青汁でニキビやニキビ跡がなど肌荒れが改善する?

青汁でニキビやニキビ跡が改善する?
ニキビのことを「青春のシンボル」などと呼んでいた時代もありましたが、今では大人の肌にもニキビができるのは常識。むしろ大人になってからできるニキビこそ厄介なものだという認識が定着しています。

「ニキビがやっと治ったと思ったのに、気づいたらまた同じ場所にできている」
「ニキビが悪化して跡になってしまった」

年代を限らず、こんな悩みを抱えている人は少なくないのではないでしょうか。

実はニキビやニキビ跡の改善、肌荒れに青汁がいいってご存知でしたか?
憎きニキビ・肌荒れに対して、青汁がどんな働きをしてくれるのかをご紹介することにしましょう。

思春期のニキビと大人ニキビ

十代の肌にできるニキビと大人になってからできるニキビ。一見似ているようですが、その性質は次のように異なっています。

思春期のニキビ

思春期のニキビの原因は、ホルモンのバランスの変化に伴って皮脂が過剰に分泌されること。毛穴の中に詰まった皮脂をエサにアクネ菌が繁殖することでニキビが発症します。そのため、ニキビができやすいのは皮脂の分泌が盛んなおでこや鼻の周辺といったいわゆる「Tゾーン」。

これを防ぐには、丁寧に洗顔をして肌を常に清潔にしておくことが大切です。それと同時にバランスの取れた食事も重要で、ビタミンやミネラルを十分に摂るとともに脂っこいものや甘いもの、刺激物は極力避けるようにしたほうがいいでしょう。

適切なケアを続けていくうちにホルモンのバランスが安定する時期を迎え、肌の状態もだんだんと落ち着いてきます。

大人ニキビ

これに対して原因をひとつに特定しにくいのが大人ニキビの特徴。原因を特定できれば対策も取りやすいのですが、それが難しいため、なかなか治らなかったり何度も繰り返したりしがちです。

また、ニキビのできやすい部位はTゾーンに限りません。口の周りや顎、胸、背中などあらゆる場所にニキビができる可能性があるのです。皮脂が多い部位どころか、むしろ乾燥気味な肌にもできてしまうのが、大人ニキビの困った点でもあります。

大人ニキビの原因

大人ニキビはいくつもの原因がからみ合っているケースが多いと言われています。

例えば、

・皮脂の過剰分泌
・古い角質やメイク汚れの詰まり
・肌の過角化による毛穴の詰まり
・刺激や乾燥などによる肌のバリア機能の低下
・生活リズムの乱れ
・ストレス
・睡眠不足
・食生活の乱れ
・生理などによるホルモンバランスの乱れ
・冷え性
・喫煙

など。

これらは全てニキビを作る原因になる可能性があるのですが、どの事柄がヒットしているのかは人によって異なるので、どうしても原因が特定しにくくなりがちです。

そのため、思い当たるものは全て対策を取る必要があるのが、大人ニキビの対処法ということになるのかもしれません。

肌の健康に関係するビタミン・ミネラル

食生活の改善は数あるニキビ対策の方法の中でも根幹となるポイントです。特に栄養バランスの改善は重要で、ビタミンやミネラルが不足するとニキビができやすく、治りにくくなってしまいます。

しかし、毎日バランスのよい食生活を送るのはなかなか難しいもの。しかもビタミンやミネラルは単独で効果を発揮するのではなく、それぞれのバランスがいい状態になってはじめて効果的に働くという性質があるのが難しさに輪をかけてしまいます。

そこで青汁の出番です。青汁には次のような、肌のために効果的な栄養成分が多く含まれています。それぞれの成分には次のような特徴があります。

ビタミンA

肌や粘膜を健康な状態に保つビタミン。免疫力やバリア機能に関係しており、ビタミンEの働きを強化する作用も持っています。ビタミンAが不足すると肌の保湿力が低下し、ニキビや肌荒れといった肌トラブルが起こりやすくなります。
ビタミンAはレバーやうなぎ、人参、ほうれん草、カボチャなどに多く含まれています。

