サンスター「粉末青汁」口コミ 飲んだ正直な感想

サンスター健康道場「粉末青汁」を飲んだ正直な感想
健康が関心の的になることの多い現代人にとって、野菜不足を手軽に解消してくれる青汁は今最も注目される商品のひとつ。各メーカーはこぞって青汁の商品開発に力を注いでいるようです。歯磨きやヘアケア製品などでおなじみのサンスターからもいくつか青汁が登場してる模様。今回はそれらの中から、「健康道場 粉末青汁」を試してみることにしました。

サンスター粉末青汁の原料、成分、栄養素、モニターの口コミ、特典などについては以下をご覧ください。


もくじ

サンスター粉末青汁の成分・原材料

サンスターの粉末青汁には5種類の緑黄色野菜(ブロッコリー、ケール、大麦若葉、明日葉、モロヘイヤ)が使用されています。公式サイトの方には100%国産と書かれていましたが、産地がどこなのかわからなかったので、サンスターさんに直接お伺いしてみました。

・ブロッコリー…宮崎県、鹿児島県、岡山県、北海道産
・ケール…宮崎県、大分県、静岡県、熊本県、島根県産
・大麦若葉…福岡県、大分県、熊本県産
・明日葉…八丈島産
・モロヘイヤ…島根県産

とのこと。確かに国産の原材料ばかりですね!
甘味料や香料、保存料などの添加物は一切使用されていませんし、野菜がぎっしりつまった青汁だと言えそうです。

サンスター粉末青汁1包分(10g)に含まれる主な栄養素

エネルギー 30kcal
たんぱく質 1.5~3.5g
脂質 0.3~0.9g
糖質 2.7g
食物繊維 3.6g
ナトリウム 0~100mg
カリウム250mg
ビタミンK 180μg
ショ糖 0.4~1.1g
その他、カルシウム、マグネシウム、鉄、β-カロテン、葉酸、ビタミンCなど

その他扱いになっていますが、カルシウムはまいわし約5.5尾分、ビタミンCはいちご約1粒分、鉄分はドライプルーン約9.5個分、といった具合に栄養成分はかなり豊富です。

ところで1.5~3.5gなどというように、数字に揺れ幅があるの、ちょっと気になりませんか? いくつか青汁を試した中で、こういう風に表記に幅がある製品を見たことがなかったので、この件についてもサンスターさんに訊いてみました。すると、

「天然の野菜を原材料として使用しているので、収穫時期や産地によって栄養成分が異なってくるからです」

とのこと。言われれば納得です。この青汁って、まさに野菜そのものなんですね。

サンスター粉末青汁の口コミを調べてみました

サンスターの粉末青汁について、口コミをチェックしてみました。

プラス評価の口コミ

・ドロッとした感じでかなり濃く、体のために良いことをしているという実感があります。肌の調子も良くなりました。
・外食が多いのでよく飲んでいます。いろんな青汁を試しましたが、これが一番効果がある気がします。
・量が多いので2回に分けて牛乳で飲んでいます。好きな味です。
・どうせ飲むなら野菜成分がしっかり摂れるものを、ということで選びました。電動クリーマーを使うと溶けやすいですよ。
・甘味料や保存料、香料などが入ってないので自然派志向。子供にも飲ませています。
・他の青汁と比べると飲みにくいので、続けられるだろうかと心配でしたが、飲んでいるうちに慣れました。便秘が解消して疲れにくくなったので、この先も続けようと思います。

マイナス評価の口コミ

・量が多く、飲みごたえがありますが、高いのが残念。
・溶けにくいし、ケールの風味が強く、いかにも青汁くさい。
・青汁の中ではまずい部類に入ると思います。好き嫌いが分かれる味です。
・おいしくない上に匂いも好みではなく、私は続けられませんでした。

マイナス評価のほとんどが味や飲みにくさに関することでした。反対に健康に関する点では評価が高く、「効果が感じられなかったので飲むのをやめた」といった口コミは、調べた範囲では見られませんでした。

サンスター粉末青汁の原料、成分、栄養素、モニターの口コミ、特典などについては以下をご覧ください。

サンスター粉末青汁の口コミは本当?実際に試してみました!

