ダイショー 酵素青汁エクセレント 口コミ・感想

ダイショー 酵素青汁エクセレント 口コミ・感想
青汁も昨今では単なるブームを超え、食品・サプリメントのひとつの形としてすっかり定着した感があります。これまでは医薬品や健康食品を扱うメーカーが青汁を販売することが多かったのですが、最近では食品メーカーが自社の培ったノウハウを活かして青汁を展開する例も多くなってきました。

今回レビューする「酵素青汁エクセレント」もそんな青汁のひとつです。

酵素青汁エクセレントはロングセラーを誇る「味・塩コショー」や焼肉のタレ、鍋のつゆなどでおなじみの食品メーカー、ダイショーの商品。酵素青汁エクセレントはダイショーの青汁商品でもワンランク上のものとして位置づけられているようで、現在では通販のみで購入できるようになっていますす。

ユニークなのはこの青汁、野菜成分にプラスして、こちらも今注目されている「酵素」が配合されている点。一体どんな青汁なのか、見てみることにしましょう。

ダイショー 酵素青汁エクセレントの原材料

まず酵素青汁エクセレントの青汁成分として選ばれたのは、人気の高い大麦若葉、明日葉、桑の葉の3種類。いずれの素材も安心の国産のものが使用されています。これらはどれもビタミン、ミネラルが豊富に含まれているのですが、3種類をブレンドすることで普段の食事では摂りにくい微量ミネラルまで幅広い栄養素の摂取が可能になっています。

そして注目の酵素ですが、こちらは果物32種類、野菜20種類、豆・種実・穀類・海藻類25種類、ハーブ類・その他48種類の全125種類の素材を使用。皮、葉、種などを含めてまるごと1年かけてじっくり発酵、熟成させたものが配合されています。こちらも幅広く素材を取り入れることで栄養の偏りを防いでいるのが見て取れますね。

青汁はこれらの栄養素の高い素材を単にミックスすればいいというものではありません。毎日飲むために大切なのは、飲みやすさ。酵素青汁エクセレントでは青汁を造粒加工し、溶けやすさとスッキリとした喉越しの良さを実現しています。

酵素の働きが注目されている理由

年齢とともに分泌量やその働きが衰えると言われる体内酵素。具体的には酵素の減少によって次のような影響があると考えられます。

・一晩寝ても疲れが取れない
・顔色が悪く、元気が出ない
・特に思い当たる原因はないが、なんとなく体調が悪い
・これまでと変わらない生活を送っているのにだんだん太ってきた
・食べたら胃がもたれる
・頭痛や肩こりがよく起こる
・今まで使っていた化粧品が合わなくなり、肌荒れを起こす

年齢による影響は誰にとってもある程度は仕方のないことですが、健康的な生活を送るためには不足しがちな酵素を何とかしてカバーする必要が出てきます。

ダイショーの酵素青汁エクセレントには酵素の材料となってくれる成分、すなわち植物発酵エキスが配合されています。この青汁を毎日コンスタントに飲むことで、食事だけでは補いきれない成分をしっかり補給することができるというわけです。

ダイショー 酵素青汁エクセレントの口コミを調べてみました

<プラス評価の口コミ>
・飲みやすくておいしい。「健康のため無理してでも飲まなければ」ではなく自然に続けられます。
・クセがなく飲みやすいです。
・ヨーグルトとよく合います。子供もお気に入りです。
・お試し商品から入ってリピート中です。青汁のお陰で体調も良好です。
・安くはないけど高すぎない、ちょうどいい商品。酵素と青汁両方摂れるのもいい。
・他の商品もいろいろ試したけど、これが一番合うみたい。
・飲んでいたらぽっこり出ていた下腹がスッキリしてきた。
・今のところダイエット効果はよくわかりませんが、便通は改善されました。
・商品もいいし、配送などのメーカーのアフターケアもいい。

<マイナス評価の口コミ>
・毎日飲むにはお値段が少し高く感じます。
・塩っぽさを感じる味でわたしには合いませんでした。
・水に溶かすだけだと粉っぽい。
・ひと昔前の青汁みたいで美味しくなかったです。
・ちょっと青臭さがあるし、量が少なくて物足らないです。
・購入した後、100円ショップで4包入りのものを見つけてガッカリ……。

有名メーカーの商品で低価格のお試し商品があるので非常に多くの口コミが見つかります。プラス評価の意見のほうが遙かに多いのですが、とにかく口コミ数が多いだけあって、中にはおいしくないという声も散見されます。

これらの口コミは果たして本当なのでしょうか? さっそく購入して確かめてみることにしましょう!

