女性向けおすすめ青汁ランキング

女性向けおすすめ青汁ランキング
青汁は女性にも男性にもオススメの健康的な飲み物ですが、特に女性にオススメの青汁もあるんです!

女性に嬉しい成分が入っていたり、ダイエットをサポートしてくれるなど、女性向けの青汁をランキングでご紹介します!

第1位:フレッシュフルーツ青汁

フレッシュフルーツ青汁

★通常単品価格:4,352円
★初回特別価格:980円
★定期コース2回目以降の価格:2,980円
★1杯あたりの価格:約32円~145円
★内容量:30包
★主な原材料
大麦若葉、クマザサ、明日葉、80種類の酵素、乳酸菌、オリゴ糖、食物繊維、コラーゲン、プラセンタ、セラミド
★おすすめポイント
・野菜、フルーツ、乳酸菌、美容成分がまとめて摂れる♪
・ダイエット専門家「ダイエットアドバイザー」と共同開発された青汁!
・1杯あたり9.95kcalで、間食代わりにも飲める!

フレッシュフルーツ青汁は、誰もが認める女性向けの青汁です。
パイナップル、オレンジ、バナナ等のフルーツ風味で果物らしい甘さと酸味がありフルーツミックスジュースのようにおいしく飲むことができます。

青汁を飲む目的は野菜不足の解消にありますが、女性の青汁には美容やダイエット効果に優れたプラスアルファが欲しいと思いませんか?

フレッシュフルーツ青汁には国産大麦若葉、明日葉、クマザサ、100億個の乳酸菌、それに112種類の生酵素が配合されていて、それぞれの特徴を見ていくといかに女性向けの青汁として考えられているかがわかると思います。

・国産大麦若葉
大麦若葉は「緑黄色野菜の王様」と言われるくらい栄養が豊富です。
シュッとしたニラっぽい見た目からはあまり想像できませんが、美肌作り、美白に必須のビタミンCはみかんの約4倍も含まれているんですよ。

食物繊維はキャベツの10倍、鉄分は小松菜の約20倍、ビタミンEはニンジンの約10倍も含んでいるんです。

香ばしい風味で飲みやすいことから、ケール以上に青汁に使用されている野菜です。

・明日葉
フレッシュフルーツ青汁の明日葉は鹿児島県産です。明日葉に含まれるポリフェノールの一種である「カルコン」はダイエット目的の方、足のむくみをなんとかしたい女性にぜひ摂っていただきたい成分です。

個人的には明日葉100%の青汁はおいしいとは思えないのですが、フレッシュフルーツ青汁はフルーツ風味がしっかりしているので明日葉のクセを気にせず飲むことができます。

・クマザサ
フレッシュフルーツ青汁のクマザサは北海道産です。クマザサは体内で生成することができない必須アミノ酸を含む植物です。

クマザサが主原料の青汁は繊維感がハッキリしていて飲みにくいことがあるのですが、フレッシュフルーツ青汁は冷たい水にもしっかり溶ける青汁です。

・100億個の乳酸菌
100億個という数もすごいんですけど、もっとすごいのが生きたまま腸に届くということ。フレッシュフルーツ青汁の乳酸菌は「有胞子乳酸菌」という熱や酸に強いもので、活性したまま腸に届くので腸内の善玉菌を増やすサポートをしてくれるんです。

腸内環境が整うと便通が良くなることは、もうみんなが知ってることですよね。フレッシュフルーツ青汁でぽっこりおなかをスッキリに変えていきましょう!

・112種類の生酵素
フレッシュフルーツ青汁は特許製法で作られていて、生きたままの酵素を体の中に届けることができます。

酵素は熱に弱く、50度近くなると活性しなくなると言われています。ですが、酵素ドリンクや酵素サプリは法律上加熱処理をしなければ製品として販売することができないので、この問題をクリアしていない製品もあるんです。

フレッシュフルーツ青汁なら生の酵素を摂取することができます。酵素ドリンクよりも値段も安いし一石二鳥です♪

ダイエットサポート青汁をお探しの女性にも!

