万田発酵のおいしい青汁口コミ 酵素メーカーの実力は?私の評価

万田発酵のおいしい青汁口コミ
万田発酵のおいしい青汁は、植物発酵食品の「万田酵素」や「万田酵素プラス温」で有名な万田発酵株式会社さんの青汁です。

万田発酵さんの製品というだけで期待値が上がってしまうのですが、実力はどうでしょうか?

ここでは、万田発酵「おいしい青汁」を飲んでみた感想・評価、その他、体験者の口コミ、万田発酵「おいしい青汁」の原材料、成分、その他の青汁の比較などを掲載します。

万田発酵のおいしい青汁の原材料・成分・栄養素

★万田発酵のおいしい青汁の原材料
桑葉末、植物発酵エキス末(難消化性デキストリン、植物発酵エキス)、大麦若葉末、抹茶、でんぷん、有胞子乳酸菌、ビタミンC、(原材料の一部にオレンジ、クルミ、ゴマ、大豆、バナナ、リンゴを含む)

青汁素材は桑葉、大麦若葉で、抹茶も加えてあります。
桑の葉にはカルシウム、鉄、ビタミンB1、カロチン、フラボノイドなどがたっ

ぷり含まれていて、栄養のバランスが良いとされています。
成分のデオキシノジリマイシンには血糖値の上昇を抑制する効果があるとも言われています。

大麦若葉はクセが少なくおいしい青汁になることから、今いちばん青汁に使われている素材です。食物繊維がたっぷりで葉酸も含まれています。

それから植物発酵エキスも配合されていますね。万田発酵さんは元祖酵素製品のメーカーさんなので、この植物発酵エキスにこだわりがありそうです。

★1袋3gあたりの栄養成分表示
熱量9kcal、たんぱく質0.4g、脂質0.1g、糖質0.8g、食物繊維1.4g、ナトリウム2mg

ビタミン、ミネラルなどの詳しい量は記載されていませんでした。おなじみの万田発酵さんの製品なので成分ももっと詳しく知りたかったです。ちょっと残念。

万田発酵のおいしい青汁の口コミ

万田発酵のおいしい青汁の口コミを調べてみました。実際に試してみた皆さんはどんな感想を持っているのでしょうか?

<良い口コミ>
・万田発酵のおいしい青汁を飲むと、体の中から元気になるような気がします。
・抹茶風味なので飲みやすくておいしいです。
・足がむくみにくくなったような気がします。
・肌の調子が良くなりました。
・粉末感が少ないので飲みやすいです。便秘が良くなってきました。
・飲み始めてから1週間くらいで便秘が改善されてきました。
・これまでに試した青汁の中でいちばん飲みやすかったです!
・便秘が改善されてきて、肌の調子もとても良くなってきました。

<悪い口コミ>
見当たりませんでした。

評判の悪い口コミも参考になるので探してみたのですが、見つけることがでいませんでした。(わたしが探しきれなかっただけかも・・・)
口コミ自体がとても少ないので、まだまだこれから知名度が上がる青汁なのかな?と思っています。

良い口コミを見て思ったことは、他の青汁と比べると風味や飲みやすさではなく、実感した効果を評価している方が多いということ。
すごく実力のある青汁のような気がしますが、肝心のお味はどうでしょうか?

万田発酵のおいしい青汁を飲んで口コミを検証します

万田発酵のおいしい青汁の箱です。
万田発酵のおいしい青汁の箱
いかにも青汁の箱!という感じでチャラチャラしていませんね~。

maoi_hakonaka
この1箱に30袋の万田発酵のおいしい青汁が入っています。

すっごくうれしいプレゼントもいただきましたよ!
万田酵素 プラス温
瀬戸朝香さんがコマーシャルでちゅるんと食べている「万田酵素 プラス温」です。8包も入っています!
maoi_on2

さっそく開封してみましたが、すごい色ですね~。黒を限界まで濃くした黒という感じ!

