ユーワ チョコレート大麦若葉の口コミ・体験談

ユーワ チョコレート大麦若葉の口コミ・体験談
かつては罰ゲームになるほどだった青汁の風味ですが、最近ではそのイメージもすっかり刷新され、おいしい青汁がとてもたくさん登場しています。

その功労者的存在なのが大麦若葉。以前からよく使用されているケールは栄養価は申し分ないものの、どうしても青臭さがあって飲みにくいのが難点でした。でも大麦若葉はほんのり甘くて香ばしくて、とっても飲みやすい! その飲みやすい大麦若葉をさらに飲みやすくするべく、様々な工夫が凝らされ、今に至っています。

そんな中、「チョコレート大麦若葉」という、甘党にとっては手を出さずにいられないネーミングの青汁を見つけたので購入してみました。数多くの青汁商品を出しているユーワの青汁です。さてそのチョコレート大麦若葉、果たしてどんな青汁なのか、早速レポートしてみることにします!

ここでは、チョコレート大麦若葉の私の体験レビュー、世間の口コミ、原材料・成分や他の青汁との比較などをお送りします。

チョコレート大麦若葉の原材料

使用されているのは大麦若葉末、ココアパウダー、難消化性デキストリン(小麦を含む)、香料、甘味料(アスパルテーム・L-フェニルアラニン化合物)。

ココアパウダーが入っているので「チョコレート味」なんですね。これまで多くの種類の青汁を飲んできましたが、ココアに混ぜて飲んでみたことは一度もなかったので、どんな味になっているかが楽しみです。

難消化性デキストリンは水溶性食物繊維と同じものですね。一般的にはトウモロコシやじゃがいもからできているものが多いのですが、こちらは小麦も含まれているとのこと。

そしてメイン素材の大麦若葉についてなのですが、この商品の原産国は日本となってはいるものの、大麦若葉自体に国産であるとの表記がありません。そこでメーカーのユーワに尋ねてみると「中国産」とのことでした。

公式サイトを見てみると品質マネジメントシステムの国際規格「ISO9001」を取得していることが明記されていて、製造や検査、管理体制に絶対の自信を持っているのが見て取れますが、やはり国産でないのは残念です。

それとちょっと気になるのが香料と甘味料が入っているところ。これも飲みやすくする工夫だとは思いますが、入っていないに越したことはありません。子供さんもターゲットにした青汁のようなので、人工甘味料でなければよかったかなというのが率直な感想でしょうか。

チョコレート大麦若葉の世間の口コミ・評価をチェックしてみました

<プラス評価の口コミ>
・青臭さは一切ありません。ほんのりチョコレート風味で後味もスッキリしています。
・まるでココア飲料みたい!味、匂いともに大満足です。
・チョコミルクみたいな味でおいしいです。
・チョコ味でたいへん飲みやすいです。
・子供が喜んで飲んでいます。朝食には欠かせない飲み物になっています。
・大麦若葉の味もしますが、普通のココアのように飲めます。
・苦くなくて甘い。本当においしいです。低カロリーだしハマってしまいそう。
・飲み始めて心なしか体の調子が良くなった気がします。

<マイナス評価の口コミ>
・しばらくすると青汁が沈殿してしまい、再度混ぜる必要があります。
・青汁が苦手な子供に飲ませてみましたがバレてしまいました。
・粉が溶けにくいです。ココア味ではありますが、大麦若葉の味もわかります。
・箱が大きい割には中身がスカスカ。この大きさなら倍入っていてほしい。

さすがのチョコレート味で、風味に関しては概ね好評ですね。でも大麦若葉の味を完全に隠してしまうものではなさそう。低カロリーとあるので調べてみると、熱量は7kcalとのこと。水だけでストレスなく飲めるのなら、確かに非常に低カロリーです。

粉が溶けにくい、青汁が沈殿するというのはちょっと気になる点です。喉越しなどを含めてこのあたりがどうなのか、実際に飲んで確かめてみることにします。

チョコレート大麦若葉の口コミは本当?検証してみます!