フレッシュフルーツ青汁はダイエットアドバイザーと共同開発した青汁なので、ダイエットにもとても適しています。

●食事の前にフレッシュフルーツ青汁を飲む
食前のフレッシュフルーツ青汁は、ドカ食い防止に役立ちます。
わたしたちはなんとなくおなかが満たされると満腹感を得られるような気がしていますが、「胃に食べ物がいっぱい!=満腹」ではないんです。

満腹は満腹中枢から脳に満腹信号が送られて感じるものなので、たくさん食べなければ満腹にならないのかと言うとそうではなく、少量でも満足できるはずなんです。

しかし満腹信号が出るまでにかかる時間は20分と言われていて、早食いをしてしまうといっぱい食べなければ満足感を得ることができません。ゆっくりよく噛んで腹八分で箸を置くと健康にもダイエットにも良いのですが、実際問題食事に20分かけるのはちょっと難しいですよね。

食事の前にフレッシュフルーツ青汁を飲んで少量の食事でも満足感を得やすくしておくと、食べ過ぎを防ぐことができます。
また、フレッシュフルーツ青汁の食物繊維の力で食事による血糖値の急上昇を抑えることができる健康効果も期待できます。

●食事をフレッシュフルーツ青汁と置き換える
食事の置き換えは長期間のダイエットには向いていませんが、短期決戦には本当に有効なダイエット法です。

性別、日中の活動量や体格でかなり変わってくるのですが、成人の摂取カロリーの目安は1800kcal~2200kcalとされています。

1800kcalを単純に3食で分けると1食あたりのエネルギー摂取量は600kcalってことになりますよね。
実際、600kcalの食事がどんなものなのかというとこちら。
josei_fruit_nhk
NHKきょうの料理 毎日つくれる生活習慣病の食事 糖尿病の食事」から拝借させていただきました。

きのことシーフードのグラタン、コールスローサラダ、ミニトマトとレタスのコンソメスープ、白米ごはん150gでちょうど600kcalとなっています。

この量と質の食事を1日3食食べると考えるとかなりボリューミーな気がしませんか?

活動量が少ないデスクワークの女性が毎食こういう食事をしていたら太ってしまうと思います。

フレッシュフルーツ青汁は1杯あたり9.95kcalなので、この食事をフレッシュフルーツ青汁と置き換えると590.05kcalも抑えられることになります。

摂取カロリーを消費カロリーよりも減らすことはダイエットの基本中の基本なので、置き換えダイエットがどれだけ有効かわかると思います。

ランチ、夜ごはんの置き換えが難しいなら朝食置き換えでももちろん大丈夫です。

朝食置き換えはあまり効果がないと言われることもありますが、1日に摂取する総カロリーを落とすと考えると効果がないハズありません。

フレッシュフルーツ青汁はフルーツ風味でおいしくて甘さがあるのでストレスも感じにくく、美容面、健康に必要な栄養はしっかり摂取できるので女性のダイエットの強いサポーターになってくれること間違いなしです!

第2位:サントリー極の青汁

サントリー極の青汁

★通常価格:3,600円
★初回特別価格:3,600円 プレゼント付き
★定期購入価格:3,240円
★1杯あたりの価格:108円~120円
★内容量:30包
★主な原材料
大麦若葉、明日葉、抹茶、煎茶、ケルセチンプラス、フラクトオリゴ糖
★おすすめポイント
・1億杯も飲まれている信頼できる青汁!
・フラクトオリゴ糖入りで便通改善をさらに強化!
・野菜ポリフェノールの吸収力が120倍にもなるサントリー独自技術を採用!

サントリー極の青汁はお客様アンケートで97%の方が「満足」と回答している実力のある青汁です。青汁の満足度って味はもちろんですけど、効果がいちばん重要ですよね。

実際に飲んでいる方がなんらかの効果を感じたからこそこの結果が出ていると言っても言い過ぎではないと思います。

サントリー極の青汁はしっかりとしたお茶の風味が感じられる青汁です。ご飯にもパンにもよく合うので、食事と一緒のお茶としても楽しむことができるため、飲み忘れずに続けることができます。

私も初めてサントリー極の青汁を飲んだときに、お茶の苦さがしっかりしていてペットボトルの緑茶よりもサントリー極の青汁の方がおいしいと感じました。

原材料の大麦若葉は熊本県阿蘇地方など、明日葉は屋久島で栽培されています。サントリーの担当者、開発担当者さんが産地に足を運んで品質管理を行っています。品質安全のチェック項目は何百もあるんですよ!