サンスター粉末青汁の口コミは本当?実際に試してみました!
002sanstfunmatsu
申し込んでから2日ほどで到着しました。

003sanstfunmatsu
ダンボール箱を開けてみると、中身はいたってシンプル。青汁の箱にパンフレットが少し、それにおまけの電動ハンディークリーマーが入っていました。

004sanstfunmatsu
青汁はこんな感じで箱に入っています。

青汁の袋とハンディークリーマー
青汁の袋とハンディークリーマー。袋の方は縦13.7cm×横6cmと大きめ。1袋に10g入っています。

006sanstfunmatsu
袋を開け、コップの中に入れてみました。青汁は目が細かくふわふわしたパウダー状です。匂いはいかにも緑の野菜! 口コミに匂いに関するものがありましたが、野菜好きの筆者にとっては決して嫌な匂いではありませんでした。

水に溶かして粉末青汁を飲んでみます

では早速、160ccのミネラルウォーターに溶かしてみることにします。かき混ぜただけではなかなか溶けません。口コミにあったように、ハンディークリーマーがあれば軽減されますがが……。それにしても160ccって多いですね。

水に溶かして粉末青汁を飲んでみます
まずは一口飲んで、「あ。これはおいしくない」。ただし口コミを事前に読んでいて、ある程度は覚悟していたので、想像した範囲内です。味に尖った感じや雑味、苦味などはなく、良く言えばまろやか。とろりと濃く、いかにも青い野菜だけど、どこかお芋のような?味わいです。

とはいえ、これを160cc飲むのか……、と気が重くなったところで、隣で飲んでいた家族が「ああ、これくらい飲みごたえがある方がいいなぁ」「おいしくはないけど、全然まずくないよね」と口々に言い始めました。え、まずくないの? 何やら意外な展開です。

低脂肪乳に溶かして粉末青汁を飲んでみます

低脂肪乳に溶かして粉末青汁を飲んでみます
低脂肪乳で割って飲んでみると、水よりは若干飲みやすいかな?と個人的には思ったのですが、家族からは「水よりいいとは思わない、飲みやすさは同じくらい」「甘さが中途半端で、これは微妙。おいしくない」という感想が。ここでも意見が割れるという結果に。

豆乳に溶かして粉末青汁を飲んでみます

豆乳に溶かして粉末青汁を飲んでみます
「あれっ、意外と飲める?……というよりむしろ、おいしい?!」
口コミの評価に恐る恐る飲み始めた粉末青汁だったはずなのに、よもや「おいしい」と感じてしまうとは。豆乳のほのかな甘味が粉末青汁と好相性。これは個人的にイチオシです! 家族の評判も、「甘くてうまい」「飲みやすい。牛乳より全然いい」と好感触でした。

サンスター粉末青汁の総評

まず電動クリーマーがないことには、この青汁は始まりません。かき混ぜるだけではダマになるばかりで、忙しい朝には厳しいのではないでしょうか。これは牛乳で溶かした場合ですが、こんな感じでクリーマーを使っても少し溶け残ってしまいました。
010sanstfunmatsu

そして160ccというのは結構ずっしり来ます。水でも多いと感じますが、牛乳や豆乳だとなかなかのボリュームなので、普段の食事にプラスしてとなると躊躇してしまいます。筆者なら朝食置き換えに使うかな。

ちなみに160mlの低脂肪乳は74.4kcal、牛乳は104.8kcal、豆乳は74.4kcalですので、それぞれに粉末青汁の熱量30kcalを加えると、

・水割り…30kcal
・低脂肪乳割り…104.4kcal
・牛乳割り…134.8kcal
・豆乳割り…104.4kcal

ということになります。

何回かに分けて飲むというのも可能ですが、保存料が入っていないので作り置きは不可とのこと。その都度飲む分だけを作り、湿気ないように密閉して、開封したものは早めに飲み切るのが基本です。

口コミで散々だった「味」に関してですが、家族の間でも評価が分かれたので、口コミで書かれていたことには納得できます。ただ、この粉末青汁を続けられなかった方々が、もし豆乳割りを試していなかったとしたら、ちょっと残念ですね。

サンスター粉末青汁の原料、成分、栄養素、モニターの口コミ、特典などについては以下をご覧ください。

サンスター粉末青汁に期待できる効果

粉末青汁に使用されているのはブロッコリー、ケール、大麦若葉、明日葉、モロヘイヤの5種類。それぞれの野菜に含まれる成分から、粉末青汁に期待できる効果を見ていきましょう。

ブロッコリー

ほのかな甘味がサンスター粉末青汁の素朴な味わいの源となっているブロッコリー。他の青汁にはあまり使われていない、特徴的な原材料です。

ブロッコリーにはビタミンCやKが多く含まれている上に、ビタミンB群、β-カロテン、鉄分、葉酸などが豊富。さらには抗酸化作用が高く、解毒作用の促進や代謝アップが期待できるほか、癌の予防効果が注目される「スルフォラファン」も含まれています。

ケール

キャベツの変種ケールには、β-カロテンがキャベツの約60倍、ビタミンCが約2倍含まれています。ビタミンの含有量は全ての緑黄色野菜の中でトップクラス。ミネラルや食物繊維も豊富です。

