太田胃散 桑の葉青汁の効果・巷の口コミと実際に飲んだ私の感想

太田胃散 桑の葉青汁の効果・巷の口コミと実際に飲んだ私の感想
太田胃散の桑の葉青汁は天然のたんぱく質成分MBPを配合した桑の葉100%の青汁です。
大手薬品メーカーである太田胃散はダイエットティーとして桑の葉茶も販売しているようです。

青汁の原材料の中でも桑の葉のみを使った青汁は大変珍しいと思います。
ダイエットにも効果があるという桑の葉青汁の成分や効果、巷の口コミの集計、私が実際に購入して飲んでみた感想などを掲載します。

太田胃散 桑の葉青汁の原料・成分

【主な原材料】
・桑の葉粉末
・抹茶
・デキストリン
・ほうじ茶エキス末
・乳たんぱく質
・グァーガム

桑の葉は徳島県産の桑の葉を100%使用、抹茶は愛知県の西尾市で栽培されたものです。
国産の安心感は飲む側にとってはとても重要ですね。

【太田胃散 桑の葉青汁1包分(2g)に含まれる主な栄養素】
エネルギー 6.14kcal
たんぱく質 0.28g
脂質 0.11g
糖質 0.74g
食物繊維 0.54g
ナトリウム 0.13mg(食塩相当量)(0.00g)
カルシウム 29.4mg
カリウム 31.0mg
マグネシウム 4.1mg
葉酸 7.8μg

MBP 10.0mg
サンプル品分析による推定値

太田胃散「桑の葉青汁」の口コミ

太田胃散「桑の葉青汁」の良い口コミも悪い口コミも沢山見つかりましたのでまとめてみました。

太田胃散「桑の葉青汁」の良い口コミ

・他社と比較しても飲みやすい、太田胃散というブランドネームを考慮して買いました。想像していた以上に胃と腸に効果が出るのが早かったです。
・ウエストが4cm減です!健康のため続けてみようと思ってます。
・お通じは良い感じです。ダイエット効果はまだですが期待しています。
・夕飯前に飲むとお通じにも良いです。
・主人が飲んでます。血糖値が下がり、結果が数値となって判ったので驚いてます。
・飲みやすいです。これが青汁?と思うくらいです。ダイエット効果にも期待してます。
・お肌の調子がとても良くなってきたのがとても嬉しいです。
・国産の原料を使用している大手メーカーの安心感は良いですね。便秘も解消してきました。

・効果を期待して購入しましたが、思ったような結果が得られませんでした。
・粉っぽさがあり、溶けにくかったです。体には良さそうですが続けるかは検討中です。
・すっきり・・・が感じられず、残念です。期待を込めて引き続き飲んでみます。
・便秘対策のため飲んでいます。まだ3日目なので効果は判りませんが今後に期待します。

太田胃散 桑の葉青汁を注文。その味と効果は?!

太田胃散 桑の葉青汁を注文。その味と効果は
太田胃散 桑の葉青汁をインターネットのショッピングサイト楽天市場から注文しました。
アマゾンと迷いましたが、個人的にも頻繁に使う楽天市場で買うことにしました。

4日待っての到着。コンパクトでシンプルな外箱です。
広告類も1枚だけ。太田胃散が販売している商品のラインナップの紹介です。
個人的にはこれくらいが好みです。

今回は桑の葉青汁「15袋入り」を購入しました。
桑の葉青汁「15袋入り」

<太田胃散 桑の葉青汁を開封してみます>
太田胃散 桑の葉青汁スティック
この1包あたりに2g入ってます。
他社の青汁は大体3~7gくらい入っているのが多い中、2gはかなり少なく感じました。
色は少しくすみがかったグリーンです。

<>太田胃散 桑の葉青汁を粉のまま味見してみました>
太田胃散 桑の葉青汁を粉のまま味見してみました
意外と苦みを感じます。漢方薬のような粉薬のような苦さ。青々とした味は余りしません。
大田胃散という会社名からの錯覚なのでしょうか。

太田胃散 桑の葉青汁を水に溶かして飲んでみます

太田胃散 桑の葉青汁を水道水に溶かしました。
太田胃散 桑の葉青汁を水に溶かして飲んでみます

スプーンでかき混ぜましたが溶け具合はイマイチです。
粒状に残ってしまいました。

再度溶かしてもすぐに分離、沈殿してしまいますので、太田胃散「桑の葉青汁」は作ったら早めに飲むことをオススメします。

太田胃散 桑の葉青汁+水の味

味の方は漢方の咳止め薬のようなお薬のような味がします。
どうして咳止め薬を連想するのか調べてみると、桑の葉は去痰、鎮咳などで漢方薬で使用されることがあるということでした。

苦手な人もいるかと思いますが、私はこの香りと苦さは意外と好きなので、ゴクゴクと美味しくいただいてしまいました。

太田胃散 桑の葉青汁を牛乳に溶かして飲みます

太田胃散 桑の葉青汁を牛乳に溶かして飲みます
牛乳が冷たいので水道水(常温)より溶けにくいです。
ダマとまではいきませんが、細かい粒が残ってしまいました。
ootaisanaojiru07

太田胃散 桑の葉青汁+牛乳の味

牛乳の甘みで青汁の味がかなり薄くなりました。
甘党である私も、先ほどの風味から変貌した、甘さのある健康ドリンクとして美味しく飲みました(^^)