ビタミンB2

肌細胞の再生や合成、粘膜の保護に関わるビタミンです。不足することで抵抗力が落ち、肌が荒れたり、口内炎や口角炎など粘膜周りのトラブルが起こりやすくなります。
ビタミンB2はレバーやうなぎ、卵、牛乳、ヨーグルト、納豆などに多く含まれています。

ビタミンB6

代謝を促進する働きを持つビタミンで、肌や粘膜の健康維持に大きく関わっています。また、ホルモンバランスを整えたりアレルギー症状を緩和する働きも持っています。不足することでアレルギーや皮膚炎が起こりやすくなるほか、動脈硬化や月経前症候群(PMS)を起こしやすくなります。

レバーやさんま、まぐろ、大豆、卵、バナナなどに多く含まれていますが、加工したり冷凍したりすると壊れてしまうので、新鮮な食材からでなければ摂取することができません。

ビタミンC

美容ビタミンとしても知られるビタミンCはコラーゲンの生成に関わっています。美白作用や抗酸化作用を持つため、ハリのある白く美しい肌を維持するためには欠かすことのできないビタミンです。不足すると肌が老化しやすくなるうえ、抵抗力が低下したり出血しやすくなったりします。

ビタミンCは柑橘系、いちごなどの果物や野菜、緑茶などに多く含まれています。体内に吸収されやすい反面、体の中に溜めることができず、摂ってから2~3時間で排出されてしまいます。そのため、毎日コンスタントに摂取する必要があります。

ビタミンE

強力な抗酸化作用を持つビタミンEは血行をよくする効果を持ち、若々しく美しい肌を作ります。ビタミンAやビタミンCにはビタミンEの働きを強化する作用があるので、これらを同時に摂取すると効率的です。ビタミンEが不足すると、肌の抵抗力が失われ、シミができるなどの肌の老化が進みます。

ナッツ類や豆腐、うなぎ、ほうれん草、かぼちゃ、モロヘイヤなどに多く含まれています。

カルシウム

カルシウムというと骨や歯を強くするミネラルというイメージが強いのですが、新陳代謝の促進にも大きく関わっています。カルシウムが不足すると肌トラブルが起こりやすくなりますが、十分にカルシウムが摂れていればニキビができても治りやすくなります。

カルシウムは乳製品や小魚、大豆製品のほか、ケールや小松菜、モロヘイヤといった緑黄色野菜にも多く含まれています。

マグネシウム

カルシウムとともに骨や歯の形成に関わるマグネシウムですが、実は肌に対しても重要な役割を果たしています。最近ではマグネシウムの摂取がアトピー性皮膚炎の症状を緩和するという報告があり、話題になりました。

マグネシウムが不足すると肌のバリア機能や肌細胞の新陳代謝が衰え、肌トラブルが起こりやすくなるため、ニキビに対しても要注意です。
マグネシウムはナッツ類や海藻類、玄米、大豆製品などに多く含まれています。

亜鉛

亜鉛は新陳代謝を助ける酵素を作る材料になります。肌や粘膜の健康維持には欠かせないミネラルで、不足すると肌荒れ、皮膚炎が起こりやすく、肌トラブルが治りにくくなります。
カキ、うなぎ、レバー、納豆、玄米などに含まれていますが、微量ミネラルの中でも摂取しにくく不足しやすい成分です。

鉄不足=貧血というイメージが強いのですが、体への影響はそれだけではありません。鉄が不足することでターンオーバーが乱れたり、コラーゲンの生成力が低下したりすることもわかっています。

鉄はレバーやひじき、大豆製品、ほうれん草、小松菜、プルーンなどに多く含まれています。体に吸収されにくいミネラルで、ビタミンCやタンパク質と一緒に摂取すると吸収力が高まります。

各栄養素について、肌への影響を中心にご紹介してみました。ほどんどの青汁には上記の栄養素が含まれていますが、バランスや配合量は商品によってかなり差があります。食事で摂りきれない分を青汁で上手に補えるよう、栄養表示はしっかりチェックして青汁を選ぶようにしてください。

