関節痛に青汁は効果ある?

関節痛に青汁は効果ある?
ひざの痛みや腰の痛み。その原因は加齢による変形性関節症かもしれません。
関節痛になってしまう原因や予防方法、関節痛に有効な青汁の選び方などをご紹介します。

青汁には様々な栄養素が含まれていますが、関節痛に効果がある栄養素は青汁に含まれているのでしょうか?

関節はなぜ痛くなるの?

関節痛の原因としていちばん多いものは「変形性関節症」と言われています。
40歳以上の方で膝が痛いと感じている方は、推定で全国に800万人もいると言われているのですが、その原因は大部分が変形性膝関節症によるものです。

変形性関節症は、年齢を重ねることで骨と骨の間にある軟骨が変形したりすり減ってしまうことで炎症を起こし痛みを感じる症状です。

クッションの役割を担っている軟骨がうまく機能しなくなるために骨同士の摩擦がおこり痛みが出ると考えると分かりやすいと思います。

全身の関節の中でも症状がいちばん表れやすいのが膝関節です。初期の頃は運動をしたり長時間歩いた後などに痛みが出てきます。症状が進行すると少し歩くだけでも痛みが出たり、立ち座りなどの動作だけでもズキッとした痛みを感じます。

こんな症状があったら変形性関節症かも

関節痛の原因が変形性関節症である場合、はじめのうちは症状をあまり感じない方もいらっしゃいます。また、症状が軽い場合に痛みを感じるのは関節を動かしたときや負荷がかかった場合のため、安静にすることで痛みは治まります。
痛みがひくことから、「治ったかな?」と思って放っておくといつの間にか進行してしまい安静にするだけでは改善しなくなります。

●日常生活でわかる変形性関節症のサインは?
【初期】
・重い荷物を持ち上げるときに腰が傷む
・階段を降りるときに膝が傷む

【中期~末期】
・ひざの周りが熱っぽく感じる
・関節の可動域が小さくなる
・ひざが腫れる
・ひざに水がたまる
など

初期のうちは、歩き始めにズキンズキンと痛み、歩いているうちに痛みがなくなることもありますが、放置しておくと症状は進行します。
末期になると横になって寝ているときにも痛むようになってしまいます。

変形性関節症の原因

老化現象

変形性関節症は年齢を重ねると誰にでも起こる可能性があるため、ひとつの老化現象とも言えます。

若い頃はシャキシャキ歩いていた方でも年齢を重ねると「最近ひざが痛くて・・・」ということはよくあると思います。こういった症状も変形性関節症が発症していると考えることができます。

過度な運動

軟骨が摩耗するような激しいスポーツや重労働を繰り返していると、変形性関節症が発症することがあります。

ケガなどによる軟骨の損傷

スポーツによるケガや交通事故などで脱臼、関節部分の骨折、靱帯損傷などをおこすと、関節がずれてしまって軟骨の摩耗がおこり痛みが出てきます。

肥満

ひざへの負担が大きい肥満も変形性膝関節症の原因になると考えられています。
体重を支えている膝には、歩くときには体重の2倍、階段の上り下りでは7~8倍もの負荷がかかると言われています。
体重が重いとひざへの負担もその分だけ重くなるというのは当然と言えますね。

O脚、X脚

O脚・X脚の場合は、ひざに対して平均に体重をかけることができません。O脚の場合はひざの内側、X脚はひざの外側に負荷がかかるため、その部分の軟骨がすり減ってしまいます。

変形性関節症が進行することでO脚、X脚に変形してしまうこともありますが、元々O脚・X脚の方は変形性膝関節症を発症しやすいとも言われています。

筋力低下

加齢にも通じることですが、筋力が低下して関節が受ける負担が大きくなることも変形性関節症の原因になります。
特に膝に症状が出やすく、太ももの筋力が落ちると、立ち座りの動作に支障がでてきます。

太ももの前面には大腿四頭筋という大きな筋肉があるのですが、この筋肉が弱くなると膝関節に痛みが出やすいと言われています。

性別

男性よりも女性の方が変形性膝関節症になりやすいと言われています。
その理由は、

・閉経すると骨粗しょう症になりやすく、骨が変形する

・閉経後に体重が増加する女性が多いこと
・膝回りの筋力が男性よりも女性の方が弱いこと
・O脚などの足の変形の割合も女性の方が多いこと

などが考えられます。

変形性関節症を発症する原因は本当にいろいろありますね。実際は何かひとつが影響しているのではなく複合的なものだと思われますが、性別は仕方ないとしても、ひとつひとつ見ていくと予防できそうなこともあるのではないでしょうか?

