ゴッドハートダイエット青汁の効果は?口コミ・私の評価

ゴッドハートダイエット青汁の効果は?口コミ・私の評価
今回レポートするのは銀座まるかんから発売されている「ゴッドハートダイエット青汁」。以前は「ゴッドハートスリム青汁」という名称で発売されていた商品です。

銀座まるかんと言えば「スリムドカン」という非常にインパクトのある名前のダイエット・便秘対策用サプリメントが有名ですね。こちらはセンナや食物繊維などから作られている商品で現在でもロングセラーが続いているそうですが、銀座まるかんではこれ以外にもダイエットや便秘の解消に効果的な商品をいくつも開発しているようです。

ではゴットハードダイエット青汁(この名前もなかなかインパクトがありますね)がどんな特徴を持っているのか、早速チェックしてみることにしましょう。

ここでは、銀座まるかん「ゴッドハートダイエット青汁」を飲んだ感想・私の評価、世間の口コミ・評判、原材料・栄養素、期待できる効果、その他の青汁との比較などを紹介します。

ゴッドハートダイエット青汁の原材料・成分から期待できる効果

原材料

サイリウム、大麦若葉末、マルチトール、抹茶末、緑茶末、ウーロン茶エキス末、ケール末、クマ笹末、コラーゲンペプチド、キダチアロエ末、ワカメ末、ローヤルゼリー、V.C

成分から期待できる効果

サイリウムとは?

原材料名の最初に記載されている(=最も使用量が多い)原材料名に「サイリウム」とあります。サイリウムというのは初めて聞いた名前なのでどんなものだろう?と調べてみると、エダウチオオバコ(枝打大葉子)とも呼ばれているオオバコの一種なのだそう。種や種皮の部分は生薬として使用され、その場合に「サイリウム」という名前が用いられています。

サイリウムが持つ効能は腸内環境の改善。サイリウムの原産地であるヨーロッパでは緩下剤(便秘薬)としてよく用いられています。サイリウムにはビタミンA、C、K、カルシウム、鉄などが多く含まれているのですが、特に食物繊維が非常に豊富で、全体量の約9割を占めています。しかも2種類ある食物繊維(不溶性食物繊維と水溶性食物繊維)の両方が含まれている点は大いに注目されるところでしょう。

不溶性食物繊維は動きの悪い腸に蠕動運動を促し、スムーズな排便を促します。
一方の水溶性食物繊維には水分を含んで膨らみ、腸内をゆっくり移動する性質があります。そのため満腹感が続き、食欲を抑えられます。サイリウムにはこの2種類の食物繊維が1:4の割合で含まれています。

水溶性食物繊維については「食後の血糖値や中性脂肪の急激な上昇を抑える作用」「コレステロールを吸着して排出を促す作用」などの性質ががあり、ダイエットとともに生活習慣病の予防にも効果が期待できます。これらの効果から、サイリウムの種皮を配合した食品の中にはトクホ(特定保健用食品)の表示が許可されているものもあります。

このほかサイリウムには利尿作用もあります。むくみやすい方にも効果が期待できます。

マルチトール

サイリウム、大麦若葉の次に名前のあるマルチトールは麦芽糖(マルトース)から作られる天然甘味料。還元麦芽糖と呼ばれることもあります。

マルチトールの甘味は砂糖の70~80%程度とやや抑えめですが、同時に砂糖の半分程度のカロリーのため、ダイエット系の食品によく利用されています。原材料になるのはトウモロコシやじゃがいもなので基本的に安全性には問題ありませんが、大量に摂取するとお腹がゆるくなることがあります。

その他の原材料

青汁によく使用されるものとしては大麦若葉ケールクマ笹が配合されています。それぞれ栄養価が高く、ビタミンやミネラルが豊富に含まれている素材ですが、それらを複数組み合わせることで栄養バランスがより良くなっています。

ゴッドハートダイエット青汁には低分子のコラーゲンペプチドやローヤルゼリーが配合されています。また、ビタミンCやポリフェノールが摂取できる抹茶、緑茶、ウーロン茶、さらにはビタミンCそのものも添加されています。ダイエットをすると肌の調子に影響が出てしまうことも少なくありません。健康へのサポートと併せて美容面の対策も考えられた構成になっていると言えるでしょう。

