青汁に含まれる「SOD酵素」に期待できる効果

青汁に含まれる「SOD酵素」に期待できる効果
『酵素』。よく耳にする言葉ですが、どんな働きをするイメージを持っていますか?
そして、酵素って具体的にはどんなもの?と質問されたら、答えられるでしょうか?

実は酵素は、思っている以上に人間の体の中で大きな役割を担っている、なくてはならない存在なんです。

中でも、最近注目を集めている『SOD酵素』って一体どんなものなのでしょうか?青汁に含まれる『SOD酵素』にはどんな効果があるのでしょうか?

『酵素』といえば?

『酵素』いわれると、「分解する物」というイメージはありませんか?

例えば、洗濯用の洗剤などに含まれている酵素などは、まさにソレですね。
繊維に染みついたヒトの皮脂や汗の成分を分解するのを助ける働きをしてくれています。
洗剤のCMなどで、一時期「酵素の力で分解!」といったような謳い文句が良く流れていたことも『酵素=分解』のイメージを印象付けたのかもしれませんね。

もちろん、このイメージは間違いなどではなく、酵素はヒトの体内でも吸収した栄養を分解し、消化吸収する働きを担っていて、そのような働きをする酵素は『消化酵素』と呼ばれています。

けれど、この分解・消化・吸収という働きは、酵素の仕事の中のほんの一部分でしかありません。

酵素の種類

一口に『酵素』といいますが、世の中に存在する酵素は、現在確認されているだけで3,000種類以上もあります。

その酵素を構成している材料はというと、ミネラルとタンパク質。
一つ一つがミネラルの周りにタンパク質が巻きついたような状態になっていて、そのミネラルの種類とタンパク質の巻き方によって働きが異なるのだそうです。

この3,000以上もの酵素が、どこに存在しているのかというと、一つは体内。
これを『潜在酵素』といい、体内で生成されている酵素です。
潜在酵素は、先程の『消化酵素』と、もう一つ『代謝酵素』の二つの種類に大きく分かれます。

そして、もう一つは体の外。
食べ物に含まれる『食物酵素』です。

酵素のお仕事

では、酵素は体内でどんな働きをしているのでしょうか?

潜在酵素

1)消化酵素

消化酵素は、その名の通り栄養を体内の器官が吸収することが出来るかたちに分解する働きをしています。

毎日、どんなに体に良いと言われる食べ物やサプリメントを摂っていても、実はヒトの体はそれをそのまま栄養として摂りこむことは出来ないのです。

例えば、デンプンはアミラーゼと呼ばれるブドウ糖に、タンパク質ならプロテアーゼと呼ばれるアミノ酸に、脂肪はリパーゼという脂肪酸、といったように分解されて初めて、栄養分として認識され吸収されていくのです。

酵素がこの仕事をしてくれなければ、せっかく食べた栄養も、全く無駄になってしまうということです。

2)代謝酵素

こちらは、耳に馴染みのない言葉かもしれませんね。

実は、全ての酵素には『一つの酵素は、一つの仕事しか出来ない』という大きな特徴があります。
例えば消化酵素であれば、タンパク質を分解する酵素が、他の栄養素を分解することが出来ません。
そして、その消化酵素が分解した栄養素を、そのままついでに体内の細胞へと運び届けるという仕事は出来ないのです。

そこで『代謝酵素』が登場します。

・消化酵素により分解された栄養を、それぞれが有効に働く細胞へと運ぶ。
・有効な成分と、毒素や老廃物を分け排出する。

といった、新陳代謝を促す働きに加え、体内の悪い部分を修復、治癒させる自然治癒力や免疫力の向上といった働きも、全てこの代謝酵素の仕事なのです。

食物酵素

普段、口にする食べ物に含まれている酵素です。
どんなものに含まれているのかというと?

生の食品

野菜、果物、肉、魚。

『生』じゃないとダメなの?

そうなんです。
先程もお話しましたが、酵素の材料はミネラルとタンパク質です。
タンパク質の代表、生卵を思い出していただければ分かると思いますが、熱を加えれば固まってしまいますよね?

それと同様に、酵素のタンパク質も加熱することで固まり、更には酵素としての働きを成さなくなってしまうのです。

発酵食品

納豆、みそ、塩こうじ、チーズ、ぬか漬け。

栄養価も高いこれらの食品は、酵素も豊富に含んでいます。
加熱した食品と一緒に摂ることで、消化吸収の手助け、つまり消化酵素の補助をしてくれます。

SOD酵素とは

さて、『消化・代謝・食物』と、大きく三つに分類される酵素ですが、最近注目の『SOD酵素』は、その中の『代謝酵素』の一つです。

『SOD酵素』が注目されている理由、それは体内に発生した『活性酸素』を除去する効果があるということが認められたからです。

活性酸素は、どちらかというと、やはり悪者のイメージが強いこの物質ですが、実は普段の呼吸で体内に摂り込む酸素の内の約2%が、自然にこの活性酸素へと変化しているのです。

これは強い酸化力で体内に侵入してきた細菌などをやっつけて、細胞を守る働きをするためのものなので、悪者どころか寧ろ必要な存在だといえるのですが、しかし、その酸化力が余りに強いために適量の2%を少しオーバーしただけで、細胞そのものまで傷つけてしまうんですね。