チョコレート大麦若葉。今回は楽天で購入しましたが、ドラッグストアでも他のネットショップでも幅広く販売されている商品です。

チョコレートと牛乳をイメージしたパッケージのイラストがいかにも甘くておいしそうな雰囲気を醸し出しています。牛のイラストが子供向け商品の印象を強くしますが、実際に「お子様の健康を考えるお母様に」という文字も見えます。

パッケージの裏面です。可愛いですね。
チョコレート大麦若葉のパッケージの裏面

パッケージを開けてみると、確かに中身はスカスカ。あれ、これだけ?と思ってしまいました。
これ15包入りなんです。倍くらい入っていても……との意見に全くの同感です。
チョコレート大麦若葉15包入り

袋はシルバーの無地。これ以上ないくらいにシンプルなものでした。
チョコレート大麦若葉の袋

袋を開けてみました。ココアの香りがしますが、思ったほど強い匂いではありません。
大麦若葉の匂いも混じっています。
チョコレート大麦若葉の粉の状態
茶色いような緑色のような、ちょっと不思議な色をしています。
細かいパウダー状。塊があるように見えますが、触れたらすぐにバラバラになりました。

基本的な飲み方は100~150mL程度の水または牛乳などの飲み物によく混ぜて」とのことなので、まずは水だけで作ってみることにします。

チョコレート大麦若葉を水で溶かして

口コミを見てもう少し溶けにくいものを想像していましたが、混ぜているうちにすんなり溶けてくれました。ダマになることもなく、まずまずの溶け具合です。
チョコレート大麦若葉を水で溶かして

飲んでみると……おいしい! これは想像していた以上のチョコレート風味です!
お砂糖の入った少し薄めのココアといった感じで、水に溶かすだけでも十分おいしく飲めます。苦味は全くありません。大麦若葉の味もしますが、特に気になりませんでした。子供さんにもこれなら受けそうです。
若干ざらつきがあり、喉越しがあまり良くないことだけが残念な点でしょうか。

チョコレート大麦若葉を牛乳で溶かして

今度は手持ちのシェイカーを使い、低脂肪乳に溶かしてみました。
チョコレート大麦若葉を牛乳で溶かして

牛乳とはさすがの好相性。こちらもなかなかおいしいです。言われないと青汁だということに気づかないのでは?

水に溶かしたときのほうがチョコレート風味が強く前面に出ていたように感じましたが、こちらも十分にココアです。

そしてシェイカーを使用して作ったからか、水のときに気になったざらつき、喉越しの悪さはかなり軽減されていました。この程度なら全くの許容範囲です。

ユーワ チョコレート大麦若葉の成分

<1包(3g)当たりの栄養成分>
チョコレート大麦若葉の成分1包(3g)当たりの栄養成分

パッケージにはこれだけしか載っていませんが、公式サイトには非常に詳細なデータが掲載されています(……が、なぜか1包が2.5gになっているうえにパッケージのデータと数字が合っていません。参考程度にご覧になることをお勧めします)。

チョコレート大麦若葉に期待できる効果

チョコレート大麦若葉は大麦若葉をベースにココアパウダーと難消化性デキストリンが配合された青汁です。これらにはどんな栄養成分が含まれ、どんな効果が期待できるのかを見てみることにしましょう。

大麦若葉の効果

現代の青汁の定番とも言える素材がこれ。ビタミン、ミネラルやアンチエイジング作用を持つ酵素SOD、食物繊維などが豊富に含まれる健康素材です。

難消化性デキストリン

食物繊維の一種である難消化性デキストリンには腸内環境を整える働きがあります。このほか、食後の血糖値や中性脂肪が急激に上昇するのを抑える作用、内臓脂肪を減少させる作用、ミネラルを体内に吸収しやすく作用があり、難消化性デキストリンを配合した食品にはトクホ(特定保健用食品)として認められているものが多く存在します。

