おいしく搾ったカゴメの青汁 口コミ 柚子と生姜で爽やかなのですが…

おいしく搾ったカゴメの青汁 口コミ
おいしく搾ったカゴメの青汁は、ケチャップでお馴染みのカゴメの青汁です。カゴメの製品って各家庭に1つ以上はあるのではないでしょうか?

そんな有名ブランドの青汁なので、すーっごく期待していたのですが、実際に飲んでみたら思わぬことになってしまいました・・・。

わたしの悲劇?と、おいしく搾ったカゴメの青汁の原材料や風味、配合されているプチヴェールというお野菜について詳しくご紹介します。

おいしく搾ったカゴメの青汁の原材料・成分・栄養素

☆おいしく搾ったカゴメの青汁の原材料
野菜(メキャベツ(プチヴェール)、ケール、ブロッコリースプラウト、しょうが)、はちみつ、ゆず

●プチヴェールってどんなお野菜?
プチヴェールは、芽キャベツとケールから生まれた日本発祥の野菜です。カルシウム、カロテン、食物繊維などをたっぷり含んでいるんですよ。ケールの優れた栄養価とキャベツの甘さ・おいしさを兼ね備えたプチヴェールを主原料とした青汁も少しずつ増え始めています。

●ブロッコリースプラウトとブロッコリーの違いは?
ブロッコリースプラウトが入っている青汁はとても珍しいと思います。サンスター「健康道場 粉末青汁」にはブロッコリーが入っていますが、ブロッコリーとブロッコリースプラウトの違いは成長状態です。

スプラウトは芽なので、おいしく搾ったカゴメの青汁にはブロッコリーの芽が使われていることになります。

発芽したばかりの植物はこれからぐんぐん成長するための生命力に溢れていて、今、健康野菜としてとても注目されています。

※ブロッコリースプラウトについて詳しくは以下をご覧ください。

●ケールは野菜の王様!
それから青汁野菜のケールも使われていますね。ケールはキャベツやブロッコリーの原種のお野菜です。独特の苦味もありますが、カルシウムやビタミンなどが含まれていてその他の栄養価も優れていることから「野菜の王様」とも呼ばれています。

☆1袋4gあたりの栄養成分
エネルギー 14kcal、たんぱく質 0.3g、脂質 0.1g、糖質 2.6g、食物繊維 0.9g、ナトリウム 0~1mg、カリウム 28mg、カルシウム 24mg、マグネシウム 3.2mg、ビタミンA 24μg、ビタミンC 0~2mg、ビタミンE 0.4mg、葉酸 0~9μg、ビタミンK 34μg
β‐カロテン 290μg、ルテイン 530μg、SGS(スルフォラファングルコシノレート) 5.6~16mg

●スルフォラファングルコシノレートってなんだ?
「スルフォラファングルコシノレート」という聞きなれない成分が気になりますね。スルフォラファンはブロッコリーなどのアブラナ科の植物に含まれるピリッとした辛味の成分です。

食品の中ではスルフォラファングルコシノレートとして存在していますが、体に入って分解されることでスルフォラファンとなります。

強い抗酸化作用があることから、美肌、老化の予防、デトックス効果などに期待されています。

おいしく搾ったカゴメの青汁の口コミ

おいしく搾ったカゴメの青汁は、プチヴェールの独特の風味が好みと合うかによって評価が大きく分かれているようでした。

良い口コミ

・野菜の味もするけど柚子とはちみつが入っているので爽やかな風味です。

・生姜が入った青汁なので、味はさっぱりしています。

・野菜がたっぷり摂れている感じがします。

・プチヴェール配合の青汁を初めて飲みました。えぐみがありますが、この濃い風味が好きです。

・柚子の香りがとても良いのでお菓子作りにも使えそう!