これが、細胞を錆びさせる、つまりは老化の原因になるため、どうしても悪者扱いとなってしまっているのです。

それだけ活性酸素が必要以上に発生しやすい食事や、生活環境にある人が多いということなのでしょう。

現に、ガン、脳卒中、心筋梗塞、糖尿病、動脈硬化、アトピー性皮膚炎というような成人病を含む現代の病気の90%は、活性酸素が原因であるともいわれており『体内公害』という呼ばれ方もあるくらいなのです。

体に害を及ぼす、過剰に発生してしまった活性酸素を除去してくれる効果がある『SOD酵素』の存在は、1969年には既に発見されていましたが、活性酸素が及ぼす悪影響と共に、その存在への注目が高まってきたといえるのではないでしょうか。

『SOD』は『Super Oxide Dismutase(スーパー・オキサイド・ディスムスターゼ)』の頭文字を取ったもので、日本語では『活性酸素を除去する酵素』と、そのままの意味で、もちろん、非常に強力な抗酸化作用を持っている酵素です。

ビタミンA・C・E、アントシアニンやルチンなどのポリフェノール類なども、優れた抗酸化作用を持ち、活性酸素の除去に役立つことはよく知られていますが、体内で生成される物質においてこのような効果を発揮するのは、SOD酵素だけです。

SOD酵素に期待できる効果

SOD酵素がもたらす効果については、まだまだ期待値と共に研究が続けられているようです。

そのため、様々な説が見られますが、

・糖尿病の合併症による白内障
・ガン
・膠原病
・心疾患
・動脈硬化
・関節リウマチ
・胃や腸の粘膜障害・潰瘍

といった病気の予防や改善においては、その効果が確実に認められているようです。

また、活性酸素を除去するわけですから、当然アンチエイジング効果は大いに期待出来るのではないでしょうか。

なぜ老化するの?

さて、ここで大きな疑問が湧いてきたのではないでしょうか?

SOD酵素は、もともと体の中で作られる代謝酵素です。
その酵素が、体内で活性酸素を除去してくれているにも拘らず、年齢と共に増えるシミやシワ、高くなる成人病やガンのリスク。
これはどうしてなのでしょうか?

実は、代謝酵素と消化酵素の二つの潜在酵素が体内で生成される量は、生まれた時から遺伝的に、その生産量が決まってしまっているのです。
つまり、その限界量を生産し終わってしまえば、やがて潜在酵素は底をつき、なくなってしまうということです。

「え?!それって、大変なことじゃないの!?」

そうです、大変なことなんです。
先程もお話した通り、酵素は生命の維持活動には欠かせない物質です。
なくなってしまっては困るのです。

けれど、40歳を過ぎ50代、60代と年齢を重ねる毎に、SOD酵素を含む全ての潜在酵素の量は極めて少なくなってしまいます。

「最近疲れやすい」「風邪をひいたら治りにくい」などの免疫力、代謝力、抵抗力の低下の一因となっていることは間違いありません。

40歳ごろから、急にシミやシワが目立ち始めるのも、この酵素の生成量低下のサインです。

摂取しにくい代謝酵素

そして、更に困ったことに潜在酵素のうち代謝酵素においては、食物から摂取することが非常に難しいのです。

少し難しい話ですが、これはSOD酵素を始めとする代謝酵素は分子量が多い物質であるため、普通に口から摂取しても腸で吸収することが出来ないといわれています。
ですので、何も加工されていない食品を普通に食べても、細胞に有効に働くことはないのです。

では、全く対処法がないのかというと、そういうわけでもありません。

<対処法1>食物酵素に協力してもらう

生涯で生産される潜在酵素の量は決まっていても、その中での消化酵素と代謝酵素の割合は定まっていません。

つまり、食品と一緒に食物酵素をたくさん摂ることで、消化酵素の使用量を減らせば、その分を代謝酵素に回すことが出来、また生成量に余分を持ったままで年齢を重ねていくことも出来ますよね。

<対処法2>やはり摂取する

「摂取出来ないんじゃなかったの?」

そのままでは無理!でも、吸収されやすいように加工された青汁やサプリメント等が発売されているんです!青汁の主原料である大麦若葉などから摂取できますので、是非、SOD酵素を摂取したい方は青汁を飲みましょう。

でも、ここでも注意点です。

非加熱処理で加工であること

前述しましたが、酵素は熱に弱く、加熱するとその特性は全て失われてしまいます。
ですので、加熱処理されているものは絶対にNGです。

粉末青汁を加工する為に加熱処理している製品も多くあります。青汁ならなんでもよいというわけではなく、非加熱処理の青汁を選ぶようにしてください。

酵素を大切に!

このようにしてみてみると、食生活や普段の生活の長い年月の積み重ねが、SOD酵素を含む潜在酵素にも大きく影響しているということが分かりますよね。

多くのメーカーから発売されている青汁の中にも、積極的に食物酵素を摂取することが出来るタイプの物もありますので、ぜひ役立てていただければと思います。

このページの先頭へ