ココアパウダーの効果

ココアパウダーは単に青汁の味をおいしくするためだけのものなんだろうなとあまり期待せずに効能を調べてみてびっくりしました。ココアパウダーって美容と健康に多種多様な働きをしてくれるんです。

ココアパウダーの原料はカカオ豆。チョコレートやココアの原材料になる、独特な色と風味豊かな味を持つ粉末です。簡単に言えば元のカカオ豆から脂肪分の多くを取り除いたもので、高い栄養価があります。

カカオポリフェノール

ココアパウダーにはカカオポリフェノールがたっぷり含まれています。よく赤ワインに含まれるポリフェノールの効果が話題になりますが、ココアにもそれと同じような働きが期待できるんですね。

カカオポリフェノールは活性酸素を撃退する強力なパワーを持っています。コレステロールが酸化するのを防ぎ、数多くの生活習慣病の原因となる高血圧や動脈硬化などを予防します。いわゆる血液サラサラ効果です。

これにより血行そのものも改善されることになるので、冷え性が改善されたり頭痛や肩こりが解消されたりといった作用も期待できます。冷え性改善に関しては、一時大ブームとなった生姜よりも効果が高いというデータがあるほどです。

強い抗酸化作用は健康だけでなく、もちろん美容にも効果がいっぱい! 新陳代謝が促進され、アンチエイジング作用によって肌のシミやシワを防ぎ、若々しい素肌を保ちます。
そしてカカオポリフェノールには免疫力を高める作用があることもわかっています。風邪やインフルエンザ、アレルギーを防ぐほか、今のところは研究の段階ではありますが、DNAの変質を抑制し、癌を予防する作用もあると考えられています。

鉄分、カリウム、カルシウム

ココアパウダーにはミネラルが豊富。特に鉄分やカリウム、カルシウムが豊富に含まれています。

鉄分はご存知の通り、貧血の解消に効果的。カリウムには利尿作用があり、体内の余分な水分を排出する効果にすぐれているため、むくみや高血圧の解消に有効です。

骨を強くするミネラルとして有名なカルシウムはこの他にも抗ストレス作用を持っており、イライラを鎮めて心を落ち着かせる働きをしてくれます。

さらにはマグネシウムや亜鉛など通常の食事から摂りにくいミネラルも多く含むココアパウダー。その栄養価はさながら天然のマルチミネラルのようです。

テオブロミン、エピカテキン

ココアパウダーには「テオブロミン」「エピカテキン」といったちょっと耳慣れない成分も含まれています。

テオブロミンはほぼカカオのみに含まれているアロカロイドで、血流を良くする効果を持っています。カフェインとやや似た働きがありますが、テオブロミンのほうが体への吸収が穏やかなため、作用もやさしいのが特徴。集中力や記憶力を高める働きもあるということで注目されている成分でもあります。

エピカテキンはポリフェノールの一種で、カテキンが加熱によって変化したものです。エピカテキンは赤ワインや緑茶にも含まれる成分で、認知症、アルツハイマーを予防する働きについて現在研究が進められています。

以上のようにココアパウダーには非常に豊かな働きが認められています。
もちろんココアパウダーの効能をしっかり引き出すためには純ココアを飲むことが勧められるわけで、青汁に配合されている分量だけでは十分ではないかもしれません。とは言え、青汁の効果を押し上げるものとしてココアパウダーはとてもおもしろい存在なのではないかと感じます。

チョコレート大麦若葉と他の青汁の比較

今回はチョコレート味の青汁ということで、子供さんにも好まれそうな青汁をいくつかピックアップして比較してみることにしました。比較対象として取り上げたのは、スクスクのっぽくんの「こどもフルーツ青汁」ホコニコの「こだわり酵素青汁」です。

