【明日葉vs大麦若葉vsケール】どの原料の青汁が私に合ってる?

明日葉vs大麦若葉vsケール

青汁の原料と特徴

青汁の原料といえば、明日葉、大麦若葉、ケールの3つが有名です。どの原料がどのくらい含まれているかは青汁によって異なります。

つまり、どの原料が使われている青汁を飲むのがよいのか知るためには、原料の特徴を知っておく必要があります。

特にポピュラーな明日葉、大麦若葉、ケールの3つの原料については青汁選びに欠かせない知識といえるでしょう。

明日葉とは?

明日葉は大変生命力が強く、若葉をつんでも明日にはまた芽が伸びているほど成長が早いことから明日葉という名前がつけられたようです。中国では薬として用いられ古来より不老長寿によいとされてきた明日葉ですが、実は日本原産のセリ科の野菜なのです。

セリ独特の香りがあり、少し苦味があります。
明日葉は、食物繊維、鉄、カルシウム、カリウム、ビタミンB群、ビタミンC、ビタミンE、βカロテンを豊富に含んでいます。

特に、ビタミンB2が多く含まれており、細胞の再生や皮膚や爪をつくるのに欠かせない栄養素です。その他に、利尿作用によりむくみを軽減させるルテオリンという成分や、動脈硬化や糖尿病予防によいとされるポリフェノールの一種であるカルコンやクマリンがたくさん含まれています。

このカルコンやクマリンという成分は明日葉特有のもので、明日葉の茎を切ると黄色い汁として見ることができます。

大麦若葉とは?

大麦若葉はイネ科の植物で、大麦の若い葉の部分をさします。
大麦若葉も明日葉と同様、鉄、カルシウム、カリウム、鉄、銅、マグネシウム、亜鉛などのミネラルが豊富に含まれているほか、ビタミンB1、ビタミンC、βカロテンも含まれています。

大麦若葉だけに含まれているSOD酵素という酵素には動脈硬化や糖尿病や高血圧などの生活習慣病を予防する働きがあるだけでなく、過酸化脂質を抑制して老化を防止する働きがあります。
含まれている食物繊維の量も大変多いのも大麦若葉の特徴です。

大麦若葉はクセが少なく、青汁として飲む場合は抹茶のような味と例えられることが多いようです。

ケールとは?

ケールは葉キャベツとも呼ばれており、アブラナ科の植物でなじみ深い野菜キャベツの一種です。青汁が「まずい」「苦い」というイメージを持たれがちなのは、実はこのケールのせいかもしれません。ケールには独特の苦味があり、まずいと感じる方が多いようです。

栄養面では明日葉や大麦若葉と同様、食物繊維やβカロテン、カルシウムが豊富です。
ビタミンCやビタミンEなどのビタミン類も多く含まれています。

ケールにはメラトニンという睡眠に関わるホルモンが含まれていることや、ブルーベリーなどに含まれていて目に良いとされるルテインも豊富に含まれていることが特長といえます。
また、アブラナ科の植物を食べている人はガンになりにくいという研究結果があり、アブラナ科のケールにはガン抑制効果も期待できます。

飲みやすいのはどれ?ケール主成分の青汁は飲みにくい!?

飲みやすさでいえば、クセの少ない大麦若葉や明日葉が主成分の青汁がおすすめです。
ケールは独特の苦味やまずさがあるため、青汁初心者が挑戦するのは敷居が高いかもしれません。

とはいえ、栄養面を考えてケールが主成分の青汁を飲みたいという方は、飲みやすいように他の野菜や果物などがブレンドされたものなど味が工夫されているものもありますので、そういったものを選ぶとよいでしょう。

また、液体だとどうしても味が気になってしまいますが、ステラの贅沢青汁のようにケールを使用していながらも粒タイプのものであれば味を気にせず摂れます。

カロリーが低いのはケール?