特筆すべき成分は、カロテノイドの一種である「ルテイン」。こちらも癌の発症リスクを下げるとして研究が進められています。

ケールには骨粗鬆症の薬として処方されることもあるビタミンKも多く含まれています。これについては後述します。

大麦若葉

食物繊維、葉緑素、鉄分、ビタミンCやB群、カルシウム、カテキンが豊富に含まれる、青汁ではおなじみの材料。活性酸素を除去するSOD酵素が多く含まれており、身体の老化防止、血圧・血糖値・中性脂肪・コレステロール値などの正常化が期待できます。葉緑素が多く含まれることから、癌予防効果が注目されます。

明日葉

ビタミン、ミネラル、独自成分カルコンが豊富な超優秀緑黄色野菜。血液サラサラ効果により、生活習慣病やメタボリックシンドローム、骨粗鬆症などの予防・改善が期待できるほか、アルツハイマー型認知症の予防、治療への効果が報告されています。

こちらも話題のSOD酵素を含んでいます。ダイエットの分野ではセルライトの改善に効果があるという話も!

モロヘイヤ

夏バテ予防への効果で知られるネバネバ成分ムチンが含まれる野菜。血糖値や血圧を抑制する働きや、胃壁を守る作用などが認められています。

美容や若返りには欠かせないβ-カロテン、ビタミンE、Cなどが豊富なほか、骨粗鬆症に有効なビタミンKやカルシウム、むくみに効果的なカリウム、そして鉄分や食物繊維も豊富に含まれています。あのクレオパトラが食していたのも納得!

粉末青汁は妊娠中・授乳中に飲める?

粉末青汁は妊娠中、授乳中に飲んでも問題ないのか、この点もサンスターさんに直接訊いてみました。

「野菜を食べるのと同じことなので、野菜の摂取制限がない限りは飲まれても構いません。ただし、体調や体質が変化しやすい時期でもあるので、心配であればお医者様にご相談ください」

とのことでした。

サンスターの粉末青汁の摂取制限について

サンスターの粉末青汁にはビタミンKが含まれています。ビタミンKは納豆や海藻類などに多く含まれ、カルシウムを骨に定着させるのに有効な成分なのですが、抗血液凝固系の薬とは相性が良くありません。薬を服用されている方や循環器系の治療を受けている方はお医者様に相談の上での飲用をおすすめします。

サンスターの粉末青汁を他の青汁と比較してみました

今回レビューしたサンスターの粉末青汁と、ダイレクトテレショップで購入できる青汁三昧マイケアのふるさと青汁の3種類を比較してみました。

サンスターの粉末青汁の味を比較

筆者一家が飲んでみた印象でも口コミでも好みが分かれる3品。濃厚で素朴な味わいの粉末青汁に対して、ほのかな甘味と酸味があるのが青汁三昧、薄味でほんのり苦味と甘味のあるのがふるさと青汁。

サンスターの粉末青汁の溶けやすさを比較

式で表すと、

青汁三昧>ふるさと青汁>>>サンスター粉末青汁

の順でしょうか。口コミにあったように、確かに粉末青汁は溶けにくいです。ただ、粉末青汁が溶けにくいのは「溶けやすくするための余分な成分を入れていないから」とのことで、クリーマーさえ持っていれば、その溶けにくさはかえって歓迎できるかも?

サンスターの粉末青汁の原材料を比較

粉末青汁の原材料はブロッコリー、ケール、大麦若葉、明日葉、モロヘイヤ。ふるさと青汁は明日葉、桑の葉、大麦若葉。いずれも国産で安全性の高いものが使用されています。1回分が3gのふるさと青汁に対して10gもある粉末青汁は、成分量では圧勝?!

一方、青汁三昧には大麦若葉、ゴーヤ、ケールが使用されているのですが、これらは中国産。人工甘味料が含まれているのも気になる点です。

サンスターの粉末青汁の価格を比較

送料込みの単品購入では、

ふるさと青汁(4,604円)<粉末青汁(4,860円)<青汁三昧(6,600円)

の順。ただし、定期購入し最も安価となるパターンで申し込んだ場合には、

青汁三昧(2,700円)<ふるさと青汁(3,694円)<粉末青汁(4,374円)

の順番に変わります。定期購入での青汁三昧の安さが目を引きます。

サンスター粉末青汁、お得な購入方法は?

サンスターの粉末青汁は、一回ごとに単品で購入するよりも定期お届け便を利用したほうが遙かにお安くなります。しかも、1度に2コースだと通常価格の12%OFF、3コース以上の利用で15%OFF! いずれも送料は無料で、他商品を混ぜてもOK。購入回数の縛りがない上、最長6ヶ月のお休みも可能です。

続けてこそ効果が実感できる青汁。購入するなら断然定期コースのご利用がお得ですよ。

<管理人レビュー評価>

3.8 /5

ちょっと他の青汁と比べて飲みづらいと感じましたが、ブロッコリー、ケール、大麦若葉、明日葉、モロヘイヤとかなりバランスよく野菜が含まれている点と、それらの原料が国産ということはかなり評価できます。サンスター粉末青汁は野菜不足の方におすすめです。

中河環

このページの先頭へ