酵素青汁111選セサミンプラスの効果は?実際に飲んでみた

酵素青汁111選セサミンプラスの効果は?実際に飲んでみた
自然の恵みがもっと手軽に取り込める進化系の青汁があるということで、試してみることにしました。粒状のサプリメント「酵素青汁111選セサミンプラス」です。サプリメントの青汁は初挑戦! 早速レポートします。


もくじ

酵素青汁111選のダイエット効果、成分、口コミ、割引情報は以下をご覧ください。

酵素青汁111選セサミンプラスの成分・原材料

成分の充実にとことんこだわって作られたという酵素青汁111選セサミンプラス(以下、酵素青汁)は、原材料も国産のものが使用されています。

・モリンガ(沖縄県産)
・酵素(植物発酵エキス+銅)(奈良県産)
・ケール
・スピルリナ
・長命草(ボタンボウフウ)
・明日葉
・日本山人参

植物発酵エキスには黒糖、葉菜類、果実類、根菜類、イモ類、野草類、キノコ類、海藻類などが使用され、そのほか人気のゴマ成分「セサミン」も配合されています。使用されている原材料は実に111種類!

大麦若葉やケールを主原料とした青汁が多い中、酵素青汁はモリンガがベースとなっています。粒状ということで、使用されている原材料も特徴的なんですね。

【酵素青汁2粒あたりに含まれる主な栄養素】
・エネルギー 1.84kcal
・たんぱく質 0.04g
・脂質 0.02g
・炭水化物 0.36g 
・ナトリウム 0.60mg
・ビタミンB1 0.38mg(一般的な青汁63杯分)
・ビタミンC 31.0mg(同52杯分)
・葉酸 100μg(同11杯分)
・亜鉛 2.62mg(同66杯分)
・鉄 2.63mg(同13杯分)
・銅 0.22mg(同22杯分)
・セサミン 10.8mg

酵素青汁111選セサミンプラスの口コミを調べてみました

プラス評価の口コミ

・水にわざわざ溶かす手間がなく、どこでも手軽に飲めます。
・飲み始めてから朝の目覚めが良くなりました。
・ゴマが入っているのがいいですね。飲み始めて体が疲れにくくなったため、定期購入に切り替えました。
・青汁独特の青臭さがなく、飲みやすさは一番! 家族で飲んでいます。
・青汁が気になりながらもずっと飲むのを躊躇していました。これなら飲めます!
・ダイエットのために飲んでいます。カロリーを気にせず飲めるのがいい。
・お通じが良くなり、お腹のぽっこりが解消されました。
・年齢とともに太りやすくなり購入。2ヶ月で10キロ近い減量に成功し、体のラインもスッキリ。
・持ち運びやすいので、会社にも旅行にも持って行けます。便利!
・お肌にハリが出てきたようで、若く見られるようになりました。

マイナス評価の口コミ

・土のような昆布のような独特の匂いが気になります。飲むのには差し支えないですが……。
・しばらく続けたが痩せなかった。

筆者が調べた範囲内では、ほとんどがプラス評価の口コミでした。ダイエット効果への評価が分かれる点以外は匂いに対する口コミがあった程度でしょうか。積極的にマイナス評価する声は見つかりませんでした。

これらの評判は本当なのかを確認すべく、早速申し込んでみます!

酵素青汁111選のダイエット効果、成分、口コミ、割引情報は以下をご覧ください。

酵素青汁111選セサミンプラスの口コミは本当?いざお試し

酵素青汁111選セサミンプラスの口コミは本当?いざお試し
申し込みから土日をはさみ、5日で到着しました。薄い段ボール箱です。

kosoaojiru111002
箱を開けてみると、こんな感じ。パンフレット等と青汁のパッケージが入っています。
酵素青汁111選中身
中身をすべて出してみたところです。
kosoaojiru111004
パッケージの表面には「美容・健康・ダイエットサポートに」という記載があります。縦15.7cm×横9.7cmのパッケージの中に60粒(1ヶ月分)入っています。
酵素青汁111選パッケージの裏面
パッケージの裏面。原材料や栄養成分表示、賞味期限、飲み方の注意、問い合わせ先などが記載されています。
kosoaojiru111006
パッケージを開けてみると、昆布のような香りがしました。口コミにあった「土の香り」というのは筆者にはわかりませんでした。決して嫌な匂いではありません。

kosoaojiru111007
粒をアップにしてみました。薄緑色の小粒。直径は約8mm、中心部分がやや厚くなっていて約3mmほどありました。

粒を舐めてみると、少し酸味のある昆布のような味がしました。でも強い味ではありません。粒が小さいので、水でするり♪ これで一般的な青汁の何倍もの栄養成分が摂れるなんて。あっけないくらい簡単です。

酵素青汁111選セサミンプラスにはどんな効果が期待できる?

