青汁にガン予防効果はあるの?

青汁にガン予防効果はあるの?
以前のように不治の病ではなくなったガンですが、それでも怖い病気であることには変わりなく、予防や早期発見が大切であることは間違いありません。

そんなガンへの対策として、今、青汁が注目されています。今回は青汁が癌の予防にどのように効果を発揮するのかを詳しくご紹介します。

ガンを防ぐための新12か条

国立がん研究センターがん予防・検診研究センターは2011年に「がんを防ぐための新12か条」として、現時点で明らかになっているガン対策に有効な方法を発表しました。それは次のような内容になっています。

1.喫煙をしない
2.受動喫煙を避ける
3.お酒を飲み過ぎない
4.食事はバランスよく
5.塩分を摂り過ぎない
6.野菜・果物をしっかり食べる
7.適度に運動をする
8.肥満を避けBMI値を適正範囲内に留める
9.ウイルス、細菌感染を予防し、適正に治療する
10.定期的にガン検診を受ける
11.体の異常に気づいたら直ちに診察を受ける
12.ガンに対して正しい知識を持つ

12か条のうち食事に関わるものが実に5項目にも上っています。このことから、いかに食生活がガン予防に大きなウエイトを占めているのかが分かるのではないでしょうか。

そして青汁がこの食生活の改善に重要な役割を果たしてくれるということで期待が高まっているのです。

青汁に含まれるガン対策成分

それでは青汁に含まれているどんな成分がガンに有効だと言われているのでしょうか? それらの成分が癌の予防や抑制にどんな働きをするのかをご紹介します。

β-カロテン

β-カロテンは緑黄色野菜に多く含まれるカロテノイドで、摂取すると体が必要とする分だけビタミンAに変換されます。β-カロテンには非常に強力な抗酸化作用があり、ガンの原因のひとつであるDNAの損傷を防ぐ働きがあることが分かっています。

β-カロテンは胃ガンや大腸ガンなどに抗ガン作用があるとの報告がある一方で、喫煙者がサプリメントなどからβ-カロテンを大量に摂ると肺ガンのリスクが高まるとする調査結果もあります。

β-カロテンの抗ガン作用を期待するなら、野菜などからの摂取と禁煙(受動喫煙を含む)の2つが絶対条件であると言えそうです。

ビタミンC

果物や野菜に多く含まれているビタミンC。美白効果やアンチエイジング効果に注目されがちな成分ですが、その強い抗酸化作用は病気に対しても非常に効果的で、ガン細胞の活性化を抑える働きがあると言われています。また、抗ストレス作用や免疫力を高める働きにもすぐれ、そちらの面からもガンに対抗します。

特に肺ガンや胃ガンの発症率を下げるという研究結果があり、最近ではガンの治療のサポートとして高濃度のビタミンCの点滴を取り入れている医療機関もあります。

ビタミンCは体内に溜めることができず、すぐ排出されてしまいます。ガンをはじめとした病気に対しての効果を期待するなら、十分な量をこまめに摂取する必要があります。

クロロフィル(葉緑素)

植物や藻類が持つ緑色の色素で、光合成を行うのに必要不可欠な成分です。クロロフィルにも強力な抗酸化作用があり、DNAの損傷や染色体異常の発生を防いでガンを予防します。また、よもぎ由来のクロロフィルには抗癌剤としても用いられるインターフェロンを増やす働きがあると言われています。

クロロフィルは抗炎症作用や免疫力をアップさせる作用、体内の発ガン性物質を排出させる作用にもすぐれており、多方面からガン細胞の発生を抑え込みます。

食物繊維

便秘の解消にすぐれた効果を発揮する食物繊維。便が腸内にとどまる時間を短くさせることで大腸ガンの発生を抑えます。

食物繊維の摂取が極端に少ない人に大腸ガンのリスクが高くなるという調査結果があるのですが、これは日本人に大腸ガンが急増していること、現代日本人の食事には食物繊維が全世代で足りていない事実に一致します。

葉物野菜を由来とする食物繊維を多く含む青汁のほかに、水溶性食物繊維である難消化性デキストリンを配合している製品も多くあり、どちらも大腸ガン対策には有効です。

カルコン

カルコンは明日葉のみに含まれるフラボノイドで、非常に強力な抗酸化作用を持っています。カルコンと言えばむくみ改善やセルライト除去などなどに注目が集まりがちですが、発ガンを促進させる物質を抑制し、ガン細胞を死滅させる働きを持つことがわかり、研究が進められています。