悪い口コミ

・箱や販売サイトに説明が少ないのでこの製品の良さがわかりにくい。

・キャベツを茹でているときの香りがします。

・匂いはキャベツのスープを薄めた感じで、味は野菜の濃い味でおいしくなかった。

・野菜のえぐみがすごいて、おいしくないです。

・口の中のザラザラが強くて、飲み終わった後にも残ります。

わたしはケールの濃い青汁が大好きなので、なんとなくおいしく感じるんじゃないかなーという気がしていますが、ザラつきがあるという声にちょっと不安を感じています。

おいしく搾ったカゴメの青汁を実際に飲んでみて、素直な感想をお届けします!

おいしく搾ったカゴメの青汁を飲んで口コミを検証します

口コミにもありますが、カゴメさんのおいしく搾ったカゴメの青汁の販売サイトには、製品の特徴などがあまり書かれていないんです。

だからわたしもパンフレットに期待していたのですが、同封されていたものは「カゴメ健康直送便つどいの広場」と「カゴメ健康直送便 ご利用ガイドブック」だけでした。
カゴメ健康直送便つどいの広場とカゴメ健康直送便 ご利用ガイドブック
もっとプチヴェールとかスルフォラファンのことを知りたかったので、すごく残念です。

こちらがおいしく搾ったカゴメの青汁の箱です。

おいしく搾ったカゴメの青汁の箱
箱の裏にブロッコリースプラウト、プチヴェール、ケールの写真がありました。
ブロッコリースプラウト、プチヴェール、ケールの写真

この1箱に30包のおいしく搾ったカゴメの青汁が入っています。
oikago_hako3

スティックには商品名と会社名、問い合わせ先電話番号などが記載されています。30本セットなので飲みきれないことはないと思いますが、賞味期限も記載されていますね。
おいしく搾ったカゴメの青汁のスティック

粉末の色はうすい緑ですが、ところどころに濃い緑色の粉末が混ざっています。
おいしく搾ったカゴメの粉末

香りは、はちみつの甘さがあるのですが柚子の香りもします。青汁にしては爽やかな香りですよ。

粉末をちょろっとなめてみたのですが、甘くておいしい!水に溶かすのが楽しみです。

おいしく搾ったカゴメの青汁を水で飲んでみる

おいしく搾ったカゴメの青汁は、1日1~2袋を目安に100mlくらいの水、お湯、牛乳などに溶かしていただきます。

さっそく冷たい水に溶かしてみます。
おいしく搾ったカゴメの青汁をグラスに入れて、100mlの水を注ぎました。
おいしく搾ったカゴメの青汁を水で飲んでみる
スプーンでかき混ぜたら水に溶けていくんですけど、溶け感はあまり良くないですねー。粉の塊が浮いてきて、他の青汁と比べると混ざりにくかったです。

こちらが混ざった状態です。
oikago_mizu2
すごく細かい白っぽいつぶつぶが浮いているのがわかりますか?他の青汁でもこうなることがあるのですが、これは水に溶け切れない成分なんだと思います。そしてコレがある青汁は口の中がザラザラする、というのがわたしの経験上の見解です。

香りは生姜と柚子がほのかに香って、飲みやすそうですよ。ケールの青臭さはほとんど無くて良い香りだと思います。

お味は、はちみつがほんのり甘くて生姜の風味も感じられます。ケール独特のえぐみがわからないくらいおいしい青汁だと思います。薄くないのに爽やかで、本当に飲みやすいお味です。

だた、口コミにもあったとおり、口の中のザラつきがすごいです。ひと口飲むたびに舌の上や歯に繊維質のものが残り、喉までザラザラしてきます。1杯飲む間にゲホッゲホッと3回咳き込んでしまったくらい喉を刺激する青汁です。このザラザラが好き!という方はそうそういないと思います・・・。
風味が良いだけに食感が悪いのがすごく残念!

でも、この風味は温めて飲むとさらにおいしいと思うんです。次はお湯で割って飲んでみます。次は咳き込みませんように・・・。

おいしく搾ったカゴメの青汁をお湯に溶かしてみた

おいしく搾ったカゴメの青汁をお湯に溶かしてみた
40度のお湯にとかしたおいしく搾ったカゴメの青汁です。少しトロッとしているのがわかりますか?

