キューサイ「ケール青汁」の味はマズイ?効果は?本音の口コミ

キューサイ「ケール青汁」の味は?効果は?本音で口コミします
キューサイの青汁といえばやっぱり「う~んまずい!もう一杯!」が一番に頭に浮かびますね。
あのCMが出て罰ゲームに青汁が使われるなどマイナス的なイメージがどうしてもあった私ですが、何で「まずい」のかわからないままでした。

今回はキューサイのケール青汁を実際に購入して、その味(本当にまずいのか)や、どんな効果があるのかを正直に口コミしていこうと思います。

キューサイのケール青汁の原料・成分

【原材料】
・ケール
・ビタミンC

さすがケールの青汁というネーミングだけあってケール100%です。
青汁といえば「ケール」「大麦若葉」が代表格といえますが、ケール入りの青汁は、一般的に敬遠されがちです。
その理由は原材料のケールのもつ「苦味が強い」「青臭さ」が青汁になっても残ってしまうという理由から。
私も今までケールのみ使用の青汁は極力飲まないようにしてきました。

しかし、ケールの持つ高い栄養素にびっくりし、これは飲んでみないと!という気持ちになったんです。

【キューサイのケール青汁1袋分(7g)に含まれる主な栄養素】
熱量 21.4kcal
たんぱく質 1.38g
脂質 0.29~0.45g
糖質 1.44~2.33g
食物繊維 2.4g
ナトリウム 20.3~30.6mg
ビタミンC 98mg
ビタミンK 126~186μg
カルシウム 100~175mg
カリウム 163~263mg

この他にも箱に記載は無かったのですが、直接キューサイさんに電話して伺ったところによると「鉄分 0.28mg」が含まれているとのことでした。
(とても丁寧な対応で今後も気軽に問い合わせたくなりました)

カロリーは、2袋(キューサイが1日に飲む量として推奨しているのが2袋)飲むとすると42kcalちょいです。

ちなみに野菜サラダ100グラムあたりは24kcal前後。
これにドレッシングなども加わりますので36kcal~120kcal前後といったところでしょうか。

キューサイのケールの青汁は1包で生野菜約100gくらいの量と同じということですしカロリー面からみると野菜サラダよりカロリー低め、1日の必要量からみると同等といったところでしょうか。

生野菜をノンオイルで食べれば良いじゃない?という考えもあります。
私の場合、毎日なるべく生野菜食べるように心がけていますが、どうしても圧倒的に野菜が少ない日などもあるし、季節によって野菜の値段も変わると本当に食べるのも苦労したりとなかなか毎日続けるのは一苦労です。

キューサイのケールの青汁は食物繊維もレタスの3倍、カルシウムは野菜サラダで取るより効率的に沢山取ることが出来るのもメリットです。

また、デトックス効果の高いカリウムもしっかりと取れます。
更に鉄分も豊富に含まれているケールは女性にとって強い味方です。

量、質共に野菜サラダに負けないどころか充分勝っていると思いました。

キューサイのケール青汁の口コミ

口コミをまとめてみました。

プラス評価の口コミ

・クセがなく飲みやすいです。
・二日酔いが軽くなりました。
・健康検査で血液検査数値が良好になりました。
・美味しいので毎日飲んでいます。
・「まずく」ないですよ(笑)
・整腸作用の効果はとても良いので欠かせません。
・便通がよくなりました。

マイナス評価の口コミ

・牛乳でシャカシャカしたら粉末が溶けず困ったことになりました。
・おなかがゆるくなってしまいました。
・美味しいかまずいか判りません。
・ダマが底に残りやすいので溶かし方を気をつけています。

良い口コミ、悪い口コミを比べてみると下記のことが見えてきます。
1.クセが無い。
2.便通に高い効果が期待できる。

クセが無い、つまり「まずくは無い」。昔のあのCMのような体験をしなくて澄むのか!と個人的には非常に嬉しいです。
おなかがゆるくなりやすいということは量を考えて、まずは1日1包を半分ずつ2回に分けて様子見で始めてみても良いかと思います。

「キューサイのケール青汁」レビュー。気になる味は?効果は?

