青汁には二日酔いを改善する効果はあるの?

青汁には二日酔いを改善する効果はあるの?
二日酔いを改善する食べ物、飲み物といえばウコンが入ったドリンクやトマトジュース、味噌汁などがよく知られていますが、実は青汁にも二日酔いの改善効果が期待できるんです。
青汁が二日酔いに働きかける理由と、どんな選び方、飲み方をすればより効果的なのかをご紹介します。

二日酔いが起こる原因

1.アセトアルデヒド

お酒を飲むと、アルコールは肝臓でまずは毒性を持つ「アセトアルデヒド」という物質に分解され、最終的には水と二酸化炭素とに分解されて体外に排出されます。しかし自分の持つ処理能力を超える量のお酒を飲んだ場合、肝臓がどれだけ頑張っても代謝が間に合わず、アセトアルデヒドは翌日まで体内に残り続けてしまいます。

このアセトアルデヒドこそが二日酔いのときに現れる頭痛や吐き気、胃の痛みなどの不快な症状を引き起こす犯人。日本人をはじめとしたモンゴロイドにはアセトアルデヒドを代謝する酵素(アセトアルデヒド脱水素酵素)の働きが弱い、もしくは全く働かない人が多く、最もよく起こりがちな二日酔いの原因のひとつだと言えるでしょう。

ちなみにアセトアルデヒドには発癌リスクがあるため、二日酔いになりやすい方やお酒を飲むとすぐに気持ち悪くなる方は、アルコールに対して注意が必要です。

2.脱水症

アセトアルデヒドと並んでよく起こるのが、脱水を原因とした二日酔いです。

お酒には利尿作用があります。これはアルコールを分解するのには大量の水が必要とされるから。お酒を飲んでいるのだから水分は十分摂れているようにも感じてしまいますが、実は飲んだお酒と同等またはそれ以上の水分が体から失われるため、容易に脱水症を起こしてしまうのです。

脱水症からくる二日酔いの症状には喉の渇き、めまい、頭痛、吐き気、嘔吐、倦怠感などがあります。症状が重くなると発熱や意識障害なども起こり得ます。

3.低血糖

飲んだアルコールを分解するのはもっぱら肝臓の仕事。大量にお酒を飲んだ場合にはその処理にも長い時間がかかります。

肝臓がひたすらアルコールを分解している間は糖分の生産がストップしてしまうため、やがてグリコーゲンとして肝臓にストックされている糖分が尽きてしまい、脳や体内が糖不足に陥ってしまいます。

低血糖によって起こる二日酔いの症状には頭痛や倦怠感、吐き気、筋肉痛などがあります。

4.血管の拡張

アルコールやアセトアルデヒド、アセトアルデヒドが分解されてできる酢酸には血管の拡張作用があり、ズキズキする頭痛の原因となります。血管の拡張状態が長く続けば血管に炎症が起こることもあります。

5.胃炎

アルコールには胃酸の分泌を促す作用があります。多量のお酒を飲むと胃酸過多の状態が引き起こされ、胃壁を荒らします。
現れる症状には吐き気、嘔吐、胃痛、食欲不振、下痢などがあります。

青汁が二日酔いを改善する理由

二日酔いに良いと言われる食べ物、飲み物はいくつかありますが、中でも青汁の素晴らしいところは多角的に酔いや二日酔い症状に働きかける点です。二日酔いに対する青汁の働きをご紹介しましょう。

1.青汁はアルコールの分解を助ける

青汁にはアルコールやアセトアルデヒドの分解に欠かせないナイアシン(ビタミンB3)やビタミンC、ビタミンB1が含まれています。ナイアシンやビタミンCを多く含む青汁の材料は明日葉とケール。ブロッコリーやモロヘイヤにもこれらの栄養素が多く含まれているほか、ビタミンB1も豊富です。

また青汁に良く使われる原料「ケール」には直接アルコールを分解する酵素が含まれているため、肝臓によるアルコールの処理を効率的に手助けしてくれます。

2.青汁には肝臓の機能を高める効果がある

青汁にはビタミンやアミノ酸、フラボノイドといった肝機能を高める成分が含まれています。

特筆すべきなのはスルフォラファンと呼ばれる成分。抗酸化作用があり美肌作りや癌の予防、ピロリ菌の撃退効果などで注目される成分ですが、肝臓で働く解毒酵素の生成を促進して活性化させ、肝機能を高める働きがあることもわかっています。スルフォラファンはケール、ブロッコリー、キャベツなどのアブラナ科の野菜に含まれています。

肝臓の機能が高まることでアセトアルデヒドの分解能力が向上するうえ、低血糖や血管の拡張による二日酔いの諸症状も予防・改善することが可能になります。

3.青汁で水分や栄養素を補給することができる

青汁で水分をおいしく補い、脱水症による二日酔い症状を緩和します。もちろんミネラルウォーターなどでも水分を補給することはできますが、青汁のメリットはアルコールの分解処理によって失われたビタミンなども同時に補給できること。

特にアルコールの分解でフル稼働中の肝臓はビタミンなどを蓄える力も落ちているので、青汁による補給はとても効果的です。

4.青汁で胃壁を守る

青汁にはビタミンU(キャベジン、またはS-メチルメチオニンとも)やクロロフィル(葉緑素)といった胃壁を守り修復する栄養素が含まれています。

ビタミンUやクロロフィルは胃腸薬にも使用されている成分で、胃痛や胃のもたれ、吐き気、食欲不振などの予防や症状の緩和に効果を発揮します。食欲不振が解消されれば食事がしっかり摂れるようになり、二日酔いも一気に改善に向かうことが期待できます。