変形性関節症の予防はできる?

軟骨がすり減ってしまって重症化すると、外科手術も視野にいれなければいけません。そうなる前にできることから始めて予防につとめましょう!

何歳から始めても遅くない!「筋力アップ」

関節痛は歩いたり動くことで痛みがおこるため、発症してしまうと動くことがおっくうになってしまい、運動量どころか日常生活で体を動かす量も減ってしまいます。

しかし、体は動かさないと筋力がどんどん弱まってしまいます。40歳頃になると年に1%ずつ筋肉がおちてしまうというデータもあるんですよ。

関節症としての訴えが多い変形性膝関節症も筋力不足と関係しています。筋肉量が減ってしまうと膝関節への負担が増えてしまい、関節痛がおこりやすくなるのです。しかし、ここで痛いからといって何もしないでおくと、ますます筋肉量が減って関節症が進行してしまうという悪循環に陥ってしまいます。

膝を支えている筋肉である大腿四頭筋を鍛える方法はとても簡単です。

1.床に座ってひざを立てます。両手は体の横において指先を前にむけます。

2.片膝を伸ばして、息を吐きながら伸ばした足を上げます。
このとき足首は90℃に曲げて、つま先が天井を向くようにします。上げている方のひざが動かないように、太ももの前の筋肉を使って足を上げることを意識します。

3.息を吸いながら足を下ろします。

4.2~3の足の上げ下ろし運動を3回行ったら逆の足も同様に動かします。

座った状態でできる日常生活にも取り入れやすい運動ですが、痛みが強い場合は無理をせず、かかりつけのお医者様に相談しながら筋力アップ運動を取り入れてみてください。

ウォーキングを行う場合は、段差の多い場所を避けてなるべく平らな場所を選んで歩きます。トレーニングのために階段の上り下りを一生懸命に行っている方も多いのですが、階段はひざに大きな負荷がかかるために悪化することもあります。

肥満の解消

関節に痛みが出て運動量が落ちると、どうしても体にぜい肉がつきやすくなってしまい、関節への負担も増加してしまいます。

脂肪を燃やすために有効な運動は有酸素運動になります。比較的無理なくできる有酸素運動はウォーキングや水中ウォーキングです。

特に水中ウォーキングは水の抵抗があるため通常のウォーキングよりも消費カロリーが大きくダイエット効果も高いのですが、浮力によって膝や腰にかかる負荷は少なくなるので、関節痛がある方でも比較的継続しやすいと言われています。

関節痛の解消のためにはじめてウォーキング、水中ウォーキングを行う場合は、必ずかかりつけの医師や施設のトレーナーに相談をして無理のない範囲で行いましょう。

肥満の解消のためにもうひとつ気をつけたいのが食事です。
代謝は加齢とともに落ちてしまうので、いままでどおりの食生活を続けていると脂肪がつきやすくなってしまいます。
脂っこいものを控える、野菜の摂取量を増やすなど、食事の内容も見直してみましょう。

病院の受診も検討してみる

年齢を重ねると誰でも変形性関節症を発症しやすくなるので、早い段階で受診することも進行を食い止めるために有効な方法です。

年齢と症状にあったより専門的な筋力訓練やストレッチを教えてもらえたり、痛みを抑えるための薬を処方してもらうこともできます。

青汁で関節痛を予防・改善できる?

関節症の治療として、病院でも筋力アップのトレーニングなどを行うくらいなので、青汁だけで炎症をとることはできませんが、不足している野菜からの栄養を青汁で摂取することで症状が和らぐこともあります。

膝関節向けのサプリメントというと、真っ先に思いつくのはグルコサミンやコンドロイチンなのではないでしょうか。

・グルコサミンって何?
アミノ酸とブドウ糖が結びついた「アミノ糖」という物質で、軟骨を構成している成分のひとつです。

・コンドロイチンって何?
コンドロイチンも軟骨や関節など、もともとわたしたちの体内にある成分で、各組織において潤滑剤的な役割を果たしています。

どちらも減ってしまうことで関節痛を引き起こしやすくなると言われているのですが、その一方でサプリメントの有用性に疑問視する声もあります。
もちろん期待できる効果もあるのですが、特定の成分だけに頼るよりも不足している栄養素を底上げすることがまず必要なのではないでしょうか。

