生理不順、生理時痛は青汁で改善できる?

生理不順、生理時痛は青汁で改善できる?
生理不順、生理痛。
生理中だけならまだしも、生理日が近くなると、イライラしたり眠くなったり。

身体的・精神的にもよおす色々な変化は、ある程度仕方のないこととはいえ、やはり辛いものですよね。

生理や生理痛のメカニズムをきちんと知り、苦痛や不快の和らげ方を見つけてみましょう。果たして青汁は生理不順、生理時痛に効果があるのでしょうか?

生理のしくみ

生理の起こる仕組みはご存知かとは思いますが、子宮の中ではいつも妊娠に向けての準備が行なわれていて、生理周期の間には以下のような時期が定期的に訪れています。

増殖期(卵胞期)

『卵胞刺激ホルモン』というホルモンの働きによって、卵胞が発育を始め、さらにここから『卵胞ホルモン(エストロゲン)』の分泌が始まります。
これによって、子宮の内側にある『子宮内膜』が厚みを増し始めます。
この子宮内膜に受精卵が着床すると、妊娠というですね。

排卵期

この言葉は、比較的よく耳にするのではないかと思います。
卵胞ホルモンの分泌がピークに達することで、また更に『黄体化ホルモン』というホルモンが分泌され、これによって卵胞の中から卵子が出てきます。
この状態が、『排卵』ということですね。

分泌期(黄体期)

排卵後、卵胞は黄体という組織に変化し、今度は『黄体ホルモン(プロゲルテロン)』が分泌されはじめ、受精卵が着床しやすいように、そのベッドの役割を果たす子宮内膜を柔らかくしていくのです。

そして、この段階で受精せず妊娠しなければ、準備された卵子と子宮内膜は不要となり、一旦、体の外へと排出されます。
これが【月経期】つまり、生理というわけです。

ちなみに、この『卵胞ホルモン(エストロゲン)』『黄体ホルモン(プロゲルテロン)』の2種類が、一般的に『女性ホルモン』と称されているものです。

生理痛の原因

女性の子宮のなかだけでも、約1カ月の間に、随分と色々なホルモンが作用していることが分かりましたね。
そして、生理痛が起こる原因の一つにも、やはりホルモンが関係しているようです。

その名の通り月経の際に感じる、お腹から腰あたりにかけての痛み『生理痛』。
日常生活に支障をきたすほどに症状が重い人もいれば、不快な症状を全く感じることなく、月経の期間を終えてしまう人。

また、月によってその症状の重さが違っていたりと様々な状態があります。

どうしてそんなにも個人差があるのでしょうか?

生理痛に個人差がある理由

1)ホルモンの分泌量の関係

まず、生理は不要になった子宮内膜を排出するための現象だとお話しましたが、この時、子宮は収縮という動作を繰り返しています。
痛みの度合いは違うのものの、出産の際に起こる陣痛のそれと同じものです。

これは、女性の体内では生理中、陣痛を起こすのと同じ『プロスタグランジン』というホルモンが分泌されているからなのです。

このプロスタグランジンは、普段から体内の至るところに存在し、血圧の低下や筋肉の収縮など、大切な役割を担っているのですが、過剰にに分泌されると、当然、子宮の収縮も過剰に行われることになり、生理痛が強くなる原因の一つとなってしまうのです。

更に、このプロスタグランジンというホルモンには、痛みを強くする効果もあるため、下腹部だけに納まらず、腹部全体や腰痛、頭痛といった痛みの症状に加え、下痢なども症状も引き起こす原因になっていることもあります。

逆にいえば、プロスタグランジンの分泌が少なければ、全く生理痛を感じることなく月経期を過ごすことが出来るということなので、婦人科を受診し、そのような薬を処方してもらうことも出来るようです。

他に、生理日が近づくと片頭痛が起こるといった場合もホルモンが関係している場合があります。

これは、プロスタグランジンではなく、排卵後に卵胞ホルモン(エストロゲン)の分泌量が減少することと関係があります。
エストロゲンの減少に連動して、同時に脳内にある『セロトニン』という神経伝達物質も減少してしまうのですが、このセロトニンは減少することで頭痛を引き起こすのです。

そして、月経期を過ぎれば、また同じように2つの物質は連動して分泌量を安定させますので、頭痛も自然と治まっていくというわけです。

2)子宮口の大きさ

生理中、経血を排出するために子宮が収縮の動作を行なう理由は、子宮口の大きさと関係があります。

実は、子宮口の大きさはストロー程度と、とても小さくて、ポンプのように押し出さなければ経血を排出することが出来ないのです。

出産経験後、生理痛が和らいだという経験のある方もいらっしゃると思いますが、この一つの理由に、出産により子宮口が大きくなったからということが考えられます。

3)生活習慣と体の冷え

様々な病気の原因としても必ずあげられる『生活習慣』や『冷え』。
生理痛の原因にも、やはり大きな関係があります。

これまでのお話で、生理のメカニズムの全てがホルモンの働きによるものだということは、分かっていただけたのではないかと思います。

そのホルモンのバランスは、食生活、睡眠、過度なダイエット、ストレス、喫煙といった、普段の生活の中にあるリズムが原因で、崩れてしまうことが多いのです。

これらのことは、度が過ぎると生理痛だけに留まらず、月経不順や月経困難、無月経、最悪の場合は30代の若年においての閉経といった事態にも繋がっていくものです。

全てを一気に改善することが無理でも、せめてまず、体を中から温める食事。
そして軽い運動。これは固まった筋肉を解すだけでも随分と血流が改善するものです。

4)その他

その他の原因としては、毎回、月経期の度に寝込まなければならない程の痛みに襲われる等は、単なる生理痛ではなく、子宮内膜症や子宮筋腫といった重い病気が関係している可能性も考えられますので、早急に婦人科を受診されることをお勧めします。

生理不順とは?

