ぷちぷちパインの青汁ゼリー 口コミ

ぷちぷちパインの青汁ゼリー 口コミ
青汁は年々進化しています。元々栄養価の高さから注目されてきた青汁ですが、健康にも美容にもより魅力的な成分が効率的に摂れるよう、またより飲みやすくなるよう、改良が進められています。

好みの飲み物に混ぜたり料理に使ったり。粉末タイプの青汁の登場から、摂り方の自由度もぐっと増えてきています。かつては青汁と言えばまずいものの代表的な存在でしたが、今ではそのイメージもすっかり様変わりしています。

その反面、「野菜の匂いや味はほんのちょっとでもイヤ」「後味が気になる」との声があるのも事実。また、「後片付けが面倒」という意見もよく聞かれます。そんな人達の声に応えるべく、最近になって続々と登場してきたのがゼリータイプの青汁です。

今日レポートするのは青汁の本場・九州にある天洋社薬品の「ぷちぷちパインの青汁ゼリー」という商品。ぷちぷちパインという名前だけでいかにもおいしそうな気がしますが、一体どんな青汁なのでしょう? さっそくチェックしてみることにしましょう!

ぷちぷちパインの青汁ゼリーの原材料は?

ぷちぷちパインの青汁ゼリーは次のような原材料で作られています。

果糖ぶどう糖液糖、パイナップル、国産大麦若葉、果糖、国産あした葉粉末、国産ケール/pH調整剤、ゲル化剤(増粘多糖類)、乳酸Ca、香料、紅花色素、クチナシ色素

大麦若葉、明日葉、ケールと言えば現代の青汁の3大素材と言ってもいいでしょう。しかも国産のものが使用されているので安心感があります。ちなみにこの3つの素材の特徴を、栄養成分から見て挙げてみましょう。

・大麦若葉
カリウムやカルシウム、マグネシウムなどのミネラルやビタミンB1、β-カロテン、葉緑素などが豊富。強力な抗酸化作用を持つ酵素SODを含む。

・ケール
ビタミンC、β-カロテン、ビタミンB1、カルシウム、リンなどが豊富で、栄養バランスは数ある緑黄色野菜の中でも最強クラス。

・明日葉
ビタミンB群やビタミンE、β-カロテン、葉緑素、鉄分、カルシウムなどを多く含む。ポリフェノールのカルコンやクマリン、ルテオリンを含む。

これらは普段の食卓ではあまり見ることがありませんが、どれも栄養価の高さでは折り紙つきの素材たち。それに青汁に使われるのが納得の希少成分も含まれています。これら3種類が揃って使用されているので、摂取できる栄養素の種類も非常に幅広いのが魅力ですね。

そして他の素材としては、実際にパイナップルも使用されています。ゼリーは「パインサイダー味」とありますので、果糖ぶどう糖液糖や香料などでそういう風味にしているのでしょうか。気になります。

ぷちぷちパインの青汁ゼリーの口コミについて

ぷちぷちパインの青汁ゼリーを実際に購入された方の口コミを調べてみました。良いもの・悪いもの問わずご紹介します。

プラス評価の口コミ

・水で溶く青汁は苦手ですが、これならおいしいです。凍らせて毎日食べています。
・普通の青汁はなかなか飲んでくれなかった子供もこれは気に入ったようで、おやつ代わりに食べています。
・ゼリーなので粉末のものより摂取しやすいです。
・おいしくて摂取するのも簡単。パイン味もおいしいです。
・夜寝る前に食べると朝のお通じがスムーズになります。もう何度もリピートしています。
・家族全員で食べています。青汁とは思えないほどのおいしさ!
・凍らせてアイスの代わりに食べています。子供にも好評です。
・パイナップルの味が強くて青汁という感じではありません。価格的にも満足。
・青汁だということはふせて子供に食べさせています。おいしいと言いながら毎日食べています(笑)
・おいしいし手軽です。粉末の青汁はやめてしまいました。
・どこでも食べられるのが便利です。
・おやつ代わりとしてちょっと食べるのに最適です。

マイナス評価の口コミ

・粉の青汁よりはおいしいけど、少し青臭いかな。凍らせたほうが食べやすいです。
・濃さが不安定な箇所があって、そこが少し気になります。
・期待したほどにはおいしくなかったけど、青汁を作って飲むよりは手軽。苦くもないし、まあまあ。
・喉にちょっと残る感じ。

おいしいという評価が圧倒的! 特に子供さんに人気が高いようで、子育て中のお母さんが重宝しているとの口コミが多数見つかりました。青汁がお菓子代わりになるのなら一石二鳥ですね。「凍らせるとおいしい」という意見も目を引きます。これは試してみなければ……。

そしてもうひとつ気になったのが「朝のお通じがスムーズになる」との意見です。ドリンクタイプの青汁と比べて気になるのが効果の部分なのですが、これを食べることで便秘が解消されるならまさに鬼に金棒といったところでしょうか。

ぷちぷちパインの青汁ゼリーの口コミは本当?検証してみます!