青汁で便秘解消、ニキビを改善する

青汁を習慣として飲んでいる方に、飲み始めて起こった変化を訪ねてみると、「便秘が解消した」「肌がきれいになった」という声がよく聞かれます。

確かに便秘にも肌にも青汁は効果的なのですが、これらは別々に効果を発揮しているというよりは、「青汁を飲むことで便秘が解消され、その結果肌もきれいになった」というケースが少なくありません。

それは、腸内環境が肌の状態に直結しているから。腸内環境が改善されることで、肌年齢が5歳も10歳も若返るという説があるほどです。

実際、排出されるべき老廃物がいつまでも腸に留まったままだと、腸の粘膜から毒素が血管へと入り込み、体中に運ばれてしまいます。それが体調に現れると倦怠感や頭痛、肩凝り、吐き気などに、心に現れるとイライラや不眠に、肌に現れるとニキビや吹き出物、シミなどになってしまうのです。

日本人の3人のうち2人に自覚症状があると言われる便秘は、とかく軽く見られがちですが、「たかが便秘、されど便秘」なんですね。スキンケアは丁寧に行っているのに、なぜか繰り返しニキビができてしまうという方は、腸内環境が悪化しているケースが大いに考えられます。

青汁に豊富に含まれる食物繊維は腸内の老廃物を絡め取り、スムーズな排泄へと導きます。便秘が解消されるということは体内の毒素も排出されることになるので、ニキビをはじめとした様々な症状も改善する可能性が高いというわけです。

そしてもうひとつ忘れてはいけないのが、腸内環境が整うことで免疫力がアップするということ。人間の免疫細胞のおよそ3分の2は腸にあり、腸のことを最も重要な免疫器官と表現することもあります。そんな腸がきれいになれば効果もテキメン。免疫力が高まることでニキビができにくくなりますし、仮にできたとしても重症化せず治りやすくなります。

青汁をそのまま飲んでも腸内環境の正常化によるニキビの改善は十分に期待できますが、それ単独で腸内環境を整える働きのある乳酸菌やビフィズス菌、オリゴ糖が配合された青汁を選んだり、ヨーグルトなどと一緒に食べると、さらなる効果が期待できそうです。

青汁はニキビ跡を改善する?

ニキビが炎症を起こし、治った後にニキビ跡を作ってしまうケースがあります。このニキビ跡の中には青汁を飲むことで改善できるものもあります。

腸内環境が整うと新陳代謝が促進されるようになり、ターンオーバーが正常化します。また、青汁にはビタミンB群やC、Eのように代謝を高める成分や抗酸化作用を持つ成分がたくさん含まれています。そのため、ニキビ跡も徐々に改善していくことが期待できるのです。

もちろんそのためには新しいニキビを作らないケアも必要になります。青汁を飲むだけではなく、肌に負担をかけない適切なスキンケアを行うことは欠かせませんし、場合によっては生活習慣全般についても見直す必要があるかもしれません。

また、これらは決して短期間で結果が出るものではなく、少なくとも数ヶ月、場合によっては数年という長期戦で取り組む必要があります。

肌のターンオーバーは28日周期。ニキビ跡が消えていくまでにはこのターンオーバーを何度も繰り返す必要がありますし、年齢を重ねればその周期も少しずつ長くなっていくからです。「青汁を1ヶ月飲んでみたけれど、効果が現れなかったからやめてしまった」というのは、実はとてももったいない話なのです。

赤いニキビ跡は比較的治りやすいのですが、茶色く色素沈着したニキビ跡の改善には時間がかかります。それでも徐々に薄くすることは可能です。

ただ、クレーター状になったニキビ跡に関しては、真皮層にまでダメージが及んでいるため、残念ながら青汁だけでは完全に治らないと言わざるを得ません。完治には医療機関でレーザーなどの治療を受けることが必要となってくるでしょう。

それでも、青汁を飲むことは決して無駄にはなりません。時間はかかりますが、少しずつ目立たない状態にしていくことは可能ですし、新しいニキビが作られる予防にもなるからです。

ニキビやニキビ跡の改善は一朝一夕に効果が現れるものではありません。スキンケアによる外側からのケアは重要ですが、食生活の改善による内側からのケアもそれと同じように大切です。青汁をぜひあなたのニキビケアにお役立てください。

このページの先頭へ