伊藤園 毎日1杯の青汁口コミ・評判

伊藤園 毎日1杯の青汁の口コミ調査と私のレビュー
お茶で有名な「伊藤園」が青汁を販売しています。その名も「毎日1杯の青汁」。
お茶のプロが作り上げた青汁はどんな原材料が入っていて、どんな味なのでしょうか。

私も早速買って飲んでみました!
写真付きで「毎日1杯の青汁」のレビューを公開します。

また、伊藤園「「毎日1杯の青汁」の原料や栄養素、期待できる効果などの詳細と、良い口コミ、悪い口コミ、他社の青汁との比較もまとめましたので併せてご案内します。

伊藤園「毎日1杯の青汁」の原料・成分

今回は仕事帰りに自宅近所のコンビニで紙パックになっている毎日1杯の青汁を税込み108円で買いました。
ストローを差せばジュースのようにいつでも飲むことができるし、粉末のようにお水に溶かす等の手間が不要なのは外出先で飲む際にも便利ですね。

伊藤園「毎日1杯の青汁」は、紙パック、ペットボトル、粉末の3つの形態から選べます。

紙パックはサイズが200ml、1Lの2種類あります。原材料も容器形態によって少しずつ配合しているものが違います。例えば粉末タイプははちみつをブレンドしていたり、ペットボトルタイプは乳酸菌をプラスし、栄養機能食品となっているなど。買い手は飲み方や栄養面によってニーズにあったタイプを選べるというわけです。

「毎日1杯の青汁」紙パックタイプ 200ml

【主な原材料】
・豆乳
・糖類(砂糖黒糖蜜)
・大麦若葉粉末
・ケール汁
・ブロッコリー汁
・緑茶粉末
・寒天
・亜鉛酵母
・増粘多糖類
・コーラルカルシウム
・ビタミンE

【主な栄養素】
・熱量 52kcal
・たんぱく質 1.2g
・脂質 0g
・ナトリウム 2~11mg
・糖質 9.8g
・食物繊維 1.4g
・カルシウム 110mg
・鉄 0.2~1.2mg
・カリウム 113mg
・亜鉛 1.2mg
・ビタミンE 24mg
・ビタミンK 49μg
・葉酸 0.5~37μg
・カフェイン 2.5mg
・食塩相当量 0~0.03g

「毎日1杯の青汁」ペットボトルタイプ PET 240g

【主な原材料】
・水溶性食物繊維
・大麦若葉粉末
・ケール汁
・抹茶
・亜鉛酵母
・植物性乳酸菌粉末(殺菌)/増粘多糖類、
・乳化剤
・ビタミンE

【主な栄養素】
・熱量 22kcal
・たんぱく質 0.7g
・脂質 0g
・ナトリウム 0~29mg
・炭水化物 7.2g
・糖質 2.2g
・食物繊維 3.6~6.4g
・カルシウム 6~37mg
・鉄 0.2~1.5mg
・カリウム 36~218mg
・亜鉛 9mg
・ビタミンE 9mg
・ビタミンK 5~150μg
・葉酸 3~44μg
・カフェイン 10mg
・食塩相当量 0~0.1g

「毎日1杯の青汁」粉末タイプ 1包(7.5g)

【主な原材料】
・砂糖
・大麦若葉粉末
・緑茶粉末
・ブロッコリー粉末
・豆乳粉末
・マルトデキストリン
・でん粉
・ケール粉末
・デキストリン
・はちみつ粉末
・サンゴカルシウム
・クチナシ色素

【主な栄養素】
・熱量 26kcal
・たんぱく質 0.3~0.8g
・脂質 0~0.3g
・ナトリウム 0~5mg
・炭水化物 7.2g
・糖質 5.3g
・食物繊維 0.5~1.3g
・カルシウム 70mg
・ビタミンK 30~80μg
・鉄 0.1~0.9mg
・カリウム 30~100mg
・総ポリフェノール 30~120mg

伊藤園「毎日1杯の青汁」の口コミ

伊藤園「毎日1杯の青汁」の口コミをもとめてみました。当サイトは中立的な立場なので、良い口コミだけでなく、悪い口コミも正直に掲載しています。

プラス評価の口コミ

・牛乳や豆乳を買ってくる手間がはぶけるのが便利です。少し味が薄いような気がしますが、甘くて飲みやすいです。
・青汁と同時に豆乳も飲めるのでリピートしてます。
・粉末を飲んでます。1包が7.5gとよその青汁より量が多いのでとても濃い青汁になってます。
・とてもおいしいです。これなら続けられそうです。
・いつも店頭で紙パックのものを買って、すぐに外で飲んでます。おいしいです。
・以前から悩んでいた吹き出物が減りました。肌が明らかにキレイになりました。
・紙パックを飲んでます。普通の青汁は飲めないけど、これなら飲めます。
・さすが伊藤園です!味付けが丁寧でおいしく飲めます。
・持ち歩くのにも紙パックやペットボトルだと便利です。

