ヤクルト「私の青汁」の効果、口コミ&飲んでみた感想

ヤクルト「私の青汁」の効果、口コミ&飲んでみた感想
「野菜不足の解消」を目的として青汁の購入の検討をする方は多いかと思います。
何を隠そう私もその1人です。

実際に購入し、飲んでいく上で考慮したい点は

■青汁の原材料の産地
■子どもも飲めるくらいの安心さ
■経済的に継続するためにも購入がラクかどうか

の3つです。

この全てをクリアしてくれたのがヤクルトの「私の青汁」です。

ここでは、ヤクルト「私の青汁」の口コミの検証、味や香りなど飲んでみた感想、「私の青汁」の成分、期待できる効果、他製品の青汁との比較、お得な購入方法などをお伝えします。

当サイトでは100種類以上の青汁を試しましたが、NO1はこの青汁です。

ヤクルト「私の青汁」の原料・成分

【主な原材料】
・大麦若葉・・・・・・大分県国東(くにさき)半島産、農薬・化学肥料未使用
・水溶性食物繊維
・デキストリン

大分県国東(くにさき)半島を中心とした契約農家の方により作られた農薬・化学肥料未使用の大麦若葉オンリーの青汁です。

この畑の近くに製造者であるヤクルトヘルスフーズ(ヤクルトの子会社)の自社工場があり、朝摘みの新鮮な大麦若葉はすぐに工場に送れるというのも魅力的です。口にいれるものだからこそ気を使いたい、そんな消費者の気持ちとMADE IN JAPANという安心感があります。

大麦若葉しか使ってない青汁といっても、ヤクルト「私の青汁」には下記のように沢山の栄養素が含まれてます。

【私の青汁1袋分(4g)に含まれる主な栄養素】
カロリー:18~31kcal
たんぱく質:0.5~1.5g
脂質:0.1~0.3g
糖質:2~5g
食物繊維:2.4g
ナトリウム:21~48mg
β-カロテン:190~1600μg
ビタミンK:41~138μg
鉄:0.3~1.7mg
カルシウム:9~23mg
カリウム:138~414mg
マグネシウム:3~12mg
ポリフェノール:29~66mg

ヤクルト「私の青汁」の口コミ

ヤクルト「私の青汁」の口コミを調べました。良い口コミ、悪い口コミをまとめましたので参考にしてください。

プラス評価の口コミ

・原産地が国産なので安心。
・リーズナブルな価格なので買いやすい。
・飲みやすい。
・腸内環境が整ってきたように感じる。
・ダマになりにくいので溶かし易い。
・抹茶味をしっかり感じるのでよく牛乳で割って抹茶ミルク風すると美味しい。
・近所のドラッグストアで売っているので気軽に買える。
・ヤクルトの製品なので安心して飲める。
・お通じがよくなってきた。

マイナス評価の口コミ

・少し青臭さがある。
・他の青汁より薄味。
・1日2回飲むのが基本のようだが、お腹がゆるくなる時が多い。
・ニオイがきつかった。
・正直美味しくない。

口コミを見るとヤクルト「私の青汁」は、お通じにはかなり効果がありそうな予感がします。
しかし、味に対しての評価はまずまずといったところでしょうか。

青汁を飲み続ける上で一番気になるのがこの「味」に対する価値観ですね。
実際飲んでみてどんな味なのか、しっかりとレビューしていこうと思います!

私の青汁レビュー。気になる味は?効果は?

ヤクルトの青汁シリーズの購入先は公式サイトではなく、ドラッグストアや大型通販サイトなどで取り扱っている店舗となります。

私が購入した場所は近所のドラッグストアでした。

アマゾンや楽天でも取り揃っているので公式サイトで会員登録しないと買えないという不便さが一切いらないのも便利なところです。
001watashinoaojiru
さてこれがパッケージ。

保存するのに余り場所を取らない程度の小さめな箱というのも気に入りました。
この箱の中に30包入ってます。

開封してみます。
002watashinoaojiru

通販と違って送られてくるダンボールや広告などはもちろん無いので、出かける手間を惜しむのでなければ大変エコロジーかと思います。

私の青汁の香り

個包装で1袋1回分、30袋入ってます。
早速1袋開封してみると、ぱぁっと抹茶の香りが広がりました。
青臭さは一切ありません。
私の青汁の粉末
抹茶の香りが余りにも良いので思わず粉末のまま指につけてペロッとしました。