風味、品質はともにサントリークオリティーで間違いはありません。

健康志向の方、そして女性に注目してほしいのは「ケルセチンプラス」というサントリーの独自開発成分です。

ケルセチンは植物ポリフェノールの一種です。ポリフェノールというと大豆のイソフラボン、ベリー類のレスベラトロール、ブルーベリーのアントシアニンなどが知られていますが、自然界には4000種類以上のポリフェノールがあると言われています。

すべてのポリフェノールには体の酸化を防いでくれる抗酸化作用があり生活習慣病の予防にも役立つのですが、野菜のポリフェノールはそのままでは体に吸収されにくいんです。

サントリーはポリフェノールの研究を20年以上も続けていて、ケルセチンと糖を結合させることで吸収力が120倍も上がることを発見しました。サントリー極の青汁にはその「ケルセチンプラス」が配合されているんです。

他社の青汁と同じようにただ水に溶かして飲むだけなのに吸収力が違うということは体の中での働きも変わってきそうですよね。

サントリー極の青汁は食事と一緒に楽しめる風味の良い青汁がお好きな方も気に入ると思いますし、青汁に効果を求める女性も満足できると思います。
ご夫婦で無理なくおいしく続けられる青汁をお探しの女性の方にもおすすめです。

第3位:サンスター「粉末青汁」

サンスター「粉末青汁」

★通常価格:4,500円
★初回特別価格:4,500円 送料無料、電動ハンディクリーマープレゼント
★定期購入価格:4,050円 送料無料
★1杯あたりの価格:135円~150円
★内容量:1袋10g×30袋
★原材料:ブロッコリー、ケール、大麦若葉、明日葉、モロヘイヤ
★おすすめポイント
・原材料は5種類の野菜粉末のみ!毎日のスッキリに役立ちます♪
・甘みや塩分などの味付けナシ。野菜の旨味だけでおいしい青汁!
・1袋たっぷり10g入り。他社製品の約2.5倍量!

サンスター粉末青汁には1杯で野菜100gに相当する栄養素が含まれています。野菜不足を青汁で補って毎日の体を根本から変えていきたい女性に本当にオススメできる青汁です。
使用されている5種類の素材は全て国産です。

・ブロッコリー:宮崎県産、鹿児島県産、岡山県産、北海道産
・ケール:宮崎県産、大分県産、熊本県産、島根県産、静岡県産
・大麦若葉:福岡県産、大分県産、熊本県産
・明日葉:東京都(八丈島)産
・モロヘイヤ:島根県産

お味は全体的に野菜の甘さがあります。ブロッコリーがケール特有の苦味を優しく包んで、大麦若葉の抹茶っぽい香ばしい風味と明日葉のちょっとスパイシーな味が青汁の飲みにくさを消してくれています。

モロヘイヤには粉末青汁の粉っぽさを消す働きがあり、添加物が入っていないのにとても飲みやすくおいしい青汁になっています。野菜しか使っていないのにこの飲みごたえとおいしい風味は本当に素晴らしい仕上がりです。

野菜は1日350g摂ることが推奨されていますが、日本人の3人のうち2人は野菜不足であることがわかっています。

野菜を食べれば問題は解決するのですが、日本人の野菜不足は慢性化しているんです。というこは、わたしたちひとりひとりがかなり強い意志を持って改善していかないと解消されることはないのではないでしょうか。

サンスター粉末青汁で100g分を補えれば、1日に必要な量の約3分の1は摂れるということになりますよね。目安目標量に効率良く近づくことができるので、すごく現実的な野菜不足解消方法だと思います。

女性の野菜不足が解消されると、便通改善、肌のツヤが良くなる、体の内側から健康になるなどなど、良いことが本当にたくさんあります。

サンスター粉末青汁にはプラセンタやコラーゲンなどの女性注目成分は配合されていないので、そういった成分にも注目したい方にはランキング1位の「フレッシュフルーツ青汁」がオススメなのですが、まずはサンスター粉末青汁で野菜摂取量が上がったら自分の体がどう変化するのか?ということも実感していただきたいです!