ゴッドハートダイエット青汁の口コミ・評価をチェックしてみました

<プラス評価の口コミ>
・お通じが良くなりました。飲み続けているうちに、疲労感も軽減されました。
・腹持ちが良く、自然と食事の量が減りました。
・風邪をひきにくくなり、疲労感が取れやすくなりました。口内炎もできにくくなりました。
・栄養豊富な青汁です。便通も良くなったので引き続き飲んでいこうと思います。
・飲み始めてから腸内環境が改善されている実感があります。
・ボリュームのある青汁で、飲むとお腹がすきにくくなります。
・不思議なことに便の臭いがしなくなりました。
・すごくいいです。便通改善にオススメ。飲んだらたくさん出ます。
・スリムドカンより自然な感じで出ます。

<マイナス評価の口コミ>
・溶けにくいしダマになるのでシェイカーが必要です。
・お値段が高い。リピーターに特典があればいいのに。
・わたしには合わなかったようで、便秘に期待したほどの効果はありませんでした。

全体的に便通の改善については評判が高いですね。単に便通が良くなっただけではなく、質も良くなったという意見が多数見られました。

また、これまでまるかんの他の商品を使用していた方を含めてリピーターが多いように見受けられます。中には銀座まるかんの創業者である斎藤一人さんのファンで商品を愛用するようになった人も少なくないようです。

上記の口コミは果たして本当? 実際にゴッドハートダイエット青汁を試してみることにします!

ゴッドハートダイエット青汁を試飲してみます!私の評価は?

ゴッドハートダイエット青汁が到着
全国各地にショップを展開していまるかん。しかし今回は10包をお試しセットとして販売しているショップが楽天にあったため、そちらで注文することにしました。注文した翌々日に到着。

ゴッドハートダイエット青汁10包とまるかん商品を紹介する情報紙
中にはお試しの10包とまるかん商品を紹介する情報紙が入っていました。

003godhdaojiru
10包入で10日分お試しできるのかと思っていたのですが、1日の基本量は3包とのこと。つまりこれで3日分とちょっとなんですね。
ちなみに本商品は1箱が93包入なので、それで1ヶ月分ということになります。

ゴッドハートダイエット青汁の内袋
これが内袋なのですが、非常にシンプルというか、無地です。
デザインはシンプルな方がいいという意見ももちろんあるでしょうが、筆者はせめて商品名だけでもプリントして欲しい派です。いろいろな青汁を購入していると、どれがどの商品なのかがわからなくなってしまうからです。

ゴッドハートダイエット青汁のパウダー
中のパウダーはさらさらしています。粉が細かすぎて舞ってしまうようなことはありません。匂いはお茶に近いような香りがしました。

さて、いざ試飲してみようとしてちょっと困惑。情報紙は入っていたものの、肝心のゴッドハートダイエット青汁に関する説明書のようなものが一切入っていません。そもそも公式サイトにも販売サイトにも、詳しいことが一切書かれていないんです。これ、どうやって飲めばいいんだろう?

あれこれ調べて、やっと「1包を250ml程度の水で溶かす」のが基本的な作り方だとわかりました。飲み方自体は自由なのかもしれませんが、ちょっとこれは不親切なんじゃないでしょうか。店頭での購入ならしっかり説明されるとは思うのですが。

それにしても250ml?! 随分多い量ですね。これまで試してきたほとんどの青汁は1杯100ml程度、最も多いものでも180mlでしたので、これはもう全く違うものとして捉えたほうが良さそうです。

ではさっそく作ってみましょう!

