青汁に含まれるビタミンB12の効果は?

青汁に含まれるビタミンB12の効果は?

青汁にはビタミンB12が豊富!?

青汁にはビタミンB12が豊富に含まれています。
とくにケールよりも明日葉や大麦若葉に多くビタミンB12が含まれています。

ビタミンB12の推奨摂取量は男女ともに1日2.4μgです。
食べ物で摂ることも可能で、ビタミンB12を豊富に含む食べ物としてはレバーやしじみなどが挙げられます。

牛レバー50gで26.4μg、しじみ20gで12.5μgのビタミンB12を摂取することが出来ますが、毎日毎日ビタミンB12を意識して牛レバーやしじみばかりを食べるわけにもいきませんよね。

ビタミンB12不足が心配な方は青汁で上手に補給するのも一つの方法です。
さて、なんとなく健康に良さそうなビタミンB12ですが、具体的にどのような効果があるのでしょうか。

ビタミンB12が不足するとどのようなことが起きるのかご紹介しつつ、ビタミンB12の効果を解説します。

ビタミンB12が不足するとどうなるの?ビタミンB12の効果とは?

ビタミンB12が不足すると、欠乏症として様々な症状が身体に現れてきます。

消化器官や粘膜の不調

ビタミンB12が不足することにより、細胞の遺伝子がうまく合成されなくなってしまいます。

すると、細胞分裂が活発な部位に影響が出てきます。
それが胃や腸などの消化器官です。

胃腸での細胞分裂が上手に行われなくなると、食欲不振や慢性的な下痢に悩まされることがあります。

また、粘膜での細胞分裂の活性が落ちると傷が治りにくかったり、もちろんお肌のターンオーバーも落ちてしまいお肌の調子も悪くなってしまいがちです。

心当たりのある方はビタミンB12が不足していないか見なおしてみましょう。
ビタミンB12を十分に摂取することで、細胞の遺伝子の合成がスムーズに行われ胃腸やお肌の不調が改善するかもしれません。

神経系の異常

ビタミンB12は細胞だけでなく、神経細胞のタンパク質や遺伝子の合成も助けています。そのためビタミンB12が不足すると神経伝達に支障がでるようになり、手足のしびれ、神経痛、神経過敏などの症状がみられることがあります。

青汁でビタミンB12を十分に摂ることができれば、ビタミンB12不足による手足のしびれや神経痛などは解消されるでしょう。

ちなみに、病院でも神経痛の治療としてビタミンB12が処方されることがあります。
ビタミンB12は医療現場でも使われているほど神経系の異常に効果のあるものだということではないでしょうか。

長年の神経痛などは慢性化していて痛みと付き合っていくしかないと諦めがちですが、一度青汁を飲んでビタミンB12を意識的に摂ってみてはいかがでしょうか。

寝付きが悪くなる

夜になると眠たくなるのはメラトニンというホルモンが関係しています。
メラトニンは明るい所にいると分泌が抑制され、暗い場所では分泌量が増えます。
このメラトニンというホルモンの分泌が増えると眠たくなり、すっと寝ることができるのです。

なかなか寝付けないという方はこのメラトニンが上手に分泌されないことが多いようです。
ビタミンB12が欠乏すると、メラトニンの分泌の調整がうまくできなくなり寝付きが悪くなるということがあります。

寝付きがよくないとお悩みの方は、青汁でビタミンB12を意識的に摂ることですんなり眠りにつくことができるようになるかもしれませんよ。

悪性貧血

貧血=鉄分不足だと思っている方が多いと思いますが、ビタミンB12の不足でも貧血になってしまいます。ビタミンB12が不足することで起こる貧血は鉄欠乏性貧血とは異なる種類の貧血で、巨赤芽球性貧血(悪性貧血)とよばれるものです。

ビタミンB12や葉酸が不足していると鉄を摂取しても正常な赤血球をつくることができず、通常より大きな赤血球がつくられます。

その結果全身への酸素の運搬がうまくいかない状態、つまり貧血となり、めまい、動悸、立ちくらみ、息切れ、疲れやすいなどの症状が出てしまします。

鉄分を意識して摂っているのに貧血らしき症状が全くよくならないとお悩みの方は、もしかしたらビタミンB12不足が不調の原因かもしれないと疑ってみましょう。
青汁でビタミンB12を補給することで、正常な赤血球がつくられ不快な症状が激減するかもしれませんね。

ビタミンB12を摂り過ぎるとどうなるの?

ビタミンB12を摂り過ぎると何かよくないことがあるのでは…と心配な方もいらっしゃると思います。取り過ぎたビタミンB12は体外に排出されるので、過剰摂取を極端に心配する必要はありません。

とはいえ過ぎたるは及ばざるが如し、何事も適量が大切です。
もちろん、青汁を1日1杯か2杯くらい飲んで、牛レバーやしじみなどを常識的な量で食べるくらいであれば何も心配する必要はありません。

最後に

青汁に豊富に含まれるビタミンB12は健康にも美容にも欠かせない成分だということがおわかりいただけたでしょうか。

細胞や神経など、私たちの生命活動にも深く影響のある栄養素なのですね。
特に、女性は貧血になりがちなので正常な赤血球をつくるビタミンB12の効果は決して軽視できるものではないと思います。

お肌や身体の不調に悩まされている方は、ぜひ青汁でビタミンB12不足の解消を目指してみてください。

このページの先頭へ