飲んでみるとよくわかるのですが、水に溶かしたときにはなかったとろみを感じるんです。繊維のひとつひとつが水分を吸ってふくらんでトロッとしたように見えます。

香りはうすーい生姜湯みたいで、女性が好きそうな匂いだと思います。
お湯に溶かしたおいしく搾ったカゴメの青汁のお味は、やっぱり薄い生姜湯みたい。野菜のえぐみがあるとか、濃い野菜の味がすると口コミに書かれていましたが、わたしには生姜と柚子の風味の方がしっかり感じられておいしい青汁としか思えません。はちみつが甘すぎないのもすごく良いんです。

ただ、やっぱりザラザラ感はすごいです。溶け切れない何かが喉を刺激して、また咳き込んでしまいました。もう1年以上いろ~んな青汁を飲み続けてきましたが、青汁で咳が出るなんて初めての経験ですよ・・・。

飲料業界でお馴染みのカゴメさんの製品にしては、この喉越しはちょっとなぁ~というのが正直な感想です。味は本当に好きなんですけどね。

おいしく搾ったカゴメの青汁とサントリー極の青汁との比較

サントリー極の青汁との比較
カゴメと同じくらい飲み物でお世話になっているサントリーの「極の青汁」と比較してみます。極の青汁もザラつきが気になるタイプの青汁なんですけど、とにかく風味が良いんです。

わたしはおいしく搾ったカゴメの青汁を「薄い生姜湯」と感じましたが、極の青汁は「お茶」に感じました。すーっごく自然なお茶の風味がするので、食事中に飲むのにピッタリなんです。

おいしく搾ったカゴメの青汁 vs 極の青汁 原材料で比較

★極の青汁の原材料

大麦若葉末、マルチトール、フラクトオリゴ糖、ガラクトマンナン(食物繊維)、明日葉末、抹茶、煎茶、酵素処理ルチン

おいしく搾ったカゴメの青汁は野菜類とはちみつ、ゆずが原料ですが、極の青汁にはガラクトマンナンやフラクトオリゴ糖などが配合されています。

●ケルセチン配糖体を知って欲しい!
材料を見るだけではわからないのですが、極の青汁には「ケルセチン配糖体」という成分が含まれているんです。ケルセチンは野菜のポリフェノールなのですが、野菜ポリフェノールは人体に吸収されにくいというやっかいな特性があるんです。

そんなケルセチンをケルセチン配糖体にしたとこで、吸収率が120倍も上がったんですよーというのが極の青汁のスゴいところなんです。1本のスティックに創業110年のサントリーの技術力が集結しているんです。

●ケルセチン配糖体はどんな働きをするの?
次に気になるのは、ケルセチン配糖体がどんな働きをしてくれるのか?というところですよね。サントリーの「伊右衛門 特茶」というトクホのお茶をコンビニで見かけたことがある方は多いと思いますが、この伊右衛門 特茶は体脂肪が気になる方向けの製品なんです。

個人的な見解ですが、伊右衛門 特茶はケルセチン配糖体が入っていることでトクホ認定されているので、極の青汁も脂肪分解に期待できるんじゃ?と期待しながらわたしは飲んでいます。(極の青汁はトクホ認定青汁じゃないですよ!)

おいしく搾ったカゴメの青汁vs極の青汁 味わいで比較

おいしく搾ったカゴメの青汁の風味の特徴は生姜・ゆず・はちみつです。この3つが主張しているということではないのですが、青汁の風味の中に程よく混ざっているので、爽やかでおいしいんです。

一方、極の青汁はまさにお茶の風味。お茶らしい苦味もしっかりあって、この苦味がわたしは好きなんです。しっかり冷やして飲むのもおいしいし、温めて飲んだら普通のお茶みたいでまたおいしい!