青汁からはビタミンやミネラルなどの野菜の栄養をたっぷり摂取することができます。その中でも関節痛に有効な成分をご紹介します。

●ビタミンC
どちらかというと美肌作りに有効な感じがするビタミンCですが、軟骨成分であるコラーゲンの生成にも欠かせない成分です。
コラーゲンはみずみずしい軟骨、関節の動きを守る役割があるため、ビタミンCが不足すると関節の動きに影響を与えたり、関節痛に繋がってしまいます。
青汁野菜としてよく使用されているケールにはビタミンCが豊富なので、ビタミンCが不足している方はケール青汁を選びましょう。

●カルシウム
カルシウムは骨の材料にもなりますが、軟骨のクッションを守り骨の摩擦を防ぐ働きもあります。また、女性の閉経後に起こりやすい骨粗しょう症予防のためにもカルシウムの強化は必須と言えます。

カルシウムというと牛乳に多く含まれているイメージですが、ケールなどの青汁野菜にもたっぷり含まれているんですよ。牛乳のカルシウム量は100gあたり110mgなのですが、ケールには100gあたり約220mgのカルシウムを含んでいます。

●カルシウム量が強化されている青汁は?
GREEN MILK(グリーンミルク)
GREEN MILK(グリーンミルク)
1袋あたりのカルシウム量は650mg!カルシウム系青汁の中でもトップクラスです。子供でも飲みやすい風味なので、家族みんなでいただけます。

カルシウムもとれる初摘み若菜青汁(健康家族)
健康家族のカルシウムもとれる初摘み若葉青汁
1袋あたり320mgのカルシウム量。

・本搾り青汁プレミアム(ファンケル)
カルシウムの吸収率をアップする植物性ツイントースが配合されていて、1袋で牛乳130ml分のカルシウムが摂取できます。

●ケルセチン
ケルセチンは野菜ポリフェノールのひとつで、強い抗酸化作用があり、ビタミンCの働きを助ける、関節の痛みや炎症をおさえる働きがあります。動脈硬化を防ぐ作用もあるんですよ。

ケルセチンはケールや桑の葉に多く含まれていますが、サントリー「極の青汁」には吸収力が120倍もアップしている「ケルセチンプラス」が配合されています。
サントリー極の青汁

●食物繊維
食物繊維が直接関節痛に良い影響をもたらすわけではありませんが、肥満を予防するという面では大変有効です。

食事の前に食物繊維を摂取すると胃の中で水分を吸収してふくらみ、食べ過ぎを抑えることができます。また、胃にドロッとした膜を作り、糖の吸収を穏やかにしてくれます。

また、腸では便のかさ増しになり排便をスムーズにする働きも。ダイエット、肥満の改善・予防のためには食事の前に青汁を飲むと効果的です。

また、トクホの青汁には水溶性の食物繊維である難消化性デキストリンが配合されているものもあります。

●難消化性デキストリンの効果
・食後の中性脂肪の上昇を防ぐ
・食後の血糖値の急上昇を防ぐ
・内臓脂肪を減少させる。メタボリックシンドロームの予防
・コレステロールの吸収を防ぐ。値の低下
・ミネラルの吸収を促進
・腸内環境の改善

青汁はお野菜から作られていることから、どの青汁にも食物繊維が含まれているのですが、特に含有量が多い青汁が「サンスター 粉末青汁」です。
サンスター「粉末青汁」

1杯あたり3.6gもの食物繊維が含まれています。
食物繊維も便秘と肥満の解消のために毎日摂取したい栄養素ですね。

●ヒアルロン酸
変形性膝関節症で痛みがある場合にヒアルロン酸を注射することは治療として認められていますが、サプリメントなどで摂取することによる効果については意見がわかれているというのが現状です。

ただし効果がないということではなく研究も進んでいるので、ヒアルロン酸の経口摂取がプラスに働く可能性も大いに考えられます。ヒアルロン酸が配合されている青汁もあるので、そういったもので試してみるのは良いことだと思います。

ビタミンAの過剰摂取には気を付けて

栄養素には過剰摂取をしてしまうと思わぬ症状がおこってしまうことから、摂取量の上限が定められているものがあります。ビタミンAもそのひとつで、ビタミンAの過剰摂取が続くと関節炎を起こしやすいとされています。

ビタミンAは青汁にも含まれていますが、青汁だけで耐容上限量に近づくことはほぼありません。ただし、マルチビタミンなどのサプリメントを飲んでいる方は毎日の摂取量を確認して注意しながら飲むようにして下さい。

このページの先頭へ