原材料を比較

<チョコレート大麦若葉>
大麦若葉末、ココアパウダー、難消化性デキストリンに香料と人工甘味料(アスパルテーム・L-フェニルアラニン化合物)をプラス。大麦若葉は中国産。

<こどもフルーツ青汁>
大麦若葉をベースに14種類の野菜と4種類の果物を使用。国産、無農薬栽培。甘味料としてサトウキビ糖と黒糖を配合するが人工甘味料は不使用。保存料、着色料、香料も不使用。

<こだわり酵素青汁>
大麦若葉、ケール、明日葉、桑の葉は国産。大麦若葉は無農薬栽培。139種類の多穀麹配合、植物発酵エキスを配合。黒糖、はちみつ、オリゴ糖、難消化性デキストリン使用。

3つとも基本素材は大麦若葉なのですが、内容にはやや差が見られますね。特に「原材料は国産がいい」「添加物のないものを」という方には、こどもフルーツ青汁やこだわり酵素青汁が勧められます。

価格を比較

<チョコレート大麦若葉>
定価は税込価格で430円。税抜で計算すると1杯あたり28.4円になります。
(ネット通販やドラッグストアでは300~400円程度で販売されていることが多いので、実際にはもう少しだけお安くなります。)

<こどもフルーツ青汁>
税抜で1杯あたり126.7円、定期コースを利用した場合の最安値は98.5円

<こだわり酵素青汁>
税抜で1杯あたり160円、定期コースを利用した場合の最安値は98.3円

さきほどの原材料の差がはっきりと価格に現れた形になりました。
こどもフルーツ青汁もこだわり酵素青汁も定期コースを利用すると100円を切ったお値段なので、決して高額の部類ではないのですが、チョコレート大麦若葉はそれに比べても段違いの安さになっています。コスト重視なら断然チョコレート大麦若葉ということになりそう。

溶けやすさを比較

この中で最も溶けやすいと感じたのはホコニコのこだわり酵素青汁。こどもフルーツ青汁は溶けにくいというほどではないのですが、溶け切るまでにやや時間がかかります。チョコレート大麦若葉も同様です。
溶けやすい順に並べると次のようになります。

こだわり酵素青汁>こどもフルーツ青汁>チョコレート大麦若葉

こどもフルーツ青汁もチョコレート大麦若葉も決して溶けにくい部類に入るわけではありませんが、シェイカーを使ったほうがストレスなく作ることができるでしょう。

味を比較

子供でも飲みやすい青汁と言うなら味の良さは避けて通れません。
こどもフルーツ青汁はバナナのようなフルーティーな味わい。子供の味覚に合わせてあるため甘味があり、酸味はほとんどありません。牛乳に混ぜるとフルーツ牛乳のような味がします。

こだわり酵素青汁の方はファミリーで飲めるものを目指しているようですが、特に「子供向け」とは銘打ってないために甘味はスッキリしています。クセがなく、牛乳のほかりんごジュースにも合う味です。

どれをおいしいと感じるかはかなり好みが分かれるでしょうが、あくまでも個人的な感想として順位付けするなら、

チョコレート大麦若葉>こだわり酵素青汁>こどもフルーツ青汁

の順になるでしょうか(小さなお子様なら、こどもフルーツ青汁が1番めか2番めにくるかもしれません)。ただ、甘味のある青汁を好む方にとっては、どれもかなり飲みやすい青汁だということは間違いないでしょう。

ユーワ チョコレート大麦若葉レビューまとめ

ココアパウダーが入ったチョコレート味の青汁。内容にいくつか気になる点がないわけではありませんが、価格の安さと抜群の飲みやすさが魅力の商品です。特に味については、子供をターゲットにしている商品ではありますが、大人が飲んでも十分においしくいただけるのがいいですね。

青汁を飲んでみたいけど少しでも飲みにくさがあるのはイヤな方や、コストを抑えて手軽に大麦若葉を摂りたい方にお勧めの青汁です。

このページの先頭へ