酵素青汁エクセレントの口コミは本当?検証してみます

楽天市場のショップに5包入りのお試し商品があるので、今回はこれを購入してみました。
注文して5日で到着。注文確定日より5営業日以内の発送とあったので、まさにその通りの到着でした。
酵素青汁エクセレント到着

5包のお試し商品と一緒にパンフレットなどが同封されていました。
中には青汁の簡単なアレンジ方法やお試しした人だけに有効な割引販売の情報なども……。
酵素青汁エクセレントのパンフレット

お試しセットのパッケージ。
003daishoekuse

中にはこんなふうに5包が入っています。
内袋は濃いグリーンのシンプルなデザイン。飲み方などがしっかりと記載されています。
酵素青汁エクセレント5包

では封を切ってみましょう。
酵素青汁エクセレントの粉末

中身はさらさらの細粒状。粉が舞ったり袋の中でひっかかったりすることなく、さっと出てきてくれます。
匂いは強くありません。わずかに野菜のような、甘いような匂いがしました。

酵素青汁エクセレントを水で溶かして

基本の飲み方は100~120mlの水に1袋を溶かすというもの。まずは100mlの水に溶かして飲んでみることにします。
酵素青汁エクセレントを水で溶かして

とても溶けやすく、スプーンでくるくるかき混ぜているうちに溶けてしまいました。
ダマができたり溶け残ったりすることもなく、好印象です。

飲んでみるととてもさっぱりとした飲みごこちです。
青汁自体はあまり濃くありませんが、苦味やクセがなく、ほんのり自然の甘さがあってとても飲みやすいです。
また喉越しもとても良いですね。ゴクゴク飲めます。
水だけでも非常に飲みやすい青汁だと思いました。

酵素青汁エクセレントをオレンジ味の天然水で溶かして

オレンジ味の清涼飲料水があったので、試しにそれで青汁を溶かしてみました。量は同じ、100ml。
こちらも問題なくサッと溶けました。写真からもきれいに溶けている様子がわかるのではないでしょうか。
酵素青汁エクセレントをオレンジ味の天然水で溶かして

柑橘系との相性が心配でしたが、少し野菜風味を感じるものの、さっぱりとおいしく飲めました。
元の青汁にクセがないので、恐らく牛乳や豆乳などでもおいしいのではないかと思いますが、こういう飲料水だとカロリーが抑えられるのでありがたいです。

いずれにしてもいろんなアレンジが楽しめそうな青汁です。おいしくないとの口コミもあってちょっと心配でしたが、全くの杞憂でした!

酵素青汁エクセレントの成分と期待できる効果

お試しセットの青汁が貼り付けられていた下に、発酵熟成させた植物由来原料が全て記載されていました。
酵素青汁エクセレントの原料

特徴的な成分

使用されている主な素材の特徴と特徴的な成分、その効能などをご紹介します。

大麦若葉

大麦若葉は大麦の葉が出る前に収穫したもの。これからぐんぐん成長していく前の段階で刈っていることから、成長に必要な栄養素をふんだんに含んでいる青汁の代表的な素材のひとつです。食物繊維はキャベツの約15倍、カルシウムは牛乳の約10倍、葉酸はブロッコリーの約5倍。各種ビタミン、ミネラルが豊富で、カテキンやクロロフィル、貴重なアンチエイジング酵素のSODも含まれています。

明日葉

明日葉はその名の通り強く生命力がある素材。本場の伊豆諸島では古くから天ぷらなどにして食されてきた健康野菜です。栄養素の豊富さは大麦若葉や元祖青汁素材ケールに勝るとも劣らないほどで、食物繊維はケールの1.5倍、ビタミンB2は1.6倍も含まれています。利尿作用を持ちむくみを解消するカリウムやポリフェノールのカルコンが含まれ、高血圧や血糖値の改善に効果的に働きかけます。

桑葉

絹を作り出す蚕の餌としても知られる桑の葉。古くから薬草として活用されたほか、健康茶としても親しまれてきました。栄養成分も豊富で、カルシウムは小松菜の1.5倍、鉄は小松菜の15倍、カロテンはほうれん草の10倍。このほかビタミンB群やC、亜鉛、マグネシウム、食物繊維、フラボノイド、リラックス効果を持つγアミノ酪酸(GABA)、肥満や高血圧、高血糖に働きかける注目成分DNJ(1-デオキシノジリマイシン)が含まれています。

月桃葉

沖縄では「サンニン」と呼ばれ古くから整腸剤として使用されていた月桃。近年、ポリフェノールが赤ワインの34倍も含まれていることがわかり、その強力な抗酸化作用に注目が集まっています。ビタミンやミネラルも豊富で、特に女性にやさしい効能が多いため、精油や香料などの形でも幅広く活用されている素材です。
酵素青汁エクセレントにはこの月桃の葉を発酵させたものが素材として使用されています。