マイナス評価の口コミ

・濃い青汁や豆乳の味が好みなので、薄くておいしいとは思えなかったです。
・甘すぎて青汁とは思えないです。青汁デビューの人向きなのでしょうか。
・甘さがしつこくて、自分の好みではなかったです。

良い口コミをみると、おいしい、豆乳も一緒に飲めるのがGOODなどありますが、逆に悪い口コミを見ると甘すぎるという口コミがあります。
味に関しては好みなのでなんとも言えませんが、私も実際に伊藤園「毎日一杯の青汁」を飲んでみたいと思います。

伊藤園「毎日1杯の青汁」紙パックを私も早速購入してみました

今回はコンビニでも売っている伊藤園「毎日1杯の青汁」紙パックタイプ(200ml)を購入してきました。
itoen-mainichi01
毎日1杯の青汁の中身を開封してみます
紙パックなので、中身が見えません。
ということで、パックを開封してみます。
飲む前にしっかりと容器を振るのを忘れずに。
itoen-mainichi04
itoen-mainichi03
キレイなモスグリーン+豆乳のにごりのある白が加わっていて、もったりしたおいしそうな色合いです。
粉末の青汁ではないので、ダマの心配は一切要らないのが良いです。
この写真を撮っている間など、5~7分くらいこの状態のままでしたが、分離したり沈殿することもなかったです。
itoen-mainichi02

香りに関しては、ごくわずかな青臭さを感じました。しかし青臭いというより、青菜の香りが口元にグラスを近づけるとほんのりするくらいなので、さほど気になりません。

毎日1杯の青汁を飲んでみます

まずは毎日1杯の青汁を一口飲んでの率直な感想は、「甘い」です!

誰も飲める甘くておいしい青汁!という謳い文句がありますが、甘い飲み物が苦手な人には
ちょっと甘さが濃すぎるかもしれません。
これは口コミのとおりですね。
itoen-mainichi05
この青汁の甘みは黒糖でしょうか。
黒糖を使っている甘さなので後に残る甘さではないです。

他にはとろみのある舌触りに、少しだけ粉っぽさを感じます。
飲んだときに青臭さは感じませんが、飲んだ後口の中にほんのわずかに苦味のような後味があります。
しかし、この苦味は緑茶を飲んだ後の苦味にも非常に似ていますので、気になるほどではありません。
オフィスワークでは甘いほうが疲れを癒してくれる時ってありますよね。

伊藤園というお茶屋さんが作ったという事でかなりの緑茶風味の渋みあたりを期待していたのでここまで抹茶ラテ風に仕上げているとは正直驚きました。

甘すぎるのは苦手という方でしたら氷を入れて充分に冷やすとおいしいく頂けると思います。
または、毎日一杯の青汁は無糖タイプもあるので、甘さが苦手な方はそちらを試してみると良いかと思います。

毎日1杯の青汁(紙パック)で期待できる効果

大麦若葉、ブロッコリー、ケールが入ってますので、食物繊維とカルシウムはしっかりと期待できそうです。
他にも黒糖が入っているので冷えにも効果があると思います。黒糖は白砂糖より少量で甘みを多く感じることが出来ます。

豆乳の原料である大豆に含まれるイソフラボンには女性ホルモンに性質が似ていることから女性特有のトラブルにも効果があるといわれています。
大麦若葉と共に食物繊維も豊富で、これ一本で便秘解消に一役買ってくれそうです。

また、ケールや大麦若葉にはカルシウムもありますので、体を健康へと導くには充分な栄養素を持っている青汁ということになります。
ブロッコリーにはビタミンCが、ケールにはカリウムも沢山含まれているので、むくみを予防してくれます。また、カリウムにはデトックス効果も期待できます。

毎日1杯の青汁は子どもも飲めるの?

