青汁に含まれるアミノ酸の効果

青汁に含まれるアミノ酸の効果
「生命の源はアミノ酸」とも言われているほどアミノ酸はわたしたちの体にとってとても重要な成分です。

アミノ酸の働きや効果、豊富に含む食べ物、青汁からアミノ酸を摂取することのメリット、アミノ酸を摂取するのにおすすめの青汁などを紹介します!

アミノ酸とは?

アミノ酸は筋肉、血管、内臓、皮膚などなど、わたしたちの体の様々なところに使われています。

ここで、筋肉とかってたんぱく質が重要なんじゃないの?と思った方は大正解!人間の体の約20%はたんぱく質といわれているのですが、たんぱく質はアミノ酸からできているんです。

また、お魚や肉類などのたんぱく質は、体内に入ると1度アミノ酸に分解されてから筋肉、皮膚、爪などに変わっていきます。

体重の20%がたんぱく質(アミノ酸)と考えると体重50kgの方ならそのうち10kgはアミノ酸ということになります。たんぱく質は三大栄養素のひとつでもありますし、積極的に摂らないといけないということですね!

アミノ酸には種類がある

アミノ酸は自然界にたくさんの種類がありますが、人間の体でたんぱく質として構成されるのはそのうちの20種類のみです。たった20種類のアミノ酸がいくつもいくつも組み合わさることでたんぱく質を作っているんです。

20種類のアミノ酸は体内で合成することができない「必須アミノ酸」と、合成可能な「非必須アミノ酸」にわかれます。

必須アミノ酸は体内での合成ができないので食事からバランス良く摂る必要がありますし、非必須アミノ酸も全く摂る必要ないということではありません。

★必須アミノ酸(9種類)
・トリプトファン
・ロイシン
・リジン
・バリン
・スレオニン
・フェニルアラニン
・メチオニン
・イソロイシン
・ヒスチジン
★非必須アミノ酸(11種類)
・グリシン
・アラニン
・セリン
・アスパラギン酸
・アルギニン
・グルタミン酸
・グルタミン
・アスパラギン
・システイン
・プロリン
・チロシン

この他にもたんぱく質とは結合しませんが、近年注目されているアミノ酸もあります。

・オルニチン
アルコールによって疲れてしまった肝臓の働き改善を期待できる遊離アミノ酸。
昔から「シジミ汁が肝臓に良い」と言われているのは、シジミにオルニチンが多く含まれているためと考えられています。

・シトルリン
血管を拡げて血流改善をサポートする遊離アミノ酸。
動脈硬化や冷え性、むくみなどの血流系の症状改善が期待できます。

・GABA
発芽玄米、野菜、発酵食品などに含まれています。興奮や不安を緩和する作用があります。

●筋肉増強やダイエットに「BCAA」
筋トレを行っている方やフィットネスジムに通っている方の中にはBCAAサプリやBCAAドリンクを飲んでいる方もいらっしゃると思います。

BCAAはたんぱく質を構成する20種類のアミノ酸のうちの
・バリン
・ロイシン
・イソロイシン

の「分岐鎖アミノ酸」を合わせたものになります。
筋肉を作っているたんぱく質の中でも、その約35%がBCAAで作られているため、筋肉とBCAAにはとても深い関係があるのです。

BCAAはアミノ酸として筋肉の元になったり、筋肉のエネルギーになったり、筋肉の分解を防ぐなどの働きをしているのですが、運動をすることで失われてしまう栄養素でもあります。

そのため、運動前・運動中・運動直後に補給することが望ましいと考えられています。日常的に筋肉を使う方は、BCAAを積極的に摂取するようにしましょう。

アミノ酸はどうやって摂ればいいの?

9つもある必須アミノ酸ですが、どれかひとつでも欠けてしまうと心身に影響が出ることもあります。必須アミノ酸のそれぞれの主な働きと多く含まれている食品を確認しましょう。

・トリプトファン
幸せホルモンと呼ばれている「セロトニン」、睡眠ホルモンの「メラトニン」の原料となるアミノ酸です。

不足してしまうと不眠になったり緊張しやすくなってしまうことも。
また、トリプトファンは更年期障害や女性の生理前ストレス緩和にも有効と言われています。

納豆や豆乳などの大豆製品、チーズなどの乳製品、アーモンドなどに多く含まれています。

・ロイシン
BCAAのひとつ。筋肉を作る、傷ついた筋肉の修復に関与しています。また、肝機能を高める、血糖値のコントロールにも作用します。メタボが気になる方は意識して摂取しましょう。
大豆製品、鮭、鯵、牛肉などに豊富に含まれています。

・リジン
免疫力をアップして、体の外から侵入するウイルスや細菌の抗体となります。体の成長にも関わっています。
鯖、サワラ、マグロなどの魚、大豆製品、鳥の胸肉などに多く含まれています。

・バリン
BCAAのひとつで筋肉の強化と回復をサポートします。疲労回復効果や成長を促進する働きもあります。
レバー、牛肉、チーズ、ピーナッツなどに含まれています。