早速キューサイのケール青汁を注文してみました。
午前に公式サイトから注文し、2日後の午後イチの宅配便で届きました。
初めて購入する場合は、「コンビニ・郵便振替」「クレジットカード」「代金引換」の3つから支払い方法を選べ、手数料もゼロです。

しかし、初回の注文ではコンビニ決済が適用できなかったので代引きで注文しました。
キューサイのケール青汁を代引きで注文
思ったよりコンパクトです。キッチンにある小引き出しくらいの間口で深さは多少ある感じです。

開封してみます。
02kyukeruaojiru
みっちりとパッキンにくるまれて固定されてます。
初回購入特典のシャカシャカカップ(シェイカー)も入ってます(^^)
キューサイのケール青汁初回購入特典のシャカシャカカップ(シェイカー)
この2品の他に同梱されていたガイドブックと広告です。
キューサイのケール青汁ガイドブック
この中にある「ケール青汁 ガイドブック」は絶対一読をおすすめします。
注意することや保存方法、シャカシャカカップの使い方も詳しく載ってます。
09kyukeruaojiru

気になるケール青汁の入った粉末パッケージはこれです。
04kyukeruaojiru
全部出してみました。やや長方形ですね。これ一袋で7グラム入っているということです。

・キューサイケール青汁粉末の香り
まず粉末のパッケージを開けると緑茶にとても近い香りが広がりました。
よく「抹茶の香り」は青汁に多く聞きますが、キューサイのケール青汁は「緑茶」の香りでした。
キューサイのケール青汁の香り

・キューサイケール青汁の粉末のままの味
まずはキューサイケール青汁を粉末のまま味見してみました。
苦味はゼロ。
青臭さもゼロ。
このまま完食してみたくなる気持ちをグッと抑えて(量も7グラムだと多いですし)、
水に溶かしてみます。

キューサイケール青汁を水に溶かして飲んでみました

シャカシャカカップ登場です!
11kyukeruaojiru
シャカシャカカップにはメモりがついてますので計量しやすいです。
100ccの常温のお水をいれ、キューサイのケール青汁を入れ、しっかりふたをしてシャカシャカしました。
10kyukeruaojiru

キューサイケール青汁+水の味

少し粉っぽいですね。
青臭さは無く、むしろコクを感じます。
口コミどおり「クセが無い」のでゴクゴク飲めちゃいます。
水だけで飲むのは抵抗を感じてましたが、苦味やえぐみで飲みにくいのではと懸念していたことは一切ありませんでした。

カップの側面や底にダマが少し残ってしまいました。
口コミでもダマが残りやすいとあったので混ぜるときはシャカシャカを念入りにすることにします。

キューサイケール青汁を牛乳に溶かして飲んでみました

次に牛乳で割ってみます。
キューサイケール青汁を牛乳に溶かして飲んでみました
冷蔵庫の牛乳を使ったので溶けにくいかなと思いましたが、充分溶けてくれましたがやはり底にダマが出来易いので優しくスプーンですくい上げるように混ぜるとダマが消えました。

キューサイケール青汁+牛乳の味

粉っぽさは残ってますが、抹茶ミルクチョコを連想するようなコクがあります。
ケールの青臭さはゼロですのでケールを使った青汁が飲みたい人は是非すすめたいと思いました。

キューサイのケール青汁で期待できる効果

ケールにはデトックス作用の高いカリウム、食物繊維(レタスの3倍)、そしてカルシウム(牛乳の2倍)がとても豊富に含まれています。

カリウムは新陳代謝を促すために必須です。美容を考えると老廃物を排出してくれるカリウムは前向きに摂取したいミネラルの1つです。

また、食物繊維はいうまでもなく、日々の食生活で足りない分をケール青汁でカバーしたいところです。またカルシウムは血液を作るためにも必要ですし、いつまでも骨は丈夫でいたい気持ちにこたえてくれるでしょう。
ビタミンCもグレープフルーツの倍ありますのでニキビにも期待できそうです。

キューサイのケール青汁は子供も飲んで大丈夫?

キューサイのケール青汁はそもそも食品です。お薬ではないので、子供も安心して飲めます。
子供に飲ませるときに考えるのがその食品の産地ではないでしょうか。

キューサイのケール青汁は福岡県の契約農家という国産100%です。
有機肥料と虫取り、雑草抜きなど全て手作業で行なわれているので安心です。
注意する点はお腹がゆるくなりやすいので、初めのうちは1包の3分の1くらいから飲んでみて様子を見ながら量を調節することをオススメします。

これだけ注意!ケールの青汁を飲んではいけない場合がある

ケールにはビタミンKが含まれています。
このミネラル成分は血栓症(心臓、血管、脳など)でワルファリンカリウム(ワーファリンカリウム)等を服用中の場合は飲用しないで下さい。