濃厚なコクの深いやはり抹茶に近い味がしました。
大麦若葉そのものを食べたり香りを嗅いだことは無いけれど一切葉物野菜特有の青臭い味はありません。むしろほんのりと甘みがあります。

例えるなら抹茶味のクリームパウダーのような食感で、舌の上ですぐに溶けました。

私の青汁+水で飲んでみます

飲み方としてはパッケージに1袋を100ml程度の冷水かお湯、または牛乳で溶かしてくださいとありましたので、まず水に溶かして飲んでみましょう。
私の青汁+水で飲んでみます

しっかりと味わいたいので常温の水を使ってみました。
濃い抹茶色ですね。

口コミ通りダマにはならずに、すぐに水で溶けました。

私の青汁+水の味は?

粉末のままで味見をしたような抹茶の風味がなくなりました。
その変わり葉物野菜の持つ苦味も全くありません。

青臭さも同様にゼロです。
甘みも強いわけではないです。

口コミで「まずかった」と感じた人がいたのはもしかしたらコレかもと思いました。

私が正直に感じたのは、まずいというわけではない、しかし苦くも、そして美味しいとも言いがたいんです。
開封した直後の抹茶の香りでつい味まで期待してしまうのですが、青汁は青汁です。

お茶ではないのですが、そのことを忘れるくらいの抹茶の香りが部屋に広がってたのでついつい抹茶味を想像してしまいました。(^^;)

私の青汁+牛乳で飲んでみます

私の青汁の水割りだと味のインパクトが少ないので続いて牛乳に溶かして飲んでみます。
私の青汁+牛乳で飲んでみます

私の青汁+牛乳の味は?

抹茶ミルクの味になりました!
水だと感じにくかった味が牛乳を入れると風味が上がったのにはびっくり。
甘みもあり子どもが好きそうな味です。

中学生のわが子も興味津々だったので、私の青汁の牛乳割を飲んでもらいました。
子どもの感想として一言「抹茶ラテみたいで美味しい!」。

他にもレモン汁を入れてみましたが、苦味(酸味だと思います)が強くなってしまいました。

私の青汁+お湯で飲んでみます

最後に、私の青汁をお湯で溶かしてみます。

私の青汁+お湯の味は?

飲んだときののど越しはさっぱりしています。
お湯なので風味がコップに口を近づけるとやや青菜の香りが立ちます。
飲んだ後にも多少の葉物の臭みと甘みが広がりました。

おすすめの飲み方は「牛乳割り」です!

私の青汁に期待できる効果

私の青汁には大麦若葉以外、ほかの野菜は含まれていません。
つまり大麦若葉の青汁ということです。

この大麦若葉にはβ‐カロテン、鉄分が多く含まれているのです。
β‐カロテンは抗酸化作用に優れた物質です。

体内に摂取されると必要に応じてビタミンAに変わり美肌や粘膜を保護する効果がありますので、美容にも健康にも一役買ってくれる存在です。

ほうれん草や人参、海藻類にも多く含まれています。
アンチエイジングにも期待できるとあれば魅力的な栄養素というわけです。

ちなみにビタミンAを直接食物から摂取できる代表的なものはレバーですが、これは摂りすぎると体内に残って溜まってしまうのであまりよくありません。

β‐カロテンは必要に応じてビタミンAに変わるのが体には負担が少なくていいですね。

また、私の青汁にはレタスの2倍の食物繊維もあり、便秘解消にも一役買ってくれそうです。
パッケージにも「一度にたくさんの摂取するとお腹がゆるくなる場合がある」という注意書きがありました。

便秘気味ではない私は逆にゆるくなったら困るな~と思いましたので、まずは1日1袋から始めてみて「今日は野菜を余り食べてないな」というときは1日2本飲む、など調節しても良いと思います。

ヤクルト「私の青汁」は子供も飲んで大丈夫?

