エーエフシー コラーゲン青汁+希少糖 口コミ・評価

エーエフシー コラーゲン青汁+希少糖 口コミ・評価
甘いものは太りやすくなるし、健康のためにもなるべく摂らないようにしているという人は多いのではないでしょうか。

でも青汁って少し甘みがあったほうが飲みやすい……、そう思う方にお教えしたいユニークな青汁を見つけたのでご紹介します。エーエフシー(AFC)の「コラーゲン青汁+希少糖」です。

ここでは、エーエフシー(AFC)の「コラーゲン青汁+希少糖」の口コミ、原材料、栄養成分、期待できる効果、その他の青汁との比較、筆者が実際に飲んで感じたこと、評価を記載しています。

コラーゲン青汁+希少糖に期待できる効果

次世代甘味料「希少糖」が入った青汁!

エーエフシーのコラーゲン青汁+希少糖はその名前の通り、コラーゲンと希少糖が配合された青汁です。希少糖というのは糖と糖アルコールのうち、自然界に存在する量が少ないものについてそう名付けられています。

希少糖の中には砂糖に近い甘さを持ちながらカロリーが非常に低いものがあります。コラーゲン青汁+希少糖に使用されているのもそういった性質を持つ希少糖で、「D-プシコース」と呼ばれるもの。甘味は砂糖の7割程度ながらカロリーはほとんどゼロ。肥満を気にする現代人にとっては、まさに夢の糖と言えるのです。

カロリーゼロというとダイエット食品や飲料によく使用されている人工甘味料を思い浮かべますが、それらには安全性について疑問を持つ声が少なからず存在します。でも希少糖なら天然のものですから安心。それどころか、希少糖D-プシコースには次のような働きがあることが報告されています。

D-プシコースの作用
・食後の血糖値の症状を緩やかにする
・内臓脂肪が蓄積されるのを防ぐ
・動脈硬化になりにくくする

つまりダイエットだけではなく、糖尿病や動脈硬化の予防にまで効果的。現在盛んに研究が勧められているというのも頷けるところです。(※ただし血糖値が全く上がらないということではありませんので、糖尿病の方が砂糖の代わりに使用されるのには向きません。)

美容成分コラーゲンも配合

しかもこの青汁、コラーゲンまで配合されています。コラーゲンというと肌の弾力性や潤いを保つのには欠かせない成分。これが青汁1杯あたり2,500mg摂取できます。

一時期「コラーゲンをいくら摂ってもほとんど肌には届かず、美肌の役には立たない」との説が話題となりました。ただその後の研究より、分子の大きなコラーゲンであればその通りですが、分子がきわめて小さなコラーゲンペプチドなら吸収が非常によく、その一部はしっかり肌に届くことが確認されています。

コラーゲン青汁+希少糖に配合されているのももちろん低分子のコラーゲンペプチド。美肌維持のために摂取する意味は十分にあるというわけです。

最新の報告によると、肌の水分量を上昇させたりシワを改善させるのには1日5,000mg、骨や関節の健康維持には10,000mgのコラーゲンペプチドを摂取することが必要であるとされています。単純に1日にこの青汁を2杯飲めば、美肌をつくる量を賄うことができます。

コラーゲン青汁+希少糖の口コミを調べてみました

プラス評価の口コミ

・国内の原料が使われていて安心。おいしいしコラーゲンも摂れるのでよく飲んでいます。
・甘みがあって飲みやすい。続けやすい青汁です
・大袋に入っているので好みの濃さに調整できます
・苦味も青臭さもなくてとても飲みやすい。思い切って購入してみて良かったです
・おいしいし購入しやすいお値段。リピートします
・ほのかに甘さがあって子供にも飲みやすい味です
・牛乳や豆乳、ヨーグルトに混ぜるとおいしい
・飲み始めてからなんとなくファンデの乗りがよくなったような気がします

マイナス評価の口コミ

・味は今ひとつ。コラーゲン入りなのはいいのですが
・薄い抹茶みたいな味。まずくはないけどそんなにおいしくもないです
・溶けやすいのですがちょっと粉っぽいのが残念
・コラーゲンの量がもう少し多ければいいのに
・独特の匂いがちょっと気になる。味はおいしいです

甘味があるのでおいしいのかと思いきや、意外にも味をそれほど評価していない意見がちらほら見受けられます。

もう一点、気になるのが独特の「匂い」。それはコラーゲンの匂いなのでしょうか。実はコラーゲン青汁+希少糖に使用されているコラーゲンは、魚由来のものと比べると匂いが強いと言われる豚由来のもの。匂いは飲みやすさを左右する部分であるだけに、侮れません。

これらの口コミは果たして本当なのでしょうか? 実際に飲んで確かめてみることにします!

