こどもバナナ青汁を家族で飲んでみた感想

こどもバナナ青汁を家族で飲んでみた感想
お肉大好き!そんな子どもさんは多いと思います。大人だって同じです。昔より肉を多く食べる機会も多く、食事の時短化、欧米化によって子どもだけでなく大人も含めて野菜不足に陥っています。

我が家も例外ではなく、家族はお肉が大好き。サラダのレシピを工夫してもなかなか率先して食べてくれることは少ないです。せめて少しでも野菜を摂って欲しい…そんな気持ちもあって、今回「こどもバナナ青汁」を飲んでみることにしました。

ここでは、こどもバナナ青汁を家族で飲んでみた感想・評価と、こどもバナナ青汁の原料、栄養成分、期待できる効果などを解説していきます。

こどもバナナ青汁って?

こどもバナナ青汁は、ネーミングどおり、まさに子どもの野菜不足を補うことをメインにした青汁です。
6種類のフルーツと13種類の野菜を使用し、保存料や着色料、人工甘味料を不使用としているので、不安なものは与えたくないという親のニーズに添っています。

もちろん、大人だって飲むことは可能です。家族単位で野菜不足を解消する手助けをしてくれる青汁なのです。

こどもバナナ青汁の原料・栄養成分

原料

こどもバナナ青汁の原料
原料の記載方法は、青汁だけでなく、商品に入っている材料が多いものから順に記載するものです。こどもバナナ青汁の場合、バナナパウダーが一番上、次に大麦若葉の文字があったので、バナナ味の青汁なのか青汁のバナナ風味なのか少し疑問に思いました。

スピルリナ、明日葉といった青汁原料のほかにも果実類が多く、ケールやブロッコリーといった苦味が多い原料はそれらの次にきています。原料を総合して個人的に、敏感な子どもの舌を配慮して、飲みやすさを重視している青汁なのだと判断しました。

栄養成分(1包3gあたり)

栄養成分は以下の画像になります。
こどもバナナ青汁のカロリー・栄養成分

こどもバナナ青汁を飲むとこんな効果が期待できる

1日に必要な野菜の摂取量は350gと言われています。もちろんキャベツだけ、ニンジンだけで350gという偏った摂取方法もよろしくありません。季節ごとに取れる野菜を満遍なく規定量摂る、理想はこれです。

これは頭では理解していても、なかなか実践するのが難しいのが現実です。天候によっては野菜の価格も変動がありますし、毎日あらゆる野菜を家族分買い続けたり、鮮度の管理や保持をしていく必要もあります。

そして、こどもは年齢が小さいと噛む力や食べれる野菜も限りがあったり、野菜の好き嫌いが激しいと、本当に作る側も大変です。そんな時、こどもバナナ青汁で少しでも補えれば良いと思います。
013kodomobanana

以下にこどもバナナ青汁に含まれる主な原料の持つ効果を記載しました。

大麦若葉の効果

大麦若葉には抗酸化作用として名高いSOD酵素が入っています。人間の体にも含まれているこの酵素は加齢とともに減少していくので、積極的に摂りたい酵素の一つです。また、食物繊維も豊富ですので腸内環境を整えたり、新陳代謝を活発にしてくれる効果もあります。もちろんその他にも期待できる効果はたくさんあります。詳しくは以下をご覧ください。

明日葉の効果

明日葉は茎を切ると黄色い汁が出ます。これはカルコンといってデトックス作用に優れていて、便秘解消に効果のある栄養素です。便秘は大人だけでなく子どもにもあります。お薬ではなく自然にお通じが整うのが一番ですのでこれも嬉しい効果です。その他にも期待できる効果はたくさん!明日葉の詳しい効果、効能は以下をご覧ください。

スピルリナの効果

子どもも飲める青汁としては珍しくスピルリナが入っているのも特長です。
スピルリナは古代から生息している藻の一種で、免疫力を高める効果があります。また、デトックス作用の高いカリウムも入っています。

青汁で良く使われる原料はもちろん、その他にも、こどもバナナ青汁は、果実を5種類入れることでビタミンを取ることもでき、スーパーで売っているブロッコリーやにんじんといった身近な野菜も入っています。

他にも甘味料として黒糖も含まれています。
さらに乳酸菌やビフィズス菌も含有しているので腸内環境を更によりよく導いてくれます。

こどもバナナ青汁を実際に買ってみた!家族で飲んでみます

こどもバナナ青汁が到着
日曜日のお昼過ぎに注文し、2日後の夕方に「こどもバナナ青汁」が到着しました。

早速開封してみます。

ダンボールを開けると切り口で手を切らないための保護なのか、波型になっています。
こどもバナナ青汁を開封
まず、可愛いバナナのイラストが目に飛び込んできました。
この手紙の下に青汁本品が紙で保護して梱包されています。ちなみに、この紙は子どもに落書き用として持っていかれました(笑)
003kodomobanana
こどもバナナ青汁の他に月刊誌とチラシが入ってます。
こどもバナナ青汁のチラシ
本品を開封してみると、シンプルなアルミスティックで個包装されています。
こどもバナナ青汁のアルミスティック

こどもバナナ青汁の「粉」の状態

どもバナナ青汁の「粉」の状態

【見た目・手触り】鮮やか!という色合いではないですが、抹茶色の柔らかな印象です。触ってみるとサラサラです。何回も青汁を飲んでいる経験上、サラッとした手触りのものは溶けやすいものが多いのでこの青汁もすぐに溶ける可能性が大です。
【香り】開封した途端にバナナの甘い香りに癒されました。
【味】味見してみるとバナナミルクのような子どもが好きそうな甘みがありました。苦味やエグミなどは全く判りません。