お茶って飽きないですし極の青汁の方が好きな味ですが、午後に仕事や家事の手を止めてちょっと休憩したいなぁというときにはおいしく搾ったカゴメの青汁のやさしい生姜風味もとっても合うと思います。

ちなみに口の中のザラザラ感が強いのはおいしく搾ったカゴメの青汁です。今まで飲んできた青汁の中にもザラつきを感じるものがありましたが、おいしく搾ったカゴメの青汁ほど食感の悪い青汁は飲んだことないです。咳き込むくらいですし・・・。

おいしく搾ったカゴメの青汁vs極の青汁 価格で比較

サントリー極の青汁は1箱3,600円(税抜)から販売されています。30包でこのお値段なので、1杯あたりの価格は120円です。

おいしく搾ったカゴメの青汁を単品購入すると税抜きで4,286円なので、1杯あたり約143円になります。お安いのは極の青汁ですね。

おいしく搾ったカゴメの青汁のお得な買い方

おいしく搾ったカゴメの青汁は、楽天市場とAmazonでは取り扱いがないようでした。カゴメ通信販売の「カゴメ健康直送便」でしか見つけられなかったので、カゴメさんが販売ルートを絞っているのかもしれません。

カゴメ健康直送便では1箱から購入できる通常価格と定期コースの設定があります。

●通常価格
製品価格:4,628円(税込)
送料:全国一律381円
カゴメ健康直送便は、他の商品との組み合わせでも2点以上購入すれば送料無料になります。

●定期購入
製品価格:4,062円(税込)
送料:無料
定期コースにすると600円くらいお安く購入することができますが、3回の継続購入がお約束になるのでそこだけご注意くださいね。

カゴメ健康直送便定期コースのすぐれているところは、お届け先が複数になっても送料が無料になるところ。

たとえば自宅用と離れて生活している家族用に購入しても、それぞれのお宅に送料無料・定期コース割引価格で届けてもらえるんです。通販モノって送料がバカにならないことが多いので、これは本当に嬉しいサービスだと思います!

プチヴェールをもっと知りたい!

プチヴェールはこれから大注目のお野菜だと思うので、詳しく調べてみました。2017年2月11日に放送された「満天☆青空レストラン」でも取り上げられていたんですよ!

●プチヴェールは1990年に開発された野菜
実は27年も前に品種登録されていたのだそうです。11月ごろになると50~80もの実が1本の木に実ります。

●甘さが特徴!
プチヴェールは糖度が高いのが特徴で、最高に甘くなるときには糖度18度にもなります。糖度はお野菜や果物、ジャムなどの加工品などに含まれる糖含有量で数値が大きいほど糖度が高いということになります。18度はよーく熟したメロンや柿と同じくらいの数値です。

お野菜には糖以外の成分もたくさん含まれているので「糖度が高い=食べてみて甘い」とはならないのですが、数値で見る限り本当に糖度が高いお野菜だということがわかります。

★プチヴェールの栄養成分は?

●プチヴェール 実の可食部100gあたりの栄養成分
エネルギー:60kcal
水分:81.6g
たんぱく質:4.4g
脂質:1.0g
灰分:1.5g
炭水化物:11.5g
カルシウム:93.2mg
リン:104mg
鉄:1.99mg
ナトリウム:6.1mg
カリウム:605mg
ビタミンA(βカロテン当量):2490μg
ビタミンE:1.2mg
ビタミンC:175mg
葉酸:180μg
水溶性植物繊維:2.0g
不溶性植物繊維:5.3g
●プチヴェール 外葉の可食部100gあたりの栄養成分
エネルギー:65kcal
水分:79.9g
たんぱく質:3.7g
脂質:1.0g
灰分:2.0g
炭水化物:13.4g
カルシウム:457mg
リン:63.9mg
鉄:2.2mg
ナトリウム:7.2mg
カリウム:373mg
ビタミンA(βカロテン当量):4,320μg
ビタミンE:4.7mg
ビタミンC:140mg
葉酸:240μg
水溶性植物繊維:2.4g
不溶性植物繊維:4.3g

ざっくりですが、
・カルシウム:牛乳の約4倍
・繊維:さつまいもの約3倍
・ビタミンE:ほうれん草の約2倍
・カロテン:かぼちゃの約6倍
です!

データは「プチヴェールとは? 増田採種場」様を参考にさせていただきました。

ふたごのひつじ

このページの先頭へ