ゴッドハートダイエット青汁を水で溶かして

ゴッドハートダイエット青汁を水で溶かして
これはさすがに溶けやすいとは言えないですね。コップの中にダマができてしまっているのが見えるでしょうか。
ちょっと面白いのはとろみがある点です。実際に飲んでみる前から、随分ユニークな青汁だなと感じました。

そして飲んでみると……。
うーん、味が、ない?! いろいろな材料は入っているのですが、結局これだけ多くの水で溶かすので、味が薄まってしまうのでしょうね。

とろみがあるので、甘味をつけずに作ったゆるめの片栗といったイメージに近いです。250mlというのは実際に飲んでみるとかなりのボリュームで、食前に飲めば食事量を抑えられることは間違いありません。さすがダイエット用の青汁です。

それにしても、これを毎日3杯ずつ飲むというのはそれなりの覚悟が必要だと思いました。「ちょっと野菜が不足気味だから」と簡単に手を出せる青汁ではないようです。

ゴッドハートダイエット青汁をカルピスに溶かして

水で溶かしたものを飲んでみて、牛乳に溶かして飲むのはかなり重くなりそうだと想像できたので、迷った挙句に冷蔵庫にあったカルピスに溶かしてみることにしました。今度はシェイカーを使って溶かします。250ml必要なので、ちょっと大きめのシェイカーが必要になります。
ゴッドハートダイエット青汁をカルピスに溶かして

シェイカーで作って正解! 今回はダマにならずきれいに溶けてくれました。

飲んでみると、元の青汁の味がとても薄いからでしょうか。出来上がったものもカルピスのそのままの味で、飲みやすさは抜群です!
シェイクしたせいなのか、それともカルピスのせいなのかはわかりませんが、水で作ったときよりもとろみが少なく、これならゴクゴク飲めます。

それでも250mlはかなり多いなぁというのが本音でしょうか。水溶性食物繊維が多いからなんでしょうが、飲んだ後にも満腹感がしばらく続いていました。

そしてやっぱりネックになりそうなのが、1日3杯飲むという点。カルピスで作ればおいしいけれど、それですら1日に3度飲むとなると飽きてしまいそう。続けて行くには工夫が必要だと感じました。1食分の置き換えダイエット用として1日1包……といった飲み方なら無理なく続けられそうなんですけどね。

ゴッドハートダイエット青汁と他の青汁とを比較してみました

青汁といえば野菜不足を手軽に解消できるものが多いのですが、中にはゴッドハートダイエット青汁のように、便秘解消とダイエットをより強く意識した商品も多数存在します。今回はそうした特徴を持つ他の青汁とゴットハートダイエット青汁とを多角的に比較してみることにしました。

今回ピックアップしたのはお茶村の「神仙桑抹茶ゴールド」とミッシーリストの「美力青汁beauty」です。

原材料を比較

<ゴッドハートダイエット青汁>
サイリウムをベースに大麦若葉、抹茶、緑茶、ウーロン茶、ケール、クマ笹、コラーゲンペプチド、キダチアロエ、ワカメ、ローヤルゼリー、ビタミンCをプラス。甘味料としてマルチトール使用

<神仙桑抹茶ゴールド>
桑の葉をベースにシモン芋(葉と茎)、緑茶をプラス。添加物ゼロ、農薬不使用。

<美力青汁beauty>
大麦若葉をベースにかぼちゃ、ほうれん草など野菜6種、オレンジ、レモンなど果物8種、抹茶、ビタミンC、ヒアルロン酸、ローヤルゼリー、フィッシュコラーゲン、セラミド、難消化性デキストリン、デキストリン、オリゴ糖を配合。メイン材料は国産、無農薬。香料は使用するも他の保存料や着色料は不使用。

どの商品も原材料の選定にはかなりのこだわりがあるようで、大麦若葉のみ、ケールのみといった青汁とは一線を画しています。神仙桑抹茶ゴールドの桑の葉やシモン芋も食物繊維が豊富に含まれていますし、神仙桑抹茶ゴールドのデキストリンは食物繊維そのもの。どの青汁もお腹をすっきりさせる効果は大いに期待することができます。