酵素青汁にはドリンクタイプの他の青汁には珍しい特徴的な成分も含まれています。それらの効能をチェックしながら、酵素青汁にはどんな効果が期待できるのかを見てみることにしましょう。

モリンガ

インドの医学アーユルヴェーダでは「奇跡の木」、日本では別名「ワサビノキ」とも呼ばれるモリンガ。葉、実、種、茎、花、根の全てに栄養成分がたっぷり詰まっていて、飢餓と闘う貧しい国々では子供たちの栄養補給食品として活躍する「地球上で最も栄養価の高い植物」でもあります。母乳の出を良くするという報告があり、アフリカや東南アジアでは授乳中のお母さんに率先して与えられているという話もあります。

モリンガに含まれるミネラルやビタミンは90種類。必須アミノ酸は9種類全て。抗酸化物質は40種類以上。通常の食事では摂るのが難しい微量栄養素が摂れるという特徴があります。

豊富なポリフェノールが体を活性化し、脂肪の燃焼効果を高めます。また、腸内環境を整えて便秘を解消するほか、体臭や加齢臭対策、疲労回復にも効果的です。

酵素(植物発酵エキス末+銅)

たんぱく質の一種で、人間の活動に必要不可欠な酵素。酵素は年齢とともに体内から減っていくため、30代を境にして体内から不足しやすくなります。「30代~40代ごろから急に太りやすくなるのは、酵素不足が引き起こす代謝の低下が原因」とする説があるのはご存知の通りで、酵素を積極的に補給するダイエット法も注目されています。

酵素青汁に使用されている酵素は、創業180年の酒蔵で106種類の野菜や果物を漬け込んだもの。3年以上の年月をかけて作られるもので、その質の良さは折り紙つきです。

ケール

これ単体の青汁も多く存在する「野菜の王様」ケール。ビタミン、ミネラル、食物繊維を多く、しかもバランス良く含む緑黄色野菜です。便秘やむくみの解消、免疫力のアップやアレルギー対策、骨粗鬆症対策に効果的で、血圧や血糖値を抑える効果や抗酸化作用による若返り効果についても大いに期待できます。

スピルリナ

豊富なタンパク質とビタミン、全ての必須アミノ酸、30種以上のミネラル、食物繊維を豊富に含むスピルリナ。抗酸化作用や抗炎症作用を持ち、便秘解消や免疫力を高める効果があります。基礎代謝をアップさせ、コレステロール値を下げることから肥満や生活習慣病対策にも有効。さらには体臭や口臭対策、二日酔いの予防、貧血の予防などにも効果を発揮します。

長命草(ボタンボウフウ)

美白やアンチエイジング、冷え・血行・貧血改善、便秘解消、骨粗鬆症予防などへの効果から、特に女性に評判の高い長命草。クロロゲン酸、ビスナジンといったポリフェノールを多く含むほか、ビタミンやミネラル、食物繊維がバランス良く含まれています。高い抗酸化作用は美容面だけではなく健康面にも恩恵大。血圧やコレステロール値を下げ、生活習慣病を予防します。癌の抑制にも有効との報告も。

明日葉

独自成分カルコンの働きによって、様々な症状改善に役立つと言われる明日葉。血液をさらさらにして、血圧、血糖値、コレステロール値を抑える働きに注目が集まっています。むくみを解消し、代謝をアップさせてセルライトを解消するなど、ダイエット効果に対しても期待大。免疫力を高め、癌を抑制する効果についても研究が進められています。

日本山人参

高い薬効を持つことから「神の草」とも呼ばれる日本山人参。そのパワーはとりわけ生活習慣病に対して幅広い効果を期待することができます。血圧や血糖値、コレステロール値を下げる働きから動脈硬化、メタボリックシンドローム対策に効果的。また、癌の抑制にも成果を上げています。このほか抵抗力を高めてアトピーや喘息を抑える効果、冷え性や貧血、更年期障害対策、リウマチの症状緩和、疲労回復効果にも優れています。

酵素青汁111選のダイエット効果、成分、口コミ、割引情報は以下をご覧ください。
http://whitelabel-ol.jp/

サプリメントタイプの青汁を選ぶメリット・デメリット

酵素青汁の一番のメリットは、何と言っても溶かしたりシェイクしたりといった手間が全くかからないという点でしょう。青汁特有の「苦い」「まずい」「飲みにくい」ということが一切なく、1日量2粒で一般的な青汁の何倍もの栄養成分を簡単に摂ることができます。

牛乳や豆乳で割ることでおいしく飲める青汁もありますが、ダイエット目的の場合には摂取カロリーが増えるのが気になるところ。その点、酵素青汁なら1日量はわずか1.84kcalのみで済みます。

逆に一般的な青汁と比較した酵素青汁のデメリットですが、青汁の味を楽しみたいという場合にはサプリメントでは物足りなくなってしまいますね。また、置き換えダイエットやプチ断食に利用したい場合にも、ドリンクタイプの青汁のほうが適しているということになりそうです。

酵素青汁111選セサミンプラスはいつ飲む?飲み方は?

1日2粒を目安に、水またはぬるま湯で噛まずに飲みます。
薬ではなく食品なので、飲むタイミングや量などに特別な決まりはありません。ただ、あまりたくさん飲んでも体に負担を掛けかねませんし、余剰の栄養成分は体に吸収されずに排出されてしまうので、多くても4粒程度が適当とのこと。

「食後」「起床後」などのように自分で飲むタイミングを決めておけば、忘れずに毎日飲むことができます。食後に飲めば胃への負担が抑えられますよ。

酵素青汁111選は妊娠中・授乳中に飲んでも大丈夫?

酵素青汁は妊娠中や授乳中にも飲むことができますが、心配な場合にはお医者様に相談のうえ、飲むようにしましょう。(ちなみにパッケージには「葉酸は、胎児の正常な発育に寄与する栄養素ですが、多量摂取により胎児の発育が良くなるものではありません。一日の摂取目安量を守ってください」との記載があります。)

病気治療中の方は薬といっしょに飲んでも特に問題はありませんが、こちらも医師に確認してからの摂取がおすすめです。また、小さなお子様の摂取は避けてくださいとの注意書きもあります。

酵素青汁111選のダイエット効果、成分、口コミ、割引情報は以下をご覧ください。

中河環

このページの先頭へ