青汁をお酒(アルコール)で割っても効果はある?

青汁をお酒(アルコール)で割っても効果はある?
お腹周りが気になる、と思いながら、どうしても毎日の晩酌がやめられないという方はきっと多いのではないでしょうか。飲み過ぎれば健康を害する原因になりますが、適量ならほどよいリラックスをもたらしてくれるアルコール。「百薬の長」と言われるようにお酒(アルコール)を飲むのは決して悪いことばかりではありません。

そんなお酒で青汁を割っても、果たして効果はあるのでしょうか?
もちろんお酒で割っても大丈夫! 青汁が本来持つ効果を十分に期待することができるんです。

青汁をプラスしてお酒をもっとヘルシーに

かつての青汁は苦味があったり青臭かったりで、お世辞にもお酒に合うとはいえませんでしたが、最近の青汁は飲みやすいものが主流。クセがほとんどないので、いろいろな飲み物で割って楽しめるようになりました。例えばこんな飲み方はいかがでしょうか?

・梅酒の水割りに青汁を入れて、レモン汁を加える。
・焼酎のソーダ割りに青汁を入れて、レモン汁を加える。
・フルーツ系のリキュールに青汁を入れて、シロップを加える。
・ココナッツリキュールに青汁を入れて、はちみつを加える。
・日本酒に青汁を入れて、カルピスを加える。

……などなど。

それぞれの分量はお好みで調整して。いろいろアレンジしてみてくださいね。

もしくはもっと簡単に、缶チューハイやカクテル飲料にそのまま青汁を加えてしまうという方法もあります。これだと試しやすいので好みの味を見つけやすいですし、もちろんノンアルコール飲料で作るのもOK。全体的にフルーティーなテイストのものに青汁はよく合うようです。

このほか、青汁メーカーの中にはお酒を使って飲むカクテルレシピを紹介しているところもあります。中には「グリーンカクテル」と名づけているメーカーも。ヘルシーでおしゃれなものがたくさんあるので、あれこれ試してみる価値がありそうですね。

青汁を割るのに適さない飲み物も

ほとんどのお酒は問題ありませんが、条件によってはこれで割るのは避けたほうがいいと考えられる飲み物もいくつかあります。

赤ワインやお茶などタンニンが含まれるもの

青汁には鉄分が含まれています。鉄分は赤ワインやお茶類に含まれている渋み成分「タンニン」によって吸収が妨げられる性質を持っています。貧血対策などで青汁を飲む場合には、タンニンが含まれた飲み物で青汁を割るのは避け、時間を開けて飲むようにしてください。

タンニンを含む飲み物には、

・赤ワイン
・コーヒー
・紅茶
・ウーロン茶
・緑茶
・抹茶

などがあります。赤ワインに青汁を入れたりウーロン茶割りしたりするのは控えたほうがいいということになりますね。
もちろん鉄分の補給が目的でない場合は、これらの飲み物で割っても特に問題はありません。

温かい飲み物

ビタミンCや酵素など、一部の栄養素の中には熱に弱いものがあるため、これらの成分も余すことなく摂りたい場合にはホットドリンクにするのは避けたほうが良さそうです。

ただし、ホットにしたからといってすべての成分が直ちに失われてしまうわけではありません。加熱しすぎず、あまり時間を置かないで飲めば、栄養素にはほとんど影響はないとする報告もあります。

青汁をお酒で割るメリット

青汁のメリットは単に野菜不足を解消できることだけではありません。ここではお酒を飲む方必見の青汁のメリットをご紹介しましょう。

むくみを解消する

お酒を飲んだ翌朝、顔がひどくむくんでいて慌ててしまったといった経験はありませんか? お酒には利尿作用があるのですが、トイレに行けばのどが渇いて、よりたくさんの水分を摂ることになります。これが翌日のむくみを生むのです。また、おつまみに含まれている塩分には水分を蓄え込む性質があり、これもむくみの原因になってしまいます。

青汁にはカリウムが豊富に含まれています。カリウムに余分な水分を排出する働きがあることはよく知られていますが、その際には塩分も同時に排泄されます。つまりお酒と一緒に青汁を飲めば、二重にむくみを予防することができるというわけです。

太りやすさを軽減する

お酒を飲むときに気になってしまうのがカロリー。お酒のカロリーももちろんですが、おつまみのカロリーの高さも見逃せません。「ちょっと一杯」が思わぬカロリー増になってしまうのも、お酒好きにとっては辛いところです。

青汁には飲食による血糖値の急激な上昇を抑える成分が含まれています。例えば明日葉ならカルコン、桑の葉ならDNJ(1-デオキシノジリマイシン)、ゴーヤならコロソリン酸やチャランチン。また、ほとんどの青汁には水溶性食物繊維が含まれています。これらの成分を摂取することで、脂肪が体に蓄積されるのを防ぐことができるのです。

ただ、血糖値がしっかり上がりきってしまってからこれらの成分を摂ってもあまり効果的ではありません。お酒に青汁を入れるのなら、ぜひ最初の一杯目に入れるようにしましょう。

二日酔いを防ぐ

青汁には解毒作用を持ち肝臓の働きを助ける成分がたくさん含まれています。それらはアルコールに対しても効果的。特にケールにはアルコールの分解を助ける成分が多く含まれ、悪酔いや二日酔いを防ぐ働きが大きいとする研究結果もあるため、青汁もぜひケールが入ったものを選ぶようにしましょう。

とはいえ、飲み過ぎてしまったのではせっかくのケールのパワーも追いつかなくなってしまいます。お酒の量は適量を守ってくださいね。

青汁ドリンクをおいしく飲むために

アルコールに限らず他の飲み物で作るときにも言えることなのですが、どの青汁を選ぶかによって風味が全く異なります。さらには青汁によって溶けやすさがかなり違っていて、ダマになりやすいものや溶けきらずに沈殿してしまうもの、のどごしが良くないものだとどうしても飲みにくくなってしまいます。

せっかくお酒で青汁を作るのですから、やはりおいしく飲めるドリンクにしたいものです。ぜひいろいろな青汁と飲み物で試してみて、楽しみながら飲めるレシピを見つけてみてください。

このページの先頭へ