ここ数年、女性向けのフィットネスやおうち筋トレがすごく注目されています。その背景にはメイクやファッションで外側からキレイになるだけでなく、自らを鍛えてボディメイクをすることで本当の美しさを手に入れたいと考える女性が増えているからなのではないかと私は考えています。

サンスター粉末青汁は、そんな体の内側に着目している女性にも試していただきたい青汁です。いろんな成分が配合された青汁はおいしくて継続の助けになってくれると思いますが、サンスター粉末青汁のように、必要なものだけを限界量までギュッと詰め込んである青汁は野菜が足りていない全ての女性の体に有効に働いてくれるはずです。

サンスター粉末青汁の唯一のマイナスポイントは価格です。1袋135円~150円という設定はコスパが良い青汁とは言えないんです。

サンスター粉末青汁がこの価格になっている理由は1袋あたりの内容量が多いからなんです。普通の青汁は1袋3gであることが多いのですが、サンスター粉末青汁には10gも粉末が入っています。

最初は10gずつ飲んでいただきたいのですが、カラダが変わってきたことを感じ始めたら粉末を分けて飲んでも構いません。5gずつ飲めば1杯あたり67.5円~75円になります。この金額は1袋3g入り粉末青汁よりも安いんですよ。

開封した後は袋をしっかり密封して早めに飲んだ方が良いですが、粉末を分けて飲めばコスパもクリアできます。

青汁をダイエットに役立てる方法

ダイエットはもちろん体重を落とすことを指すのですが、現代女性のダイエットはもうそれだけではないですよね。理想の体型をキープして肌も髪もツヤツヤ、いつでも輝きを放っているような姿になって初めてダイエットに成功していると言えるのではないでしょうか。

青汁の主原料である野菜には、そんな女性のダイエットをサポートしてくる栄養がたっぷり含まれています。

野菜の王様であるケールには代謝を活発にしてくれるβ-カロテンやビタミンC、基礎代謝アップに期待できるビタミンB6、むくみ改善や不要な水分の排出に優れた効果を発揮するカリウムなどが含まれていますし、血糖値の低下、脂肪燃焼促進も期待できます。

大麦若葉は肌作りに欠かせないビタミン、ミネラルがたっぷりですし、抗酸化作用が強くコレステロールや血糖値を抑える働きがあります。食物繊維も豊富で便通改善、ぽっこりおなかの解消にも役立ちます。

飲むだけでも野菜の栄養を補うことができる青汁ですが、さらにダイエットに役立てるなら、ごはんを食べる5分~10分前に飲むのがオススメです。

食前に青汁を飲むと食べ過ぎを防ぐことができますし、血糖値の急上昇を防止する働きに期待できます。

ご飯の時間前におなかが空いてたまらないときはヨーグルトや豆乳に青汁を混ぜて飲んでみてください。低カロリーなのに思いのほか満足できますよ。

野菜だけの青汁と美容成分が配合された青汁、女性向けなのはどっち?

女性向けの青汁は、やっぱり美容成分がプラス配合されている方が良いのでしょうか?
それぞれのメリットとデメリットを見ていくと、答えが出ると思います。

◆野菜だけの青汁のメリット
・無農薬、有機栽培にこだわった青汁が多く健康にも良い
・純粋に野菜不足を補える
・添加物が加えられておらず、野菜の栄養を吸収しやすい
◆野菜だけの青汁のデメリット
・飲みにくい、風味が悪い青汁もある
・コラーゲンなどの美容成分は含まれていない
・ファスティングや置き換えには向いていない製品もある
◇美容成分が配合された青汁のメリット
・女性向けでおいしいもの、ゼリータイプで飲みやすいものが多い
・1杯の青汁だけで何種類もの酵素や美容成分も摂れるため手軽で安価
・ダイエット中に不足しがちな必須成分もしっかり補える
◇美容成分が配合された青汁のデメリット
・風味を良くするために添加物が加えられていることが多いため原材料のチェックは必須
・女性向けとはいえ、美容効果やダイエット効果が確実に出るわけではない