アメリカでは明日葉が発ガンを抑制する効果の高い野菜として認められていますが、それは特にこのカルコンの働きによるものだと言えます。

クマリン

クマリンは特有の芳香を持つポリフェノールの一種で、こちらも明日葉に多く含まれている抗酸化成分です。

クマリンは血液をサラサラにする効果で知られていますが、肝臓の解毒作用をサポートする働きも併せ持っており、ガン細胞を作るモトとなる物質を速やかに体外に排出します。クマリンの抗ガン作用はカルコンに勝るとも劣らないと言われ、こちらも研究が進められています。

ルテリオン

非常に強い抗炎症作用・抗酸化作用を持っており、発ガンの抑制、免疫力・解毒作用をアップさせる働きを持っているフラボノイドです。青汁の原材料になる明日葉やブロッコリーのほか、今話題のエゴマにも豊富に含まれています。

ただし子宮内膜ガン(子宮体ガン)に関しては、サプリメントなどで大量摂取した場合に限りガン細胞の成長を促進させる可能性があるとする報告もあります。

SOD(スーパーオキシドディスムターゼ)

SODは非常に高い抗酸化作用を持つ酵素で、DNAを傷つける活性酸素を取り除くことで細胞がガン化するのを防ぎます。

ビタミンA、C、EがSODの効果を高めることがわかっているため、それらのビタミンがSODと同時に摂れる青汁を飲むことは効率的だと言えるでしょう。

SODはアンチエイジング効果や高血圧、糖尿病などの生活習慣病にも効果を発揮することから、今、大きく注目を集めている成分なのですが、大麦若葉や明日葉、ルイボスなど限られた食材にしか含まれていません。

SOD投与によるガン治療を行っている医療機関もあり、胃ガンや乳ガンなどに成果を上げています。

スルフォラファン

非常に高い抗酸化作用と解毒作用を持っているファイトケミカル(天然の化学成分)で、ケールやブロッコリーに含まれています。通常の抗酸化作用によるガンへの効果のほかに、スルフォラファンには胃壁に棲みつき、胃ガンや胃潰瘍、慢性胃炎などの原因となるピロリ菌を撃退するといった非常に特徴的な働きがあります。

ピロリ菌を除菌するには通常、抗生物質の服用が必要となりますが、スルフォラファンにはその抗生物質とほとんど同等の効果があると言われています。

イソチオシアネート

イソチオシアネートはケールやキャベツ、白菜、パパイヤなどに含まれる、非常に殺菌力の高い成分です。

肝臓の働きを助けて解毒作用を促進し、体内の発ガン性物質を尿とともに排泄します。ガンの発生を抑えて予防する働きだけでなく、すでにできてしまったガン細胞の働きを抑制する抗ガン作用の両方を併せ持つことが分かっており、非常に注目度の高い成分として研究が進められています。

アルテミシニン

アルテミシニンはヨモギに含まれる成分で、元々は漢方などでマラリアを治療するために使用されていました。ところが最近になって、このアルテミシニンとその誘導体に高い抗ガン作用があることが分かり、注目されています。

特徴的なのはガン細胞だけを狙い撃ちするかのように撃退し、その正確性は現行の抗癌剤の数万倍にも上る点。このアルテミシニンを使ったガン治療は未だ実験段階で実用化には至っていませんが、抗ガン薬が開発されればガン治療が一気に前進することになるかもしれません。

青汁=ガン治療ではないけれど…

青汁に含まれる、ガン対策に効果的な成分をご紹介しましたが、だからといって即、「青汁を飲めばガンが治る」「ガンにはならない」ということではありません。あくまでもリスクを下げるための手段でしかないのです。ガンを発症している方は、もちろん治療が優先されることは言うまでもありません。

ただ、先に紹介した「がんを防ぐための新12か条」だけにとどまらず、他の多くの療法でも野菜をしっかり食べることがガン対策の重要なポイントであるのは明らかです。

その点青汁なら野菜不足を簡単に補え、通常の食事では摂りにくいような抗ガン作用が期待できる成分、免疫力をアップさせる成分も併せて摂ることができる利点があります。

副作用がきわめて少なく、手軽に続けられる青汁。ぜひガン対策のサポート役として、青汁を有効活用してください。

このページの先頭へ