家族が私の様子を見て「牛乳を入れて味を薄めてまで飲む意味はあるの?」と聞いてきました。
もちろんある!と返答しました。

桑の葉の青汁が飲みたいんです!!桑の葉の恩恵にあやかりたいんです。(ダイエットできるし♪)
と答えると納得してました(笑)
牛乳で飲むとカルシウムも取れますし、一石二鳥です。

太田胃散 桑の葉青汁を飲むとこんな効果を期待できる

桑の葉の成分で糖尿病予防

桑の葉青汁の原料である桑の葉特有の成分DNJ(1-デオキシノジリマイシン)には、酵素の一つであるα-グルコシダーゼと結びつく性質があります。このα-グルコシダーゼは糖質を分解、吸収する働きがあります。

DNJを体内に取り入れることにより、α-グルコシダーゼと結びつきますので、糖分の吸収が緩やかになり、血糖値のピークの上昇を抑える作用が起こります。つまり、糖尿病の予防効果が期待できるのです。

この「糖の吸収を緩やかにする」ことは、病気の予防だけでなくダイエット効果にも期待できます。
また、ミネラルも緑茶より沢山含まれていて、ビタミン、アミノ酸、食物繊維、鉄分、葉酸、カルシウムなど健康維持には欠かせない成分が満載なのです。

桑の葉青汁を効果的に飲むコツ

桑の葉の成分を最大限に活用する方法としては、食事で摂取してしまう糖分をなるべく緩やかに摂取するために、食後などのお腹が満たされた時に飲むのではなく、なるべく食前、または食事中に飲むようにしましょう。
ちなみに通常の青汁はそれとは逆にお腹が満たされたときに飲むほうが栄養の吸収が早いので効果的なんですよ。

MBPを配合し、骨も元気に!

MBPは雪印メグミルク(株)の登録商標です。
牛乳や母乳に含まれているごく微量のたんぱく質です。よくヨーグルトを買ってきてすぐにフタを開けると表面に水分が浮いていることがありませんか?

これはホエイと言ってヨーグルト本体より優れた成分が含まれているんです。
ホエイにもMBPが含まれているのです。

このMBPは骨の細胞単位の部分で働きかけて骨密度を高めてくれるとても質の良い成分です。
どんなにカルシウムを沢山取っていても、この働きが少ないとせっかくの努力も水の泡状態です。
ヨーグルトを食べる時もこのホエイを必ず捨てないでヨーグルトと混ぜて食べるようにして下さいね!

実は桑の葉青汁にもこのMBPが含まれているのです。

更に桑の葉にはカルシウム、鉄分、アミノ酸、葉酸など女性の美と健康には欠かせない成分が含まれています。
このMBPが上手にカルシウム摂取効果、ひいては骨密度を高めてくれることは間違いないです。
いつまでも若々しく元気にありたいのは女性だけでなく、男性だって同じです。
男女関係なく積極的に桑の葉を取り入れていきたいものです。

太田胃散 桑の葉青汁と他の青汁を比較してみた

太田胃散「桑の葉青汁」とユウキ製薬「まるごと明日葉青汁」、キューサイ「ケール青汁」をさまざまな観点から比べてみました。
それぞれ、1種類の青汁原料を用いているということで効能・味・溶け易さの比較をしてみます。

太田胃散「桑の葉青汁」を効能で比較

太田胃散桑の葉青汁は桑の葉に含まれる成分DNJ(1-デオキシノジリマイシン)を摂取することで、ダイエットや糖尿病の改善を求める人にはとても有効な成分を摂取することができます。ヨーグルトのホエイにも含まれているMBPで骨の細胞単位での健康維持もサポートしてくれる、美と健康を両得できる青汁となっています。

ユウキ製薬まるごと明日葉青汁は明日葉を葉、茎、根の全てを使っています。明日葉にはカルコンというメタボリックシンドロームに非常に効果的な作用をする成分がたっぷりと含まれています。また活性酸素も抑制し、健康を考える人には打ってつけの青汁です。

キューサイケール青汁は緑黄色野菜の王様「ケール」100%使用の青汁です。ケールに含まれるカリウムはデトックス作用に有効です。また、ルテインという目の疲れに効果を発揮する成分もありますので、お仕事などでPCを使ったり、スマホで目がお疲れの方には積極的に摂取していただきたい青汁です。

共通することはどの青汁も身体の余分な脂肪などを排出する作用が高いことです。
ダイエットや体重管理などを考えているとしたら、良く運動をし、バランスよく食べ、更に上記の青汁をどれか選んで継続して飲み続けるのも一つの方法だと思います。

太田胃散 桑の葉青汁を味で比較

太田胃散桑の葉青汁は漢方の香りがするのですが、味自体は青みが強いなどのクセはありません。
ユウキ製薬まるごと明日葉青汁は明日葉のエグミが少々強いかもしれません。お香のような芳香さを感じました。
キューサイケール青汁はケールの青々しい味が無理かな?と不安でしたが、思ったよりクセは感じず美味しくいただけました。

太田胃散 桑の葉青汁と溶けやすさで比較

簡潔に言いますと以下になります。

1位 キューサイケール青汁
2位太田胃散 桑の葉青汁
3位ユウキ製薬 まるごと明日葉青汁
※条件としては同じシェーカーを使用し、いつも青汁を飲むときのようにシェーカーを振った場合です。

ケール青汁は粉っぽさは多少口に残りますが、他の2品と比べてもかなり早く溶けます。
まるごと明日葉青汁はダマが残ってしまいます。

太田胃散 桑の葉青汁は溶け具合はイマイチですがダマは出来ません。しかし沈殿するのが早いので作ったらすぐに飲むのがベターです。

<管理人レビュー評価>

3.7 /5

若山あお

このページの先頭へ