お味は・・・正直、すごくおいしい!という感じではないです。わたしはプルーンなどのすっぱい系フルーツを煮詰めて凝縮したものに八町味噌を混ぜたような風味に感じました。
おいしそうな表現ではないですね(笑)
ただ、ものっすごく滋養がありそうなことを体がビシビシと感じます。

口コミでは味噌田楽の味噌みたい、クセが強い、フルーティな味噌みたいなどなどいろいろなご意見がありました。味噌っぽいという感想が多かったのですが、確かに発酵食品の独特の風味があります。

万田発酵のおいしい青汁を購入すればプレゼントしてもらえるので、ぜひお味をチェックしてみてくださいね。

田発酵おいしい青汁のパンフレット類
パンフレット類もたくさん入っていますが、万田発酵のおいしい青汁の紹介はほんのちょっとでした。こういうことってよくあるのですが、興味があって購入した製品の特徴がわかるパンフレットが少ないのは本当に残念です。

気を取り直して、こちらが万田発酵のおいしい青汁のパッケージです!
万田発酵おいしい青汁のパッケージ
白地にグリーンのデザインです。清涼感のあるデザインですよ。

万田発酵のおいしい青汁は、1袋を100ml~120mlの水、お湯、牛乳などに溶かしていただきます。1日の目安量は記載されていないのですが、1箱30包が約1か月分なので1日1袋で良さそうです。

まずは100mlの水に溶かしてみます。

万田発酵のおいしい青汁を水で飲んでみる

万田発酵おいしい青汁の粉末
グラスに万田発酵のおいしい青汁を入れました。粉末はお茶みたいな匂いがしますよ。

水で溶かした万田発酵のおいしい青汁
100mlの水をグラスに注いでかき混ぜてみました。冷たい水にもサラーっと溶けてくれました!

匂いは桑葉の匂いがいちばん強いですが、グラスに鼻を近づけてしっかり嗅いでみないとわからないくらいほのかに匂う程度です。匂いが強烈で飲みにくいということは全くないですよ。

お味も桑葉の味がいちばん強くて、桑葉が主原料の青汁と似ている気がします。植物発酵エキスの風味を楽しみにしていたのですが、これが植物発酵エキスの味か!とわかる風味は感じられませんでした。抹茶が入っているのでお茶のように飲むことができました。

みんなが飲みやすい青汁だと思うのですが、特徴がないというか、すごくベーシックな青汁だと思います。

万田発酵のおいしい青汁を豆乳で飲んでみる

豆乳で溶かした万田発酵のおいしい青汁
40度に温めた豆乳に万田発酵のおいしい青汁を溶かしてみました。水に混ぜたときほどサラッと溶けてくれず、ちょっと粒が残ってしまいました。

豆乳や牛乳に青汁を溶かすと甘さやおいしさが増したり、抹茶が入っていたら抹茶ミルクみたいになることが多いのですが、万田発酵のおいしい青汁の豆乳割りは、ほぼ豆乳の味です。
ここまで穏やかな風味の青汁も珍しいと思います。

青汁の強烈な風味がお好きな方は物足りないと思いますが、本当にクセがないのでサラッとした青汁が好みな方にはピッタリだと思います。

万田発酵のおいしい青汁と他の青汁との比較

万田発酵のおいしい青汁と比較するなら、やっぱり「酵素」がポイントの青汁と比べたいところですよね。

ホコニコのこだわり酵素青汁と万田発酵おいしい青汁の比較
こちらは「ホコニコのこだわり酵素青汁」です。かわいらしいパッケージですね!
ホコニコのこだわり酵素青汁には多穀麹由来の加熱処理をしていない生酵素が含まれています。

万田発酵のおいしい青汁とホコニコのこだわり酵素青汁 主な原材料で比較

★万田発酵のおいしい青汁の主な原材料
桑葉、大麦若葉、抹茶、乳酸菌、53種類の植物発酵エキス
★ホコニコのこだわり酵素青汁
大麦若葉、明日葉、桑の葉、ケール、139種類の植物発酵エキス

含まれている材料が充実しているのはホコニコのこだわり酵素青汁ですね。どちらも植物原料は全て日本国内で栽培されたものです。

万田発酵のおいしい青汁とホコニコのこだわり酵素青汁 飲みやすさで比較

maoi_hoko2
見た目はかなり違いますね!
万田発酵のおいしい青汁は、苦味やクセもなくすごく飲みやすい青汁でしたが、ホコニコのこだわり酵素青汁もすっきりしていて飲みやすいようです。
飲みやすさに関してはどちらを選んでも失敗はないと思いますよ。