毎日飲むものだからやはりカロリーは気になりますよね。
明日葉、大麦若葉、ケールのカロリーはどれくらいなのでしょうか。

100gあたり明日葉は33kcal、大麦若葉は38.8kcl、ケールは28kcalほどです。

明日葉、大麦若葉、ケールそれぞれ単体で言えば、ケールが一番低カロリーといえます。一方、大麦若葉はやや高めでケールと比較すると100gあたりで10kcalほど高くなります。

仮に、同じ量を毎日摂取するとなると、ケールと大麦若葉では10日で100kcalほどの差が出てきます。もし青汁を自作しようとしている方でとにかくカロリーが気になるという方はケールを選ぶのがおすすめです。

市販品は他にブレンドされているものによってカロリーは大きく変わってきますので、主成分のカロリーよりもブレンドされているもののカロリーを気にしたほうがよさそうです。

液体タイプの青汁よりも粒タイプの青汁のほうが比較的低カロリーな傾向があるようですのでカロリーが気になる方は参考にしてみてください。

ケール

美肌のために青汁を飲むならどれがいい?

美肌のために欠かせない栄養素といえばビタミンCです。
ビタミンCはコラーゲン生成を助け、お肌のキメを整えたりハリや弾力をもたせることによりシワを防ぎます。メラニン色素の生成を抑えるためしみに悩む方や美白に力を入れている方はもちろん、皮脂分泌を抑える働きもあるのでニキビに悩む方も是非積極的に摂取したい栄養素です。

青汁でビタミンCがたくさんとれるから飲むという方もたくさんいらっしゃるかと思いますが、明日葉、大麦若葉、ケールに含まれるビタミンCの量に大きな違いがあることをご存知でしたか?
せっかく美肌のために青汁を飲むのなら、青汁の中でも特にビタミンCが多いケールが主成分の青汁がオススメです。

100gあたりで明日葉には41mg、大麦若葉で7mg、ケールは81mgも含まれています。
明日葉に比べると2倍、大麦若葉と比べると10倍以上の量が含まれていることになり、含有量に大きな差がみられます。ビタミンCを積極的に摂りたいと考えている方はケールが主成分の青汁を選ぶとよいでしょう。

カルシウム不足が気になる人におすすめの青汁原料はケール

カルシウムはご存じのとおり、骨や歯を構成する大切な成分です。
特に女性は妊娠や出産などホルモンの関係でカルシウム不足に陥りがちで、将来骨粗しょう症になりやすいといわれています。

青汁を飲むことでカルシウム不足を改善したいと考えている方は、ケールが主成分の青汁がおすすめです。なぜなら、ケールには100gあたりで220mgものカルシウムが含まれているのです。
100gで明日葉は65mg、大麦若葉では25mg含まれていますが、やはりケールのカルシウム含有量はダントツといえます。

鉄分を摂りたい人におすすめの青汁原料は大麦若菜!

月経や妊娠、出産など、女性の身体は鉄分が不足しがちです。鉄分不足は貧血など健康面で影響が出るほか、お肌のくすみや目の下のクマなど美容面でも大打撃となります。
青汁で手軽に鉄分を補給したいと考えている方におすすめなのは、大麦若葉を主成分とした青汁です。

青汁は鉄分が豊富といいつつ、100gあたりケールで0.8mg、明日葉で1mg、大麦若葉では4.16mgとかなりの差があります。成人女性が一日に必要とする鉄分の量は12mgです。

さらに妊娠中や授乳期、生理中などは15mgほどの鉄分を摂取するのが理想的です。
大麦若菜を100g摂ると、成人女性が通常1日に必要とする鉄分の量の1/3を補うことができるのです。

むくみ予防にいい青汁の原料は明日葉

気になるむくみをなんとかしたくて青汁を飲み始める方もいらっしゃると思います。
青汁がむくみによいとされるのは、青汁にカリウムというミネラルが含まれているからです。

カリウムは細胞外液のナトリウムとバランスをとりながら細胞内液に存在しています。
ナトリウムが過剰になった場合、汗や尿として体外へ排出しますが、このときカリウムも一緒に排出されてしまいます。
カリウムが不足するとナトリウムの濃度を下げないように体内に水分をたくわえ、むくみという結果につながります。

