青汁は妊娠中・授乳中でも飲んで大丈夫?母乳に影響は?

青汁は妊娠中・授乳中でも飲んで大丈夫?母乳に影響は?
妊娠中は授乳中はいつもに増して体調管理が大切な時期。ママのためにも赤ちゃんのためにも食べるものには十分に気を遣わなければなりません。

普段なら野菜不足を補うのにとても頼りになる青汁ですが、妊娠中や授乳中に飲んでも問題ないのでしょうか。また、授乳中に飲んだ場合、母乳に影響が出たりはしないのでしょうか?

妊娠中、授乳中に青汁を飲んでいい?

結論から言うと、妊娠中や授乳中に青汁を飲むことは全く問題ありません。
そもそも青汁というのは野菜を搾ったもの。使用されているのはケールや大麦若葉を中心に明日葉や桑の葉、小松菜、ゴーヤ、ブロッコリーなどといった緑葉野菜が中心です。薬ではなくあくまでも食品なので、個々の素材にアレルギーでもない限り、まず悪い影響は考えなくてもいいでしょう。

青汁は栄養価にすぐれているため、妊娠中や授乳中にはむしろ積極的に飲みたいもの。ミッシーリストの「美力青汁」のように、妊娠中や授乳中のママをターゲットにした商品もあるくらいです。母乳への影響についても、栄養価を高める働きが期待できます。青汁を飲んだからといって母乳が野菜の味になってしまうなどということは一切ないので、安心してください。

青汁が妊娠中にいい理由

「二人分の栄養が必要になる」と言われる妊娠中。でも本当に二人分の食事を摂ったら体重オーバーになってお腹の赤ちゃんにも悪影響を及ぼすことが考えられるので難しいところです。でも青汁なら摂取カロリーをほとんど増やすことなく必要な栄養素を補給することができます。

青汁の栄養素は全て妊娠中に役立つものばかりですが、その中でも重要なものを挙げるとすると、

・葉酸
・鉄
・食物繊維

の3つになると言えます。

葉酸

ビタミンB群のひとつで緑色の野菜に多く含まれる葉酸はDNAの合成に関わる非常に重要な働きを持っています。もちろんお腹の中で赤ちゃんが成長していくのにも欠かすことのできない栄養素。特に脳や脊髄など生命の根幹とも言える器官が作られるのに必要不可欠で、葉酸が不足すると赤ちゃんの先天性異常を招く恐れがあります。

葉酸は妊娠のごく初期段階から必要となるため、妊娠中だけでなく、妊活中の女性は積極的に摂取することが望ましいでしょう。妊娠していない成人女性が1日に必要な葉酸の摂取量は240μgですが、妊娠中には480μgと倍の量を摂取することが推奨されています。

緑色の野菜から作られる青汁は、まさに葉酸の宝庫と言っても過言ではありません。妊娠中には葉酸をサプリメントで摂取する方も多いでしょうが、青汁上手に利用すればわざわざサプリメントを購入しなくても十分に目標量をカバーすることは可能です。

妊娠中には鉄分の欠乏による貧血が起こりやすくなります。鉄を多く含む食品と言えばレバーや牡蠣などが思い浮かびますが、これらはなかなか毎日食べるというわけにはいきません。ほうれん草にも鉄は多く含まれていますが、シュウ酸も含まれているため、毎日たくさん食べようとすると結石が心配になります。

そこでお勧めしたいのが青汁です。青汁の原材料として使用される大麦若葉明日葉、小松菜、ケールなどには鉄が多く含まれています(青汁にはほうれん草はほとんど使われていません)。青汁を毎日飲むことで、コンスタントに鉄を補給することができます。

鉄はビタミンCを一緒に摂取することで吸収が良くなります。ビタミンCと鉄がバランス良く含まれているケールが入った青汁を選ぶのもいいですし、ビタミンC豊富なフルーツジュースに溶かして飲むのもお勧めです。

食物繊維

妊娠中の代表的なお悩みのひとつ、便秘。その解消にお勧めしたいのが青汁です。食物繊維が豊富に含まれている青汁は、効果的に腸内環境を整えます。妊娠中には迂闊に便秘薬を飲むことはできませんが、青汁なら野菜のもたらすパワーが自然で穏やかなお通じに導いてくれるのです。

