青汁を離乳食に使っても大丈夫?

青汁を離乳食に使っても大丈夫?
「離乳食を始めたのに、なかなか赤ちゃんが野菜を食べてくれない」
「うちの子の栄養、これで大丈夫なのかな」

新米ママさん・パパさんの中には、離乳食がひとつのハードルのように感じてしまう方もいらっしゃるかもしれません。

大人の野菜不足を青汁が手軽に解消してくれるように、赤ちゃんの栄養面も青汁がカバーしてくれたら嬉しいですよね。でも果たして青汁を離乳食に使っても問題はないのでしょうか?

青汁はあくまでも大人向けに作られている

野菜100%で作られた青汁は文字通り野菜そのものなので、もちろん離乳食に使えないということはありません。ただ、いくつかの注意しなければならない点があります。

現在販売されているほとんどの青汁は、大人が飲むことを想定して成分などが調整されています。大人のカラダの中に足りていないものを補えるように作られているわけです。

大人と子供とでは必要となる栄養素が同じではありませんし、単純に栄養摂取量の目標値自体も異なっています。多くの青汁メーカーが「子供さんに飲ませる場合には大人の半分の量を、様子を見ながらにして」と言っているのは、そんな理由があります。

まして離乳食にチャレンジしている頃の赤ちゃんなら、体の各器官も味覚も十分に完成されていないため、さらに注意が必要となります。

最近はおいしくてゴクゴク飲める青汁が増えてきてはいますが、例えば「赤ちゃん用のマグに青汁を入れてジュースの代わりに飲ませる」などというのはちょっと待って!

確かに青汁は栄養豊富、なかなか摂れない微量ミネラルだってしっかり含まれているのですが、同じように食物繊維もたっぷり入っています。もとからうんちの緩い赤ちゃんならもちろんのこと、たとえ便秘気味の赤ちゃんでもお腹を壊してしまう可能性があります。
赤ちゃんに青汁を与えるなら、水で溶いたものをティースプーン1杯から。葉物野菜がしっかり摂れている状態なら、それでも多いくらいかも知れません。食事の状況を見ながら、くれぐれも少しずつ試すようにしてください。

離乳食に使える青汁、向かない青汁

一口に青汁と言っても非常に多くのタイプの商品があり、中には大人には適していても赤ちゃんにはあまりお勧めできないものもあります。ここでは離乳食に使用するための青汁を選ぶには何を基準にすればいいのかをまとめてみることにしましょう。

素材の安全性が十分な青汁を選ぶ

赤ちゃんに与えるなら、残留農薬や化学肥料はやはり気になるもの。十分に検査が行われて安全性が確立されている青汁や、できればオーガニック素材、有機JAS認定の素材で作られた青汁を選びましょう。

また、原材料全てが必ず国産でなければならないというわけではありませんが、産地が明確にされている青汁であれば、選ぶ際にもより安心感が高まるのではないでしょうか。

青汁に含まれる「甘味料」には要注意

最近の青汁は苦味が少なく飲みやすいものが多くなってはいますが、甘味料で味を整えて飲みやすくしているものも珍しくありません。オリゴ糖でやさしい甘みをプラスしているものなどは問題ありませんが、果汁の含まれるものは特に離乳食が始まったばかりの頃なら慎重に。

砂糖が使用されているものは避けたほうがいいでしょう。ハチミツのように1歳未満の赤ちゃんには与えてはいけないものが使用されている青汁もあるため、原材料はよく確認するようにしてください。

人工甘味料に関しては大人が飲む分でも賛否が分かれるわけですから、当然、赤ちゃんに与えるのはおすすめしません。

無添加の青汁ならより安心

一般的な食品にもよく含まれている添加物(保存料や着色料、香料など)のほか、青汁には粉末を溶けやすくするためのもの、口当たりを良くするためのものが含まれている商品も多く存在します。

過剰に神経質になる必要のない成分もありまが、それでも赤ちゃんに与えることを考えるなら添加物不使用の商品を選ぶのが安心です。

ダイエット・美容目的の青汁は避けて

青汁の中にはダイエットや美容など、明確な目的を持って開発された商品があります。このような青汁は野菜などの原材料以外に特定の有効成分がプラスされているものが多く、これらの成分の中には赤ちゃんにあまり向いていないものがあります。

また、必ずしも栄養バランスにすぐれた青汁ばかりではないため、特定の成分だけ過剰摂取になってしまう可能性もあります。ダイエット目的、美容目的の青汁が全て良くないわけではありませんが、こうした青汁を離乳食として赤ちゃんに与えるのは避けたほうが無難でしょう。

カフェインが含まれる青汁は使えない?

青汁の中には緑茶や抹茶が配合されているものがあります。風味が良くなるうえにビタミンCなどの栄養素が摂取することができるメリットはあるのですが、気になるのはカフェインが含まれている点。

青汁に含まれているカフェインはコーヒーや紅茶に比べれば問題にならないほどの少ない量ですし、そもそも赤ちゃんに与える青汁はごくわずかな量。通常は青汁のカフェインは気にしなくてもいいと考えられます。

ただカフェインの影響には個人差がありますし、カフェインフリーの青汁商品が多数ある中であえてカフェイン入りのものを選ぶ必要はないのも確か。気になるなら赤ちゃんにはノンカフェインの青汁を選ぶといいでしょう。

離乳食に最適の青汁の使い方は?

青汁を離乳食に使うには、具体的にどのような使用方法が考えられるのでしょうか。

野菜のお出汁をイメージして、溶いた青汁ひとさじをおかゆに加える。またはコーンスープやポタージュに加える。
おやつとして、ホットケーキに少量の青汁を加えて焼く。ヨーグルトに少しだけ青汁を混ぜる。

こんな使い方なら赤ちゃんにも無理がなく、自然な形で栄養価をアップさせることが可能です。

「なんとか野菜を食べさせなければ!」と頑張りすぎる必要はありません。赤ちゃんにも自分のペースがあります。味や口当たりに好き嫌いがあったとしても、それは当然のことなんです。

離乳食のころの好き嫌いが、必ずしもそのまま子供時代や大人になってからの好き嫌いに結びつくわけではありません。決して焦らず無理することなく、赤ちゃんやママ、パパをサポートするものとして青汁を上手に使ってくださいね。

このページの先頭へ