青汁を飲んで便が緑色に!大丈夫なの?

青汁を飲んで便が緑色に!大丈夫なの?
青汁を飲み始めると便が緑色、もしくは黒い色になることがあります。便は体調のバロメーター。体の中を映し出す鏡です。そんな便が、明らかに今までの様子と違っていると驚いてしまいますね。

「この青汁、本当に大丈夫なのかな?」
「青汁が体に合わないのかな?」
「青汁のせいじゃなくて、どこか体調におかしなところがあるのかも」

……と不安になってしまうのも無理のないことでしょう。

でも心配しないでください。青汁を飲んで便が緑色になったり、黒っぽい色になったりするのは比較的よくあることなのです。

ではどうしてこういうことが起こるのでしょうか。青汁を飲んで便の色が変わる理由をご紹介していくことにしましょう。

便を緑色にするモノの正体とは

青汁の原材料となるケールや大麦若葉、明日葉などの中にはクロロフィル(葉緑素)や鉄分がたくさん含まれています。実はこれらが便を緑色や黒っぽい色にしてしまうものの正体。体に吸収されることなく排出されたクロロフィルや鉄分の色素が便の色に影響していたわけです。

となると、逆に「せっかく青汁を飲んだのに、その成分が出てしまっては意味がないのでは」と思ってしまいますが、それも心配いりません。なぜならクロロフィルも鉄も体の中で分解され、効能を持つものはしっかり役に立った後で、不要なものや初めから吸収されないものが老廃物などと一緒に排出されているからです。

便が緑色になったからといって、青汁の栄養成分がすべて出て行ってしまったというわけではないのです。

同じようなことは、例えばクロロフィルや鉄分が豊富に含まれているほうれん草、小松菜などをたくさん食べたときにも起こり得ます。決して体の不調から起こっているわけではないので安心してください。

青汁が原因ではない場合もある

では便が緑色になったり黒っぽくなるのは、すべて青汁が原因なのでしょうか? 実は100%そうであるとは言い切れません。

便の様子がいつもと違う原因が本当に青汁にあるのかどうかを切り分けるために、まずは青汁を飲むのを中止するか、量を少なくするかしてみてください。それで便が元の状態に戻るのであれば紛れもなく青汁が原因ですので、心配はいらないことになります。

問題は青汁を止めても便の様子がおかしいケースです。その場合には、原因は青汁ではなかったということになります。果たしてどんな原因が考えられるのでしょうか?

便が緑色になる、青汁以外の原因

大腸や小腸の動きが弱くなっていると、肝臓から分泌される胆汁が腸で吸収されにくくなることがあります。胆汁にはビリルビンと呼ばれる成分が含まれているのですが、これは空気に触れると酸化し、黄色から緑に近い色に変化します。

このビリルビンが便に多量に含まれた状態で排出されるため、便が緑色に見えてしまうのです。これは大人だけではなく、乳児にもよく見られる症状です。このケースの緑の便は大きな病気が潜んでいるわけではないので、それほど心配する必要はありません。

問題があるのは溶血性貧血によって赤血球の破壊が起こっている、もしくは肝臓に何かしらのトラブルが起こっており、胆汁が分泌されすぎているケースです。ただしこれらのケースでは、前者ならめまいや倦怠感など貧血特有の症状が、後者では黄疸が出るなど、便の変化以上にはっきりした症状が出ると考えられます。なにか思い当たることがある場合には診察を受けるようにしてください。

便が黒っぽくなる、青汁以外の原因

普段から便秘を起こしがちな方が青汁を飲むと排便が促され、長期間腸内に留まっていた便ともども排出されます。

よく「宿便」と呼ばれるものなのですが、その中には増えに増えた悪玉菌や老廃物がたくさん含まれており、黒に近い茶色をしていることがあります。このケースでは青汁の効果で悪いものが排出されたかたちなので、全く心配はありません。

しかし、その黒っぽい便がドロドロの「タール便」であれば問題がある可能性があります。なぜなら便に血液が混じっていると考えられるからです。

同じように血液が混じっているケースでも鮮やかな赤であったり明らかに赤系統の色であれば腸からの出血、もしくは痔など下腹部のトラブルであることが分かりますが、黒っぽい色であれば消化器系の上部、つまり食道、胃、十二指腸のトラブルが疑われます。

しかも少量の出血であればタール状にならないため、相当量の出血があると考えるのが妥当。胃潰瘍、胃ガン、十二指腸潰瘍などの疑いがあるため、できるだけ早く受診されることをお勧めします。

青汁を飲み続けるうちに正常な便の色に

最も健康的な便の色は黄土色から黄色がかった明るい茶色をしていると言われています。ほどよく水分を含み、硬すぎず柔らかすぎずの排出しやすい硬さで、水に浮きます。形状はよく「バナナ状」などと表現されたりもします。また、臭いもそれほどありません。

青汁には食物繊維が豊富に含まれているため、毎日飲み続けていると腸の中に棲む善玉菌が悪玉菌に対して優勢になり、腸内環境が次第に整ってきます。特にしばしば便秘に悩まされていた方は、便通が改善されていくのが手に取るようにわかるはずです。

冒頭にも言いましたように、便は体の中の様子を如実に映し出します。つまり、普段の便はどんな様子なのかを把握しておくことは体調管理にとても役立つのです。

忙しい日々を送る中で便をじっくり観察する機会はそれほどないかもしれませんが、時々は自分の便の状態をチェックしてみてはいかがでしょうか。

このページの先頭へ