運営者情報・当サイトについて

青汁部の運営者情報

当サイト「青汁部」の運営者情報です。ウェブサイトに掲載している情報に関するご質問等ございましたら以下のメールアドレスまでご連絡ください。

<青汁部 編集事務局>

※青汁の商品に関する質問やお問い合わせは、製造者に直接ご連絡していただくようお願い致します。

どんなサイト?「青汁部」について

編集長の紹介

はじめまして。青汁部の編集長の「たんたん」と申します。毎日かかさずに青汁を飲んでいる青汁愛飲家です。

青汁を飲むことになったきっかけは「野菜不足を解消したい」「コレステロールが気になる」「便秘体質を何とかしたい」、この3つです。

ただ、私は苦いのが苦手なので、昔からある生のケール青汁はちょっと続けるのが厳しかったのでなるべく飲みやすい青汁を探そうと、ネットで色々探しました。

そしたら、まあ~、たくさんの青汁がヒットしました。

いったい何百種類の青汁があるのでしょうか?

粉末タイプ、冷凍タイプ、サプリメントなどなど、いったいどれを選んだらよいのかさっぱりわかりません。

しかも、青汁は全部ケールでできていると思い込んでいたのですが、「大麦若葉」「明日葉」「桑の葉」「熊笹」・・・などなど原料も様々。

とりあえずは、色々な原料の青汁を片っ端から試していきました。

マズイと思い込んでいたケールの青汁は飲みやすい!イヤおいしいに近い、大麦若葉の青汁なんておいしいお茶を飲んでいる感覚です。明日葉も桑の葉ももちろんマズイ・苦い商品もありましたが、最近の青汁は改良されて本当に飲みやすくなっていることを実感しました。

こうなると本当にどの青汁を選んでいいかわからなくなってくるんです。
正直、今まで何十種類試したかわかりません。

自分の体質に合って効果も実感でき、おいしくて続けられそうな青汁に出会うまでにかなりの時間とお金を使いました。

※ちなみに現在は「えがおの青汁満菜」「ふるさと青汁」を愛飲しています。お陰様で体調はバッチリです。

青汁部を作ったきっかけ

上の編集長の紹介記事で、私が自分に合った青汁を見つけるまでに、かなりの時間とお金を費やしてきたということをお話しましたが、もしかしたら、私と同様に青汁がいっぱいありすぎて、どれを選んだらよいのかわからない方も多くいらっしゃるのではないか?

私のように、自分に合う青汁を見つけるまでにかなりの時間やお金を使ってしまう方が大勢いるのではないだろうか?

と思ったのがきっかけで、青汁のレビューサイト「青汁部」が誕生しました。

デビューは2015年11月です。

できるだけたくさんの青汁を体験してレビューするのはもちろん、その青汁の成分、口コミ、他の青汁との比較やその商品の不明な点や気になる点があれば、サポートに電話して問い合わせたり、ユーザー様にお役に立てるコンテンツをたくさん掲載しています。

ユーザー様の青汁選びのお手伝いをすることが当サイトのミッションです。日本一の青汁レビューサイトを目指しています。

どうせ青汁の広告でしょ?

青汁部でレビューしている商品は正直な話、広告もあります。しかし、広告ありきで青汁を紹介しているわけではありません。

広告があろうとなかろうと、良い青汁は積極的にオススメしますし、イマイチだった場合はレビュー時にどこが良くなかったのか? しっかりお伝えしております。

広告であってもなくても良い青汁に巡り合ったり、他の青汁を選ぶきっかけになったり、お役に立てれば良いというのが当サイトの考えです。

ちなみに、かなりの種類の青汁レビューを紹介していますが、広告の割合は5%以下です。

青汁部は、広告からの収益で運営しているのは事実ですが、ユーザー様を第一に考えて、その商品の良い所、悪い所を中立な立場でしっかりお伝えするように努力しております。

青汁部のレビュアー紹介

中河環 女性

女性向けサイトを中心に美容、健康、ライフスタイルなどに関する記事を執筆しているフリーランス・ライターです。自分自身のみならず家族や親しい友人のほとんどが何らかのアレルギー持ちであったことからヘルスケアに関心を持ち、学生時代には薬学を専攻。現在もメンタル系を含めたヘルスケアの上級資格取得を目指して勉強中です。

現代に生きる日本人にとっては避けて通れない”ナチュラルなものとケミカルなもののベストバランス”が最大のテーマのひとつで、モットーは「まずはよく知る」。正確な情報をベースとしたお役立ち記事、知識欲が満たせる記事をお届けできたらと考えています。

青汁レビューではいいところだけではなく疑問に思う点、わかりにくい点を含めて、わたしなりの切り口で率直な感想をお伝えすることを心がけました。参考にしていただけたら幸いです。

趣味はピアノ、数独、サッカー観戦。たまに神社仏閣巡りも。新発売のアイスクリームは必ず試す甘いもの好き。

ふたごのひつじ 女性

青汁を飲み始めたきっかけはたまたまでした。よほど野菜不足だったのか身体に合ったのか、飲み始めて数日で体調が変わっていくのがわかり、それからずーっと青汁にハマってます。

わたしにとってはヨーグルトよりも効果的なので朝・昼・夜と青汁ライフを楽しんでいますよ。青汁を飲んでいる間は当たり前になってしまって、ホントに必要なのかな?ってわからなくなることもあります。

そんなときはいつもの青汁から違う製品に変えてみると良いですよ。やっぱり今までの青汁の方が良いカモとか、この青汁の方がおなかがスッキリする!とか、カラダが違いを教えてくれます。

青汁は続けるものだと思っているので、普段飲みの青汁から、目的に合った青汁、予算に合わせた青汁、素材で選ぶ青汁など、いろんな視点で日本中の青汁の魅力をご紹介していきます。よろしくお願いいたします!

<青汁マイスター認定者>

若山あお 40代主婦

青汁のレビューを担当しております。
今まで青汁は全て同じ原材料で同じような工程で作られていると思っていましたが、沢山の青汁を飲む機会を経て青汁の種類ごとに作り手の気持ち、工程の違いなどがあることを知りました。

おかげで毎日青汁による心身の健康をいただいてます。
家族も今まで無関心だったのですが、青汁の効果を私から聞いているうちにいつのまにか興味津々になって、今では家族全員でそれぞれニーズに合った青汁をセレクトして飲んでいます。

初めて飲んでみたいという方には大麦若葉の青汁ですね、生活習慣病を予防してくれるSOD酵素が入っていますし、飲みやすさはピカ1です。
ケールはルテインが眼病予防や癒し効果を発揮してくれますので疲れ目の現代人には是非飲んで欲しいです。

明日葉には抗酸化力が高いカルコンがありますので、活性酸素を除去してくれる、すなわちアンチエイジングを期待できます。
体重や血糖値を気にしている方は桑の葉の青汁を是非オススメしたいです。こちらの青汁に関しては食前に飲むのが効果的です。

他にも野菜や魚などの成分を配合したもの、乳酸菌を含んでいるもの、キトサンが入っているものなど、本当に星の数ほど青汁があるのですが、楽しんで飲んでいきたいと思います。

これからも沢山のレビューをご提供することで、「青汁を飲んでみたいけどどれを選んでいいのか判らない」方に、私の記事が少しでもお役に立てればと思います。

<青汁マイスター認定者>

※上記の他、青汁部のライター、レビュアーは数人いますが、主に上記の3名が青汁部の記事を執筆しております。

このページの先頭へ