一口に『生理不順』といっても、一体どういう状態がそうなのか?と改めてきかれると、答えられますか?
2013年の調査では、生理不順の経験者は79.3%といいますから、5人女性がいれば、そのうちの4人は生理不順を経験したことがあることになります。

まずは周期を確認してみてください。

生理の周期は、正常であれば25~35日です。
それよりも、数日短い、または長い周期であっても、毎回その周期で生理がくるようであれば、不順とはいいません。

けれど、「先月は25日できたけど、今月は40日だった」というように、毎回その周期にズレが生じているようなら、それは生理不順です。

他にも、

・生理と生理の間に出血がある。
・生理の日数が8日以上ある。逆に、7日に満たずに終わってしまう。
・経血の量が極端に多い、少ない。

なども、生理不順だと考えられます。

生理不順の原因は?

ここにもやはりホルモンが関係しています。

1)プロラクチンの分泌過多

『プロラクチン』というのは、授乳期に分泌されるホルモンで、排卵を抑制する働きをするものです。
これが、授乳期でないにもかかわらず、何らかの原因で分泌されていることで生理不順の原因となっている場合です。

2)甲状腺の異常

甲状腺から分泌される『甲状腺ホルモン』が、甲状腺に関わる病気などが原因で正常に分泌されなくなると、女性ホルモンも影響を受け生理不順に陥ります。
甲状腺ホルモンは、多くても少なくても悪影響が出るホルモンです。

3)生活習慣とストレス

そしてやはり、コレです。
生理痛同様、ホルモンのバランスが崩れ、生理不順を引き起こす大きな原因となっています。

特に、若い頃の過度なダイエットによる生理不順、若しくは『無月経』は深刻です。

ダイエットに限らず、女性アスリートにも多くみられる現象なのだそうですが、体重40kg未満、体脂肪率15%を下回ると、体は生命機能に関係のない生殖機能、つまり排卵等の働きを停止させます。

これは、体を守るために不必要なエネルギーをセーブした状態といえます。
3か月間生理がこなければ、無月経と考え適切な治療を受けることで回復しますが、そのままの状態で放っておくと本当に閉経してしまい、治療をしても生殖機能が回復することはありません。

間違えても「生理がなくて、楽ちん♪」なんて、思わないでくださいね。

生理痛・生理不順に青汁は効果的なの?

では、そんな毎月の辛い生理痛を少しでも和らげ、楽に月経期を過ごすために青汁がお手伝い出来る事をご紹介しましょう!

1)青汁でホルモンバランスを整える

青汁には、本当に沢山の栄養素が含まれていますが、中でも以下のような成分がホルモン分泌にとって有効に働きます。

・ビタミンB6、ビタミンC
女性ホルモンの分泌を促し、ホルモンバランスを整える
 
・ビタミンE
血液循環を改善、血行促進により体を温める

・亜鉛
女性ホルモンの活動に必要な甲状腺ホルモンの受容体としての働きを担う
 
・鉄分
鉄分不足による冷え性の改善。

・パントテン酸
副腎皮質ホルモンの合成促進によるストレスの緩和

中でも、青汁にも含まれている亜鉛に関しては、もともと食品からは摂取しにくく慢性的な摂取不足が懸念されることも多いのですが、女性にとっては亜鉛の欠乏により、卵巣機能や排卵が正常に行われないという事態にも発展しかねない、とても重要な栄養素なのです。

もちろん、栄養もホルモン同様「バランスよく」というのが一番の理想ですので、不足しやすく摂取しにくい成分をまとめて摂ることが出来るのは、とても嬉しいことですね。

他に、子宮の過剰な収縮を抑えてくれるマグネシウムも、青汁には豊富に含まれています。

2)青汁で冷えの改善

沢山の体に良い栄養素ももちろんですが、何より青汁の「血流を改善することによって中から体を温めるという効果」が、生理痛の改善のための第一歩かもしれません。

血流が悪いと、せっかく摂った栄養も上手く体に行き渡らずに滞ってしまうので、栄養を摂りながら体を温めることが出来れば、一石二鳥ですね!

生理痛・生理不順にオススメの青汁

体に良いということで沢山の種類の青汁を見掛けますが、では、生理痛や生理不順に効果的な青汁ってどれなんでしょう?

1)鉄は大麦若葉、亜鉛は明日葉

「鉄分を沢山摂りたい!」という人へのお勧めは、『大麦若葉』を主原料に含む青汁です。

青汁の三大原料といわれる『ケール』『明日葉』。
どちらもそれぞれに、とても豊富な栄養を含んでいて優劣はつけがたいのですが、この鉄分に関しては大麦若葉がダントツの含有量なんです。

また、亜鉛を摂りたいなら『明日葉』がお勧めです。
もちろん、この両方を原材料に使った青汁も販売されていますよ。

2)イソフラボンを加えた青汁

女性ホルモンの働きをもっと直接的に助けたい!
それには、大豆に含まれる『イソフラボン』を加えるのがお勧めです。

イソフラボンは、低下した女性ホルモン、特にエストロゲンの働きを助ける効果があります。減少した時には、補助を。過剰になった時には、抑制を。

青汁の中にも、豆乳粉末などイソフラボンを配合した種類も発売されています。
それが手に入らないければ、豆乳で割って飲むというのもいいですね。

その際は、体を冷やさないためにも、ホットドリンクとして召し上がってくださいね。

このページの先頭へ