コラーゲン青汁+希少糖の口コミは本当?実飲して検証!

楽天にあるエーエフシーの直販ショップにてお試し価格で販売していたため、今回はそちらで購入し、注文してから3日で到着しました。
コラーゲン青汁+希少糖を注文してから3日で到着

驚いたのは段ボール箱がガムテープや接着剤等で封をされておらず、上部蓋のタブ部分が箱の切り込みに差し込まれただけの状態で届いたこと。中身が無事でよかったですが、こんな形でも荷物は届くのかと別のところに感心してしまいました。

フタを開けたところ。小さな情報誌が同梱されていましたが、中身は至ってシンプルです。
002korakishoto

これが青汁。表面は和紙のような手触りです。
003korakishoto

袋の裏面はこうなっています。
004korakishoto

袋の上部をハサミで切って開けるようになっています。
開封した後もしっかり閉められるように、チャックがついています。
005korakishoto

開封してみました。
中身はまとめてこんな感じで入っています。
006korakishoto

1回分をお皿に出してみました。
細粒に近いパウダーなので、粉が舞うといったようなことはありません。
白い粒が混じっているのは糖なんでしょうか?
ほのかに甘い匂いがしましたが、コラーゲンを感じさせるような匂いはわかりませんでした。
コラーゲン青汁+希少糖を水の粉の状態

基本の飲み方は5g(大さじ山盛り1杯)を100mlの水や牛乳、お湯などに溶かすというもの。
まずは水に溶かして飲んでみることにします。

コラーゲン青汁+希少糖を水で溶かして

コラーゲン青汁+希少糖を水で溶かす
ダマになることもなく、混ぜているうちにスムーズに溶けました。

味はほのかな甘みがある薄い抹茶という感じでしょうか。
決して甘すぎるということはありません。クセや苦味、嫌な匂いも特になく、さらっとした飲みやすい青汁です。

口コミからもう少し粉っぽいものを想像していましたが、この程度であれば気になりません。
これなら水だけでも十分に飲むことができます。

コラーゲン青汁+希少糖をグレープジュースで溶かして

コラーゲン青汁+希少糖をグレープジュースで溶かす
冷蔵庫にグレープジュースがあったので、試しにこれに溶かしてみました。

青汁自体に全くクセがなく薄味なので、グレープの味が勝っていて、おいしくいただけました。
他のジュースでも、牛乳や豆乳でも喧嘩することない味なのではないかと思います。
これなら問題なく料理にも使えそうです。

コラーゲン青汁+希少糖の原材料・成分

原材料

コラーゲン加水分解物(ゼラチンを含む)、大麦若葉末、還元麦芽糖水飴、抹茶末(一番抹茶50%)、イソマルトオリゴ糖、デキストリン、ケール末、希少糖含有シロップ、甘味料(スクラロース)、葉酸

大麦若葉(大分県産)無農薬

食物繊維、β-カロテン、ビタミンB1、マグネシウム、カルシウム、カリウムが豊富な栄養成分の宝庫にして青汁の新定番、大麦若葉。
普段の食事から摂りにくいミネラルのほか、SOD酵素など抗酸化作用を持つ成分を多く含む実力派素材です。

ケール(島根県産)

青汁といえばこれ、緑黄色野菜の王様とも呼ばれるケールです。ビタミンB群、C、β-カロテン、カルシウムを豊富に含んでいます。
大麦若葉にはあまり入っていないビタミンCが多く入っているため、この2つの素材がブレンドされることで栄養バランスは最強に。

抹茶(静岡県産)

青汁の味を整える抹茶には本場茶処静岡のものを使用。しかもその半分はうまみと甘味成分が豊富な一番抹茶が使われ、上品な味わいとすぐれた栄養バランスを実現しています。
お茶ならではのカテキン、タンニン、テアニンのほか、ビタミンCやマンガン、マグネシウム、カルシウム、カリウムなどのミネラルも豊富です。

メイン素材は大麦若葉、ケール、抹茶の3つ。ご紹介したようにどれも国産です。この青汁の一番の特徴であるコラーゲンと希少糖にどうしても目が行きがちですが、肝心の青汁成分がしっかりしているのもこの青汁の良いところです。