溶けやすさを比較

神仙桑抹茶ゴールドは「溶ける」というよりも「混ざる」に近く、作ってしばらく置くと沈殿してきます。そのあたりは青汁というよりお茶に近いイメージです。

美力青汁beautyは非常に溶けやすく、少しかき混ぜるとすっと溶けていきます。溶けやすさに関してはこの美力青汁beautyの圧勝といったところでしょうか。

溶けやすさに順番をつけるとすると、

美力青汁beauty>ゴッドハートダイエット青汁>神仙桑抹茶ゴールド

といった順になりそうですが、神仙桑抹茶ゴールドはお茶感覚なので、それほど飲みにくい印象はありません。

味を比較

神仙桑抹茶ゴールドには若干苦味があるのですが、青臭さ等は一切なく、味の面でもお茶そのもの。一般的な青汁をイメージするとやや違和感はありますが、お茶としておいしく飲むことができます。若干粉が溶け残ってしまうのが惜しいところです。

美力青汁beautyは大麦若葉がベースになっていますが、それよりもビタミンCの味なのか、すっぱさが印象に残ります。飲みにくいほどではないのですが、いろいろな味が同居しているところにローズの香りも相まって不思議な味わいです。

この3点に対して飲みやすさに順番をつけるとすると、あくまでも主観ですが、

神仙桑抹茶ゴールド>ゴッドハートダイエット青汁≧美力青汁beauty

といった感じになるでしょうか。美力青汁beautyとゴッドハートダイエット青汁は良くも悪くも個性的な青汁なので、意見が分かれそうではあります。

価格を比較

<ゴッドハートダイエット青汁>
93包31日分で定価10,000円(税抜)。1日あたり322.6円の計算になります。

<神仙桑抹茶ゴールド>
単品購入の場合60包入り30日分で定価5,700円(税抜)。1日あたり190円。
90包入45日分を定期コースで購入すると最安値、7,200円。1日あたり160円。

<美力青汁beauty>
単品購入の場合30包入り30日分で定価6,000円(税抜)。1日あたり200円。
定期購入の場合には5,238円。1日あたり174.6円。

この3つの商品はどれも比較的高額な部類に入る青汁です。中でもゴッドハートダイエット青汁は……非常にお高いですね。口コミにもお値段に関してのものがありましたが、確かに公式サイトを見てみてもまとめ買い割引や定期コース割引などの制度は見当たりませんでした。この点は続けるのにかなりのネックとなるのではないでしょうか。

ただしゴッドハートダイエット青汁のこのお値段は1日3包を飲むことを想定したものであり、1包あたりで計算すると107.5円になります。お腹の調子や目的によっては、1日あたりのコストを下げることも可能だと考えられます。

まるかん「ゴッドハートダイエットJOKA青汁」との違いは?

まるかんの青汁にはこの他にもうひとつ、「ゴッドハートダイエットJOKA青汁」という商品があります。

ゴッドハートダイエット青汁との一番の違いは、JOKA青汁の方に自然塩が配合されているところにあります。塩というと多くの生活習慣病の原因となる高血圧対策の観点から悪者のように言われていますが、本来は体にとってはなくてはならないもの。特に汗をかく季節は不足しがちになるので、最近では熱中症対策として水分とともに補給することが勧められています。

それ以外に使用されている原材料は同じなのですが、他にも若干の違いがあるようです。
まず1包に入っている容量がゴッドハートダイエット青汁の方は5g、JOKA青汁の方は6.5gとJOKA青汁のほうがかなり多くなっています。
それにともなって定価もゴッドハートダイエット青汁は定価10,000円、JOKA青汁が定価12,000円(どちらも税抜価格)。いずれも93包入で1ヶ月分ですが、お値段の方にかなりの違いが見られます。

ゴッドハートダイエット青汁「まとめ」

口コミを見ると、かなりの多くの方がこの青汁のダイエット効果、便秘解消効果を評価していらっしゃいます。実際、1日分とされる量がとても多いので、そのとおりに毎日飲むとしたらそれなりの効果は見込めるのではないかと感じます。

ただ、いかんせんお値段が高すぎるというのが正直なところ。公式サイトのほか、楽天やアマゾンなどでの価格も調べてみましたが、どこで購入してもお値段はあまり変わりがないようです。

今回お試し購入できたのもショップが独自に行っていたもののようで、このような機会がなければ手を出しにくいですね。「価格にはこだわらないから本気でダイエットしたい!」「便秘をなんとかしたい!」というかた向けの青汁なのではないかなと思いました。

中河環

このページの先頭へ