クロロフィルは緑色の野菜に多く含まれています。青汁の主原料であるケールや明日葉、大麦若葉のほか、ほうれん草や小松菜にも豊富です。また、ビタミンUはケールやキャベツ、ブロッコリーなどに多く含まれています。

5.青汁でアルコールの吸収そのものを抑える

青汁の原材料として使用される桑の葉にはアルコールの吸収を抑える働きがあることがわかっています。そのため、お酒を飲む前に桑の葉の青汁を飲んでおけば二日酔いを予防することができます。

6.青汁で血管の拡張を抑える

血管が拡張することで起こるズキズキ頭痛を解消するには血管を収縮させる作用を持つ成分を摂取するのが効果的。そうした成分のひとつにセロトニンがあります。セロトニンはそのままで食品に含まれているわけではなく、セロトニンの欠乏を起こさないためには体内で合成する必要があります。

セロトニンの原材料となるものはトリプトファンやビタミンB6、ナイアシン(ビタミンB3)、マグネシウム。青汁ならトリプトファン以外の成分をまとめて摂ることができます。ちなみにセロトニンは牛乳やヨーグルト、豆乳に含まれているので、これらに青汁を加えて飲むといいでしょう。

ただしこの効果に関しては即効性はあまり期待できません。頭痛を早く抑えたい場合には、できるだけ胃に負担の掛からない頭痛薬を服用するのが現実的と言えるかもしれません。

二日酔いを改善する青汁の飲み方

二日酔いの原因が何であるのかはっきりとわかっている場合には、その原因に対応する材料が使用されている青汁を飲めば大きな効果が期待できます。が、ほとんどのケースではそうではないでしょうし、複数の原因から二日酔いを起こすことも考えられます。

そうしたことを踏まえると、多角的に効果を発揮するケールが使用されている青汁を飲むのがおすすめです。

二日酔いの発症を抑えるにはお酒を飲む前にあらかじめ青汁を飲んでおくといいのですが、お酒を飲んだ後、もしくは途中でも十分な効果が期待できます。

最近人気上昇中のお酒の青汁割りを飲んでもいいですね。すべてのアルコールを代謝するには時間がかかるので、すでに二日酔いの症状が出てしまっている場合でも諦めずに青汁を飲んでみてください。

二日酔いのときにおすすめの青汁アレンジ

いつもと同じように青汁を作って飲んでもいいのですが、二日酔いを解消すると言われる食べ物や飲み物とミックスすることでさらなる効果が期待できます。

スポーツドリンクに青汁を加える

水分やビタミン、ミネラル、糖分を効率的に補給できる組み合わせです。ビタミンCやアミノ酸が入っているものが効果的。夏の脱水防止のために少量の塩が加えられているドリンクも有効です。

果物100%ジュースに青汁を加える

果糖は二日酔いを改善する働きが高いと言われています。また100%ジュースなら二日酔いの体に不足しがちなビタミンやミネラルなども手軽に補給することができます。リンゴ、オレンジ、グレープフルーツ、ぶどうなどのジュースに青汁をプラスしてみましょう。
また100%ジュースではなくてもビタミンCが豊富なアセロラやいちご、キウイが入ったものでもいいですし、他の飲み方の場合なら仕上げにレモンを絞ると効果的です。

青汁を水で溶き、はちみつを加える

良質な糖分が摂れるはちみつはアセトアルデヒドの分解を手助けする働きがあります。脱水症状だけでなく低血糖による二日酔いにも効果的です。

キリッと冷やした水で作ったり氷を浮かべるとさっぱりいただけますが、水分の吸収率がより高まるぬるま湯を使うのもおすすめです。

豆乳にバナナと青汁を加える

豆乳には良質なタンパク質が含まれており、アルコールの分解を助ける作用があります。この点は牛乳も同様ですが、豆乳は消化がよく、胃腸に負担をかけません。豆乳のみでも十分な効果が期待できますが、ぜひミキサーを使ってバナナをプラスしてみましょう。バナナにはビタミン類が豊富に含まれ二日酔い解消に効果的。風味もぐっとアップします。

アロエヨーグルトに青汁を混ぜる

良質なタンパク質の宝庫ヨーグルトと強力な解毒作用を持つアロエの組み合わせが青汁の働きを押し上げてくれます。食欲のない二日酔いの朝におすすめ。お腹の具合が思わしくないときにも安心して食べられます。

二日酔いになりにくいお酒の飲み方を

青汁などによってその都度肝臓の働きを高めることは可能ですが、根本的にお酒に強い体質を作ることはできません。翌日までお酒を残さないためには、お酒を飲む前や飲んでいるときに十分な対策を取ることも大切です。二日酔い予防策としては、

・空腹状態でお酒を飲まない。
・飲む前に乳製品やドリンク、サプリメントなどを摂っておく。
・飲んでいるときには水分もしっかりと摂る。
・おつまみには良質の脂肪分を含むものを選ぶ。
 (乳製品、肉類、卵、大豆製品、ナッツ類など。ドレッシングやマヨネーズなどもOK)
・飲みながらタバコは吸わない。
・自分の適量を守る。

などが挙げられます。
朝目覚めたときに「しまった……」ということにならないためにも、ぜひこれらのことを守りながらお酒とのお付き合いを楽しみましょう。

このページの先頭へ