……というわけで、さっそく「ぷちぷちパインの青汁ゼリー」を購入しました。今回筆者は楽天市場で購入しましたが、この商品はAmazonでも取り扱っていますし、ドラッグストアやバラエティショップなどでも販売しているようですね。

001puchipuchipain
パッケージの真ん中に「国産」の文字。子供さんにも人気が高い商品ということですし、原材料の安全性はやはり気になるところです。

ぷちぷちパインの青汁ゼリーの食べ方
箱の側面には食べ方についての図があります。封を切ってそのまま食べられるのはお手軽ですね。

003puchipuchipain
箱の裏面には注意事項などが記載されています。
では箱を開けてみましょう。

004puchipuchipain
箱の中にはこんな感じで青汁ゼリーが入っています。30本入りなのでこれで1ヶ月分ですね。

005puchipuchipain
内袋の表面、裏面ともにシンプルなデザインになっています。
封を切ってみると……。

006puchipuchipain
ぷるぷる~っと中身が出てきます。袋の上から軽く押すと、中身が簡単に出てきました。外箱の注意事項にも記載されていましたが、一緒に液が出てくるので、この点は要注意です。
青汁なので緑色なのかと思いきや、茶色に近い色味ですね。パイナップルのフルーティーな香りがします。

ぷちぷちパインの青汁ゼリーをそのまま食べてみた

ぷちぷちパインの青汁ゼリーをそのまま食べてみた

期待通り! 甘酸っぱくておいしいです。
これは青汁というよりも普通のフルーツゼリーですね。黙っていたら青汁だとわからないかもしれません。サイダーの風味はあまりありませんが、パイナップルが果汁だけでなくしっかり果肉まで入っているのがいい感じです。

それに、やっぱり洗い物が出ないのは嬉しいですね! 自分の好きなタイミング、好きな場所で食べられるので、本当にお手軽、ストレスゼロです。

口コミにあった濃さの不安定さや青臭さは、個人的には感じませんでした。また、喉に残る感じというのもよくわかりませんでした。

ぷちぷちパインの青汁ゼリーを凍らせて食べてみた

次は口コミにあったように、青汁を凍らせてみました。
ぷちぷちパインの青汁ゼリーを凍らせて食べてみた

袋から取り出しにくくないだろうかと心配したのですが、そんなこともなく、やはり袋の底部分から押すとすんなり出てきてくれます。凍らせると液が出ることもないので、むしろこちらのほうが食べやすいのではないでしょうか。

凍らせるとパインの果肉はわからなくなりますが、その代わりにシャリシャリした歯ごたえが楽しめます。普通に食べるときに比べて甘さがスッキリしていて、こちらもとてもおいしくいただけました。この食べ方はお勧めです!

ぷちぷちパインの青汁ゼリーの成分

1本(15g)あたりの栄養成分は次のようになっています。

エネルギー:18.45Kcal
たんぱく質:0.09g
脂質:0.02g
炭水化物:4.73g
-糖質:4.34g
-食物繊維:0.39g
食塩相当量:0.02g
カルシウム:18.6mg

カロリーが控えめなのが嬉しいですね。また、それほどたくさんではありませんが、食物繊維やカルシウムを摂取することができます。

ぷちぷちパインの青汁ゼリーと他の青汁の比較

ぷちぷちパインの青汁ゼリーと同じように、ゼリータイプの青汁は他にも存在します。ここではコーワの「黒糖抹茶青汁寒天ジュレ」と多角的に比較してみることにします。

青汁ゼリーを原材料で比較

・ぷちぷちパインの青汁ゼリー
主要原材料として大麦若葉、明日葉、ケール(以上国産)、パイナップル
甘味には果糖ぶどう糖液糖、果糖。香料や色素が使用されています。

・黒糖抹茶青汁寒天ジュレ
主要原材料としてクマイザサ(クマザサ)、抹茶、グレープフルーツ、乳酸菌、約40種の発酵植物原料
甘味料に黒糖、ココナッツの花蜜、イソマルトオリゴ糖粉あめ。香料を使用。

見た目はよく似ている2つの商品ですが、原材料を調べてみると全くと言っていいほど別物でした!

ぷちぷちパインの青汁ゼリーは一般的に青汁で使われている原材料を中心に、シンプルな内容。黒糖抹茶青汁寒天ジュレの方はひと捻りあるこだわりの材料が揃えられているように感じます。

ちなみに食物繊維の量は、ぷちぷちパインの青汁ゼリーの0.39gに対して黒糖抹茶青汁寒天ジュレは1.98gと、ここでもかなりの違いがあります。

青汁ゼリーを味で比較

ご紹介したように、ぷちぷちパインの青汁ゼリーは「パインサイダー味」。パインの果肉が入っているのでフルーティーでとてもおいしいです。

黒糖抹茶青汁寒天ジュレも甘酸っぱいのですが、トマトのようなオレンジのような風味があります(どちらも入っていないのですが)。甘さはぷちぷちパインの青汁ゼリーより控えめで、ほのかに昆布のような味も。こう書くと複雑な味のような印象となってしまいますが、これがなかなかクセになる味です。

ということで味については甲乙つけ難いのですが、子供受けするのはぷちぷちパインの青汁ゼリー。大人の方は黒糖抹茶青汁寒天ジュレを好まれるかもしれません。しかしどちらも文句のないお味です。青汁がこんなにおいしくていいのか……!?

青汁ゼリーを価格で比較

ぷちぷちパインの青汁ゼリーは15gが30本入りで2,800円(税抜き)。
黒糖抹茶青汁寒天ジュレに15gが30本入りで、こちらは4,000円(税抜き)。公式サイトで定期コースに申し込むと10%割引が利いて3,600円となります。

比較すると黒糖抹茶青汁寒天ジュレのほうが割高ですが、材料の差がそのまま反映されていると言えそうです。

このように多角的に比べてみると、気軽に野菜成分を摂りたいならぷちぷちパインの青汁ゼリー。

腸内環境を整えたり積極的な栄養補給をしたいとお考えなら黒糖抹茶青汁寒天ジュレのほうが合う、というのがハッキリ見えてきます。食べやすさに関してはどちらも問題ないので、目的やライフスタイル、予算に合わせて選ぶといいですね。

中河環

このページの先頭へ