・スレオニン
成長促進、脂肪が肝臓に蓄積させるのを抑制します。スレオニンはトレオニンと呼ばれることもあります。
肉、豆類、魚などに含まれます。

・フェニルアラニン
ドーパミンやノルアドレナリンを分泌して興奮状態を作りますが、鎮痛作用もあり鎮静剤の成分にもなっています。
脳機能を高め記憶力を向上させる作用があるともいわれています。
大豆製品、チーズ、ナッツ類などに多く含まれています。

・メチオニン
硫黄を含んでおり肝機能を高める、ヒスタミン(アレルギーの原因になる成分)を抑える作用があります。
肉類、赤身の魚、乳製品、卵などの動物性食品、ブロッコリー、ほうれん草に多く含まれています。

・イソロイシン
BCAAのひとつです。筋肉の修復、疲労回復、成長促進効果など。運動機能を向上させたい、成長期のお子さんにもぜひ。
乳製品、鶏肉、鮭などに含まれています。

・ヒスチジン
大人は体内でヒスチジンを合成できるため、以前は子供のみ必須とされていましたが、現在は必須アミノ酸となっています。
体の成長に深く関わっています。また神経機能の補助作用もありストレスを軽減するともされています。
マグロやカツオなどの魚や肉類、乳製品に多く含まれます。

必須アミノ酸が多く含まれている食品=高たんぱく食品と言い換えることもできます。肉類、魚介類、卵、大豆製品、乳製品をバランス良く摂取できると良さそうですね。

また、たんぱく質には「動物性たんぱく質」と「植物性たんぱく質」があります。

動物性たんぱく質は肉類、魚介類、卵、乳製品。植物性たんぱく質は豆類、穀物類、青野菜に含まれます。動物性たんぱく質と植物性たんぱく質は、1:1で摂るとバランスが整います。動物性食品のカロリーに気をつけながらバランスを意識してみて下さい。

青汁に含まれるアミノ酸

日々の食生活を考えてみるとお肉や炭水化物が中心で、野菜は少ないという方も多いことと思います。実際、日本人の食生活は欧米化していて、動物性食品(特に脂身の多い肉!)の摂取が増えています。

青汁には青野菜のアミノ酸が豊富に含まれていて、しかも低カロリーという大きなメリットがあります。野菜を洗ったり切ったりしなくてもコップ1杯で栄養補給ができるところも素晴らしいメリットです。
運動を日常的に行っている方、成長期のお子さんなどは青汁で手軽にアミノ酸を補ってはいかがでしょうか。

アミノ酸を効率的に摂取したい方におすすめの青汁をピックアップしてみます。

酵素青汁111選セサミンプラス

酵素青汁111選セサミンプラス
モリンガ、ケール、スピルリナ、長命草(ボタンボウフウ)、明日葉、日本山人参などの植物に植物発酵エキス(酵素)が配合してある青汁です。

111種類もの原材料が使用されていますが、タブレットタイプなので青汁の苦味や青臭さが苦手な方でも飲みやすいですよ。

アミノ酸とビタミンB群を一緒に摂取するとたんぱく質に変わりやすくなるのですが、酵素青汁111選セサミンプラスにはそのビタミンB群も豊富に含まれています。

酵素青汁111選セサミンプラスなら1日たった2粒でアミノ酸も酵素も摂取できるので、低カロリーで飲む負担が少ない高機能な青汁をお探しの方に特におすすめです。

めっちゃたっぷりフルーツ青汁

めっちゃたっぷりフルーツ青汁
96種類の野菜・野草、29種類のフルーツ、5種類の海藻と植物成分がたっぷりで、有胞子乳酸菌、プラセンタなどの美容成分も配合されています。

原材料のクマザサ、メロンプラセンタはアミノ酸が豊富な成分でもあります。8種類のビタミンと9種類のミネラルも含まれていて、とにかく栄養豊富!

めっちゃたっぷりフルーツ青汁は置き換えダイエットに使うこともできます。パッケージの内側にはダイエットカレンダーもついているので、美容と健康を意識しながら置き換えダイエットやファスティングを行いたい女性にオススメです。

やずや養生青汁

やずや養生青汁
養生青汁は、「やずやの香醋」や「にんにくしじみ」でおなじみのやずやが作っている青汁です。原材料は大麦若葉、デキストリン、ハト麦エキス粉末のみ。注目はハトムギです!

ハトムギは「ヨクイニン」として漢方薬にも使用されています。穀物の中でもアミノ酸バランスが大変よく、一緒に摂取したいビタミンB2も豊富に含まれています。

香ばしい大麦若葉とハトムギの青汁なので苦味はまったくなく、やさしい甘みを感じられる風味です。「おいしい青汁」をコンセプトに作られている青汁でもあるので、飲みやすい青汁でアミノ酸補給を行いたい方におすすめです。

このページの先頭へ