その他のメリット

この他にも青汁には妊娠中に積極的に摂るべき栄養素がたくさん含まれています。例えばケールにはカルシウムが豊富。明日葉にはむくみを解消するカルコンが豊富です。ケールや大麦若葉、明日葉、桑の葉はいずれも肥満や血糖値の異常を予防する働きが注目されています。

何より栄養価が高いので、妊娠初期で食欲のないときや栄養の偏りが気になるときに飲めば、手軽に栄養不足を解消することができます。最近の青汁はクセがなく非常に飲みやすくなっているため、好みの飲み物に入れて飲んだり料理に加えるなどアレンジが効きやすいのもいいところです。

青汁が授乳中にいい理由

授乳中も妊娠中に引き続きトラブルが起こりやすい時期。体力的にも母乳のことを考えても栄養をしっかりと摂る必要があります。栄養が十分に摂れていないと母乳の質も良くなりません。

赤ちゃんに十分に栄養をあげるためにも、青汁でしっかり栄養バランスを整えるようにしましょう。ちなみに葉酸に関しては妊娠中ほどではありませんが、1日に340μgと通常時よりも100μg上乗せしての摂取が必要となります。

青汁にはエネルギーを生み出すのに必要不可欠なビタミンB群やミネラルが豊富に含まれています。この時期は慣れない育児に追われて疲れがたまったり、よく眠れず疲労がなかなか抜けないということが起こりがち。青汁はそんなハードな時期を力強くサポートしてくれるでしょう。

青汁からは美肌をつくるために欠かせないビタミンやポリフェノールがたくさん摂取できます。忙しくてなかなか自分の美容にまで手が回らないという新米ママ、ぜひ毎日1杯の青汁で美容成分をしっかりと補給してください。

青汁は産後ダイエットにも活用できます。授乳中には必要以上にカロリーを抑えるダイエットはお勧めできませんが、おやつを青汁に置き換えることで無理なくヘルシーにカロリーをカットすることができますよ。

妊娠中・授乳中に飲む青汁に注意すべきこと

カフェイン

青汁の中にはカフェインが含まれるものがあります。このカフェインの存在は、妊娠中や授乳中に青汁を飲む際の最も気になる点になるのではないでしょうか。

授乳中にカフェインを摂ると、母乳を介して赤ちゃんにもカフェインが取り込まれてしまいます。赤ちゃんの体はカフェインの代謝がまだ十分にできません。体内で無毒化されるまでに非常に時間がかかってしまうため、大人からすればさほどの量でなくても影響が出てしまう可能性があるのです。カフェインの摂取によって、赤ちゃんには

・睡眠リズムが不安定になる
・夜泣きをする
・興奮しやすくなる
・不機嫌になりやすくなる

などといった状態が現れる可能性があります。

とはいえ、普段からよくコーヒーや紅茶を飲んでいる方にとっては、妊娠中や授乳中に全く飲めなくなるというのはかなりストレスを感じてしまうのではないでしょうか。たった1杯の息抜きすら否定されてしまったのでは、ただでさえ大変な時期が非常につらいものになってしまいかねません。

でも安心してください。母乳に出ると言ってもその量はきわめて少ないもの。カフェインは摂らないに越したことはありませんが、飲み過ぎない範囲に留めさえすれば赤ちゃんへの影響はほとんどないことがわかっています。

妊娠中や授乳中に摂るカフェインの許容量については国ごとに考え方が異なっており、欧米では1日200~300mgとする国が多いようです。日本では明確な数値は提示されていませんが、少なめに見積もって150mg程度なら問題はないのではないか?と個人的には思います。

ではごく平均的な濃さの、一般的なカップ1杯にはどの程度のカフェインが含まれているのでしょうか。淹れ方や種類によって異なりますが、おおよその目安としては、

コーヒー:60mg
紅茶:30mg
抹茶:50mg
緑茶:30mg
ココア:45mg

程度だと考えられます(ちなみにコーラは100mlあたり8mgのカフェインが入っています)。
つまり、1日にコーヒーを2杯飲む程度なら赤ちゃんへの影響は考えなくても大丈夫、ということになりますね。

では青汁に入っているカフェインの量はどうでしょうか。
青汁の原材料となる野菜自体にはカフェインは入っていません。が、風味を整えるため、またはビタミンCやカテキンなどの成分を加えるために緑茶や抹茶が配合されている商品があります。この緑茶や抹茶にカフェインが入っているのです。