ただちょっと気になる点もあります。それは使用されている甘味料で、せっかく希少糖を使用しているのに、この他に還元麦芽糖水飴やスクラロースが入っています。

還元麦芽糖はとうもろこしやじゃがいもなどのデンプンから作られるもので安全性にはさほど問題はありませんが、スクラロースは人工甘味料。

ノンカロリーで血糖値は上昇させないものの賛否両論ある成分です。もちろん甘味を全て希少糖にしてしまうとかなり高価になってしまうからだろうとは容易に想像できますが、それにしてもちょっともったいないですね。

青汁1杯(5g)あたりの成分

エネルギー 18.5kcal
たんぱく質 3.0g
脂質 0.08g
炭水化物 1.47g
ナトリウム 0~14mg
葉酸 200μg
コラーゲン 2,500mg

コラーゲン青汁+希少糖と他の青汁の比較

コラーゲン青汁+希少糖と同様にコラーゲンが配合された青汁をいくつかの方向からに比べてみます。今回は比較対象として「美力青汁beauty(ミッシーリスト)」と「活き生き酵素青汁480」をピックアップしました。

原材料で比較する

<コラーゲン青汁+希少糖>
【青汁成分】大麦若葉(国産・無農薬)、抹茶、ケール(以上国産)
【美容・栄養成分】コラーゲン(国産)、イソマルオリゴ糖、葉酸など
【甘味料】還元麦芽糖、希少糖、スクラロース

<美力青汁beauty>
【青汁成分】大麦若葉(国産・無農薬)、かぼちゃ・ほうれん草など野菜6種、オレンジ・レモンなど果物8種、抹茶(以上国産)
【美容・栄養成分】難消化性デキストリン(水溶性食物繊維)、オリゴ糖、ビタミンC、フィッシュコラーゲン、セラミド、ヒアルロン酸、ローヤルゼリー
【甘味料】なし
【その他】ローズフレーバー

<活き生き酵素青汁480>
【青汁成分】大麦若葉(国産・無農薬)、明日葉、桑の葉、熊笹、ケール、抹茶(以上国産)、野菜や果物など400種の植物を熟成発酵させた酵素、穀物麹19種
【美容・栄養成分】コラーゲン、ローヤルゼリー、プラセンタ、セラミド、ヒアルロン酸、大豆イソフラボン、プロテオグリカン、など55種
【甘味料】オリゴ糖

この3つはどれもメインとなっている大麦若葉に国産、無農薬のものが使われていて優秀! 比較的シンプルな構成のコラーゲン青汁+希少糖を含めて原材料にそれぞれ工夫があるのが見て取れます。ちなみに美力青汁beautyは有名エステティシャンの髙橋ミカさんがプロデュースした商品です。

価格で比較する

<コラーゲン青汁+希少糖>
2,800円(税抜・30日分)…93.3円/1杯

<美力青汁beauty>
6,000円(税抜・30日分)…200円/1杯
※定期購入利用で174.6円に

<活き生き酵素青汁480>
925円(税抜・30日分)…30.8円/1杯

活き生き酵素青汁480の定価は1,980円のようですが、実売価格で計算したため、非常に大きな価格差になってしまいました。が、国産の原材料を揃えているのになぜこんなに安いのでしょう。逆に美力青汁beautyはちょっとお高くて、ずっと続けていくのは大変かも……?

その点コラーゲン青汁+希少糖は平均的なお値段ということになるでしょうか。この中では唯一個別舗装ではないので、そのあたりもコストダウンに一役買っているようです。

味で比較する

美力青汁beautyはビタミンCの酸味とローズの香りが効いたかなり個性的な風味で、よくも悪くも青汁らしくない、ちょっとファッショナブルなイメージの商品です。溶けやすさや喉越しの良さは全く文句のつけようがありません。

活き生き酵素青汁480は逆にクセがなく非常にマイルドな青汁。ほのかに甘味があります。ただ水には溶けにくく、口当たりに粉っぽさがあるのが残念な点です。

美力青汁beautyは好みが分かれる味なので飲みやすさの順位付けが難しいのですが、

コラーゲン青汁+希少糖>美力青汁beauty≧活き生き酵素青汁480

としてみました。しかしどれも飲むのが苦にならない、飲みやすい青汁だと言えます。

「コラーゲン青汁+希少糖」まとめ

原材料は国産でコラーゲンが入っている青汁。味も十分に飲みやすいですし、価格もお手頃です。甘味料に希少糖以外のものが使用されているのさえ気にならなければ、なかなかの掘り出し物と言っていい青汁なのではないでしょうか。

今回お試しで購入したものは青汁が一袋にまとめられていたものでしたが、1杯分ごとに個別包装されたものも販売されています。ややお値段は高くなってしまいますが、利便性を重視するならそちらをお求めになった方がいいかもしれません。

中河環

このページの先頭へ