。

便が溜まって腸内で腐敗を始めると、腸壁から吸収された匂いが血中に流れ出し、肺から呼気として排出されます。こうなると口から便のような匂いが発生してしまいます。

皮脂の酸化や雑菌の繁殖

皮脂は皮脂腺から分泌される油のような成分です。肌を乾燥から守るなどの働きもあるのですが、肌の上で長時間放置しておくと酸化が始まり油っぽいにおいを出し始めます。

肉食が多い男性やお酒が大好きな方の体臭がキツいと感じたことはありませんか?分泌物は口にするものの影響も大きいので、食生活が乱れていると体臭も強くなってしまいます。

また、かいた汗をそのままにしておくことで繁殖する雑菌もにおいの原因です。汗そのものにはそこまで強い匂いはないのですが、雑菌が大量に増えてしまうと臭いを発します。

汗や皮脂は洗い流すことで落とせますが、日中も分泌物をこまめに拭きとるなどのにおい対策を行いましょう。

内臓が弱っている

臓器の働きが弱くなっていると体臭がくさくなってしまうことがあります。
内臓で発生したにおいは、便秘のときと同じく腸から吸収されて血流によって毛穴から排出されるので、体臭そのものが変わってしまうのです。
自分の体臭が強くなった、変わったと感じる場合は、内臓が弱っているのかもしれませんよ。

青汁の体臭改善・予防効果

コップ1杯の青汁で体臭が変わるの?という感じですが、青汁には腸内環境の働きを改善する成分や皮脂の酸化を防ぐ抗酸化作用がある栄養素などが含まれています。
青汁が体臭の改善と予防になる理由を確認していきましょう。

青汁の食物繊維で腸内環境改善

青汁には食物繊維がたっぷり含まれています。食物繊維が大腸内で分解・発酵すると善玉菌であるビフィズス菌などが増えて腸内環境が良くなります。

腸内の善玉菌が増えると匂いの原因になるガスや毒素を減らすこともできます。
整腸効果も生まれ便秘改善も期待できるので、便の腐敗による口臭・体臭を防ぐこともできます。

クロロフィルによる消臭&便秘改善効果

クロロフィルは植物や藻類などに含まれている緑色の色素で葉緑素とも呼ばれています。光合成に必要な物質として知られていますが、人間にとっては殺菌作用や消臭作用があることから消臭対策グッズにもよく使用されています。

また腸内の悪玉菌や匂いの元になる老廃物などはクロロフィルに吸着されて便となって排出されます。
腸内をキレイにしながら消臭効果も発揮してくれる青汁のクロロフィルも優れたにおい対策成分です。

乳酸菌で善玉菌を増やす

乳酸菌はヨーグルトや発酵食品に多く含まれているイメージですが、青汁からも摂取することができます。乳酸菌が強化してある青汁もあるんですよ。

乳酸菌はみんなが知っているとおり、腸内環境を整えて便秘体質を改善するためにとても有効な成分です。
整腸効果を高めるなら乳酸菌配合の青汁がおすすめです。

青汁の抗酸化作用で酸化を防ぐ

大麦若葉や明日葉に含まれているSOD酵素には優れた抗酸化作用があり、クロロフィルと一緒にわたしたちを酸化から守ってくれます。細胞を活性する働きもあるんですよ。

加齢臭を含む皮膚のにおいは加齢によって抗酸化力が落ちることも発生する原因と考えられています。

加齢臭はバルミトオレイン酸という脂肪酸の酸化によってノネナールという成分が生まれることから発生します。

体が酸化することで加齢臭が発生するということは、抗酸化作用のある栄養を積極的に取り入れると加齢臭の対策になるということ。

ビタミンC、ビタミンE、βカロテンなども抗酸化作用の高い栄養素ですが、これらも青汁から摂取することができます。

このページの先頭へ