先ほどもチラッと述べましたが、中学生のわが子も飲みたいということで一緒に飲みました。
この件について、ヤクルトにも電話をして問い合わせてみました。

「食品なので子供から飲むことは可能です。」
「ただし、大人のお腹より若干反応は過敏だと思いますので、まずは1袋の半分から様子を見ながら始めるということをおすすめします」

との返答を貰いました。

私の青汁を他のヤクルトの青汁と比較してみた

ヤクルトヘルスフーズでは他にも多くの青汁を商品化しています。
その中でも今回ドラッグストアで3品私の青汁と同じ棚に並んでいた「青汁のめぐり」「まろやかケール」と比較してみました。

私の青汁を「味」で比較

<青汁のめぐり>
私の青汁も青汁のめぐりも同じ大麦若葉を使用してます。
青汁のめぐりにはオリゴ糖も含まれているのですが、より甘いのかというとそういうわけでもありません。
整腸作用をより高めたい方には青汁のめぐりを、それほどお悩みでないのでしたら私の青汁をおすすめします。

<まろやかケール>
「ケールはマズイから無理!」、という人も多いかと思います。ヤクルトのまろやかケールは苦味はほとんど無いのですが、香りが強く、ケールの青みのある味はありますのでシンプルに水で飲むなら「まろやかケール」、牛乳やハチミツをプラスして味のバリエーションを楽しみたいなら「私の青汁」が良いと思います。

私の青汁を「成分・原材料」で比較

「青汁のめぐり」にはオリゴ糖(ガラクトオリゴ糖)が含まれているので私の青汁より、おなかのゆるくなる率が少々アップしそうです。また、食物繊維においては若干「私の青汁」の方が数値的(※)には高めです。

私の青汁⇒0.3g
青汁のめぐり⇒0.2g
※ 1gに含まれる青汁の粉末に含まれる食物繊維の数値

青汁に含まれているビタミンC。
大きな差はありませんが、ビタミンCの量は、大麦若葉よりも若干ケールの方が多く含まれています。つまりビタミンCの量は「まろやかケール」の方が豊富です。

その他、大麦若葉とケールの成分の比較は以下をご覧ください。

私の青汁を「溶けやすさ」で比較

「私の青汁」はお水、牛乳、そしてお湯のどれをとっても溶けやすかったです。
他の2品はどうでしょうか。

<青汁のめぐり>
溶けやすさは私の青汁も同じくらいさらっと簡単に溶けてしまいました。
念のため両者ともスプーンで混ぜた後グラスの底をすくってみましたが、ダマは全く出来ず、どちらも非常に溶け易い青汁です。

<まろやかケール>
溶け具合は上記の2つと同じくらい滑らかに溶けました。

3商品共に水でも牛乳でもどちらでもダマはできませんでした。
さすが同じヤクルトメーカーの商品ですね!

溶け具合の効率の良さも青汁を飲んでいく上では外せない条件ですので3品簡単に溶けるいう嬉しい結果となりました。

私の青汁を「価格で比較」

<私の青汁>
内容量:1袋4g×30袋
参考価格:1,500円(税別)

<青汁のめぐり>
内容量:1袋7.5g×30袋
参考価格:2,000円(税別)

<まろやかケール>
内容量:1袋4.5g×30袋
参考価格:2,500円(税別)

やはり「青汁のめぐり」はガラトオリゴ糖を入れているという点でやや「私の青汁」よりお高いですね。
価格のみから言うと「私の青汁」はお財布から出す金額が3つのうち一番リーズナブルといったところでしょうか。

しかし、いちばん金額が高い「まろやかケール」にしても2,500円ですので、ネットやテレビ通販で買うより断然お安い価格というのが何より嬉しいです。

ヤクルト「私の青汁」の買い方

ドラッグストアで買う

ドラックストアでは常に近所の利用客のニーズに合わせたものを取り揃えてくれるのが最大の魅力です。
また、店舗ごとにポイント制度も導入しているところも多いのではないでしょうか。

私も近所のドラッグストアのポイントメンバー会員になってます。
他の商品を買って貯めたポイントで青汁を買えば、0円で買うことも可能です。

アマゾン、楽天などの大手通販サイトで買う

・アマゾンで買う
Amazon定期おトク便というシステムを利用すれば通常購入の10%割引で配送の頻度も選べ、送料も無料といった便利でお得な買い方ができます。

もちろん一回だけの購入も可能です。
ネット購入ではアマゾンを使うことが多い方はこちらから購入すると良いと思います。

・楽天市場で買う
楽天市場で購入する場合は、店舗ごとに送料が違うことが多いので、送料の部分で損をしないようにそう支払額を考えながら検討するのがオススメです。

しかし楽天市場はポイント○倍などの楽天そのものが企画しているイベントや、個々のお店がやっているセールなどもチェックしたり、溜まったポイントを使って買えばお得に買うことができます。

若山あお

このページの先頭へ