味としては子どもが好きな甘さだと思います。
成分としては大豆を含んでいますし、その他の原材料でアレルギーが出る方には事前に医師にご相談されてから始めると良いですね。

そういった面で特に気を付けることが無い方はパッケージにも「誰でも飲める」とありますし、清涼飲料と謳っているので過度に心配することは無いと思います。

子どもや妊婦さんには栄養的に問題はなく、むしろ積極的に摂取したい葉酸やカルシウムを含んでいます。
ただ、緑茶や抹茶を使用しているのでカフェインが心配という方は、他の青汁を検討した方が良いかもしれません。

毎日1杯の青汁に含まれるカフェイン

カフェインは妊婦さんにはできるだけ摂取して欲しくない理由があります。
主な理由としては、カルシウム摂取の阻害や低体重児のリスク率が高くなってしまうからだといわれています。
しかし、全くだめというわけではなく、少量であれば問題ないようです。

毎日1杯の青汁にもカフェインは含まれているのですが、2.5mg~10mgとかなり少量です。
少ないとはいえ、含有している以上気になるという事であれば無理に摂取することは有りません。

ふるさと青汁を始め、ノンカフェインの青汁も色々なメーカーでも販売しているので、産婦人科医やかかりつけ医と相談の上、ご自身やお子さんの身体を第一に考えて下さいね。

伊藤園「毎日1杯の青汁」をシリーズ別に比較してみました

伊藤園の毎日1杯の青汁は紙パックタイプ、ペットボトルタイプ、粉末タイプ、毎日1杯のいきいき元気青汁とバラエティ豊かですが、今回はそれら4つのタイプを比較してみようと思います。

紙パック 無糖(PET) 粉末 いきいき元気青汁(粉末)
価格 1本100円 1本148円 1410円/20袋(1袋70.5円) 1410円/20袋(1袋70.5円)
大麦若葉 ×
ケール
ブロッコリー ×
緑茶 ×
抹茶 × × ×
豆乳 × ×
甘味料(糖類) × ×

まず、原材料では4種類ともにケールが入っていることがわかります。
大麦若葉粉末は毎日一杯のいきいき元気青汁以外で使用してますので、食物繊維、ビタミンBはこの3つの青汁でしたらどれでも摂取は可能です。

毎日1杯のいきいき元気青汁(粉末タイプ2)には上記の表以外の原料のほうれん草とボタンボウフウが入ってます。
ボタンボウフウは別名「長命草」といわれ、ポリフェノールを始め、ビタミンやカルシウムを豊富に含みます。
紙パックタイプと粉末タイプにはカリウムやビタミンCが豊富なブロッコリーも入っています。
ペットボトルタイプといきいき元気青汁には、乳酸菌や酵素も入っています。

価格としては粉末タイプは1日1~2包、紙パックとペットボトルは1日1本で充分という事ですので、比較的割安な青汁だと思いました。

毎日1杯の青汁のお得な買い方

毎日1杯の青汁は伊藤園の公式サイト「健康体」でも販売しています。
しかしこちらでは200mlの紙パックタイプのみの取り扱いとなっていました。
また、定期的に届けるようなコースも無かったのは残念でした。

一番身近なところではコンビニの健康飲料コーナーにも並んでます。
私の住んでる地域にあるコンビニ3社各2店舗ずつ調べてみると「ローソン」「ファミリーマート」「セブンイレブン」で各2店舗、計6店舗すべて並んでました。

スーパーでは必ずあるというわけでもないようで、徒歩圏内のスーパーにはありましたが、自転車で10分の別のスーパーにはありませんでした。
しかも取り扱っているものは全て200mlの紙パックタイプのみだったという結果。粉末は1店舗スーパーで見つけましたが、個人的に無糖タイプも飲んでみたかったのでペットボトルのが置いてなくて残念です。

amazonと楽天市場では今回ご紹介しました全種類の商品を取り扱っていました。
伊藤園の公式サイト「健康体」で購入すると、1本108円(紙パックタイプの場合)とコンビニと同じ価格ですが、amazonと楽天市場で購入する場合は伊藤園直営の店舗ではなく、ドラッグストア系列や飲料水を取り扱っている店舗の運営しているネットショップなので価格は様々です。

私が調べた時点(2015年12月現在)では、amazonで買う場合、1,744円の24本入り(1本73円)1回限りの購入と定期おトク便コースがありました。
定期おトク便ですと1,657円(1本69円)になりますので、更にお安く手に入ります。

楽天の場合はネットショップによっては76円(税込み)~と、こちらもなかなか格安に購入できるようですが、送料が発生する場合があるので送料無料キャンペーンや楽天スーパーポイントが○倍の時などを利用すると良いと思います。

若山あお

このページの先頭へ