ポリデキストロース

ポリデキストロースはトウモロコシから人工的に合成された水溶性食物繊維です。食後血糖値の上昇を抑える作用、胆汁酸を吸着してコレステロールを低下させる作用、腸内環境を改善する作用があり、日本では食品としての使用が認可されています。

難消化性デキストリン

難消化性デキストリンもトウモロコシのデンプンから作られる水溶性食物繊維です。こちらにも脂肪の吸収を抑え、食後の血糖値や中性脂肪の上昇を抑制する作用があり、厚生労働省によってトクホ(特定保健用食品)として認可を受けています。便秘を改善する作用が期待できますが、あまり摂りすぎると下痢になる可能性があります。

栄養成分表示

酵素青汁エクセレントの栄養成分

酵素青汁エクセレントと他の青汁の比較

酵素(植物発酵エキス)が配合されている青汁は他にもいくつかあります。それらと酵素青汁エクセレントを多角的に比較してみることにしましょう。
今回比較対象として取り上げたのは、「国産新鮮若葉×熟成酵素 活き生き酵素青汁480(DNA)」「乳酸菌+酵素 国産大麦若葉青汁(ユーワ)」です。

原材料で比較

<酵素青汁エクセレント>
大麦若葉、明日葉、桑葉(以上国産)
果物、野菜、豆、穀類など125種による植物発酵エキス
食物繊維

<活き生き酵素青汁480>
大麦若葉(有機JAS)、明日葉、桑葉、熊笹、ケール、抹茶(以上国産)
植物発酵エキス計419種、美容成分55種
食物繊維、オリゴ糖(保存料、香料、合成甘味料無添加)

<乳酸菌+酵素 国産大麦若葉青汁>
大麦若葉(国産)
植物発酵エキス(キャベツ、イチゴなど。数量不明)
乳酸菌2種、食物繊維、ブドウ糖

メイン素材となる大麦若葉はいずれも国産のものが使用されています。
乳酸菌+酵素 国産大麦若葉青汁は発酵させている植物系原料の数こそ少ないですが、その代わり腸まで届く乳酸菌が2種配合されています。

価格で比較

1日あたりのコストを税抜価格で計算しています。

<酵素青汁エクセレント>
1箱(30包入)定価税込3,600円(初回限定2,980円) @111.1円
最安値:5箱まとめ買い(150包)税込13,500円 @83.3円
※初回お試しセット(5包入)税込298円 @55.2円

<活き生き酵素青汁480>
1箱(30包入)定価税込1,980円 @61.1円
実売価格:税込999円 @30.8円

<乳酸菌+酵素 国産大麦若葉青汁>
1箱(30包入)定価税込1,058円 @32.7円

比較した2商品とも低価格商品のために酵素青汁エクセレントが高く感じられてしまいますが、まとめ買いすればお求めやすいお値段に落ち着きます。それに、口コミで100円ショップで4包入りのものが販売されているとの情報があり、気になるところです。筆者の近所のショップでは見つけられませんでしたが、もしそれで入手できるとなると、この2商品よりかなりお安く買えることになりますね。

飲みやすさで比較

活き生き酵素青汁480は自然の甘みがあり、味そのものはとても飲みやすいのですが、溶けにくさと粉っぽさが難点。

乳酸菌+酵素 国産大麦若葉青汁もほんのり甘みがあってクセが全くないので飲みやすいです。こちらは溶けやすく、喉越しも問題ありません。水だけでも十分に飲める青汁です。

この2品と酵素青汁エクセレントを比べ、飲みやすさに順番をつけると、

酵素青汁エクセレント≧乳酸菌+酵素 国産大麦若葉青汁>活き生き酵素青汁480

ということになるでしょうか。酵素青汁エクセレントを溶けやすさと喉越しの良さから1位にしてみましたが、どれも大麦若葉がメイン素材で似た系統の味。「苦い」「青臭くて飲めない」などということはまずない青汁です。

 

酵素青汁エクセレントレビュー「まとめ」

これまでたくさんの青汁を飲み比べてきて、特に大麦若葉の青汁には極端に飲みにくい味のものは少ないことがわかってきました。
ではお値段の差はどこに現れてくるのかというと、

・原材料の安全性(国産、または無農薬かどうか)
・口当たりの良さ、溶けやすさ

ざっくり言えばこの2点に集約され、良し悪しの壁が1杯100円あたりにあるように感じています。

この酵素青汁エクセレントはちょうどこの100円を少し超える価格設定で、原材料は国産、口当たりや溶けやすさも悪くない商品です。4包入りのものがもし本当に100円ショップで売っていたとなると、間違いなく破格と言っていいでしょう。(見つけたらぜひ買ってみてください!)

今はやりの酵素も入っているユニークな青汁です。1杯でしっかり栄養素を摂りたいという方、試してみる価値は十分にあると思いますよ。

<管理人レビュー評価>

3.6 /5

中河環

このページの先頭へ