通院されている方と思いますので、主治医の指示に従うようにご注意下さい。
その他にもアレルギーなどをお持ちの方は、始める前に一度医師に聞いてみることをおすすめします。

キューサイのケール青汁を他の青汁と比較してみた

同じケールを使用した「ヤクルトまろやかケール」と大麦若菜・明日葉を原料にした「サントリー極の青汁」で比較しました。

キューサイのケール青汁を味で比較

ヤクルトのまろやかケールの味は原材料本来の味がとても強いのが特徴です。

これは好みが分かれると思います。
ちなみに私は水のままなら飲めると思いました。

苦味があるかという点ではキューサイのケール青汁も、まろやかケールもどちらもゼロです。

極みの青汁と比較すると、やはり抹茶と煎茶が入っている極みの青汁の風味は高いですね。
お茶感覚としても飲める極みの青汁ですが、青汁をとことん味わいたいけれど、あまり苦味を強く感じるのはちょっと・・・というなら是非キューサイのケール青汁をお試し下さい。

キューサイのケール青汁を成分・原材料で比較

キューサイのケール青汁は、まろやかケールと同じで「ケールのみを使用」している青汁なので甲乙付けがたいですがビタミンCの含有量はキューサイのケール青汁はダントツです。

メーカーが推奨する量を飲んだ場合、キューサイのケール青汁の方がカロリーは多めになりますが、カリウムやカルシウム、そしてビタミンは大きく数値を広げて摂取することができます。

極みの青汁は大麦若葉、明日葉といったビタミンC、E、Kが豊富な原材料を使用してます。
また抹茶や前茶も入ってますので飲みやすさも重視したドリンクメーカーサントリーらしいです。

食物繊維ではキューサイのケール青汁は極みの青汁より2.5倍多いのでおすすめします。

キューサイのケール青汁を溶けやすさで比較

溶けやすさでは、まろやかケールの方はダマになりにくい、つまり溶けやすいです。

極みの青汁と溶けやすさを比べるとほぼ同じくらいかなといった感じです。
しかしキューサイのケール青汁にはシャカシャカカップがついてるので計量カップとスプーンを用意しなくても良いというメリットがあります。これを利用して、上手にダマにならないようにシャカシャカできるようにしたいです。

キューサイのケール青汁と価格で比較

キューサイ「ケール青汁」の価格

内容量:1袋7g×30袋
<価格>
通常価格 3,429円(税別)+送料500円、代引き手数料ゼロ=4,203円
定期価格 3,333円(税別) 送料無料

ヤクルト「まろやかケール」の価格

内容量:1袋4.5g×30袋
<価格>
2,500円(税別) 店頭で購入するので送料ゼロ

極の青汁

内容量:1袋3.3g×30袋
<価格>
通常価格 3,600円(税別)+送料350円=4,238円
定期価格 3,240円(税別)送料無料

通常インターネットショッピングの際、カードをネットで使うのは苦手な性分なので、代引きかコンビニ決済にしているのですがキューサイは代引きもコンビニ決済も手数料が無料というのが嬉しかったです。その場で支払うのでお店で買ってるような感覚は、家計管理がラクなんです。

キューサイのケール青汁のお得な買い方

キューサイはポイント制度があります。
税込みの購入金額1000円で1点のポイントがつきます。(100円単位で四捨五入されます)
ポイントは7点から使えます。私は送料込みの一回のみ購入を選んでみましたが、送料と消費税を合わせた4,203円全額をポイント獲得対象としているようで4点ゲットしてました。

消費税や送料ってポイント対象外にされてしまうことが多いという経験をしているので、かなり嬉しかったです。
ポイントはポイント交換カタログに掲載されている商品と交換できます。

こういうのもお楽しみ感覚で嬉しいです(^^)
ちなみに7点でもらえるのは非売品の国産ケール入りはちみつ飴です。
ポイント獲得対象となっているのはキューサイのサイトにて販売されている1000円以上の全ての商品が対象となります。

定期購入コースにすると7回目からポイント2倍になるのもお得ですね。
私は今まで青汁の中でもケールは飲んでみたいけど、苦かったりまずかったらと思うと手を出せませんでした。
キューサイのケール青汁はそれらの不安を感じることなく、楽しく味わえました。
かなりオススメできる青汁だと思います。

若山あお

このページの先頭へ