カリウムを不足させないことがむくみ解消には重要になってきますが、日本人の食生活ではカリウムを十分に摂取することが難しいのが現実のようです。
青汁を飲むことでカリウムを摂取したいところですが、どうせ飲むならカリウムが豊富な青汁を選びたいですよね。

明日葉、大麦若葉、ケールの中で一番カリウムがたくさん含まれているのが、明日葉です。
100g中に明日葉で540mg、大麦若葉で320mg、ケールで420mgのカリウムが含まれています。
カリウムを積極的に摂りたい方は明日葉が主成分の青汁を選ぶのがよさそうですね。

また、明日葉には利尿作用のあるルテオリンという成分が含まれていますので、さらなるむくみ予防が期待できそうです。

便秘解消におすすめの青汁の原料は?

便秘解消のために摂りたいのはやはり食物繊維ですよね。
100g中に明日葉で5.6g、大麦若葉で4.11g、ケールで3.7gの食物繊維が含まれており、大きな差はないようです。

少しでもたくさんの食物繊維を摂りたいという方は、主成分が明日葉の青汁を飲むとよいでしょう。
キャベツ100g中に含まれる食物繊維は1.8gほどですので、いずれもたくさんの食物繊維が含まれているといえますね。

明日葉、大麦若葉、ケールで食物繊維の量に大きな差がないので、便秘解消のために青汁を飲むことを考えている方は、乳酸菌が入っているかどうかに着目してみてはいかがでしょうか。

健康維持のために飲む青汁の原料はどれがいい?

いつまでも健康で過ごしたいというのはみんな思うことだと思います。
特に気をつけたいのが生活習慣病です。

糖尿病や動脈硬化など、生活の質を下げてしまったり命に関わるような病気にはなるべくなりたくないものです。
そのような生活習慣病の予防に注目されているのが、明日葉に含まれるカルコンやクマリン、大麦若葉に含まれるSOD酵素といわれるものです。

これらはそれぞれ特有の成分ですので、ケールでは摂ることができません。
もし、健康維持のために飲むのなら明日葉や大麦若葉が使われている青汁を選ぶのがおすすめです。

原料別におすすめの青汁をご紹介します

大麦若葉が主原料のおすすめ青汁

えがおの青汁満菜

えがおの青汁満菜

えがおの青汁満菜(あおじるまんさい)の原材料・成分、効果、味、通販情報は以下をクリックしてご覧ください。
http://www.241241.jp/

やずや養生青汁

やずや養生青汁

やずや養生青汁の原料、成分、飲んだ方の口コミ、通販に関する情報は以下をご覧ください。
https://www.yazuya.com/

明日葉が主原料のおすすめ青汁

ふるさと青汁

ふるさと青汁

マイケアのふるさと青汁の全額返金保証、成分、口コミ、割引情報などは以下をご覧ください。
http://www.mycare.co.jp/

フレッシュフルーツ青汁

フレッシュフルーツ青汁口コミ・評判を検証

フレッシュフルーツ青汁の初回100円方法、原料、効果、口コミ・感想、30日間返金保証の詳細、割引情報は以下をクリックして公式サイトでご覧ください。
http://aojiru-bu.net/koshiki/ffaojiru.html

ケールが主原料のおすすめ青汁

サンスター健康道場「粉末青汁」

サンスター健康道場「粉末青汁」

サンスター粉末青汁の原料、成分、栄養素、モニターの口コミ、特典などについては以下をご覧ください。
https://www.sunstar-tuhan.com/

明日葉、大麦若葉、ケールはそれぞれ栄養価が大変高くどれも優劣がつけがたいですね。
どの成分が一番よいかは、青汁を飲む目的によって変わってきそうです。

また、明日葉だけに含まれる成分や大麦若葉だけに含まれる成分といった、その植物特有の成分にも注目して青汁を選びたいところです。

このページの先頭へ