トクホで認定された青汁って何が違うの?

トクホで認定された青汁って何が違うの?
特定保健用食品(トクホ)に認定された青汁はやっぱり効果が高いの?安全性が高いの?ここでは、そんなトクホに認定された青汁の疑問について説明していきます。

トクホとは

最近、トクホという言葉をよく見聞きする機会が多くなってきました。
なんだかよくわからないけど、トクホと表示されていれば身体に良さそうというイメージはあるけれど、実際に「トクホって何?」と聞かれてもうまく答えられない方がほとんどではないでしょうか。

トクホというのは、特定保健用食品のことをいいます。
特定保健用食品は、身体の生理機能などに影響を与える成分を含んでいるもので、消費者庁長官がそれぞれの製品について保健の効果を表示してもよいと許可を出しているものです。

消費者庁も何の根拠もなく許可を出しているわけではなく、保健の効果が認められる成分については、本当に効果があるのか、安全なものなのかというデータが国に提出されており、特定保健用食品には科学的な根拠があります。

また、特定保健用食品の効果の表示には決まりがあり、やみくもに「~に効果があります」という表示の仕方をしてよいわけではありません。

特定の保健効果がある成分に対する表示内容も消費者庁が認める表示方法でなくてはなりません。

例えば、難消化性デキストリンという成分に対しては、「お腹の調子を整える食品」や「血糖値が気になる方に適する食品」といったように決められた文言で効果を謳う必要があります。

トクホと間違えやすい「保健機能食品」

特定保健用食品(トクホ)と間違えやすいのが、栄養機能食品です。
栄養機能食品は、特定保健用食品と同様に保健機能食品に分類されるものですが、特定保健用食品との大きな違いは、個別に消費者庁長官の許可を受けている食品ではないということです。

栄養機能食品は、国が定めた規定の基準にあてはまれば消費者庁長官の許可を得なくてもメーカーが自由に「栄養機能食品」と表示して栄養分(ビタミンやミネラルなど)の機能について表記することがゆるされています。
文章ではややこしいので表にまとめてみました。

保健機能食品
特定保健用食品(トクホ) 栄養機能食品
表記に消費者庁長官の許可が必要 消費者庁長官の許可なしでも、国の規定に当てはまればメーカーが自由に表記可能

全ての食品の中に保健機能食品というジャンルがあり、その中でも特定保健用食品と栄養機能食品にわかれているということです。

トクホ認定の青汁は効果が高いの?

トクホ認定の青汁というと、トクホ認定でない青汁よりも高い効果が得られそうなイメージがありますよね。トクホ認定の青汁とそうでない青汁とでは、効果がちがうのでしょうか?

トクホ認定というのは、あくまで保健の効果を国が認めた成分が使用されていて消費者庁が個別に審査して「効果があると謳っても良い」と認定したものです。

つまり、トクホ認定の青汁は一定の効果を国が認めているということになります。
国が効果を認めているというだけであって、薬のように病気が治るとかたくさん摂取すればより健康になるといったものではありません。

トクホでなければ効果がないの?

青汁を飲む方は何かしらの効果を期待して飲むと思いますが、トクホ認定の青汁でなければ効果が得られないのでしょうか?
答えはNOです。
トクホに認定されるためには、数千万円から億単位のお金がかかります。
そのような費用が用意できるのは、大手メーカーくらいでしょう。
つまり、中小企業などの製品は質がよくてもトクホに認定されるのは費用面から考えて難しいのです。

トクホに認定されていないだけであって、成分や製法にこだわった青汁はたくさんあります。
効果が国から保証されていないだけであって、実際にはきちんと効果がある青汁も多いのです。

トクホ認定されていないから効果がないというわけではありません。
ただし、トクホ認定でない青汁の中には科学的なデータをとっていないものもあるので、効果の信ぴょう性という点でいえばやはりトクホ認定の青汁のほうが安心感があると思います。

トクホの青汁は値段が高い!?

上記でも触れたとおり、トクホ認定には莫大な費用がかかります。
科学的なデータを集めるための実験費用や申請手続きなどトクホ認定を得るまでには私が想像しているよりもはるかにお金がかかっています。

お茶などは身近で価格もわかりやすいと思いますが、500mlのペットボトルでトクホ認定でないものは1本100円以下から買えるのに対してトクホ認定のものは1本200円くらいで販売されています。そうしなければ採算がとれないからです。

一般的にトクホ認定の商品はトクホ認定でないものに比べて高いです。
青汁も例外ではなく、トクホ認定されていない青汁よりもトクホ認定されている青汁の価格設定は高めになっています。

トクホの青汁を選んだほうがいい人は?

では、どのような方がトクホ認定の青汁を選んだほうがよいのでしょうか。
トクホ認定の商品の特徴を一言で言うと、「効果や安全性は国のお墨付きだけれど、価格は高い」です。

・安全性や効果が保証されていなければ心配で飲めない
・高くても品質の保証された青汁を飲みたい
・お腹の調子を整えたいなどトクホの効果に表示されている明確な目的で青汁を飲む

という方はトクホ認定の青汁を選ぶのもよいかもしれません。

反対に、

・トクホ認定でなくても効果がある青汁を調べて選ぶ自信がある
・あまりお金をかけずに青汁を飲みたい
・健康や美容のためにとりあえず青汁に挑戦してみたい

という方はまずはトクホ認定されていない青汁を試すのがよいと思います。

ただし、トクホで国が効果を保証しているとはいえ個人差によって効果が感じにくいという場合や、安全性を国が保証していてもアレルギーや薬の服用の有無や既往歴などすべての人に安全というわけではないことは頭に入れておかなければなりません。

また、トクホ認定の青汁も医薬品ではない、病気などが治るわけではないということは認識しておく必要があります。

トクホ認定された青汁は?

トクホ認定された青汁にはどのような青汁があるのでしょうか。
配合されている成分・効果ごとにご紹介します。

難消化性デキストリン配合

難消化性デキストリンは、植物から抽出される水溶性の食物繊維で、安全性も高い成分です。
食後の中性脂肪の上昇を穏やかにしたり(中性脂肪の蓄積をおさえる)、食後の血糖値を抑制する(糖の吸収を穏やかにする)、腸の調子を整える、ミネラルの吸収を促進するなど様々な効果があります。

難消化性デキストリンが配合されていてトクホ認定されている青汁は、

などです。
便通の改善や食後血糖値の気になる方向けの商品が多い印象です。

キトサン配合

キトサンは、蟹や海老の甲羅の殻から抽出される動物性の食物繊維です。
コレステロールの吸収を抑える働きがあり、血中コレステロール値が気になる方におすすめの成分です。
キトサンが配合されているトクホ認定の青汁は、

などです。脂っこい食事などが多い方によさそうですね。

日本初のトクホ認定食物繊維

意外と知られていないのが、東洋新薬の青汁です。
東洋新薬は、大麦若葉由来食物繊維の便通改善作用を許可表示とするトクホに日本で初めて認定を受けました。
青汁素材の便通改善作用としては日本で初めての特定保健用食品となったそうです。

さいごに

今まで漠然とトクホは体にいいと思っていた方も、トクホについてご理解いただけたでしょうか。数ある商品から選ぶのに、国が一定の効果や安全性を認めているというのは安心感がありますよね。

しかし、トクホ認定とはいえ青汁は薬ではありませんし、効果にはあくまでも個人差があることは頭に入れておきましょう。

お値段は少し高めですが、保証付きの効果と安心感をお金で買うと考える方はトクホの青汁を選択肢てみてもよいと思います。

このページの先頭へ