青汁の豆知識

青汁でポリフェノールが摂取できる?

青汁でポリフェノールが摂取できる?どんな効果がある?

ポリフェノールとは

「赤ワインにはポリフェノールが豊富に含まれているからカラダに良い」といったことをきいたことがあるかもしれません。

ポリフェノール=カラダにいいということは知っていても、ポリフェノールとは一体何なのか、どのようにカラダにいいのかを知っている方は少ないのではないでしょうか?
実は青汁にもポリフェノールが豊富に含まれています。

青汁でポリフェノールが摂れたらいいなと漠然と思っている方も、ポリフェノールについて詳しく知ればより自分に合った青汁を選ぶことができるかもしれませんよ。

ポリフェノールは何種類もある!

ポリフェノールという栄養素があると思っていた方も多いのではないでしょうか。
じつは、ポリフェノールというのは栄養素のジャンルのようなものなのです。
ミネラルというジャンルの中に、カルシウムや亜鉛…などの栄養素があるようなイメージです。

ポリフェノールは約5000種類以上あるといわれています。
この5000種類以上あるポリフェノールのなかの数種類が青汁にも含まれており、その働きはポリフェノールの種類によって異なります。

ポリフェノールにはどんな種類があるの?

5000種類以上あるポリフェノールですが、みなさんが聞いたことのある名前も意外と多いものです。
例えば、ブルーベリーや赤ワインに含まれていて目によいと注目されている「アントシアニン」もポリフェノールの一種です。

他には、殺菌や消臭作用に優れており緑茶に多く含まれる「カテキン」、大豆などに含まれ女性ホルモンのバランスを整えるといわれている「イソフラボン」、玉ねぎに含まれており動脈硬化予防によいといわれている「ケルセチン」、同じく動脈硬化によいといわれココアやチョコレートに含まれている「カカオポリフェノール」などがあります。
どれも一度は耳にしたことがある名前ではないでしょうか。

これらは全てポリフェノールなのです。こうしてみると、ポリフェノールが意外と身近に感じませんか?

ちなみに、意外かもしれませんがアントシアニンは青汁の成分にもなる桑の葉にも含まれています。

ポリフェノールの共通点は抗酸化作用

ポリフェノールはいってしまえば植物の「色素」です。
色素=赤や紫というイメージを持たれがちですが、茶色でも緑でも色のもとになる成分は色素です。
この色素(ポリフェノール)に苦味や渋味が含まれており、植物自身が虫などから身を守るためにもつものとされています。

そして、どのポリフェノールにも共通するのが抗酸化作用があるということです。
ヒトの体内で余分につくられた活性酸素は、あらゆる細胞の老化を招きます。

それはお肌でもいえることですし、血管や内臓の細胞にもいえることです。
余分な活性酸素は美容にも健康にも好ましくないものですが、その活性酸素を除去してくれるはたらきがあるのがポリフェノールなのです。

ポリフェノールにはどんな効果が期待できるの?

さきほど、ポリフェノールには抗酸化作用があるとお伝えましました。
抗酸化作用によって余分な活性酸素を取り除くことにより、細胞の老化を防ぐことが出来ます。

細胞の老化といえば、美容に関心のある女性ならまっさきにシワやたるみといったことが気になると思います。
もちろん、お肌の老化でいえばシワやたるみはもちろん、細胞が衰えることによりお肌が乾燥してハリやツヤがなくなる、毛穴が開いてしまう、たるみが気になる、しみやくすみが目立つなどのあらゆるお肌の悩みを引き起こしかねません。

そういったお肌の細胞の老化を防ぐことにより、お肌を若々しく保つ効果が期待できそうです。

また、健康面で言えば、年齢を増すごとに動脈硬化や糖尿病、脂質代謝異常など生活習慣病に関する心配もでてきます。

活性酸素を除去して細胞を若々しく保つことで、これらの生活習慣病予防にも役立つ効果が期待できます。

青汁に含まれるポリフェノール

ポリフェノールが赤ワインに多く含まれるというイメージから、ポリフェノール=赤や紫というイメージが持たれがちですが、ポリフェノールは色素でありその色は赤や紫に限らないということはさきほど述べました。

もちろん、青汁も例外ではありません。濃い緑色の青汁にもたっぷりとポリフェノールがふくまれています。

青汁に含まれているポリフェノールの種類は?

青汁に含まれているポリフェノールは、青汁の原料となる植物によって異なってきます。
たとえば、ケールにはケルセチンやイソチオシアネート、明日葉にはカルコンやクマリンやルテオリンといったポリフェノールが含まれています。

他にも青汁の原料として使われる長命草にはクロロゲン酸やルチン、ゴーヤにはククルビタシン、桑の葉にはケルセチンやアントシアニンが含まれています。

青汁に含まれるポリフェノールにはどんな効果があるの?

ケールや桑の葉含まれるケルセチンには動脈硬化を防ぐ効果があります。同じように、ルチンというポリフェノールには血管を強くする作用があります。

もし、動脈硬化予防を期待して青汁を飲むのならケルセチンやルチンが摂取できるケールや桑の葉や長命草が主成分の青汁を選ぶとよいでしょう。

また、明日葉に含まれるカルコンというポリフェノールはコレステロールを下げる働きがあるようです。

同じく明日葉に含まれるクマリンと長命草に含まれるクロロゲン酸には血糖値の上昇を抑える働きがあります。

これらを主成分にした青汁であれば、生活習慣病の予防に役立てることが出来そうです。

いかがでしょうか、ポリフェノールと一言で言っても、その種類と働きは様々あります。
青汁にも健康に役立つポリフェノールが含まれているので、自分の欲しい効果に合った青汁を選んでみるのもいいかもしれませんね。

このページの先頭へ