万田発酵のおいしい青汁とホコニコのこだわり酵素青汁 買いやすさで比較

●万田発酵のおいしい青汁の定価
1箱30包:3,780円(税込)
1杯あたり:126円

●ホコニコのこだわり酵素青汁の定価
1箱30包:定価4,800円(税抜)
1杯あたり160円

定価が安いのは万田発酵のおいしい青汁ですが、ホコニコのこだわり酵素青汁には初回980円で購入できる定期コースが用意されているんです。

定期コースで購入すると2回目以降も3,200円(税別)になるので1,600円も安くなります。しかも継続回数に縛りがないので解約はいつでも可能です。

万田発酵のおいしい青汁の定期購入価格は3,402円なので、割引率が高く継続してお安く購入できるのはホコニコのこだわり酵素青汁かな?という気がします。

万田発酵のおいしい青汁のお得な買い方

万田発酵のおいしい青汁はAmazonでは現在在庫切れ、楽天市場で見つけることができませんでした。

わたしは万田発酵さんの公式オンラインショップから購入しました。ここで購入すると割引がありますし「万田酵素プラス温」のプレゼントもあるのでかなりお得ですよ。

●万田発酵のおいしい青汁の定価
1箱30包入り(約1ヶ月分)で3,780円です。

●初回限定特別価格
1箱30包入り(約1ヶ月分)が2,646円です。
送料無料で万田酵素プラス温のプレゼントあり。(約8日分)

わたしはこの初回限定特別価格で購入しました。
「初回限定特別価格」で購入すると簡単なアンケートがあるようなのですが、今のところ電話やメールなどはありません。これから何かあるのかな?

●定期便価格
1箱30包入り(約1ヶ月分)が3,402円(税込)です。
送料無料、定期便以外の商品も優待価格、お誕生日特典などがついています。

定期購入の割引率が低いので、初回は「初回限定特別価格」で購入するのがゼッタイにお得です。
価格面での総合的な感想としては、定価の3,780円で購入しても1杯あたりのお値段は126円ですし、酵素も含まれている青汁としては全く高くないと思います。

実はすごかった!万田発酵のおいしい青汁

万田発酵のおいしい青汁には「植物発酵エキス末」が含まれているのですが、これが何なのか気になってメーカーに直接問い合わせみました。
回答は

万田酵素の原材料である53種類の植物を発酵させたエキスを乾燥させたものなので、万田酵素が入っているということになります。

でした!

万田酵素が入ってるなんてすごい!と思って、もう1度販売サイトをよく見たら「53種類の野菜・果物などの植物発酵エキス配合!」と大きく記載してありました・・・。

万田発酵のおいしい青汁にも入っている万田酵素って何?

数年前から酵素製品のコマーシャルでよく見かけるようになった万田発酵さんですが、実はとても歴史の深いメーカーさんなんですよ。

万田発酵さんの原点は日本酒「万田」の造り酒屋です。なんと元禄時代(1700年頃)から10代続いたのだそうです。

「万田酵素」が生まれたのは今から34年前の1983年です。11代目の現会長が23年もの月日をかけて完成させました。

●万田酵素は植物発酵食品
万田酵素は種や皮なども余すところなく使った植物発酵食品です。3年3ヶ月以上の歳月をかけ発酵・熟成させて作られています。成分表には記載されていませんが、アミノ酸などの栄養成分も含まれています。


★万田酵素の53種類の原材料
黒糖、果糖、ブドウ糖、リンゴ、カキ、バナナ、パインアップル、白米、玄米、もち米、アワ、大麦、キビ、トウモロコシ、ミカン、ハッサク、ネーブルオレンジ、イヨカン、レモン、夏ミカン、カボス、キンカン、ザボン、ポンカン、ユズ、大豆、黒ゴマ、白ゴマ、黒豆、ニンジン、ニンニク、ゴボウ、ユリ根、レンコン、ブドウ、アケビ、イチジク、マタタビ、山ブドウ、山桃、イチゴ、ウメ、ヒジキ、ワカメ、ノリ、青ノリ、コンブ、ハチミツ、クルミ、澱粉、キュウリ、セロリ、シソ

お味の感想のところで、「特徴がない」とお伝えしましたが、これだけの材料が入っているのに飲みやすくてベーシックな風味に仕上がっているのは逆にすごいと思いました。

1杯の青汁でいろいろな成分を摂取できるので、青汁も気になるけど酵素製品も気になるという方にはとても良さそうですね。

ふたごのひつじ

このページの先頭へ