青汁にデトックス効果はあるの?

青汁にデトックス効果はあるの?
デトックスと呼ばれる健康法・美容法が話題になっています。デトックスとは体の中に溜まった毒素や老廃物などを排出させること。薬物やアルコールなどの中毒患者から有害物質を排出させる治療のことを解毒(=detoxification)と呼びますが、それを簡略化してデトックス、もしくはさらにわかりやすく「毒出し」という名称が一般的に定着したようです。

普段デトックスと言えば余分な脂肪や水分などを排出させることを含み、ダイエットの一種として見られることも少なくありません。

手軽なデトックスの方法のひとつに青汁を使うものがあります。青汁がどのような働きをするのか、そしてデトックスを行うことでどのような効果が期待できるのかをご紹介します。

毒素や老廃物をデトックスする方法

わたしたちの周りには様々な「毒」が存在しています。それらは知らず知らずのうちに体内に取り込まれるものもあれば、タバコやお酒といった嗜好品のように意図的に取り入れられるものもあります。

毒は外部から取り込まれるものばかりではありません。代謝の過程において体内で発生するものもあります。その代表的なものが老廃物。尿として排泄されるアンモニアなどが例として挙げられます。これらもいつまでも体内に溜め込んでいていいものではありません。すみやかに排出することが健康のためのキーポイントになります。

本来ヒトの体には優秀なデトックス機能が備わっているのですが、なんらかの理由によって毒素や老廃物が滞ったまま、なかなか排出できないことがあります。スムーズな毒出しのためには次のような「ひと押し」が必要になります。

【デトックスに効果的な方法】
1. 食生活の見直し
2. デトックス効果のある食材の摂取
3. 水やお茶の摂取
4. 薬剤やサプリメントの摂取
5. 腸内環境の改善
6. ファスティング(断食)
7. 入浴や半身浴、岩盤浴
8. 適度な運動
9. ヨガ
10. ピラティス
11. マッサージ……など

排出されるものの量としては便や尿といったカタチの「排泄」がほとんどですが、発汗の量や質も重要視されています。このほか嘔吐や、髪・爪が伸びることもデトックスの一種と考えられています。

青汁のデトックスに効果的な成分

青汁のデトックス作用は上記でご紹介した1~5に深く関わっています。また、6のファスティングにも青汁を活用することができます。青汁に含まれている豊富なデトックス成分をご紹介しましょう。

食物繊維

青汁に含まれる食物繊維はお通じを正常化するとともに腸内環境を整える働きを持っています。食物繊維には2種類あり、水溶性食物繊維はコレステロールや腸内の悪玉菌などの老廃物を吸着します。そしてもうひとつの不溶性食物繊維は腸の蠕動運動を促し、スムーズなお通じへと導きます。まさに食物繊維の働き=デトックスなのです。腸の中がきれいになれば各栄養素が吸収されやすくなり、体調が目に見えて改善されることも少なくありません。

クロロフィル(葉緑素)

クロロフィルには胃や小腸内に付着している老廃物を吸着し、排出する働きがあります。特に魚介類を介して体内に取り込まれるダイオキシンやカドミウム、鉛の排出にはすぐれた効果を発揮することがわかっています。また、血液中のコレステロールを除去する働きがあり、血液をさらさらにします。

クロロフィルはケールや大麦若葉、明日葉、ほうれん草、ブロッコリー、小松菜などの緑色の野菜にたくさん含まれています。もちろん青汁にも豊富です。

カリウム

カリウムには利尿作用があり、体内の余分な水分や塩分をスムーズに排出するお手伝いをしてくれます。むくみの改善に効果的なミネラルで、ナトリウムとの組み合わせで働き、上昇しがちな血圧を抑える作用もあります。カリウムはケールや明日葉、モロヘイヤなどに豊富に含まれています。

亜鉛

亜鉛は鉛や水銀、カドミウムなどの有害物質を排出する働きを持つ優秀デトックスミネラルです。レバーや牡蠣、ほたて、玄米などに含まれている亜鉛ですが、日常の食卓では比較的摂取しにくい食品が多いのが難点。またインスタント食品やファストフードを頻繁に食べていると亜鉛の吸収率が低下することがわかっています。

ルテオリン

非常に強い抗炎症作用・抗アレルギー作用を持つルテオリンは利尿作用にもすぐれたフラボノイドで、むくみの改善に効果を発揮します。
ルテオリンはシソやセロリ、春菊などのほかミントやカモミールなどのハーブに多く含まれています。青汁の原材料では明日葉に豊富に含まれています。

酵素

究極のデトックス法とも言えるファスティング(断食)。その際によく利用されるのが酵素ドリンクです。酵素ダイエットなる方法があることからも分かるとおり、酵素には体の中をキレイにしてくれる働きがあります。

酵素は生の野菜に多く含まれるのですが、残念ながら粉末の青汁は製造過程で加熱されているため、酵素はほとんど含まれていません。青汁で酵素を摂るのなら青汁を手作りするか、比較的酵素が多く残っている冷凍の青汁を選ぶことをお勧めします。

発酵食品には酵素がたくさん含まれているので、豆乳やヨーグルトに青汁を混ぜて飲むのもいい方法です。

毒素や老廃物がたまるとどうなる?

体内にたまった毒素や老廃物は様々な悪影響を及ぼします。しかもその悪影響が、さらなる毒素や老廃物を体に蓄積させる原因になるという恐ろしい話も……!