口にするものはなるべくナチュラルなものが良いという方は野菜だけの青汁の方が良く、ダイエッターさんは美容成分配合青汁が合っていると思います。

ただ、女性が特に摂取した方が良い成分もありますし、香料や保存料には抵抗があっても乳酸菌やオリゴ糖は歓迎できる成分ですよね。そういう意味では野菜だけの青汁にこだわりすぎないでも良いのではないでしょうか。

自分の体との相性を観察しながら、今必要な原材料、成分が含まれている青汁を選ぶことが結果につながるいちばんの近道だと感じています。

年代別で考える女性向けの青汁

野菜不足はどの年代でも深刻化しているので、ぜひ青汁で補っていきたいのですが、女性の年代によってはさらに注目したい成分もあります。
普段の食事に青汁をプラスして健やかな体作りを目指しましょう!

・女の子
子供は栄養も大事ですが、何よりも味が良くないと青汁を飲み続けることができません。バナナ味、フルーツ風味などのおいしく飲める青汁を牛乳に混ぜるなど、青汁が好物になるようにしてあげましょう。

子供が特に必要な栄養素は骨や血を作るマグネシウムや鉄、免疫力をアップするビタミンA、ビタミンC、ビタミンE、骨や歯を作るカルシウムなどです。これらの栄養素は青汁にも含まれています。

三大栄養素の炭水化物は主食から、タンパク質・脂質はお肉、お魚、豆腐などから摂取して、不足しがちな野菜の栄養は子供が飲みやすい青汁を間食時に飲ませるなどで対応しましょう。

・中高生女子
体重がぐんぐん増えて身長が著しく伸びる成長期の女子には、エネルギーとタンパク質が大変重要になります。

青汁で摂取できる栄養としては、カルシウムがとても大切です。カルシウムが不足してしまうと骨粗しょう症のリスクが高まります。
同じくらい大切なのが鉄分です。生理が始まると鉄分が不足し慢性的な貧血になる子供もいます。鉄分も青汁から補うことができます。

・成人前~20代の女性
この年代は徹夜が続いても平気なくらい活力に溢れていて、少々無理をしすぎても即カラダがどうにかなることはありません。

しかしそのために食生活も乱れがちになり、厚生労働省の「国民健康・栄養調査」の結果でも女性の年代の中でいちばん野菜が足りておらず、1日350gの野菜を食べている割合は全体のたった18.4%となっています。

<参考>平成 27 年 国民健康・栄養調査結果の概要

年齢的に、ついダイエット向け、美容面強化の青汁に目がいきがちな年代でもありますが、「サンスター粉末青汁」などで野菜の栄養そのものをしっかり摂取するようにしましょう。

・30代~40代の女性
この年代になると自分の好みや今必要な青汁の選び方も上手になっていますし、ライフスタイルも確立しています。

よりナチュラルな素材の青汁、美肌向けの青汁などお好きな製品を継続して飲むようにしましょう。1箱飲んでみても変化を感じられなかったら別の製品を試してみるのもオススメです。

体力と筋力の衰えが見え始めるのもこの年代なので、体を動かすことも忘れずに!

・50代女性の青汁
50代になると生活習慣病の予防も意識して始めるべきです。血糖値が気になる方は大正製薬「大正ヘルスマネージ大麦若葉青汁」を飲むなど、気になる健康項目にあった青汁を選びましょう。

・60代以上の女性
特に女性は60代になっても元気いっぱいですよね!とはいえ骨、筋肉、関節は若い頃よりも気を付けるべきですし、特に足腰の健康は気にしたいところです。

60代以上の女性が意識して摂取しておきたいカルシウム、鉄、ビタミンB6、食物繊維などは青汁でも補いやすいので、普段の食事で不足しやすいたんぱく質、亜鉛、ビタミンB12などに特に気をつけましょう。

このページの先頭へ