こどもバナナ青汁を水で溶かしてみる

どもバナナ青汁を水で溶かしてみる

【溶け具合】すぐに溶けました!かるくスプーンでまぜる程度でキレイに溶け切りました。
【見た目】抹茶の色を連想させます。濃すぎもせず、薄い印象もありません。
【香り】大麦若葉の香りや他の原料の香りはなく、バナナのみ!といった甘い香りがいっぱいに広がります。
【味】想像していた通りの甘い風味が鼻を抜けていきます。バナナジュース以外の何者でもないくらいの味です。目をつぶっていたら青汁だと正直わかなないくらいです。

これは絶対ミルクと相性バツグンだと思います。

こどもバナナ青汁を牛乳で溶かしてみる

というわけで、早速こどもバナナ青汁を牛乳に溶かしてみます。
こどもバナナ青汁を牛乳で溶かしてみる

【見た目】抹茶ミルクのような色合いになってます。
【香り】バナナの風味がコップに顔を近づけるとスーッと入ってきて、とても心地良いです。早く飲んでみたい気持ちになりました。
【味】バナナミルクです!大麦若葉や他の味はほぼ感じません。甘い香りと共にバナナミルクの味わいが喉を伝わりました。これなら子供も美味しく飲んでくれること間違いなしです。

ただし牛乳の場合は溶けにくく、スプーンでかき混ぜただけですと小さいダマが数個残ってしまいました。冷蔵庫で冷やした牛乳だからかもしれませんが、お手元にシェイカーや密封出来る容器があるといいかもしれません。

我が家の小学生の子どもにも「こどもバナナ青汁の牛乳割り」を飲んでもらいました。

【子どもの感想】
全くバナナジュースと変わらないと思った。目をつぶって飲んでみたので間違いなく最初からバナナジュースの味。苦味も野菜の味も無い。これならバッチリ飲み続けられると思う。

牛乳に溶かした「こどもバナナ青汁」は、子供に大変好評でした。

こどもバナナ青汁とヤクルトの朝のフルーツ青汁を比較してみた

フルーティな青汁ということで、今回は、こどもバナナ青汁とヤクルト朝のフルーツ青汁を比較してみました。

原材料で比較

どちらもバナナ風味が前面に出た大麦若葉を主原料とした青汁です。
こどもバナナ青汁は、この他にも青汁の主力ともなる明日葉、ケール、桑の葉、ゴーヤ、よもぎも使用している他、スピルリナも入っていることでバリエーションは非常に豊かです。

朝のフルーツ青汁は、青汁原材料は大麦若葉のみ使用で、ビタミンCとポリフェノールを沢山含むアセロラを配合しているのが特長です。

たくさんの野菜をバランスよく摂取したい方には、こどもバナナ青汁がおすすめです。

味で比較

こどもバナナ青汁は非常に栄養の高いものをバランスよく配合した青汁で、尚且つこどもでも違和感なく飲めるように、飲みやすさを追求してあります。青汁デビューを目指している大人の方でも青汁臭くないので抵抗なく飲み続けることが出来るでしょう。

朝のフルーツ青汁は多少の青汁っぽさがあります。こどもバナナ青汁よりも青みは感じますので、もう少し「青汁らしさがありつつ、飲みやすさも欲しい」のでしたら、朝のフルーツ青汁になるかと思います。

価格で比較

こどもバナナ青汁は3,880円。1包あたり157円となります(2回目以降の定期購入で換算したもの)。
朝のフルーツ青汁はネットやドラッグストアなどの店舗で販売していて平均で850円前後です。1包あたりは57円です。

価格だけで判断すると、朝のフルーツ青汁が圧倒的に安値となりますが、含まれている原材料の数や種類で判断するとどちらがコスパが高いのか?判断しづらい所です。

こどもバナナ青汁が買えるのは公式サイトだけ!

こどもバナナ青汁がどこで手に入るのか色々と調べてみましたが、私が調べた時点では大手ショッピングサイトの「アマゾン」「楽天市場」「ヤフーショッピング」の3サイトでは販売していませんでした。

こどもバナナ青汁のお得な買い方

単品1回の買いきり価格は5,940円(税込み)に送料500円、商品の支払い方法をコンビニでの振り込みにしましたので、その手数料が350円となり、合計で6,790円になります。30包入りですので1包あたり約227円とかなり高額な青汁になります。

しかし毎月100名限定の「元気モニターコース」ですと初回購入のみ980円で上記の量(30包)でお試しできます。
このコースは2回購入という条件がありますが、2回目以降ずっと35%OFFの3,880円ですので、2回分60包購入しても4,860円と単品の価格の5,940円よりも1,080円安く購入できます。

送料と手数料については単品買いきり同様に送料は1、2回とも500円、コンビニ決済の場合は手数料350円かかるということです。全て込みで初回は1包あたり61円、2回目以降でしたら157円となります。

こどもバナナ青汁には、全額返金保証システムもあり、60日間という長期の設定ですので、まずは「元気モニターコース」で始めてみて、良いなと感じたらそのまま継続すると、結果的にずっと3,880円でお得に購入できてお得です。

最後に

こどもバナナ青汁パッケージ

甘いジュースや炭酸飲料を飲むかわりに、この青汁に置き換えてみてはいかがでしょうか?

野菜不足のこどもの体調の良いサポートになるだけでなく、糖分の過剰摂取も抑えることができて一石二鳥だと思います。もちろん、親も一緒に飲んでもOKだと思います。

家族全員が野菜不足を解消していく一歩として、こどもバナナ青汁を利用するのは非常に有効だと思いました。

若山あお

このページの先頭へ