次のような症状がある場合には体内に毒素や老廃物がたまっている可能性があります。ぜひ毎日の生活を見直し、毒素や老廃物のたまりにくい体質作りを目指しましょう。特に食生活に問題がある方には青汁の効果が大いに期待できますよ。

便秘

長い時間便が腸内にとどまり続けると、便が固く小さくなり、ますます排出されにくくなるという悪循環を引き起こします。腸内の悪玉菌が優勢になることからますます腸内環境は悪化し、お腹の張りや腹痛、吐き気などを催すことも。ひいては癌の原因になるとも考えられています。

出るべきものがいつまでも腸内に滞っていると、便の中に含まれている有害物質が血管を介して全身に運ばれ、ニキビや吹き出物などの肌トラブルや様々な体調不良を引き起こします。便を無理に排泄しようとすれば、痔になる可能性もあります。

血流、リンパの流れの阻害

本来は排出されているはずの老廃物がそこにとどまり続けることで、血管やリンパ管が圧迫され、流れが悪くなることがあります。この血流やリンパの流れの阻害による悪影響は多岐にわたります。

むくみ

血流やリンパの流れが悪くなり、滞った水分が皮下に染み出して起こるもの。
足にむくみが起こりやすいのは重力の影響を受けることもありますが、心臓から遠く、水分が心臓の方向に戻りきらないからでもあります。特に腎臓の働きが良くないとき、水分や塩分を摂り過ぎたとき、疲れているとき、睡眠が十分に取れていないとき、同じ姿勢を長時間とっていたときなどにむくみが起こりやすくなります。

肥満

老廃物が血流やリンパの流れを阻害することで新陳代謝が低下します。また、血行不良によって代謝に必要な栄養素が体の隅々にまで回らなくなり、脂肪が燃焼されにくくなることで肥満を招きます。

セルライト

太ももなどの皮膚にオレンジの皮状のボコボコした部分はありませんか?これがセルライトです。セルライトの正体は完全に解明されているわけではありませんが、一般的には皮下脂肪に不要な水分や老廃物がからまって肥大化したうえ、ガチガチに固まったものとして考えられています。太ももや二の腕などにできやすいのですが、脂肪がたまりすく血行やリンパの流れが滞りやすい部位ならどこでもできる可能性があります。

セルライトは肥満の象徴と考えられがちですが、痩せている方にもセルライトはできます。しかも一旦できたら解消しづらく、さらにセルライトを拡大させてしまう恐れがあります。

冷え性

血流が悪くなると心臓から遠くにある毛細血管にまで血液が巡りにくくなり、手足が冷えてしまいます。冷え性がひどい場合には膝や腰が冷えたり痛みが生じたりすることもあります。

頭痛、肩凝り、腰痛

血行が悪くなることで筋肉に疲労物質である乳酸がたまり、固くなって凝りや痛みを生じます。また神経を圧迫することで痛むこともあります。これが起こりやすいのは重い頭を支える肩、体を支える腰。首や頭部に向けての血行が良くない場合には緊張性頭痛となって現れます。特に長時間同じ体勢をとっていたり体に合わない寝具を使っていると頭痛、肩凝り、腰痛が悪化しやすくなります。

肌トラブル

血行が良くない状態が続くと肌のターンオーバーもスムーズに行われなくなり、肌細胞に栄養が行き届かなくなるため、しみやそばかす、くすみ、乾燥や老化などといったあらゆる肌トラブルの原因となります。また、目の下にできるクマの中には目の周りの血行が悪くなることでできるものがあります。

疲労感や倦怠感

血液は体の隅々にまで酸素を運びます。血行が滞ると体は酸欠状態になり、痛みや倦怠感などを引き起こします。特に思い当たる原因がないのに、なぜか体が疲れている、ちょっと動いただけで息切れするなどの症状がある場合には、血行不良である可能性があります。

不眠

血行が悪いと手足が冷たく、なかなか寝付けなくなります。子供が眠くなると手足が熱くなってくるのをご存じの方もいらっしゃるでしょう。これは眠るサイクルに入るために手足の熱を放出している状態。でも元から手足が冷たく、放出する熱がなければ眠りのサイクルに入れなくなってしまうというわけです。血行不良による不眠は、眠りに入りにくいだけではなく眠りも浅くなりがちだと言われています。

抜け毛

頭皮の血行が悪化すると毛母細胞に栄養が行き渡らなくなります。また髪も栄養不足になり、細く元気の無い髪質になり、抜け毛が増えてしまいます。

毒素(有害物質)による体調不良

人体に有害な物質が排出されないことで、ホルモンバランスや自律神経の乱れを引き起こします。このほか、毒素の排出に関与している肝臓や腎臓などに不調が出ることもあります。

青汁で体の内側からきれいに!

デトックスはまさに体の内側からきれいになること。毒素や老廃物の排出が習慣化されることで、それまで滞っていた体中の巡りがみるみる改善されます。

現代社会に生きるわたしたちは、有害物質に無縁ではいられませんし、生活習慣の乱れから老廃物をためがちになってしまいます。

ぜひ青汁で意識的に食生活を改善するようにしてみましょう。いつの間にか「原因不明の不調から開放された」「見違えるほど顔色が良くなった」「ストレスに強くなった」といったポジティブな変化が、あなたにもきっと訪れるはずですよ。

このページの先頭へ