ただ、緑茶や抹茶は青汁のメイン素材ではありません。使用されている原材料の量自体が少ないので、1杯あたりに含まれるカフェインもきわめて少ない量の、10mg以下に留まっています。この量であれば、青汁から摂取されるカフェインの危険性はほとんど考えなくてもいいでしょう。

もちろんカフェインの影響には個人差もあります。絶対にカフェインは摂りたくない!とお考えなら、緑茶や抹茶を使用していない青汁をお選びになってください。

なお、同じようにお茶として飲まれることの多い桑の葉はカフェインゼロです。青汁に使用されていてもカフェインを心配することなくお飲みいただけます。

ハト麦

それほど多くありませんが、青汁の中にはハト麦が使用されているものがあります。ハト麦はビタミンやミネラルが多く含まれ、むくみを解消する作用や美肌作用があります。健康素材としてはとてもいいものなのですが、子宮を収縮させる作用があり、妊娠中に飲むのはお勧めできません。青汁に使用されていてもそれほど多くの量であるとは考えられませんが、念のためハト麦の入った青汁は避けたほうが無難でしょう。

授乳中に飲むハト麦に関しては全く問題ありません。カフェインゼロなので安心してお飲みください。

牛乳やヨーグルトで青汁を飲むのはNG?

青汁ととても相性の良い牛乳やヨーグルト。栄養価も高いので授乳中に摂ってもいいと思われがちですが、残念ながらあまりお勧めできません。

牛乳、ヨーグルトといった乳製品には脂肪分が多いため、母乳の質が落ちたり乳腺炎を起こしたりする可能性があるからです。授乳中に青汁を飲むときにもこれらに混ぜるのはしばらくお休みしてください。

それでもどうしても牛乳やヨーグルトで飲みたい!という場合には、ちょっと風味は変わってしまいますが無脂肪のものを選ぶといいでしょう。

では同じように青汁との相性のいい豆乳もダメなの?と考えてしまいますが、こちらは大丈夫! 豆乳には女性ホルモンに似た働きをする大豆イソフラボンが含まれているので、逆に母乳の出を良くする働きが期待できます。この時期には豆乳に青汁を混ぜて飲むのはおすすめですよ。

妊娠中、授乳中に飲む青汁の選び方

ママの体調がデリケートな状態になるこの時期、また赤ちゃんへの影響を考えるのなら、できるだけ安全性が高い青汁を選びたいもの。次のような商品を目安に青汁を選ぶといいでしょう。

・原材料や栄養成分表示など必要とされる情報がしっかり記載されているもの
・原材料が国産、産地がはっきり明示されているもの
・有機JASマークつきなど、原材料の栽培に農薬が使用されていないもの
・保存料や着色料などの添加物が使用されていないもの

必ず全ての原材料が国産でなければならないというわけではありませんし、添加物が全て悪いというわけでもありません。ただ、ご自身が安全性について納得できるものを選ぶのが一番です。ぜひいろいろな商品をチェックしてみましょう。

中には妊娠中には摂取を控えるようにと注意書きが記載されている商品もあります。そうした商品は注意書きの通りに摂取を控えるべきですが、このようにあえて注意をするよう呼びかけているメーカーはかえって信頼できるとも言えますね。

赤ちゃんに青汁をあげてもいい?

基本的に市販されている青汁は大人が飲むことを想定して作られています。食物繊維も多く含まれているため、赤ちゃんに与えると胃腸に負担がかかり、お腹を壊してしまう可能性があります。

離乳食にそろそろ慣れた頃、様子を見ながら少量混ぜる程度なら問題はないのでしょうが、筆者は焦って赤ちゃんのうちから青汁を飲ませなくてもいいのではないかと考えます。

そろそろ野菜に対して好き嫌いが出てくる幼児期になったら、青汁も大いに勧められます。普段ママが飲んでいるものを3分の1~2分の1程度から与えてもいいですし、子供向けに作られている青汁を選んでみてもいいですね。また、パンケーキに青汁を混ぜて焼くなどおやつの素材として活用するのもとてもいい方法です。

妊娠中から授乳中、そして幼児期。お子さんの健やかな成長を支えるこの大切な時期に、ぜひ幅広い方法で青汁を楽しんでみてください!

※個人の体質、体調によって青汁が体に合わない可能性もあります。妊娠中・授乳中の青汁の摂取は自己責任でお願いいたします。

このページの先頭へ